Home / 恋愛 / 職場内恋愛の始め方

職場内恋愛の始め方

彼氏・彼女が欲しい。でもなかなか出会いがない。しかし、出会いは実は身近にあるものです。そう、社内恋愛です!社内恋愛で結婚した上司や先輩、けっこう多いですよね。

社内恋愛の始め方、そして彼女が欲しい男性に向けて、気になる女性に近づくためのテクニックをお伝えします。

職場内恋愛の始まり

社会人になってからする恋の中でも「職場恋愛」って何だか特別でドキドキしますよね。同じ会社に恋人がいるって実際のところどうなの?どうやって始まるの?という素朴な疑問を徹底解明していきましょう。

職場内恋愛って、実は今よりも一昔前のほうがメジャーだったようです。著者(アラサーOL)の職場でも、現在交際中のカップルは数組に留まっていますが、40歳代後半から60歳の職員世代になるとその数が驚くほど跳ね上がり、

「えっ、あの人も?」「あの役員も?」という状態です。そして著者の職場に関しては同部署での恋愛はゼロ。全員が違う部署の方と交際していました。

スポンサードリンク

大切なのは、積極性

馴れ初めを聞いてみるとやはり飲み会や複数人で休日に遊んだのがきっかけといった声が多く、皆さん「この子いいな」と思ったら積極的にアプローチしておられたようです。 そう、職場内に限らず恋の始まりにおいて必要不可欠なのが「積極性」。

これがなければ始まる恋も始まりませんし、自信がないなどと言ってうじうじしたり迷ったりして二の足を踏んでいる間に、獲物はライバルにかっさらわれてしまうんですよ。 職場内恋愛の始まりも、通常の恋と同様、まずはアプローチをかける事が大切。引っ込み思案でも照れ屋さんでもとにかく最初は押せ押せで行きましょう。

かく言う著者も社内恋愛の経験がありますが「あっ、この人気になる」と思った瞬間から押せ押せモードでした。社内ですれ違えば絶対に逃さず話しかけたり、目があえばにっこり笑って嬉しさを表してみたり(本当に嬉しかったので)、特別扱いかの如く優しく接したり、時にはふざけた調子で投げキッスなんかもしてみたり。

ギリギリアウトじゃないかと今では思いますが、相手が今までの人生で女の子からされた事がないような事でもしないと相手の記憶には残りません。

ただ、押せ押せもある程度頭を使うべきです。何も考えずめくらめっぽうに押すより、相手の性格を知ってより的確に押すほうが、相手も嬉しく、よい印象でこちらの事を見てくれます。著者の場合は相手が根っからの草食系且つ人見知りだった為、とにかく懐に入り込むべく「明るく元気に、しかし優しく穏やかに」を念頭に置いて行動しました。

段階的に様々な自分を見せていく

あと、筆者の相手のようなケースで絶大な効果を発揮するのが、初対面もしくは数回話す事が出来たあたりからあだ名で呼ぶ事。しょっぱなからあだ名で呼ぶとなると結構緊張しますが、かしこまって苗字で呼ぶのとではその後の展開のスピードが格段に違います。

是非トライしてみて下さい。 ただ本当に、やりすぎは禁物。仕事を放り出してアピールばかりして、他の同僚のひんしゅくをかっては元も子もありませんからね。とは言え、筆者は押せ押せの甲斐もあり、知り合ってから1ヶ月で相手から告白して貰えましたよ。

ある程度仲良くなったら、もたもたしないで次のステップへ移りましょう。横からかっさらわれないうちに、会社の外で会う約束を取り付けるのです。アフターファイブでも休日丸一日でもよし、プライベートな時間帯を一緒に過ごし、会社では見られない自分の別の姿を見せましょう。

その場合、髪形や服装、アクセサリー等を会社仕様から変える事が重要です。例えば女性であれば、会社では髪の毛を結んでいるならダウンスタイルにし、ゆるく巻いてみたり、服装は好みにもよりますがやはり万人受けする「女子アナスタイル」がおすすめです。

態度は押せ押せですが、見た目はテッパンで行きましょう。メイクなら会社仕様にもうひと手間加える等、あくまで自分のテイストは残しつつ、普段との差別化を図る事が重要です。会社で見る姿とあまりにもかけ離れていると、引かれてしまうかも知れませんので。

いきなり社外で二人きりで会うのが恥ずかしい場合、もし社内に先輩カップルがいるならその方々にこっそりお願いしてグループデートをしてみても。先輩カップルから秘訣を教えて貰って交際に現実味を帯びさせるという作戦です。

ストレートに好意をアピールすべし

正直、恋において自分の気持ちを隠す必要など全くありませんし、駆け引きなんてもってのほか。駆け引きって、若いうちはいいですが大人になればなるほどイタくなるんですよね。

そんな地雷を踏むくらいなら「私はあなたの事が好きなのよ」と全面アピールしちゃえばいいんです。下手に外堀を埋めて時間をかけるよりそちらのほうが断然手っ取り早いですし、お相手の目にも「小細工しない素直な女の子」として映ります。

ただここで用心しておきたいのが、一部の仲良しの同僚を除いて、まだ交際が始まってもいない段階から他人に相談する事です。これはやめておいたほうが得策。相談相手が面白半分であなたの邪魔をしたり、前述したようにライバル化して横からかっさらわれてしまう可能性もあります。

そんな修羅場に陥れば恋愛どころか仕事もままならなくなりますよね。ですので、アピールするのはあくまでも、狙った獲物本人の前だけにしましょう。もしどうしても誰かの助言が欲しい場合は、社内以外の友人等に相談してみるのがよいですね。

上記のような努力を重ねれば、それほど時間もかからず交際まで運ぶはず。社内によいお相手がいるなら今日から実践の価値ありです。

彼女を作りたいあなたへ

彼女がいるということ

恋愛に興味がない男性が増えていると言われている昨今ですが、そんな中でも彼女が欲しいと願う男性は少なくないでしょう。ある程度の年齢になると女性経験も持っておきたいものであり、将来のことを考えたら、ずっと独身よりも女性の存在があった方が人生も潤いやすくなります。

ただ、彼女が欲しいと思っても簡単には作れないこともあるものです。特にモテない男性からするとかなり難易度が高く感じられ、現実問題どのようにしたら良いのか悩んでいる人もいるはずです。

彼女ができるかどうかは運やタイミングなども影響してきますので、努力だけで達成できるとも限りませんが、しかしながら努力をすることによってチャンスをぐっと近付けられるようになります。

第一印象が多くを決める

清潔感と愛嬌が大切

そこで実践したいことがありますが、まずは身だしなみを女性ウケしやすいものへとチェンジしてみると良いでしょう。第一印象を良くすることが非常に重要であり、人は3秒ほどの短時間で相手の印象を決めてしまうと言われています。

第一印象がイマイチですと、その時点でアウトになってしまうこともあり得ますし、それではチャンスを逃しやすくなるのも無理はありませんから、まずは見た目から磨くことが大事です。

なお、見た目で大切なポイントがいくつかありますが、最低限意識したいのが清潔感やそこそこのファッション、不快感を与えない程度の髪型を心掛けることです。こういった部分で大体その人の印象が決定付けられてしまいますので、特に力を入れたい要素と言えるでしょう。

相手との接し方も印象を良くするためのコツです。基本は笑顔を心掛けることです。人は相手が笑顔ですと心も開きやすくなるものであり、打ち解けやすくするのは異性関係において非常に重要なことです。

逆に仏頂面で取っ付きにくい雰囲気を醸し出していると、敬遠されやすくなりますから注意しましょう。

ギャップ萌えを狙う

ところで表情において使えるテクニックがあります。それはギャップを意識することです。例えば常に笑顔の人が、時折真剣な表情になることで、そのギャップにキュンとくる女性もいます。反対に真剣な表情からの笑顔もまたしかりです。

ギャップを意識することでドキドキさせることができますので、異性関係でのテクニックの一つとして押さえておくと良いかもしれません。 恋愛に発展させるためには見た目だけでなく、中身も鍛えなければいけませんから、内面を磨く努力も行うようにした方が良いでしょう。

いくら外見に好印象を持ってもらうことができたとしても、中身がイマイチですとがっかりさせてしまいます。時には見た目での印象が良かったゆえに、中身のイマイチ感によって大きく落胆させることもあります。

期待を裏切るようなことになると、悪いギャップによって印象も落としますので注意しなければいけません。 では、中身を磨くためには何を心掛ければ良いのかということですが、基本的には優しい男性ですと印象は良いです。

男性の優しさは、かっこよさ

女性の中には男性の優しさを好きになるというケースが多いですから、優しいというだけでポイントが高いです。

ただし、単なる優しいだけの男にはならないようにしましょう。優しさは大きな魅力になる一方、時には魅力的ではないように感じさせてしまうこともあるからです。要するにただの良い人止まりになってしまうこともあり、刺激のない退屈な男として見られてしまいかねません。

ある意味、優しさというのは相手をぬるま湯に浸けてしまう性質でもあり、ずっとぬるま湯に浸るような関係は刺激的ではなく、つまらないと思わせてしまうこともあるのです。

このように言うと女性の感情は面倒と感じてしまうかもしれませんが、しかしながらそれが現実でもありますので、優しさを大切にしながら刺激的な関係であった方が上手くいくことがあります。

会話で距離を縮める

会話のテクニックを学ぶのも彼女を作るために欠かせないことの一つです。話をしていて楽しいと感じさせることは非常に重要であり、一緒にいると居心地が良いと感じてもらえば男性としての株も上がります。逆につまらないと思われてしまうと、その時点で恋愛対象から除外されてしまうこともあるのです。

楽しいと感じさせるには、会話の内容がマッチするかどうかが大切と言えます。楽しさというのは、決して面白いことを言うことではなく、自分らしくおしゃべりができるかどうかでもあり、そのためには価値観が近く会話をしやすいことが必要です。

お互いの価値観が近いと感じてもらうことができれば、これほど恋愛において有利になることはなく、距離感も大幅に縮小できることでしょう。

しかしながら無理に相手に合わせてしまうのは良くありません。無理をすれば自分が辛くなるだけであり、自分自身が素直でいられないようでは付き合うことができても長続きはしません。

付き合った後のことも考えることも必要ですので、ありのままの自分を出しながら、相手の価値観を意識した会話をすると恋愛も上手くいきやすくなるはずです。

まとめ

「出会いが欲しいのに出会いがない!」と嘆いているだけでは、出会いは訪れません。自分の視野を広げて、身近なところをもう一度見てみましょう。きっと、すてきな出会いがあるはずです。

出会いがあった際には、相手のことをみながら、少しずつ距離を縮めていきましょう。段階的にコミュニケーションをとっていくなかで、きっと想いが伝わります。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …