Home / 恋愛 / なかなか掴めない恋愛感情の解説と恋愛の発見方法をご紹介

なかなか掴めない恋愛感情の解説と恋愛の発見方法をご紹介

恋愛感情ってむずかしいですよね。

感情は目に見えるものではないので、恋愛感情って何?と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

今回はそんな人や中々恋愛できないといった方を対象に、恋愛についてみていきたいと思います。

スポンサードリンク

なかなか掴めない恋愛感情解説

複雑な恋愛感情

“人間関係というのはとても難しいものです。

それは相手の気持ちが目に見えるものではないからです。

そのため人によっては友達を作ることも難しいですし、職場内で良好な人間関係を築くことができない人も少なくはありません。

そんな中でも恋愛というのは特別です。たくさんいる異性の中で1番になるためには相手にも自分を好きになってもらわなければならないからです。

どういったことが恋愛を難しくしているのか、それをポイントに分けて紹介していきます。

友達との差がわからない

誰にでも多かれ少なかれ異性の友達というものが存在します。

相手からすれば異性の友達と好きな人を分けているのですが、周りから見てそれが分かるとは限りません。

相手のことが好きである自分にとっては尚更のことでしょう。

感情が目に見えない分仕草や表情などで感じ取るしかないのですが、これは異性が判断するのは難しいものです。常に一緒にいるような同性の友達であればなんとなく感じ取ることはできるでしょう。

距離の縮め方がわからない

相手が自分のことをどう思っているか分からないため今2人の間にどれだけの距離があるのかをはかることができません。

そしてどうすれば仲良くなることができるのか、ましてや恋愛対象として見てくれるのかというのは友達として仲良くなるのとはわけが違うので難しいのです。

実際に私も高校時代に好きになった人がいましたが、その人との距離の縮め方には悩んだものです。

最初は彼の方が私に好意を持ってくれていたようで女友達を通して紹介されて知り合いました。

クラスが違ったので話したこともなければ相手の顔も知りませんでしたが、メル友として仲良くしてほしいということだったのでやり取りをするようになりました。

そして相手がどんな人なのかと気になった私は彼のクラスに行ってみて初めてその顔を知りました。好きになられると好きになってしまうタイプの私は、彼を目で追うようになってしまいました。

自信を持って声をかければいいものなのに、近づくだけで心臓がドキドキ音を立てていて声を出すことができなかったのです。

せめて気軽に会話をすることができるくらいにはなりたいと日々どうすれば距離を縮められるか考えていましたが、なかなか答えは出ませんでした。そして毎日のように「今日こそは挨拶をしよう」と気合を入れて学校に行くのですが、まったく実行できませんでした。

相手が私に抱いている感情は恋ではなく友情なのではないか、私だけが浮かれてしまっているのではないかという不安ばかりが募っていたからです。結局彼が私に抱いていた感情は恋ではなかったことが分かり、あっけなく失恋してしまいました。

好意を持ってもらっていたというプラスからのスタートだったはずなのに、なぜ距離を縮めることができなかったのだろうと初めて恋の難しさを実感したのもそのときでした。

思わず天邪鬼になってしまう

寂しいのに寂しくないと言ったり、甘えたいのに強がってしまうという天邪鬼が恋を邪魔しています。

それが分かっていながらなぜ天邪鬼になってしまうのか、それは一種の照れ隠しです。

素直に言葉にしたり行動にうつすのが恥ずかしくてできないという人に多いパターンです。

また相手の出方をうかがっているというケースもあります。本心とは違うことを言うことで相手がなにか行動を起こしてくれるのかもしれないという期待を込めてこのような行動に出ているのです。

そしてその期待をはずしてしまうと不機嫌になりケンカになってしまうという人も少なくはありません。こうした素直になれないところが恋愛の難しいところでもあります。

相手のことを想って幸せな気持ちになることもありますが、寂しい気持ちになったり他の人と喋っているとやきもちを妬いてしまったりすることも珍しくはありません。

こうした様々な感情は相手が気になり、相手のことをもっと知りたい、独占したいという様々な欲求の表れでもあります。

恋愛という特別な感情

なぜ恋愛が難しいのか、それは他の人間関係では味わうことができない特別な感情が芽生えるからです。

冷静な判断を失う人もいますし、何をおいてもその人のことを優先させてしまうなどいつもとは違う行動をする人もたくさんいます。

それが幸せにつながるかトラブルにつながるかは人それぞれですが、感情がものをいうのが恋愛なので、その人が大人なのか子どもなのかという真の姿を見ることもできます。
子どもだから難しい、大人だから簡単というわけではありません。

しかし大切なのは相手と向き合い素直に話すことができるかどうかです。

相手が口にすることすべてが本心だとは限りません。だからこそ難しいのですが、それも仕方がないことなのだと割り切って物事を柔軟に捉える事によってスムーズに事を運ぶことができる場合もたくさんあります。

つらいことや寂しいこともたくさんありますが、それと同時に幸せなことや楽しいこともあるのです。”

身近に見つかる!恋愛の発見方法とは

幅広い環境に足を踏み入れることが大事

“恋をしたいけれども、なかなか出会いがない、学校や職場にそれなりに異性はいるけれども意識するような相手がいない、といった人はたくさんいるようです。

ところがテレビやインターネットによる情報で、身近においても恋愛の発見がある等といったことを見かけることがありますね。

しかし、普段から度々会っていて意識もしていない異性に対して恋愛感情を持つようになるといったことがそう簡単にあると思いにくい、とも感じるかもしれません。

それでは、身近な環境において、恋愛を発見するにはどういったことをすればいいでしょうか。

それには、様々な方法がありますが、ここからは「幅広い環境に足を踏み入れること」についてです。

人は様々な環境で人と出会い、さらに様々な環境を経験することで、これまで意識していなかった人を意識するようになることがあります。

ただし、幅広いといっても同じような環境ばかりではあまりいい結果にはつながりません。例えば、合コンばかりでは、ルックスや合コンにおける話題などに意識がいき、気づけない魅力も多くなります。それでは、ここから4つ例をあげていきます。

普段とは違ったお洒落をしている場面に

一つ目は、普段とは違ったお洒落をしている場面についてです。

例えば、職場に数名異性がいるけれど、仕事着姿しか見たことが無く、異性として意識するレベルではないと思っていたとします。

しかし、ある場面で私服姿を見た時に予想以上にお洒落で仕事中とは別人みたいだと感じて、恋愛対象として意識するようになるといった場合があるかもしれません。

私は、学生時代に普段は意識していなかった同級生が卒業式でドレス姿を披露した際に全く別人に見えて、全然、魅力が見えていなかったと思いました。

自分または身近な人と普段とは違った環境で違った交流をすること

二つ目は、自分または身近な人と普段とは違った環境で違った交流をすることです。

例えば、普段は一緒に仕事をしている同僚たちに対して、頼りになるかならないかといったことしか見ていなかったけれども、食事や動物の世話などで交流するとお互いに全然違った一面を見ることやアピールすることができ、意識し合うようになるといった場合です。

私もある同僚が、普段は真面目で頼りになるけれども、硬いといった印象が強く近寄りがたい雰囲気でした。

しかし、ある女性職員が幼い子供を連れてきた際に、硬い印象のスタッフが素敵な笑顔で自分の子供でない子供と遊んでいました。気が付けば、子供は親でもない硬いスタッフ相手に膝に自分から座りに行くほどなついていました。

硬くて近寄りがたいと決めつけていたけれども、普段とは正反対な一面を見て、何も知らなかっただけ、もっと知りたいと思いました。

たくさん人と関わること

三つめは、たくさん人と関わることによって、それまでは当たり前、あるいは迷惑と思っていた一面がいいことだと感じるようになることです。

普段は、同じ趣味、似たような価値観で話し合っている異性に対して何も恋愛感情を感じていなかったけれども、違う環境に足を踏み入れて、違う人達と関わるようになり、新しい職場ではほとんど同じ話題が無く、価値観もほとんど合わないといったことを経験し、以前に当たり前にコミュニケーションをとっていて特に意識していなかった異性との関係がすごく楽しく、大事な時間だと感じることができるようになるといったことがあります。

私は以前ある職場で同僚が、会話中に考えている中身まで問いかけるような内容に、うざいとまで感じることもありました。

しかし、それぞれが異動となった後、違う環境で違うスタッフ達とのコミュニケーションは、世間話や愚痴がほとんどで悩みを聴いてほしいといったことがあっても、相槌だけで重い話は聴きたくない、といった返事ばかりでした。

ある日、久しぶりに元同僚スタッフと話をすると、相変わらず、考えている中身まで問いかけるような話し方が親身になってくれていると感じることができ、これまでとは違った気持ちを持つようになりました。

話題や向ける目線を広げること

四つ目は、様々な環境に足を踏み入れて、話題や向ける目線を広げることです。

自宅と職場を行き来するだけといった生活を送っている人は、出会いが少ないだけでなく、話題や向けている興味なども実はあまり多くなく、同じことを繰り返しみたいです。

しかし、自分または違うだれかが違った環境に足を踏み入れ新しい話題を持ってきた、これまでとは違った話となったといった、新しい刺激が入ることによって盛り上がることに繋がります。

私が、以前にイベントスタッフボランティアをしてきたことを職場でスタッフに話すと、あるスタッフは凄くテンションが上がり、紹介してほしいとまで言ってきました。

これらを見ていくと、幅広い環境に足を踏み入れることによってこれまでと違った何かを発見することにつながることもたくさんあります。

実は、お互いに魅力をアピールできていない、気づけていないだけといった場合が多いということです。同じことを繰り返している毎日を自分から変えてみれば、身近に思わぬ恋愛発見があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恋愛感情って複雑ですが、自分の気持ちに素直になれば見えてくるものもあります。

ぜひ、本記事を参考に素敵な恋愛を探してみてください。


スポンサーリンク

Check Also

女子に人気?ロールキャベツ男子の特徴と落とし方

あなたは「ロールキャベツ男子」 …