Home / 恋愛 / 恋愛依存症の症状と克服する方法

恋愛依存症の症状と克服する方法

どんな人も気が付いた時には恋に落ちている時があります。恋はある日突然、始まるものなのでドキドキを感じます。

そんな恋愛のドキドキ感は、日常に刺激を与えてくれるものとなっています。

その為、その刺激が良い方向に働いてくれた場合には私生活を充実させる事が出来ます。

しかし、中には恋愛をする事で相手に尽くさずにはいられなくなってしまう人もいます。

このように相手に尽くさずにはいられなくなってしまったり、執着してしまうような場合には恋愛依存症になっている可能性があります。

恋愛依存症になっている場合には、自覚がない事もあります。

しかし恋愛依存症になってしまう事で、困った症状が起きてしまう可能性があります。

そこで恋愛依存症の症状や克服する方法についてまとめました。

当てはまっている症状がないかチェックしてみましょう。そして当てはまっている症状があった場合には恋愛依存症を克服するように心掛けましょう。

スポンサードリンク

恋愛依存症とは

恋愛依存症とは、恋愛をしている相手や交際をしている相手に尽くさずにはいられなくなってしまったり、執着してしまう事を言います。

恋愛依存症は困った症状が出てしまう可能性もある為、相手に迷惑を掛けてしまう危険性があります。

その為、恋愛依存症にならないように気を付けて恋愛をする必要があります。まずは恋愛依存症がどんなものなのかについて知ってみましょう。

恋愛体質との違い

恋愛体質という言葉を耳にした事がある人もいるかと思います。恋愛体質と恋愛依存症は近いようなイメージがあります。

その為、違いを知らない人も多いかと思います。恋愛体質と恋愛依存症の違いについて知っておきましょう。

まず恋愛体質とは、常に恋愛に対して積極的や前向きになっている人の事を言います。

恋愛に対して積極的な姿勢でいる為、些細な出会いからも恋愛へと発展しやすいようにアンテナを張り巡らせている場合が多いです。

その為、恋愛体質の人は常に恋人がいるようなイメージなのでマイナスなイメージを持たれてしまう事も多々あります。

しかし多くの恋愛を引き寄せやすいように行動している為、本人は楽しく過ごせている事が多いです。

そして恋愛依存症とは、好きな相手や恋人に対して尽くし過ぎてしまったり、執着してしまう事を言います。

その為、常に同じ相手に愛情を持ち続けているような感じです。恋愛依存症の場合には、些細な事でも不安になりやすいという特徴があります。

この不安こそが、尽くし過ぎてしまったり執着してしまう原因となっています。

常に不安が付きまとっている為、苦しいや悲しいといった気持ちを抱いている事が多いです。

つまり恋愛体質の場合には楽しいといった感情が多く、恋愛依存症の場合には苦しいや悲しいといった感情が多くなっています。

この抱いている感情の違いこそが、恋愛体質と恋愛依存症の最大の違いとなっています。

共依存症と回避依存症がある

恋愛依存症になってしまった場合には2パターンに分かれます。

その2パターンとは、共依存症と回避依存症です。この共依存症と回避依存症は正反対のようなものとなっています。

しかし、正反対のタイプだからこそお互いに強く惹かれ合ってしまうような関係になりやすいのです。まずは、この2パターンの違いについて理解してみましょう。

共依存症

恋愛依存症は、共依存症と回避依存症の2パターンに分ける事が出来ます。

この共依存症は、相手に依存しすぎてしまうという事や女性に多いという特徴があります。

その為、自分の事は後回しにして常に相手を優先するような傾向にあります。そして相手を優先しながら過ごす事で、相手にとって自分が必要不可欠な存在になりたいと思っています。

つまり、相手からも自分がいないと生きていけないとなるぐらい依存されたいと思っているのです。

その為、お互いに必要不可欠な存在になると同時に依存し合うような関係を築いていこうとするのです。

回避依存症

共依存症は相手に尽くし過ぎてしまったり依存してしまう傾向にあります。

しかし、この共依存症とは逆のパターンも存在します。それがこの回避依存症です。

回避依存症とは、周囲の人と深い関係にならないように回避してしまうという事や男性に多いという特徴があります。

共依存症のように相手に尽くすような人に対しては自分がいないとだめなのでは?と思いやすいです。

その為、共依存症とは深い関係になりやすいです。しかし深い関係になった後には共依存症の気持ちや行動に対して、束縛されているような感覚を抱きます。

その束縛されているような感覚を回避依存症は嫌う傾向にある為、相手から離れようとします。

しかし離れた後には後悔の感情が生まれやすく、最終的には関係を修復して元通りになる場合が多いです。

元通りになった当初は平和なのですが、しばらくすると同じ事を繰り返すようになります。

つまり、共依存症と回避依存症は互いに惹かれ合って、良くない関係を繰り返してしまう可能性が高いのです。

恋愛依存症の原因は親子関係にあり

恋愛依存症になってしまう原因に、親子関係があります。この親子関係とは、特に母親との関係を指します。

例えば母親からの躾が厳しかったり、母親が父親に対する不満を子供に言ってしまったりしていた場合には恋愛依存症になりやすい傾向にあります。

これは母親との繋がりが深いからこそ、母親からの影響が大きいと言えます。

親子関係が悪いから恋愛依存症になると考えている人もいるのですが、そういうわけではないという事を知っておきましょう。

恋愛依存症の症状

恋愛依存症になってしまった場合には、様々な症状が現れます。

恋愛をしているからこそ様々な感情が芽生えやすくなるのですが、恋愛依存症の場合に現れる症状の中には危険なものも存在します。

そして、その危険な症状に対して自覚がなかったり、その症状が当たり前のような感覚になってしまう事で本人や相手が苦しむ事になってしまう可能性があります。

つまり恋愛依存症の症状には危険なものも存在するので、注意が必要なのです。そんな注意が必要な恋愛依存症の症状についてまとめました。

現在、恋愛をしていて様々な感情や状況で悩んでいる場合には恋愛依存症になっていないか考えてみましょう。

相手に頼られることに喜びを感じる

恋愛依存症になってしまっている人の多くは、相手に頼られることに喜びを感じている場合が多いです。

これは相手が自分を頼ってくれている事で、自分自身が必要とされていると感じるからです。

そして自分が相手にとって必要不可欠な存在なのだと感じられるので、安心する事ができます。

この安心も相手から頼られた時の喜びの1つなのです。

相手中心の生活になる

恋愛依存症の人の場合には、恋愛をすると生活が一変します。例えば恋愛をしていない間は友人や家族、仕事など他の事を優先して過ごしています。

しかし恋愛をしてしまう事で、全ての中心が相手へと変わります。

その結果、今まで優先にしてきた友人や家族、仕事を後回しにするようになります。今までと優先順位が異なってくるので、周囲の人も恋人ができた事に気が付くようになります。

周囲の人も最初の頃は、恋愛に夢中なのだと思ってくれます。

しかし、その状態が長く続く事で呆れられてしまったり、付き合いが悪い人だからと距離を置かれてしまう場合があるのです。

その為、恋愛依存症が原因で周囲の人との関係が悪くなってしまい孤立してしまう人もいます。

孤立してしまった場合には、本人が苦しむような環境になりやすいので注意が必要です。

思い込みや感情の起伏が激しい

恋愛依存症の場合には、恋愛をしている時は相手に夢中になってしまっている状態です。

その為、その他の事が考えられなくなってしまったり、他の事が目に入らなくなってしまいます。

相手の事を常に考えて行動をしているような状態になるのですが、相手は他の事も考えていたり自由に過ごしている場合もあります。

そのような状態になってしまった時には恋愛依存症の人は悲しい気持ちや怒りの気持ちが芽生えます。

例えば、相手が同性と一緒に遊んでいても異性と遊んでいるのでは?と思い込んでしまったりします。

恋愛依存症の場合には、思い込みや嫉妬が激しい事が多いので喧嘩になりやすいです。

そして喧嘩になってしまった場合には、感情の起伏が激しい事が多いため相手は困ってしまいます。

思い込みや感情の起伏が激しい事は、本人も相手も苦しむ事に繋がります。

その結果、お互いに苦しい思いをして関係が悪くなってしまう場合も多いです。お互いに苦しんでしまった場合には恋愛自体が辛いものになってしまうので注意が必要です。

自分に自信がない、自分を抑え込む

恋愛依存症になってしまう人は自分に自信がなかったり、自分の感情を抑え込んでしまう傾向にあります。

例えば自分に自信がない場合には、自信がないからこそマイナスに考えてしまう事が多いです。

そして物事をマイナスに考えてしまう事で自分自身も苦しむ事になりますし、相手にそのマイナスな感情を伝えてしまう事で相手を苦しめてしまう事にもなります。

つまり、お互いに苦しんでしまう場合が多いのです。

そして自分の感情を抑え込んでしまう場合には、思った事や感じた事を相手に言えない事が多いです。

相手に自分の気持ちを言えない事で、色々な場面で我慢ばかりをするようになります。我慢ばかりするようになる事で、我慢が当たり前になってしまいます。

しかし我慢は当たり前になってしまっても、いつかは限界が来ます。

その限界が来た時に、苦しくなってしまうのは本人です。自分が苦しんでしまう結果になりやすいので注意が必要です。

相手の全てを自分の責任にしてしまう

恋愛依存症の場合には、相手に非がある場合にも自分の責任だと思ってしまう傾向にあります。

その為、喧嘩をした時や浮気をされてしまった時など様々な場面で自分に原因があったと思い込みやすいです。

恋愛依存症になってしまっている人が全て自分の責任だと思い込む事で、相手は悪い事をしても反省をしなくなります。

相手が反省をしない事で、さらに悪い事をしてしまう可能性もあります。つまり、相手から都合の良いように利用されてしまう可能性もあるのです。

もし相手から都合の良いように利用されてしまった場合には、我慢ばかりの苦しい恋愛になってしまいます。

そのような恋愛は長続きしないので、しっかりと考えるように心掛けましょう。

恋愛依存症の克服方法

恋愛依存症になってしまう事で、本人は様々な場面で苦しむ事になります。

そして場合によっては相手も苦しめてしまう可能性がある為、危険なのです。

そこで恋愛依存症の克服方法についてまとめました。

もし恋愛依存症かもしれないと思った場合には、どのようにして克服をしたら良いのか知ってみましょう。

そして恋愛依存症を克服する為にも、実践できそうな事は実践していくように心掛けましょう。

恋愛以外に打ち込めるものを見つける

恋愛依存症の場合には生活の中心が恋愛になってしまっている事が多いです。

その為、恋愛で少しでも上手くいかなくなってしまうと精神的に辛くなりやすいのです。

つまり恋愛依存症が原因で情緒不安定になってしまったり、感情の起伏が激しくなってしまう場合が多いのです。

このような状態を克服するには、恋愛以外に打ち込めるものを見つける必要があります。

恋愛以外のものに打ち込めるようになると、恋愛以外の事も考えるようにと変わっていきます。

そして恋愛以外の事も考えられるようになる事で、今まで感じてきた苦しさや悲しさを感じにくくなります。まずは恋愛以外で打ち込めるようなものを探してみましょう。

自分自身を愛する

恋愛依存症の多くは自分に自信がないです。その為、相手に依存しやすく、嫉妬をしてしまう場合が多いです。

このような状態は、自分自身を愛せていない場合が多いので、そこを変えていく必要があります。

最初は難しいかもしれませんが、自分自身の良い部分を探して褒めていくようにしましょう。そして自分自身を認めて、愛すように心掛けましょう。

こうする事で、相手に対する依存が少しずつ落ち着くように変わっていきます。良好な関係を築いていく為にも、相手に対する依存を減らして自分を愛していくようにしましょう。

過去のトラウマを克服する

恋愛依存症になってしまう人の中には、過去の恋愛で心に傷がついてしまっている場合もあります。

そのような場合には恋愛に対してトラウマを持ってしまっている事もあります。

過去のトラウマがある場合には、次からは同じ事が起きないようにしようと予防を行うようになります。

その行っている予防こそが恋愛依存症になってしまっている原因かもしれません。

辛いかもしれませんが、過去のトラウマができてしまった原因を考えてみましょう。

そしてトラウマを抱えてしまっている場合には、自分に非があったと責めてしまっている可能性もあります。

もし自分を責めてしまっているのであれば、責めるのはやめましょう。そして、仕方なかったことだと考えるようにして気持ちの整理を行うように心掛けましょう。

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ過去のトラウマが軽くなっていくと思います。

過去のトラウマを克服する事で、恋愛依存症を改善できるかもしれません。恋愛依存症を改善できた場合には、良好な関係を築いていけるようになると思います。

頑張ってみましょう。

マイナス思考を捨てる

恋愛依存症になりやすい人はマイナス思考の場合が多いです。

マイナスに物事を考えてしまう場合には、相手に対しても信頼をできなかったり、不安を抱きやすい状態になってしまいます。

相手に対して信頼ができなかったり、不安を抱きやすくなってしまう事で関係が悪くなってしまう可能性もあります。

そうならない為にも、マイナスに考えないように変わっていく必要があります。

考え方を変えていくのは、とても難しい事です。その為、最初は今までと同じようにマイナスに考えてしまうと思います。

しかし、少しずつでもマイナスに考えないように努力をしていく事で、考え方を変えていく事はできます。気長に考え方を変えていくように心掛けましょう。

マイナスに考えないようになる事で、関係を良いものへと変えていく事もできます。

楽しく幸せに過ごす為にも、少しでもプラスに考えられるように変えていきましょう。

まとめ

恋愛依存症とは相手に対して尽くし過ぎてしまったり、執着してしまうような状態を言います。

そんな恋愛依存症は、共依存症と回避依存症の2パターンに分ける事が出来ます。共依存症は女性に多く、お互いに必要不可欠な存在になって依存し合う関係になりたいと思っています。

そして回避依存症は男性に多く、周囲の人と深い関係になるのを避ける傾向にあります。

しかし、そんな共依存症と回避依存症は正反対のように感じるのですが、互いに強く惹かれ合うという傾向にあります。

互いに強く惹かれ合ってしまった場合には、困った関係になりやすいので注意が必要となります。そんな恋愛依存症は様々な症状が現れます。

例えば相手中心の生活になってしまう事や思い込みや感情の起伏が激しい、自分を抑え込むなど様々です。

これらの症状は恋愛依存症になってしまっている本人が苦しむだけでなく、相手を苦しめてしまう場合もあります。

つまり恋愛依存症の症状が原因でお互いに苦しんでしまう可能性があるあるのです。

お互いに苦しんでしまう事で、良好な関係は築きにくくなります。大好きな人と仲良く一緒にいるには、恋愛依存症を克服していく必要があります。

恋愛依存症の克服方法には恋愛以外に打ち込めるものを見つける、自分自信を愛する、マイナス思考を捨てるなどがあります。

もちろん、これらを実践していくのは最初は辛いと思います。その為、焦らずに気長に行う必要があります。

少しずつでも克服に向かっていけたら良いと考えるようにしましょう。

そして無理をしない程度に努力をして恋愛依存症の克服を目指してみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

末っ子の性格の共通点とは?その特徴と恋愛傾向のまとめ

人は様々な環境で生活をしており …