Home / 未分類 / 恋愛テクニックを学ぼう~本・芸能人から学ぶ

恋愛テクニックを学ぼう~本・芸能人から学ぶ

本記事では、本や、芸能人から恋愛から学べる恋愛テクニックをご紹介します。

スポンサードリンク

本から学ぶ恋愛テクニック

恋愛はどこで学ぶか

人は人生を歩む中で、様々な苦難に直面し、それを乗り越えることで強くなります。

それは時として、怒り、喜び、悲しみなどの感情を動かすものです。【恋愛】に関しても、同様のことが言えます。人類のほとんどの方が誰かを愛し、最終的に結婚や出産といった人生の時を一緒に過ごすパートナーを見つけるのです。

恋愛の形態は様々ですが、基本的には男女間で起こる現象です。相手を思いやり、好きや愛しているといった感情が芽生えます。一緒にいるだけで安心したり、感情が高まったりするとそれはもう恋が相手に芽生えているのかも知れません。

また、恋をする感情が初めて生まれる初恋というのは、人それぞれ時期が違うものの、主に思春期の時に起こることが多く、自己のアイデンティティーが確立した時に、異性に恋愛感情が生まれることが多い様です。

その時期は、無意識の内に相手を目で追ったりして、話したい、一緒にいたいなどの感情が出てきます。しかし、いくら相手のことが好きでも、相手も自分のことを気に入ってくれなくては恋愛は成立しません。

相思相愛という言葉があるように、互いが互いを好きになることが最も重要なのです。

その為には、男性・女性関わらずに相手の気を引こうと努力したり、試行錯誤しながら恋を成就する為に行動したりもします。

一概にこの行動を起こせば相手が自分のことを好きになるということはもちろんありません。

趣味趣向が一人一人違うように、好きになる人も十人十色なのです。それにより、成就すれば楽しいですが、告白し、断られることで辛さも経験できるのです。そんな相手に恋をし、成就させるためにすることなどは学校などでは教えてくれません。

私自身、初恋を経験して破れたあとには、異性から恥ずかしい気持ちを我慢し、やられたらうれしいことなどを聞いたり、恋を成就させた同性から成功のポイントなどを聞いたりしました。

しかし、やはり十人十色なので、その成功談などを聞いて、異性に行動してみても必ず成功するわけもありません。しかし、人として他人にやってもらうことで嬉しいことは必ず存在します。

例えば、誕生日を祝ってもらったり、休日遊ぶのに誘ってもらったり、プレゼントをもらったりすることです。

それは、恋愛マニュアル本などにも掲載されており、私自身も実際に本に書いてあるとおりのことを異性にやったことがありますが、とても喜ばれたことを覚えています。

これらは恋を成就させるためのテクニックとも呼ばれ、相手の気を引くために行う行動としてはとても効果的です。

 

本から学べるテクニックとは

私が読んだ本では、いくつものテクニックが紹介されていました。

私は、男ですので、異性は女性となり、女性の気を引くためのテクニックです。

例えば、【話し上手になるより、聞き上手になる】ということが書いてありました。これは、女性はもちろん人にもよりますが、話すことが大好きで、それを親身になって聞いてくれる男性に魅力を感じる方が多い様です。

聞き上手というのは、相手の話に合わせ相槌をうったり、要所要所で的確な質問を入れることで話にリズムが生まれ、話している方も楽しく話せるということでした。実践してみると、確かに楽しく話してくれている感じが見て取れ、次からも話し相手として誘いが来るようになりました。

その時に注意するのは、相手に同調するばかりでなく、自分の価値観による、自分の意見も間に入れ話すことが重要です。しかし、価値観を押し付け過ぎると逆効果になるので気をつけましょう。

また、本にはこのようなテクニックも紹介されていました。それは、恋をしている相手と貴重な体験をするということです。

私はこの文を読み、当時好きだった相手をスキューバダイビングに誘いました。彼女も初めての体験だったらしく、感動してくれました。

このように、初めて行うこと、滅多に経験できないことを2人で行うことで、相手の思い出に深く刻まれ、恋が生まれるケースが多い様です。

私はこの彼女と、スキューバダイビングを経験したあとに告白し、お付き合いにつながりました。その交際期間も、何度かスキューバダイビングに足を運び、共通の趣味として楽しむことができたのを私自身も楽しい思い出として残っています。

また、連絡をマメに相手にするというのも有効なテクニックとしておすすめができます。

ほんの些細なことでも大丈夫です。相手に自分のことを知ってもらうという目的のもと、「今日こんなことがあったんだよ」とか、行ったところの写真・景色などを送ることで思い出が共有できるという利点があります。

また、このように他愛のないことを連絡することで、相手も気軽に連絡をとってくれることが多くなり、距離を縮めやすいテクニックとしておすすめです。

私が経験・実践した恋愛テクニック本の内容は、非常に私の人生の恋というジャンルを豊かにしてくれるものとしてありました。

恋は、苦手な方もいると思いますので、是非活用し、実行してもらうことをおすすめしたいです。

 

芸能人の恋愛から学ぶテクニック

adult

どうすればモテるのか学ぼう

芸能人の方は、容姿も綺麗である事から男性からアプローチされる事も多いでしょう。

ですが、どうしてこの女性ばかりが男性からモテるんだろうと疑問に思う事もありますよね。

それはその人に恋愛テクニックが自然と備わっている事が多いのではないでしょうか。芸能界で恋多き女優といえば、高岡早紀さんがいらっしゃいますよね。

男性から話を伺うと、高岡早紀さんは会話をする際にずっと相手の目を見てみてお話しなさるそうです。

しかも、視線を外さずにずっとみてお話されるそうで、男性としてはどぎまぎしてしまいますし、自分に好意があるのではと勘違いしてしまうそうです。確かに、あんなに綺麗なお顔の方が、自分の事を見つめて来たら恋愛に発展するのではないかと考えてしまいます。

高岡早紀さんにそのお話を聞いたところ、単に目が悪くてじっと相手のお顔を見てしまいがちというだけのお話でした。

でも、そういった事実がありながらも、男性にそのように思わせるというところが女性として恋愛テクニックが自然と備わっている事なのだと思います。

可愛らしい印象で男性から人気の優香さんも、似たようなお話を聞いたことがあります。優香さんといえば、クシャクシャに笑う笑顔が印象的です。

その笑顔を男性が目の前で見せられたら、やっぱり自分に好意があるのではないかと勘違いするそうです。あんなに自分に対して、嬉しそうに笑ってくれるという事は自分の事が好きなのではないかと思うそうです。

優香さんとしては、誰に対してもそのように笑顔を見せているだけであるのに、男性陣が勝手にそのように思ってしまうそうです。それも本人の意思とは異なり、勝手に男性陣がそのように思えてしまうという事は恋愛上手ということになります。

どちらにしろ、異性に好意があるのでは勘違いをさせる事が大事なのです。好意があると感じさせないと恋には発展しませんし、実際に好意があるのは男性陣の方であって、その時点で女性が優位な立場に立っているのです。

だからといって、そういった女性は自分が優位である事を男性に感じさせないですし、自分が一歩引いて男性を立てる事を忘れません。そもそも賢い女性なのです。また、芸能人は特別な世界にいると思わせておきながら、至って普通の生活感覚であったり、気取っている事もしない女性がモテたりします。

とても女優として演技力もあり、容姿も綺麗な菅野美穂さんや吉高由里子さんは、いたって普通な感覚の持ち主です。

そうでありながらも天然ぶりを披露する事もあり、ギャップとして男性陣は勝手に親近感を感じてしまうのです。

芸能界のような綺麗な方のギャップは、男性から見て安心感といいますか、かわいい部分に写るようになっている気がします。

特に天然ぶりは、少し抜けていてかわいいなと思われたり、一緒にいて楽しかったり、会話もツッコム事ができていい雰囲気になりやすいのだと思います。

天然ぶりやギャップも、恋に発展する材料の一つになります。だからといって、こちらも女性たちが意識して行っているテクニックではなく、自然と出ているものであります。

一般人でも取り入れられる

ですが、普通の一般女性も意識して取り入れようとすればできるテクニックです。

会話の際は、相手の目を見てお話を聞いてあげる事や、男性が喜んでくれそうな笑顔を見せる事。ギャップを自ら作り出すことはかなり難しいですが、色々なジャンルの事に興味をもってチャレンジする事はできます。

そうすることで、意外性が出てきます。自分自身にとっても知識や経験になり良いことだと思います。

天然ぶりはなかなか難しいでしょうが、変に肩ひじ張らずに自然体でいれば、あれ?といった面白い部分が出てくるものでしょう。

色々な事を計算して行うと、ネタが切れた時に相手に飽きられてしまいます。自然体で出ているから面白いですし、魅力的なのだと思います。

そして、男性に効果的なのはボディータッチです。触り方もガッツリ触るのではなく、ソフトタッチがおすすめです。しかも頻繁に行ってはいけません。

たまに行うからドキッとする効果がでるのですから。何度も何度も行っていると、新鮮味がなくなります。

男性も当たり前になりすぎて、女性としてみてくれなくなり女友達になってしまう可能性があります。恋に発展させたいと思うなら、出しすぎは禁物です。

男性はそもそも見えそうで見えないといった、不確かな事に興味をそそる生き物だと思います。確実に把握してしまった、理解してしまった、見えてしまった事に興味を持たなくなります。

恋愛上手の人は、相手にずっと満足をさせないギリギリのラインの所で、上手に物事を操作している気がします。

男性に満足させずに、飽きさせずにいるのです。それをなんなく自然に行っている女性が恋多き女性であり、男性を魅了するテクニックを兼ね備えている人だと思います。

見た目だけではなく、内面も磨いていかないと男性はついてこないものです。


最後に

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、テクニックを使ってモテましょう。


スポンサーリンク

Check Also

恋愛に関する雑学

雑学が巷でもてはやされている今 …