Home / 恋愛 / パートナーとの相性は?悩んだら恋愛カウンセリング

パートナーとの相性は?悩んだら恋愛カウンセリング

恋愛には、悩みが絶えないですよね。片思いのころから結婚して夫婦になってからまで、その時々でいろいろなことで悩むものです。

ここでは、主にパートナーとの関係に不安がある人に向けて、相性についてと、恋愛カウンセリングについて紹介していきます。

スポンサードリンク

パートナーとの関係は?恋愛相性

恋愛においてパートナーとの相性の良し悪しは非常に重要です。お互いにフィットし合わないと長続きさせることはできず、遅かれ早かれ別れに至ってしまう可能性も高いと言えます。

自然体が大切

マッチングについては様々なチェック項目で確認できますが、基本ポイントは自然体でいられるかどうかです。長続きさせるためには無理をしないことが大事ですが、そのためにもありのままの自分で付き合えているのかどうかが判断の分かれ目です。

素の自分でいられる?

一緒にいる時に、本当の自分を出せている場合はマッチングは良好と言えます。自然体で付き合えているということですので負担がなく、これからも良い関係を築いていきやすいでしょう。

反対に無理をしている場合は要注意です。例えば、自分の意見を思うように言えない、本当の希望を捻じ曲げて相手に合わせるようにしてしまう、常に相手の顔色を窺ってしまうなど、相手を重視し過ぎている場合ですと負担が大きくなります。

付き合いたての頃ですと、相手に嫌われたくない心理が働きますので、相手に合わせようとすることも良くありますが、しかしながらある程度の交際期間を経ても、そうした状態がずっと続くようなら気を付けた方が良いでしょう。

本当の自分を出させてくれない相手の可能性がありますから、それからも本当の意味で良好な関係を築けないかもしれません。

居心地の良さはどう?

何もしない時間を無理せずに楽しめるかどうかもチェックポイントです。例えば、自宅で一緒にいる際にも、特にやることがなく時間を持て余してしまうこともあるものです。その際に微妙な空気感が漂い居心地が悪く感じてしまう場合は注意が必要です。

二人きりの空間でリラックスができないということは、心から落ち着ける相手ではない可能性があるからです。 反対に落ち着ける相手の場合ですと、何もしない時間すらもフラットに感じることができるものであり、自分にとっての心を許せる相手と言えるでしょう。

したがって相性は良いと言えますし、良好な関係性でありこれからも交際を続けやすいはずです。

ケンカの解決はどう?

ケンカをした後のリカバリーの方法によってもマッチングをチェックできます。時には何かしらの原因で揉めてしまうこともあるものですが、その際に無理に仲良くしようとしてしまうのは注意が必要と言えます。

リカバリーの精神があることは良いことですが、しかしながらギクシャクとしたままの状態で仲良くしようとするのは、パートナーに気を遣い過ぎた関係になっていると見ることができます。

つまり無理が生じている間柄でもありますので、そうした関係性のままですとその後の付き合いで疲れてしまうかもしれません。

一方、相性の良い間柄の場合は、自然と距離を取って冷静かつ客観的に見るようにします。

距離を取ることで一見すると不仲のようにも見えてしまうものですが、しかしながら一旦離れてみることでお互いに気持ちをリセットすることができ、そこから自然と元通りになっていくことができるのです。

仲良くなるために無理をしない関係性であり、それが自然にできる二人の方が上手く付き合っていけることが多いです。たとえ、ケンカの多い二人だろうとも、そのように自然と元通りになれるようなら、むしろお似合いとも言えるでしょう。

両親に会わせたいと思える?

両親に会わせたいと思えるかどうかも相性チェックの一つです。パートナーを両親に会わせるのはそれなりの覚悟が必要なものですが、もし躊躇ってしまう場合は相性があまり良くないのかもしれません。

自信を持って紹介することができないのは、無意識にでもパートナーを全面的に信用できていない表れの場合もあり、そういった相手ですとマッチングとしては良いとは言えないでしょう。

両親に会わせられるかどうかは、言わば一つのバロメーターでもありますから、そこで躊躇する相手はあなたにとって理想的な人ではないと言えます。

夜の生活は満足できる?

二人の関係を考えた時、夜の生活も大事です。よく、好きという気持ちがあればどんな障害でも越えることができ、夜の営みはそこまで重要ではないと言われることがあります。

人によってはきっと心からそう思えるのかもしれませんが、しかしながらそうではない人は多いはずです。 心も体もちゃんと繋がっていたいと考える人も多いでしょうし、それゆえに夜のフィーリングが良くない場合は要注意と言えます。

実際、セックスレスになったことが原因で別れてしまうカップルも多いですから、夜の生活を軽く見てはいけません。そこは良好な関係を続けるためにも欠かせない要素でもありますから、ゆえに特に何も問題がない二人ならマッチングも良いということなのでしょう。

なお、夜の生活は自然にできるのが理想的です。言葉にしないといけない場合は、そこに努力が介在している可能性が高く、本当の自然な関係性とは言うことができません。

口に出さなくても自然に求め合える二人の方が相性は良く、それだけ二人の波長が近いという証拠ですので、自然に愛し合える良い関係性と言えるでしょう。

受けてみるべき恋愛カウンセリング

恋愛は、時として大きな悩みの種になります。順調にお互いが愛し合っていればいいですが、もともと他人だった男女2人が付き合うのですから、何かしら問題が起こるのが普通です。

そこで活用したいのが恋愛カウンセリングです。最近では心のカウンセリングを受ける人が増えていますが、恋煩いが心の問題だと考えれば、カウンセリングを受けることで今よりも楽になれる可能性があります。

恋愛カウンセリングとは?

そもそも恋愛カウンセリングとは何かをはっきりさせておきましょう。

それは、悩みを抱えているクライアント(来訪者)が、カウンセラーに恋愛に関する悩みを聴いてもらい、それに対して心理学や癒しのセラピーを使って恋による傷を回復させたり、これからの方法のアドバイスをすることです。

アドバイスといっても、待っていればカウンセラーが答えを教えてくれるわけではありません。答えを出すためにはクライアント自身が話をする必要があります。

話していると、徐々に自分の中で何が問題だったのか、何にとらわれているのか、などがわかってきます。 頭の中だけで考えているとモヤモヤして自分が何を考えているのかわかりにくいです。

そのため「ああでもない、こうでもない」と考えているうちに深みにはまってしまいます。ここにカウンセラーという聴き手が現れると、自分の頭の中で考えていることを声に出して整理することができます。

カウンセラーは自分自身の分身のようなもので「なぜあなたはそう思っているの?」「ではどうすればいいと思う?」などと問い返してきます。これに対して答えを考えていくうちに、迷いがほどけていきます。

カウンセリング方法

自分で書き出してみる

これと似た手法で文字にして書き出すという方法もあります。考えがまとまらない時に、紙に考えを書き出してみたら頭の中が整理されたような経験を持つ人もいるのではないでしょうか?これも一種の自己カウンセリングです。

ただ、この方法だとやり方がよくわからないという場合もあるので、そういう時にはカウンセラーに頼ってみたほうが効果的です。

カウンセラーに頼る

カウンセラーとやりとりしていると、自分一人で悩まなくて済むという安心感をもらうこともできます。

一人で悩んでいると見捨てられたような気分になることがありますが、聴き手がいるだけでもずいぶん心が満たされます。恋愛の悩みを熟知しているカウンセラーに相談することができるので、心強い気持ちになれます。

ネガティブな考えしか思い浮かばないという人は、一度カウンセラーに相談してサポートしてもらうといいでしょう。 カウンセラーはこちらが受け身でいる限りは何もしてくれませんが、きちんと心の中を吐き出すことで的確なアドバイスをしてくれるようになります。

その手法が優れていて、心理学などの科学的な根拠のある方法で教えてくれます。恋関連のことは、心理学と密接なつながりがあります。

こんなときはカウンセラーに依頼しよう

二人の関係を良くしたい

そもそも男女が付き合うということは、異性の心理がぶつかり合うことです。その際に心理学の手法を使えば、今よりもっといい状況に改善できる可能性があります。

失恋した心を癒してほしい

もし失恋して傷心という人であれば、その傷を癒してもらえるような心理学による癒しのセラピーを受けることも可能です。もちろん、これにも自分から話をする必要はありますが、これによって過去に受けた恋の傷が緩和する可能性もあります。

もし失恋して恋に臆病になっているという人は、一度カウンセラーに相談してみると癒してもらえるかもしれませんね。

恋のアドバイスが欲しい

カウンセラーと対話することで、時間をかけてじっくり恋に取り組めるというのもメリットです。恋は急いではいけません。急いでしまうと、結果的に求めていた相手とは違う相手に出会ってしまったり、関係がうまくいかない可能性が高くなるからです。

特に結婚適齢期を過ぎたというような女性だと急いでいるから早く相手を探さなければなどと相談することがありますが、急いでも何もいいことはありません。結婚するのが目的になってしまうと、本当の幸せを逃してしまいます。

じっくり話せるのが魅力

結婚相談所や婚活サイトなどのシステムに慣れた人だと、カウンセラーはのんびりしていてさっぱり答えを出してくれないと思うかもしれません。確かに、コンピュータで相手を弾き出すわけでもありませんし、失恋の痛手をすぐに回復させてくれるわけでもありません。

しかし、じっくり話をすることで自分の中で必ず何かが変わっていきます。それは小さな変化かもしれませんが、今後の恋愛にとっては大きな力になる可能性が高いです。すぐに答えを出して欲しいと思っている人は、一度冷静になってカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

焦ったり落ち込んでいた時には気づくことができなかった有益なことが見つかる可能性がありますよ。

電話のカウンセリングも

最近ではカウンセラーの元にこちらから行かなくても、電話で専門のカウンセラーに相談できるようになっています。時間がなくて行けないという人でも、電話であれば自分の好きな時間にじっくり話を聞いてもらうことができます。

さいごに

いかがでしたか?

いまのパートナーとの関係は、もしかしたら相性の問題なのかもしれません。しかし、恋愛は相性だけで決まるものではありません。悩んだら、どんなことでも一度、カウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。なにか解決策が見えてくるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

Check Also

彼が心変わりしてしまう原因と兆候、どう対処すればいいの?

あなたは、「付き合ったばかりの …