Home / 恋愛 / 恋愛依存症ってどういうこと?恋愛依存症の症状となりやすい人の特徴

恋愛依存症ってどういうこと?恋愛依存症の症状となりやすい人の特徴

恋愛依存症とは、つねに好きな異性がいないとダメな人や過剰に相手に執着してしまう、恋愛なしでは生きていくことができないといったものが一般的な病状です。

これに当てはまっているあなたは恋愛に依存しているかもしれません。恋愛依存症に陥ってしまう人はどういった人がいるのでしょうか。本記事では恋愛依存症の症状となりやすい人の特徴についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

恋愛依存症になる人の特徴

相手から必要にされたい欲求が強い

680x510xnegative-thought3-jpg-pagespeed-ic-uxdvr4-cy_

好きな異性に必要とされた時にあなたはきっと自分の存在価値を実感し、嬉しい気分になるのではないしょうか?あなたが相手から必要とされている間は、突然相手があなたから離れ、新しい人にのりかえるということはあまりないと思います。

ですが、あなたが彼を必要としているときに大切な人がそばにいてくれない、あなたが知らないとこで彼が誰かとランチや飲み会に行くことがあった時に、あなたは「わたしは必要とされていないのかな」「ちょっと寂しいな」と嫉妬やちょっと胸が苦しいという感情になると思います。それから徐々に束縛するようになるかもしれません。これは少しずつ彼に依存している証拠でしょう。

自分しか相手を助けられないと思いがち

20160303-2

自分のことは自分自身が一番分かっていると思いますが、次にあなたが相手の事をわかっているでしょう。長い時間、彼と一緒に過ごし、いろいろな事を共有した関係です。ですから、あなたは「私が彼を一番理解しているから私にしか助けることができない」「私がいないと彼はダメなの」と思うかもしれません。

また、他の人が彼を助けようとするときっとあなたはそれに対してすごく嫌な気持ちになります。相手の望むものがあればなんでも与えようとしてしまいます。これも依存している特徴でしょう。

相手の問題を自分の問題と考え深入りしてしまう

2273871397_040225f007_o

常に彼が最優先で相手が悩んでいたり、何か問題を抱えていたりした時に真剣に相手の話を聞くと思います。なぜなら先ほどの「あなたしか彼の力になることができない」と思っているからです。なので、あなたが彼の一番の良き理解者ですから感情的にアドバイスや意見をすることがあるでしょう。

周りの友達や家族の意見などがあればそれを否定してしまう傾向もあります。相手の問題を自分の問題と考え、深入りしてしまっている人は主観的に物事をとらえてしまい、客観的な判断や意見ができなくなってしまっているでしょう。

自分のことを後回しにする

依存している人に多くみられるのは、相手の事が最優先なので相手が良ければそれでいいと思っていることです。自分が辛い思いをしても相手にしてみれば幸せで、相手が嬉しいならそれでいいと納得してしまい、あなたはきっと多くのことを我慢しています。

あなたはその恋愛で自分のことを後回しにしすぎて、本来自分がしなくてはいけない事があったり、自分に使う時間が必要な場合であったりしても、後回しにして彼のことをなんでも先にしてしまいます。

それだけではなく、あなたは彼に夢中になってしまっている為、自分自身の幸せになりたいという気持ちはどこかで忘れてしまっています。依存している間はおそらく自分のことを後回しにしていることさえも気付いていないかもしれません。

現実を見ることができない

c824_akabarentainbox_tp_v

現実を見ることができない人でよくあるケースは相手の事を最優先にしすぎて彼を失うとなにもなくなってしまうと思っています。相手に依存し過ぎていてあなた自身を見失っていることです。彼を意識するあまり「全然他の物事に手がつかない」ということはありませんか?

人間1人でも生きていくことはできます。本当に彼、彼女なしでは生きていけないのでしょうか?いま、あなた自身が置かれている現実を見つめ直し、自分にもう少し時間を使うことができれば依存脱出できるきっかけになるかもしれません。

自信がない

ev185135046_tp_v

自分自身を低く評価している人が結構いますよね。「どうせわたしなんか」と ものすごく悲観的でまるで自分には価値がないのかのような考えを持っている人がいます。ついつい自信を持っている彼に依存してしまいがちです。

それだけではなく、なんでも彼の言いなりになっているので相手側からすれば「都合だけのいい女性」になってしまっているかもしれません。

あなたには「必ずあなただけしか持っていない価値」があります。自信を持てるようになるには自分自身の努力と周りの助けが必要です。少しずつ自分に自信を持てるようになれば状況は大きく転換するのではないでしょうか。また人となるべく比較をしないようにするのもいいかもしれません。

ネガティブな思考の持ち主

ev185142607_tp_v

常にマイナスな考えを持っている人は依存しているかもしれません。「見捨てられるかもしれない」と不安を抱え相手のツイッターやラインを頻繁にチェックしてしまい、相手を束縛し自分の良いようにコントロールしようとしているかもしれません。これが行き過ぎるとDVが起きてしまう場合もあります。

ちなみにネガティブな女性に多い傾向は、「ため息が多い。」口癖が「どうせ私なんて・・・」などこれに該当している人は注意が必要かもしれません。ネガティブな言葉や行動で悪い空気を自分から引き寄せないようになるべくポジティブで前向きな言動を日ごろから意識するといいかもしれません。

人の意見に流されやすい

人の意見によく流されてしまう人も注意が必要です。

自分に対して自信を持てない人は相手が意見した時に自分の主張をしないことがあります。「自分が意見をしたら相手は気分を悪くしてしまうのではないだろうか」と相手の気持ちを考えすぎてついつい相手の意見を受け入れてしまいます。思っていることは言わないと相手には伝わらないので、自分の意見をしっかり持ち伝えることが大事です。

また、別視点になりますが、人の意見によく流されてしまう傾向のある人はついつい異性の誘いにのってしまい、誰にでも優しく、付き合いの良い女性ということで周囲から軽く見られてしまい、彼以外の男性からのアプローチに悩まされることもあるようです。

恋愛依存症の特徴をいくつか挙げてきましたが、恋愛依存症は主にどういった病状なのでしょうか。

恋愛依存症の症状

すぐに連絡がないと不安になる

自分から連絡しても相手から連絡がすぐに帰ってこないと不安になってしまう人は依存しているかもしれません。
「もしかしたら他の異性の人といるから連絡がこないのでは?」「もう相手に好きと思われていないのではないか」という気持ちになってしまいモヤモヤしている状態が続き、自分から何通も連続で電話やメッセージを送ってしまいます。

高価な贈り物をするのが当たり前になる

girls-1487825_960_720

尽くし過ぎるあまり何でも相手に与えてしまいます。自分が彼に欲しい物をあげることで彼が喜び、自分と一緒にいる時間が楽しいと思ってくれている、自分を必要としてもらえると錯覚してしまっています。それが続いていくと「安い物では彼には喜んでもらえない」とおのずと高価な物を買い与えてしまっています。

時間やお金の管理ができなくなる

相手に一途なのはとても良いことですが、相手中心の生活なので予定を全て相手に合わせてしまいがちです。彼や彼女からいつ誘いがくるのかわからないため、なるべく予定を入れないようにしています。友達とランチやディナーへ行く約束をしていても彼から連絡がきたら予定をキャンセルしてしまうこともあります。

彼が欲しい物をなんでも買ってしまうので、気づいたら銀行の残高や財布の中身が入っていないとお金の管理も行き届いてないこともあります。

彼がいなくなることの恐怖に常にとらわれる

彼に尽くしてきた時間や物。一緒に何でも共有した物がある日から突然なくなるのです。辛い事も嫌な事も彼が居たから乗り越えることもできました。生きがいは全て彼にありました。相手が居なくなればあなただけになり孤独感を感じるでしょう。頑張れる理由もなくなります。楽しい時間がもう戻ってこないと考えてしまい彼を失うことに恐怖感を抱いています。

彼以外何もいらないと思う

love-164338_960_720

恋愛に依存している女性はきっと彼以外にあなたの心を満たしてくれる人や物はないと思っているでしょう。彼からどんな高価なものをもらっても100%満足はしないのではないでしょうか。彼が隣にいてくれさえすればそれだけで幸せに感じています。ですから、彼以外何もいらないと思うのでしょう。

ちなみに男性側が依存する女性の特徴は「小悪魔タイプだそうです」。なんでも自分の思い通りにならないからです。少しイタズラ気質のある女性が男性側から依存されやすいだとか・・・。

恋愛依存症の対処法

この記事をみて「私は依存しているかも?」「今が辛くて依存症を治したい」と思う人が少なからずいるでしょう。

では、どうすれば依存から抜け出せるのでしょうか?

自分のことを愛する

love-1702613_960_720

自分の事をもっと愛して大切にしてあげましょう。そして自分と向き合う時間を作り、自分が過去に経験し失敗した恋愛や自分の良くない点をもう一度見つめ直し自分自身を受け入れてあげましょう。自分の事を大切にできない人は相手も大切にできるとは思いません。ですからまずは「自分を愛し、知ることです。」

スマートフォンを遠ざける

takebe160224580i9a0715_tp_v

相手から連絡が無いときは、どうしても何をやっているのか気になりますよね。考えるだけで胸がモヤモヤしてしまいますよね。ラインやツイッターなどもついついチェックしてしまいがちです。まずは、携帯から距離を遠ざけあまり気にしないように通知をOFFにしたり、電源を切ったりするのもいいかもしれません。

彼に求めすぎるのをやめる

相手に何でも求めるのを控えましょう。求めれば求めるほどあなたは期待もしてしまいます。期待した分が返ってこなかったら落ち込みますよね。あなたが彼に求めすぎると相手も重いと感じてしまいます。またあなたが100%求めてもせいぜい彼は20%~30%くらいしか返すことができないでしょう。ほどほどが肝心です。

楽しめる趣味や習い事を始める

これは失恋した時にも有効な手です。暇や時間があれば相手の事を考えてモヤモヤした気持ちや胸が締め付けられるような経験をしたことがある人は多いと思います。まずは自分が夢中、必死になれるものを始めてみましょう。

相手の事を考える時間が必然と減ります。それだけではなくて、自分に費やす時間が増え充実した時間が増えるでしょう。そうすれば「自信」も持てるようになるかもしれません!時間が解決してくれるはずです。

友達に相談してみる

なにも問題を1人で抱えなくてもいいのです。困ったときや辛い時にあなたの支えになってくれるのが「友達」です。きっと友人も真剣に話を聞いてあなたがどうしたらいいかわからなくなった時は、良いアドバイスをしてくれるはずです。これをきっかけに自分を見つめ直し依存から抜け出せるでしょう。

まとめ

恋愛依存症は本当に辛いです。人は1つのものに依存したらなかなか抜け出すのは難しいです。禁酒や禁煙もむずかしいですよね。恋愛依存症があまりにも悪化してしまうと彼からDVを受けた時に「彼が愛してくれているから」「自分が悪いから彼が暴行してきただけ」と思うようになり、本来ならば彼と別れたり、必要に応じて警察に通報したりするのが普通ですが、依存してしまうとそういった考えにはならないでしょう。

あなたには彼がいなくても素晴らしい友人や家族がいます。辛いときは相談しましょう。誰かに話したからといって解決するわけではありませんが、聞いてもらうだけで楽になります。この記事をみて「恋愛依存症かも?」と思った人は紹介した対処法を試してみてください。

スポンサーリンク