Home / 未分類 / 恋愛、占います~手相・姓名から見る恋愛

恋愛、占います~手相・姓名から見る恋愛

様々な恋愛観がありますが、本記事では手相や姓名判断から恋愛を占っていきたいと思います。

スポンサードリンク

手相から占う恋愛

手相占いの魅力とは

何年も恋愛から遠ざかっていたり、恋人が出来ても長続きせずにすぐに別れてしまう、友人関係から恋人に発展しないなど恋愛に関して悩んでいる人は多いでしょう。

こんなとき自分の潜在的な運命に興味が湧いて、将来いつどこでどんな人と出会えるのか知りたくなります。よく当たると噂の占い師を調べて訪ねるのも良いでしょうし、本やネットで調べながら、見よう見まねで占ってみるのも良いでしょう。

本屋へ行けばその年の運勢を事細かに占って掲載している本も棚に並んでいます。占いには、西洋占星術、姓名判断、十二支を使った四柱推命、トランプやタロット占い、風水など様々な方法があります。

それぞれの占いによって結果が異なることも多く、昔からよく言われるように当たるも八卦当たらぬも八卦で、あまり深刻に捉えずに楽しく自分の運勢を見ると良いでしょう。

これら占いの中で誰でも比較的簡単に出来て、気軽に占えるのが手相ではないでしょうか。

特別な道具は不要ですし、主要な線を理解していれば、ちょっとした時間でも占うことが可能です。

恋愛はもちろんのこと、結婚や対人関係、金運、健康、仕事など総合的に占えるので便利です。左手で見るのか右手で見るのか色々議論はありますが、とりあえず利き手が現在を表しているとみなすと良いでしょう。では早速どこを見れば何が分かるのか見ていきます。

手相から見る運勢


恋愛運
についてですが、手相からどのような恋の傾向があるのか判明します。


感情線はどのような形をしていますか。感情線を中心に上下に枝分かれした小さな線が出ている人は、感情が豊かで人間味にあふれています。感覚的に人を好きになる傾向があるとされ、惚れっぽいところがあり異性からもモテるので恋愛体質といえるでしょう。

ただ知能線が長く下向き伸びている人は、相手に求めることが多かったり自分が思い描くシチュエーションにこだわり過ぎて、相手を好きにはなるものの、条件に合わないと冷めてしまう理想が高いロマンチスト傾向があります。

感情線を中心にして枝分かれした小さな線が下向きは少なく上向きが多い人は、積極的とされ自分から告白すると成就するとされます。

加えて感情線自体が人差し指の付け根まで伸びている人は、情熱的ですから自分の気持ちを抑えることができず、自然相手に告白することでしょう。

ただ情熱的であるのは良いのですが、恋が成就した後で自分の感情を押し付けたり相手の気持ちを考えずに行動する傾向があるので気を付けましょう。

愛や恋には大人ならば特に性的魅力も重要です。

こうした傾向も手相に表れます。人さし指と中指の間から小指とくすり指の間にかけて弧を描くように線がある人は、性的魅力に溢れた人が多いとされます。

逆にこの線が全くないと恋に発展しにくく、異性へのアピールが苦手な傾向があります。愛や恋に関する線とともに知能線が二本あったりすると、発想が人と違った傾向が現れお互いを束縛しない自由な恋愛を求めたりします。

中には、生命線や感情線、知能線はあるけれどその他に線があまり目立たないという人がいます。だからといって決して恋に向かないわけではなく、駆け引きをするような関係は苦手でシンプルで分かり易い関係を望む傾向があります。また感情線が短かったり、枝分かれした線が出ていない人もまた淡泊な人が多く、二股愛や略奪愛など愛憎でドロドロした関係を嫌います。

異性への告白に臆病になる手相としては、知能線と生命線の始線が重なっている人があります。

重なった部分が長ければ長いほど慎重になる傾向が高いので、なかなか恋は成就しにくいでしょう。

ただこうした傾向があっても魅力ある人ならば、異性からアタックされる場合もあるので、愛や恋に縁遠くなるのではと心配する必要はいりません。

恋に臆病といえば、そのきっかけの一つとして失恋があります。

実は失恋し易いとされる手相があるので紹介します。感情線を中心に上向きの小さな線があれば情熱的でした。

その逆に下向きの線が沢山あれば、良く言えば優しく世話好き。悪く言えば決断力に欠ける面があり相手のワガママに付き合わされる傾向があります。

相手と気持を理解し合えていれば関係はうまく運ぶので、相性を重視して相手を選びましょう。知能線が鎖状になっている人も要注意です。こういう手相の人は神経質で感情の起伏が激しいとされ、相手から理解してもらえず愛想を尽かされる傾向があるので、抑制的に振る舞えるよう心掛けましょう。

その他、小指の下に横に走る結婚線も出会いの多寡を決めます。多い方が良いとは一概に言えませんが、一本だけの先が下を向いた線をもつ人は、恋に消極的な状態ですから積極的に言い寄られて騙されないよう注意しましょう。

掌を眺めてそれぞれの線に意味がありますが、それを別の線があることで補ってくれる場合も多々あります。

ですから一本の線だけを見て落胆したり、喜んだりする必要はないですし、その人の態度や性格、努力などで線は変化していくので、将来は自分で掴むという前向きな気持ちが重要です。

 

姓名から判断します 恋愛占い

姓名占いとは

名は体を表すといいます。そして、名前は親からもらう生まれて初めての贈り物です。

自分自身で名前を付けることは生まれたばかりの子どもにはできません。

親は生まれてくる我が子のために、この子が最高の幸せな人生を送ることができるようにと願い、おなかにいる時から、また気の早い人は生まれる前から、好きなアイドルの名前が自分の苗字にゴロがあうかとか、自分がつけてもらいたかった憧れの名前や、姓名判断の専門書を購入したり、現代では手軽にインターネットで姓名判断をしたりして、考えに考えあぐね、たった一つの大切な名前を決めます。

そして、決められた名前はその子の一生を左右する運命的な尊い名前になるのです。そして、親からの初めての贈り物を一生背負って生きることになるのです。

では、どのような名前が恋愛に向いているか、親は恋愛向きの名前として付けるわけではないので、恋多き女性になるか、プレーボーイになるかなどとは分かりません。

でも姓名判断では数字によっては、大成功する数字。苦労しやすい数字。伴侶で苦労する数字というものがあることも事実です。

姓名占いの数字について

では、数字について詳しく説明します。姓名判断では、大吉数として、11画、15画、21画、24画、31画、41画、51画、81画とあります。また、逆に、4画、9画、12画、14画、16画、22画、42画などは凶数と言われています。

自分の名前の画数が良い場合は喜べますが、たまたま良くない数字だった。としたらがっくりしてしまうかもしれません。自分で付けたのではないのですから。

苗字と名前を合わせた画数を総画といい、全体運を表します。苗字は先祖から受け継いでいるものなので、男性や養子を迎える女性では、すでに固定化されているものとなり、その家そのもののの運気といえましょう。

名前は自分の現生での生き様に影響を及ぼします。主に、青年期の運勢、健康運、才能運、恋愛運、結婚運、家庭運に影響を及ぼします。恋愛運はここの数字でみることができます。

次に、苗字の一番下の文字とと名前の一番上の文字をたした数字は、人格といい、30代から50代までの中年期の運勢を表します。ここでは、社会運、家庭運、結婚運もつかさどっています。

最後に苗字の一番上の文字と名前の一番下の文字をたしたものを外格といい、対人面や恋愛での傾向や、周りに与える印象などを見ます。ここまでは数字に関する判断です。

他に五行といい、木、火、土、金、水が文字をつかさどっています。イメージでいうと、一番下は土でその上に木がつまれ、火をつけて金の鍋の中に水が入っているというのが、自然な形と言われています。ひらがなでいうと、あ行、や行、わは土性。か行は木性。さ行は金性。た行、な行、ら行は火性。は行、ま行は水性。と5つに分けられ、それぞれに特徴があります。

土性は一番下にあるので、我慢強く辛抱強いが地味である。

木性は明るく柔らかい性格です。火性はすぐにかっかと怒る瞬間湯沸かし器のような性格を持っていますが、温かい性格ともいえます。

金性は鉄ですので、かちんかちんと固く人を傷つけやすい一面もありますが、まじめで硬い一面もあります。

水性は、流れる水のごとく流動的だったり、水の特性であるので、冷たければ凍ったり、熱すれば蒸気になったり、とどまれば腐ってしまったりする少々やっかいな性格といってもいいかもしれませんが、どんな器にも合わせられるという柔軟さも同時に持ち合わせています。

画数、五行のほかに、陰陽があります。これは偶数を陰で黒、奇数を陽で白で表します。陰陽の文字のとおり、陰は暗く、陽は明るさを表しています。

この陰陽が苗字から名前まですべて黒の陰。またはすべて白で陽というのは、偏りでよくないとされます。

苗字と名前が陰、陰、陽、陽と真ん中で割れてしまうのも志途中でくじけやすいことが多く凶とされます。

また、一番上と一番下が同じ陰、または陽で、残りの中の文字すべてが反対の陽か陰の場合も中挾といい、つらい立場がおおくなると言われています。

では、何が吉なのか、それは陰陽陰陽と交互にくる組合わせが吉とされます。

このように姓名判断は、画数、五行、陰陽とが組み合わさり、変えられない苗字をふまえて、いかに良い名前にするかがとても複雑なものとなります。

画数はよくても、五行が不自然で火火水水となれば、熱しやすく、冷めやすい性格を十分に持ち合わせていることになりますし、金金金金とすべて金ばかりでは、かちんこちんのがめつい性格になるやもしれません。

恋愛対象として、見るなら、陰陽が揃っていて、木性、火性のある温かく優しい人を探すとか。土性、木性をもっている辛抱強く柔軟な性格の人を探すこともできます。

こんな知識を少し持ち合わせるだけで、彼女、彼氏の性格が名前がら垣間見ることができるでしょう。

また、名前は変えようがないので、その性格を知ったうえで相手に接していくという手段も使えます。有効に活用しより良いおつきあいができれば幸いです。

 

 最後に

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

オタクな恋人との恋愛のすゝめ

『恋の始まりは瞬間でも、つきあ …