Home / 恋愛 / 恋愛対象外から玉の輿になるための恋愛術

恋愛対象外から玉の輿になるための恋愛術

気になる異性がいる場合には、相手にその気持ちを気づいて欲しいと思う方もいるでしょう。ですが、相手が自分に対して好意を抱いていない、恋愛対象外の場合にはただ相手を想っているだけでは仲が進展することはありません。

ですが、意中の相手に異性として見られる行動を取ることで状況が変化することがあります。そのためには、意中の相手のことをよく知ることが重要です。そしてそのようなスキルを積み重ねれば、手の届かないようなお金持ちの男性の玉の輿になるのも夢ではありません。

今回は意中の相手に異性として見られる行動と玉の輿になるための恋愛術について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

意中の相手に異性として見られる行動

意中の相手と共通の趣味を持つ

趣味を持つことは、日頃のストレスの解消になります。興味を持つことでいろいろと知識や技術が身につくこともあり自分の成長にもつながるでしょう。そのため、友人や知人など自分と共通の趣味を持つ仲間が増えることは楽しいことです。また、共通の趣味を持つことは異性との仲を深めるきっかけになることもあります。

意中の相手が興味のあること、休日などにどのようなことをしているのかなど、普段の会話からどのような趣味を持っているのかチェックしてみるといいでしょう。自分にもできる趣味なら実際に自分も趣味として楽しむことも大切です。

そして、意中の相手に趣味として興味があることを伝え、いろいろとアドバイスをしてもらうきっかけにもなります。共通の趣味によって会話がはずみ、一緒に行動することや会話をする機会が増えることで相手から少しずつ自分に対しての認識が変化することもあります。

意中の相手の周囲にいる人々と仲良くなる

意中の相手に友人や知人、職場の仲間など交友関係などに関してもある程度把握しておきましょう。基本的に、意中の相手の意識を自分に向けたいと思う場合には、相手のことだけに集中してしまい周囲にいる人々にまで気が回らないという方もいます。

ですが、自分に置き換えて考えてみると自分の友人や知人に対して異性が冷たい態度やあからさまに興味がない態度を取るのを見てしまうとその異性の行動や言動に対して好意的に捉えるということは難しいでしょう。

そのため、意中の相手に好意的に捉えられるためにも、相手の交友関係や職場などの仲間、関係者に対して友好的な関係を築いていくことも大切です。

意中の相手に恋愛対象としてみてもらいたいと思うばかりに気持ちがあせってしまい余裕がないことが態度に出てしまわないように、意中の相手に対してだけでなくその周囲に対しても気配りや思いやる気持ちを持つことが重要です。

意中の相手にさりげない気遣いをする

意中の相手に好意を抱いていることを気づいてもらうために、積極的にアプローチするということも時には重要ですが、状況によっては相手から敬遠されてしまうことがあります。自分は、相手のためにいろいろとしてあげたいのにそれがかえって迷惑になることもあるでしょう。

そのため、意中の相手に対してさりげない気遣いをすることで少しずつ自分に対しての好感度を上げていくというのも、有効な手段といえます。

一緒に行動することや職場などにおいて、気遣いをして相手のためにサポートをするだけでも相手からの自分のイメージアップにつながります。好感度が急上昇することにはなりませんが、相手に対しての気遣いを続けていくことで少しずつ意中の相手が自分に対して興味を抱くようになることもあります。

そのため、普段の行動において意中の相手に対してちょっとした気遣いを日々心がけるようにしましょう。

明るく笑顔をたやさない

人から好意的にみられる人物は、基本的にはネガティブな発言をしない、明るく元気な方です。周囲から自然と人が集まり中心になるような方は、笑顔をたやさず基本的にはポジティブな思考をする傾向があります。意中の相手に自分のイメージアップをはかるためにも、普段から笑顔をたやさず明るく元気に行動していきましょう。

基本的に、ネガティブな思考を持つとそれが表情にでてしまったり会話の中で言葉としてでてしまうこともあるため、そのような思考では周囲からのイメージダウンにつながります。意中の相手からもあまりいいイメージに捉えられることはないためできるだけポジティブな思考で物事を捉えることは重要です。

意中の相手だけでなく自分に関わる人々に対してもポジティブな思考で接することは大切です。自分のイメージは自分一人ではなく周囲にいる人々からの評価やイメージなども大切です。

意中の相手も周囲からの自分に対するイメージによって興味を抱く可能性や自分に対する認識の変化につながる可能性もあるため、常に明るく笑顔をたやさないこと、ポジティブな思考で行動していけるように意識していきましょう。

意中の相手に対して恋愛対象外から恋愛対象になるためには、自分なりにいろいろと対策や行動を取ることが重要です。また、気持ち的にもあせってしまうことがあるかもしれませんが、相手が自分に対して好意を抱いていない場合には、あまり直接的な行動にでることは控えましょう。

少しずつ自分のイメージアップをしていくことや意中の相手やその周囲にいる人々に対して気遣いやイメージアップにつなげていくことが大切です。

玉の輿になるための恋愛術

長引く不況の日本において、玉の輿とは、現実的な将来設計のひとつとも言えます。お金持ちとコネが出来ると、さらにお金持ちと知り合えることも多いですから、バカにできません。しかし、そこにはそれなりのハードルがあります。お金持ちのひとの多くは、いろいろな人に言い寄られて生きて来たのですから、言い寄られ慣れています。

中には飽きている人や、うんざりしているひとも、少ないとは言えません。ですから、お金目当てで近付いている感が出てしまうと、そこから先は、縁をつなげるのは難しくなることが多いです。

成り上がりセレブか代々セレブかを見極める

お金目当てだと呆れられるひとは、育ちの悪さを見抜かれていることがあります。全員ではありませんが、多くのお金持ちは、良い教育を受けて育てられていることがありますから、自分と同程度の知識や教養、マナーを、交流を持つ相手に求めることがあります。

この傾向は、とくに、一代で成り上がったひとより、親や祖父母の代からセレブという家系のひとに強く見られます。ですから、付き合いたいお金持ちが、一代成り上がりなのか、代々セレブなのかを、周囲の人たちの話などからそれとなく聞き出し調べておくのは、無駄ではありません。

どちらのタイプのお金持ちかで、必要なマナーが違ってくることが多々あるからです。もし、代々セレブ系の家に玉の輿にのりたかったら、勉強をする必要があります。

それは、まずは言葉づかいや、基本的な生活の作法の習得や向上を指します。ら抜き言葉や、席の上下を使い分けられないと、その場では注意はされませんが、多くの場合、あとで「あのひとはなっていない」と、人脈候補から外されてしまいます。

また、文字が汚かったり、ものを受けとる際に必ず両手を使うなども、見られていることは承知しておいたほうが良いです。代々セレブ系の家なら、親族みんなが当たり前にしていることなので、出来ないと、仲間に入れるのは恥ずかしいということになります。

その点、一代成り上がりのセレブは、そこまで厳しくないことは、傾向としてあります。しかし、一代で成り上がったからには、かなりの自信家で、プライドが高いことが多いので、プライドを傷つけないよう配慮できるようにすることが大切になります。

気に入られるためには、さりげなく相手を立ててあげることを常に心がけると良いです。自分はあくまでも普通のひとであり、特別なあなたを尊敬しているという言動が、一代成り上がりのお金持ちには、心くすぐられることは少なくありません。

これが、代々セレブ系のひとだと、やり過ぎると、もともと持ち上げられ慣れているひとたちなので、嫌がられることもあります。ですから、はじめに、自分が射止めたいお金持ちがどちらのタイプなのか、知っておくのは重要です。

代々セレブの家に嫁ぎたいなら、外堀から埋めるという方法も有効です。お金持ちの御坊っちゃまは、外堀から埋められると、その空気に従うのがマナーのように思うひとも居るからです。お姉さまや、お母さまに気に入られるように、母の日やその方の誕生日に、さりげないプレゼントを用意したりすると、お嫁に欲しい、気の使える子と思われることもあります。

策士になることが必要

玉の輿に乗りたいのなら、戦略家になる必要があります。お墓参りなどの、家にまつわることを大切にするタイプとアピールしたり、自分の親のことを誇りに思うという言動は、お金持ちの家に相応しいと受け取られることがあります。

ですから、たとえば、ほんとうは実の親とうまくいっていない場合でも、そのままそれを言わず、自分は自分なりに、親の尊敬できるところを見つけているんだという言動をとったほうが、得策です。

基本的に、ネガティブな言葉は使わないほうがベターです。お金が貯まるひとたちは、ポジティブシンキングのことが多いですから、ネガティブな言葉を聞くと、引いてしまいかねません。
お金持ちの前では、自分も同じように、ポジティブシンキングのタイプだと印象付けるのがベターです。

お稽古事をするのは、もちろん悪くありませんが、自分からそれをたびたび口に出すのは、あまりお勧めできません。相手から水を向けられたときに、答える程度にしておくと、必死感が無く、より上品な印象になりやすいです。

また、相手の仕事を理解するのは必須です。どんな事業なのか、他社ではどんな会社があってライバルなのか、提携しているのか、相手からすすめられてから勉強するのでは遅いです。それくらいは自分で調べて分かっておくと、話についていけますから、クレバーな印象になります。

また、お金を大切に使って来たという印象を残すのも、有効です。お金使いが荒っぽく見えると、いかにも玉の輿狙いですから、持つバッグなどは高いものではなく、手入れをきちんとした、高すぎないものを持つことが、印象を良くするのに役立ちます。

代々セレブでも、成り上がりでも、常に敬いの言葉をかけ、労うことを大切にすることは必須です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。相手に異性として見られる行動と玉の輿になるための恋愛術について紹介してきました。相手が誰にしても一番大切なのは相手を尊敬する心です。

本記事を参考にして是非、玉の輿に成り上がりましょう!


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …