Home / 恋愛 / 恋愛体質の特徴と脱却の仕方

恋愛体質の特徴と脱却の仕方

恋愛をするとその事で頭がいっぱい!他に何もできなくなっちゃう!そんな女性っていますよね。

誰かに恋をする事は何も悪くありません。むしろ幸せな気分はいろいろな物事をプラスに進めるエネルギーになりますし、女性は恋愛をすると綺麗になると言われるように実際ホルモンの影響で美肌効果など良い事がたくさんあります。何より好きな男性と過ごす時間はとても素敵なものですよね。

しかしその事で頭がいっぱいになって他の事が手につかないなど、生活に支障をきたすようなら話は別です。恋愛体質の女性には特徴があり、毎回同じパターンを繰り返してしまいがち。もしそれが悪循環になっているなら脱却しなければなりません。

そこで今回は恋愛体質な女性の特徴や、もし負のパターンに陥ってしまっていた場合の脱却の仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

恋愛体質って?


「恋愛体質」という言葉はよく聞きますが、そもそもどのような人の事をそう呼んでいるのでしょうか?
まずはその恋愛体質の意味や、そう呼ばれる人々が陥りやすい悪循環についてご紹介します。

恋愛体質の意味

恋愛体質とは、常に異性を意識した行動をとる人や、誰かを好きになる事に喜びを感じる人の事をいいます。恋愛体質という言葉から「いつも恋愛をしている人」というイメージを持ちやすいですが、必ずしもそうではなく、どちらかというと「恋をしている自分が好きな人」をさす場合が多いです。

恋愛体質と依存症はとても関係していて、「恋愛をしていなければ生きていけない」「異性から好きになってもらえない自分は嫌だ」など、自分が生きていく上で恋愛は必要だという強迫観念を抱いている人も多いのが特徴です。

恋愛体質の悪循環

この体質の人は生活の全てが恋愛を中心に回っています。常に異性の関心を引きたがり、恋愛なくしては生きていけません。

そのため、好きな人ができると全てが好調となりハッピーな気分が続きますが、逆に失恋などうまくいかない時は生活に支障が出るほど何もできなくなってしまいます。

その落ち込みから抜け出したいがために新たな恋愛相手を探し、また失恋しては次の人を探すという悪循環に陥りやすいです。そうなってしまうと周囲の人だけでなく自分自身も苦しむ事になってしまいます。

恋愛体質の人の特徴

恋愛体質の人にはいくつかの特徴があります。「こんな女性いるいる」と客観的に見ていたら実はあなたも当てはまっているかも?是非チェックしてみてください。

惚れっぽい

恋愛体質の人は常に異性を意識して生活しています。どんな時でもアンテナを張っていて、些細な事でもチャンスは逃しません。ちょっとでも好みの人を見つけたらすぐに好きになってしまいます。

電車でたまたま席が隣になった、近くのコンビニの店員さん、いつも髪を切ってくれる美容師さん、場所や肩書き問わず全てが恋愛対象です。しょっちゅう一目惚れをするので周りがウンザリする事もしばしば。

相手の事をよく知らないまま好きになってどんどん自分の中だけで理想化し、現実との違いにガッカリしてまた次の人と繰り返すパターンが多いでしょう。

美意識がある

恋愛をするには異性からの関心を引かなければなりません。そのため恋愛体質の女性は、常に美意識があり美容やオシャレに関しては徹底しています。

しかし普通の美意識がある人とは少々異なる点があります。恋愛体質の人の場合は最新のトレンドや人気には興味がなく、その時に恋をしている相手の好みに合わせて自分を変えるのが特徴です。

可愛い系が好みの男性を好きになればスカートを選ぶようになり、痩せてる子が好みと言われればダイエットを始めるなど、相手の色に染まる自分に酔う傾向があります。

異性の友達が多い

恋愛体質の人は運命的な出会いを求めていろいろな所へ出かけます。そこで知り合った人から誘われて、また違う場所で新たな出会いをするなど、とにかく顔が広いのが特徴です。

チヤホヤされたり恋愛対象として意識されるのが楽しいため、同性の友達よりも異性の友達と遊ぶ事が多いでしょう。何事も恋愛に繋がるかどうかを基準に考えるため、たとえ友達であっても異性の前では態度が変わります。

異性を付き合えるかどうかで判断する

恋愛体質の人は「男女の友情は有り得ない」と思っています。異性は常に付き合えるか付き合えないか。付き合えると判断すれば自分をアピールして関心を引こうとしますが、付き合えないと思えば冷たいほどに無視したりします。

この前までは恋愛対象者だったけど突然そうじゃなくなったというパターンも多く、相手からするといきなり何で?と思うような態度の変化も特徴です。また、一度付き合えないと思ったら戻る事もありません。

寂しがり屋


恋愛に依存してしまうタイプの人は常に孤独感や寂しさを感じています。そのツラい心を埋めてほしいがために人を求め、愛してもらいたがります。根底の寂しさがなくならない限りは求めても求めても満たされる事はありません。

恋愛体質の人は幼少期に十分な愛情をもらえなかったタイプが多く、その寂しさが大人になっても続いて恋愛に依存していくのが特徴です。

演技上手

恋愛体質の人は異性の心理というものを熟知しています。こうすれば可愛いと思ってもらえる、こんな時はこう言えば好きになってもらえると、相手に合わせて演技ができるので自分の都合のいいように利用してしまう事もしばしば。

自分のチャームポイントも分かっているのでそれを武器に異性を巧みに操ります。結果的に相手や自分が傷付く結果になってしまっても、恋愛体質の人のこういった特徴はなかなか治りづらいです。

熱しやすく冷めやすい

恋愛体質の人は「恋に溺れやすく相手に振り回されて失恋を繰り返す」といったイメージを持たれやすいですが、実はその逆で異性を振り回すタイプが多いです。

熱しやすく冷めやすいのが特徴で、いっきに燃え上がって急速に相手と距離を縮めますが、いざ相手が自分にオチると途端にどうでもよくなったりしてしまいます。

恋をして相手を振り向かせるまでの駆け引きをするのが楽しいのであって、本当に愛する事はできません。常に刺激がないとダメなので浮気性が多いのも特徴です。

感情表現が豊か

好きな人の前だと恥ずかしくてなかなか話す事ができないという女性は多いですよね。しかし恋愛体質の人は自分の感情を隠す事はありません。好きな時は好き、嫌いな時は嫌いとはっきり言います。

その時の自分の感情をそのまま口に出してしまうタイプも多く、良く言えば素直なので異性に可愛がってもらえますが、逆に負の感情もそのまま吐き出してしまうので結果的に相手を傷付けたり、その感情の起伏に自分自身が振り回されて落ち込んでいくという悪循環に陥りやすいです。

恋愛体質を上手に利用してモテるには


恋愛体質の人はしょっちゅう周りを振り回したり自分自身でもコントロールできない場合も多いですが、異性の心理についてはよく知っていて駆け引き上手でもあるのでモテるのは事実です。

しかし悪い相手に引っかかると逆に利用されて遊ばれてしまう事も…。せっかく恋愛上手なのだから、うまく利用して素敵な人と恋をするのが一番ですよね。

そこで、恋愛体質を上手に使ってモテるための方法をご紹介します。

恋愛にオープンになって裏表のない人柄を

恋愛体質の人の良いところは感情表現が豊かで嘘がつけないところです。恋愛をしている時は誰が見ても絶好調、うまくいっていない時は人生が終わったかのように落ち込む。その感情の起伏をうまく利用しましょう。

多くの人がなかなか自分の気持ちを相手に伝える事ができないと悩みます。しかし恋愛体質の人はその悩みとは無縁。告白する事も躊躇しないし、付き合うと異性を楽しませる事ができて甘え上手です。その裏表のないところが異性を惹きつける要因にもなっています。

そこにつけ込まれて失敗してしまうケースもありますが、良い人に巡り合いさえすればそのオープンな性格は長所となります。ポイントは負の感情は口に出す前に一度考える事。それさえうまくコントロールできれば、自分に素直で裏表のないとても可愛らしい存在になれます。

カラダの関係に依存しない

恋愛体質の人の根底には常に寂しさがあり、愛を求めています。それを埋めるために一夜限りのカラダの関係を持ってしまう事も少なくないでしょう。しかしそれは女性にとって何も良い事はありません。

カラダの関係を持てば異性が求めてくるのでその時だけ安心感を得る事はできます。しかし後には虚しさだけが残り、本当に愛せる人と出会った時に後悔する事になってしまいます。

カラダの関係に依存するのではなく、精神的な繋がりを大切にする事がポイントです。恋愛体質の人はそこさえうまくコントロールできれば他の女性にはない魅力的な部分を惜しみなく出せるパワーを持っています。カラダの関係だけでは心を満たす事はできません。

相手を利用するのではなく思いやる

恋愛体質の人は異性の心理がよく分かっているので駆け引き上手です。自分がどのようにすれば相手を振り向かせる事ができるか、どうすれば自分の思い通りにいくか、常にそのスリルを楽しんでいます。

そのため恋愛体質の人のターゲットにされてしまった異性は傷付く結果になる場合が多いです。しかし相手が傷付けば傷付くほど本人も自分を苦しめてしまうという悪循環に陥っています。

せっかく異性の心理に敏感でうまく立ち回る事ができるのだから、それを利用するのではなく思いやりを持って相手に接しましょう。恋愛体質の人は、他人の長所や短所を見抜く能力があります。その力を異性を利用するために使うのではなく優しさに変えると、とても魅力的で特別な存在になる事ができます。

恋愛体質から脱却するには

どうしても恋愛体質を長所として使う事ができない、自分も周りも振り回されて苦しい。そうなってしまったらその体質から脱却するしかありません。どうすれば恋愛体質から脱却できるのか、その方法をご紹介します。

恋愛以外のすべきことに優先順位をつける

恋愛を中心に回っている生活から脱するためには、他の事に意識を集中しなければなりません。恋愛体質の人は恋に夢中になると仕事や友人関係、家族まで放っておいてしまう事も。

最初は恋愛を自分の中から外すのは大変だと思います。そこでまず、恋愛以外ですべきことに優先順位をつけましょう。すべきことは簡単な事で構いません。例えば「ご飯を食べる」「お風呂に入る」など、生活をしていたら当たり前の事です。

恋愛体質の人は夢中になるとこうした当たり前の生活すらできなくなる事もあります。

優先順位は紙に書くなど視覚的に取り入れる方法もオススメです。頭の中は恋愛でいっぱいになってしまいがちなので、外からの刺激ですべき事に注意が向くようにします。それを繰り返していく内に恋愛から徐々に離れていくのです。

個の時間を大切にする

恋愛体質の人は一人で過ごす事がとても苦手です。寂しくて仕方なく、すぐに人肌恋しくなってしまいます。しかしそこでまた異性を求めてしまうと、結果的にはどんどん孤独感を強めるだけです。

そうした寂しさを紛らわすために、恋愛以外の一人でできる趣味を見つけましょう。できれば外出せずにできる事がいいです。家から出てしまうとどうしても異性を目で追ってしまうので、少しの時間でも部屋の中で一人ゆっくりと過ごす時間を作ります。

一人で過ごす場合も恋愛からはできるだけ遠ざかるように心がけてください。例えば映画鑑賞や読書にしても恋愛系のものは避けるなど、とにかくそういったものから離れるようにしましょう。

相談できる同性の友達をつくる

恋愛体質からの脱却に最も効果的なのが同性の友達と過ごす事です。同性の友達となら恋愛の話をしても駆け引き等は始まらないので大丈夫です。むしろ客観的に同性の視点で自分を見てくれる存在は必要不可欠。

同性の友達と自分を比べる事で恋愛体質の悪循環に気付くきっかけにもなります。何でも相談できる同性の友達をつくっておく事で、また自分が誰かを好きになってしまった時や恋愛に夢中になって周りが見えなくなった時のストッパーにもなってくれるでしょう。

しかしその同性の友達も恋愛体質だと意味がありません。お互いの傷の舐め合いになってしまいますので、長く付き合っている恋人がいる人や、できれば結婚している同性の友達がベストです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

恋愛体質の人は本当は寂しがり屋でただただ人恋しいだけの場合がほとんどです。しかし次から次へと相手を変えていてはその寂しさが埋まる事はありません。

逆に恋愛体質の人は他人の気持ちに敏感でどうすればその人が楽になれるのか無意識に分かっています。そういった能力をいかして、相手を利用するのではなく思いやりに変えていけば、自然と本当に自分を愛してくれる人に出会えるでしょう。そして本当に愛してくれる人には自分も愛する事ができるようになります。

本来、恋愛はとても素敵な事。数ではなく質を大切に、たった一つの特別な恋愛をしてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …