Home / 未分類 / 恋愛コラム~面白かった恋愛体験・胸キュン恋愛話集

恋愛コラム~面白かった恋愛体験・胸キュン恋愛話集

恋愛って思わず我を見失うほど一生懸命になりますよね。

それゆえ、面白い恋愛談や感動エピソードが数多く生まれます。

本記事ではそういったお話をいくつかご紹介します。

スポンサードリンク

面白かった恋愛体験談

人がそれぞれ性格が異なるように、恋もそれに関わる人々によって形を変えていきます。

忘れられない思い出の中には感動したことや辛かったこと、そして面白かったことなどたくさんあることでしょう。そこで今回は数ある恋愛体験談の中から読んだら思わず笑ってしまうような、面白体験談を紹介します。

①大学生(20歳)の恋愛談

最初はとある大学生の恋愛で起きたエピソードを紹介します。

20歳になった女性は大学のサークルで先輩である22歳の男性にひとめぼれをしてしまいました。

その男性はとても明るい性格で友人も多く、いつも周囲に人が集まってくるような人だったそうです。

もちろん彼女以外にも彼に恋をしている女性はたくさんいたそうですが、男性は恋人を作らずサークル活動に没頭していたようです。

彼らが属しているサークルは年に一回演劇を披露することを目的にしていたので、日頃は劇の練習や打ち合わせ、衣装づくりや舞台セットの作成などが主な活動内容でした。

女性は演じることよりも衣装を作成することを目的にしており、男性は舞台照明の勉強のためにサークルに入っていたので、普段は関わることがあまり無かったのです。ですがある時飲み会で偶然席が隣になり、話す機会が巡ってきたのです。

お互いに自分の夢や演劇に対する思いなどを話していると、意気投合してそのまま彼の家で飲み直すことになったのです。これには酔っていた女性もさすがに冷静になり、もしかしたらという状況も想像していたのです。

女性はどんどん緊張してきましたが、せっかくのチャンスを逃すわけにはいきません。コンビニでお酒を買って、男性の家に向かったのです。そしてたどり着いた家は、大きな一軒家だったのです。

マンションか何かを想像していた女性は驚きましたが、もしかしたらお金持ちの息子なのかもと考え家の中に入っていったのです。そしてリビングに通されると、家族総出でのお出迎えが待っていたのです。

男性の両親だけではなく祖父母も同居しているらしく、さらにはお姉さんや弟までいたのです。あまりに衝撃的な展開にどうしていいのかわかりませんでしたが、男性の家族は明るく女性を迎え入れてくれたそうです。

そして家族全員でお酒を飲みながら宴会がスタートしたそうで、それは朝方まで続いたとのことでした。女性は最初こそ驚きましたが、とにかく家族全員面白くて元気だったこともあり、男性が人から好かれる理由はこの家族のおかげなのだと理解したそうです。

男性は家族を理解してくれる女性かどうか実家に連れてきて判断したかったようで、打ち解けたことで二人は交際することになりました。

このエピソードはいきなり家族に会わせるという男性の行動は衝撃的でしたが、そのまま家族全員で宴会をするというのは展開が面白いものでした。さらに祖父母も朝まで宴会に参加したということで、とても明るい家族を想像するとこの展開も許されるのかもしれません。

②30歳男性の恋愛談
次のエピソードはギャップのある女性に恋をした男性のお話です。

30歳になる男性は職場に新入社員として入ってきた22歳の女性に恋をしてしまいました。可愛らしい見た目と仕事に一生懸命取り組み姿が印象的で、ある時勇気を出して食事に誘ってみたのです。すると女性が快諾してくれたので週末二人で食事行くことになりました。

お酒も飲めるお店を選んで食事をしながら軽くお酒を楽しんでいたところ、女性の喋り方が少しずつ変化していったのです。最初は語尾が訛ってきた程度だったのですが、酔うにつれて何を喋っているか理解できないほど方言を使い始めたのです。

男性は何を喋っているのかわからないものの、女性の変化がとても可愛らしかったのでそのまま見守っていました。

そしてその日はそこで終了となったのですが、後日女性の方から「聞きたいことがあるので食事に行きませんか?」と男性が誘われたのです。食事に行くと女性は申し訳なさそうに「先日失礼なことをしてしまい、申し訳ありませんでした。」と謝ってきたのです。

男性が「何が?」と尋ねると、女性は自分が酔うと生まれ育った地方の方言を喋ってしまう癖があること、そしてこの前は誘われたことがうれしくてつい飲みすぎてしまったと説明したのです。

さらに恥ずかしい姿を見せてしまったので嫌われてしまったかどうか確認したいとまで言い出しました。あまりにも一生懸命な女性の様子に男性はさらに恋をしてしまい、「僕はどんな姿の君も愛しいと思うよ。」と告白したのです。

すると女性はぽろぽろと涙を流し喜んで、「私もずっと好きでした。」と告白し、二人は付き合うことになりました。

その後も付き合っていく中で女性は怒る時も方言が出たり、寝言も方言になってしまうことがわかりました。そんな癖もかわいらしいと男性はさらに女性のことを好きになったそうです。

この体験談は何かきっかけがあると喋り方が変わってしまう女性に恋をした話なのですが、何を喋ってるかわからないほどというのは面白そうですね。きっと付き合っていても楽しい女性なのではと想像できます。

胸がキュンとする恋愛話

恋愛というのはその人を人間的に成長させてくれますし、感情を豊かにしてくれる素晴らしいものです。

楽しいことばかりではなく悲しいことや辛いことも伴いますが、それが結果としていい方向に行けば決して無駄なことにはなりません。

実際に自分が恋をしていなければならないわけではなく、人の話やドラマ、マンガなどの世界の話であっても良いのです。恋に恋をするというのも大切だからです。恋愛にも様々な形がありますが、人々の心に響くようなストーリーをいくつか紹介していきます。

 

①犬猿の仲から発展する恋

現実世界では多いわけではありませんが、二次元の世界では非常に多いパターンです。

最初は相手のことが嫌いで仕方がなかったのに、いつの間にか距離が縮まっていて相手のことを好きになっているというものです。人を嫌うというのは裏を返せば好きと言っているようなものであるという心理を上手く利用したものです。

相手のことを知らなければケンカをすることもできませんし、嫌いになることもできません。

愛想笑いするような関係よりもよっぽど近い距離にいるという証拠なのです。だからこそもし自分の嫌いな相手が他の異性とケンカをしている様子を見ると思わず嫉妬してしまったりもします。またケンカをしていないと寂しさを感じることもあります。

こうした気持ちに気づいたときに、それが恋だと自覚するようになるのです。

犬猿の仲だからこそどうやってその関係を変えていけばいいのかとやきもきする様子が多くの人々をキュンとさせています。

②憧れの人と結ばれる展開

学校や職場などにいるアイドル的存在のキャラクターに恋をするという話です。

周りからも圧倒的人気があり、平凡な自分では手に届かないような相手と結ばれるという展開です。

最初は自分の名前すら知られていなかったのに、日常生活の中で少しずつきっかけができて自分のことを知ってもらい、いつの間にか距離が縮まっていくというものです。まるでシンデレラストーリーのような展開は多くの人、特に女性の心をキュンとさせています。

③長年の恋が実った話

幼馴染という関係から恋人という関係に変わるまでのストーリーです。

幼い頃から相手のことが好きだった、もしくは幼い頃は恋愛感情なんて抱いていなかったのに、年を重ねていく内にいつの間にか好きになっていたなどの気持ちの変化から2人の関係が変わっていきます。実際に私と主人はこのパターンで結ばれました。

私と主人は小学校の頃からの友人で、いわゆる幼馴染という関係でした。私はまったく男性として見ていませんでしたし、主人も小学校の頃からずっと片思いをしている女の子がいたので、私に恋心を抱くようなタイミングなどありませんでした。

しかし私が20歳になった頃、ある日突然主人から電話がありました。朝までお酒を飲んでいたようで、電話越しの主人は呂律のまわらない口調でした。そして言われたのが「ずっと前から好きだった」という告白でした。

当時私には付き合っていた彼氏がいましたし、当然返事はNOでした。今まで一度も男として見てきたことがない人からの突然の告白、しかもずっと主人の恋愛事情を聞かされていた私からすれば「いつから?」という疑問しかありませんでした。

ずっと友達という関係だったのに、この告白を機に関係が崩れてしまったらどうしようと戸惑いもしましたが、主人はいつもと変わらない態度で接してくれました。

それで私も気にすることなくまた友達という関係に戻ることができたのです。

しかし、ある日私は実家で家族ともめたことをきっかけに家を出ました。

そうしたトラブルから心底落ち込んでいた私を励まして支えてくれたのは、当時付き合っていた彼氏ではなく幼馴染の主人でした。

帰る場所を与えてくれ、毎日一緒にごはんを食べてくれました。そんな主人を見て「将来を共にするのであればこういう人がいいのかもしれない」と思うようになり、私は彼氏と別れて主人に告白をすることにしたのです。

そして交際がスタートし、1年も経たないうちに結婚、翌年には娘も生まれ幸せな家庭を築いています。

友達という関係から恋人という関係に変わるのはとても勇気がいるものです。

実際に私もそうでした。それでも今はこうなってよかったと心の底から思っています。自分の身に起きたまるでドラマのような恋愛でした。

胸がキュンとするようなストーリーは人によって好みがありますが、どんなニーズにも対応できるようにドラマやマンガなどたくさんの作品があります。こうしたときめきに憧れて現実でも恋をしたいという人が多いのですが、それを実現させるのは実はそう簡単なことではありません。

しかし、努力次第では不可能ではありません。こうした恋愛は「理想が高すぎる」ということで婚期を遅らせてしまう恐れがある反面、ドキドキするという気持ちを忘れずいつまでも若々しさを与えてくれる大切なものでもあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

恋は一生懸命ゆえに面白いこと話も感動的な話も生まれますよね。


スポンサーリンク

Check Also

恋愛に関する雑学

雑学が巷でもてはやされている今 …