Home / 恋愛 / 良い恋愛相談の仕方と恋愛相談の相手のことを好きになりそうになる時

良い恋愛相談の仕方と恋愛相談の相手のことを好きになりそうになる時

人は恋をしたとき、誰かに話しを聞いてもらいたくなります。相談事や悩み事を聞いて貰ったり、ちょっとおのろけ話を聞いて貰ったり。親しい人に打ち明けたくなるものです。また、恋の悩みなどは一人悶々とするより誰かに相談したほうが、新しい解決策が見つかることもあります。一人で苦しんでいないで、誰かに打ち明けてしまいましょう。

でも誰それかまわず打ち明けていいわけではありません。打ち明ける相手をちゃんと選ばないと、話に尾ひれが付いてアッという魔に広がってしま、困ったことになることも…。

また意外なことに恋愛相談している相手(異性)のことを好きになってしまう、なんてパターンも多いのをご存じですか?親身になって話を聞いてもらううちに「この人は私のことをよくわかってくれる」という感情が芽生え好きになってしまったり、逆に恋愛相談を受けているうちに、その人のことがほっとけない、守ってあげたいと思うようになったりするケースも少なくありません。

ここではどんな相手に恋愛相談すればよいか、どんな風に相談すればよいか、また恋愛相談ができる電話やアプリをご紹介します。

スポンサードリンク

人が恋愛相談する理由

人はなぜ恋をするのでしょう…かの有名な紫式部が書いたとされる「源氏物語」が世界最古の恋愛小説なのをご存じですか。平安時代中期、文献初出は1008年と言われています。約一千年も前から人類は恋に悩み、恋に苦しみ、恋に喜びを感じているのです。恋をすると自分の心境が一変します。今まで普通に見えていた景色が大きく変わるなんてこともしばしば。そんな激変に対応できないからこそ、人は誰かにその悩み、苦しみを聞いてほしいと思うのです。あの人のことが好き…でも私のことをどう思っているのかわからない、という悩みや、どうやって告白すればいいか(告白されるよう仕向けるか)などなど、恋とは常に悩み多き秘め事なのです。

自分に共感して欲しい

何のために恋愛相談するかというと、相談する相手に、自分に共感して欲しいからです。一緒に同じ人を好きになって欲しい、ということではありません。自分のこの思いと同じ目線にたって見て欲しい、自分の思いを理解して欲しい、自分の側に立って欲しいと思うからです。

自分をわかってほしい

相談する相手には、自分のことを分かって欲しいですよね。たとえその恋が許されないものだとしても、正論を吐いて諭してほしいのではなく、そんな風に思ってしまう自分を理解してほしいと思うのです。

自分を褒めてほしい

恋をすると人は挙動不審になります。自分の行いは間違っていたんじゃないか?相手に迷惑かけちゃった?嫌われちゃったかも?!そんな不安に押しつぶされそうになります。そんな時、恋愛相談した相手に「そんなことないよ」「間違ってないよ」と肯定してほしい、褒めてほしい、安心させてほしいと思うのです。

自分を慰めてほしい

恋愛すると心ときめいたり、逆に傷ついたり情緒不安定になるものです。先行き不安定な恋をすればするほど、身も心も疲弊してしまいます。そんな時こそ慰めてほしいですよね。恋愛相談した相手に、あなたは心の癒やしを求めてしまうのです。

味方が欲しい

つきつめると、誰かに恋愛相談するということは「自分の味方」になってほしいということなのです。辛いとき、悲しいとき、落ち込んだとき、あなたを励ましてくれる、癒してくれる、慰めてくれる相手を求めている…だから人は、恋愛相談をするのです。

恋愛相談する相手の選び方

では、どんな相手に恋愛相談するとよいのでしょう。周りを見わたすと同性、異性の友人がたくさんいると思いますが、相談相手を選ぶことはかなり重要なことです。あなたの大切な秘密を打ち明けるのですから。ここでは、異性の友人に相談する場合、同性の友人に相談する場合を検証してみましょう。

本気の相談なら異性に

同性のことは同性にしかわからない…これ、あながち間違っていないかもしれません。例えば、女同士で恋愛話が盛りあがったとき、それは常に「女目線」からの話になります。また、男同士で恋愛話が盛りあがったとしても、それは「男目線」の話になります。単なる恋バナで盛りあがるにはかまいませんが、恋愛対象(異性)のことを相談するなら、異性の友達に相談するほうがよいでしょう。相談された人は、相手の立場になって考えてくれるはずです。

仲間関係を維持したければ同性に

では同性の友人に相談するということは、どういうことなのでしょう。同性の友人は、常にあなたと同じ目線で物事を見てくれます。あなたの恋愛相談に「もし私があなただったら…」と自分の身に置き替えて考えてくれるでしょう。また、同性同士だと連帯感が生まれます。あなたの恋を一緒になって応援したい、と思うのが同性の友達です。

異性に恋愛相談すると良い理由

本気の恋愛相談をしたいなら、異性の友達に相談するのがおすすめです。先述したように、異性の友達なら相手(恋愛対象者)の立場になって考えてくれます。異性から見て、今のあなたはどう映るのか…その客観性のあるアドバイスは的確なはずです。利害関係抜きに相談できる異性の友達がいると理想的ですね。

異性のことは異性が一番よく判る

男心はやっぱり、男じゃないとわからないし、女心はやっぱり、女じゃないと分かりません。恋愛で悩んでいるあなたは自分と同じ目線の意見よりも、相手(恋愛対象者)と同じ目線の意見が必要なはずです。

女友達の中にはあなたの恋の味方でない人もいる

穿った見方になってしまうかもしれませんが、あなたは「友達」だと思っていても、同性の友達はそう思っているかどうか…もしかしたら、あなたと同じ人を好きになっているかもしれません。その気持ちをうまく表にださずひた隠しにするのが上手な女性もいます。

恋愛相談してきた相手を好きになりそうなとき

恋愛相談した相手には、自分の心の奥底をさらけ出すことになります。人は、相手の心の内側を知れば知るほど好意を持つ傾向にあります(また逆に知れば知るほど嫌いになる場合も)。あなたに恋愛相談してきた人の人間性を知れば知るほど、その人のことが好きになってしまうのです。相談してきた人のことを応援したいと思えば思うほど、あなたの心はその相談者に傾いてしまうのです。どこかでその心にストップをかけるか、かけないかはあなた次第…ですね。

慰めてあげたくなるほど傷ついているとき

傷ついている人を助けたい、慰めてあげたいと思う…それはあなたの母性本能からくる感情です。失恋してズタボロになっている人を、ほっておけないですよね。そんな風に傷ついた人を守ってあげたい、慰めてあげたいと思うと、しだいに恋愛感情へ移行してしまうケースも少なくないのです。

元気にしてあげたくなるほど落ち込んでいるとき

落ち込んでいる人を元気にしてあげたい、と思うのは先述したようにあなたの母性本能からくる感情です。その人が好きだからこそ、落ち込んでいるなら元気にしてあげたいと思うのです。その感情が高まると、恋愛感情へ移行してしまうのです。

恋愛相談した相手のことを好きになりそうになるとき

では逆に、恋愛相談していた相手のことを好きになってしまう…というケースも少なくありません。恋愛相談とは自分の心を相手にさらけ出すことです。あながた信用できる、信頼できる相手にしか身も心もさらけ出そうとは思わないですよね。相手が親身になってくれればくれるほど、あなたの心の傷は癒されていきます。そんな風に接してくれた相手に、恋愛感情を持ってしまうことは、決して悪いこと、恥ずかしいことではありません。

いつでも真剣で誠実さを感じたとき

恋愛相談すると、いつもあなたの話を親身になって聞いてくれる人は、本当にあなたのことを思ってくれているのです。こっちが真剣に話をしているのに、いい加減な気持ちだったらすぐ態度で分かります。恋愛相談とは、あなたの心を相手にさらけ出すと同時に、相手のあなたへの気持ちも露わになります。相談した相手が、真剣に親身になって対応してくれた、それ以上嬉しいことはありませんね。

常に味方でいてくれたとき

恋愛すると楽しいこともたくさんありますが、辛いことや悲しいこともあります。そんな時、恋愛相談した相手がいつもあなたの味方でいてくれたら、また味方になってくれていたことに気付いたら、あなたの心はその人に傾いてしまうでしょう。常に味方でいてくれる人なんて、そうたくさんいるものではありません。その人は、あなたのことを大切に思ってくれている証です。

努力を認めてくれたとき

恋愛には努力が必要です。しかしその努力は必ず酬われるとは限りません。うまく行くとき、行かないときがあるのです。失敗してもあなたの努力を認めてくれる人は、心の傷の塗り薬のような人です。そんな人は決してあなたを頭ごなしに否定しません。あなたの努力を暖かく見守ってくれる人に、恋愛感情を持ってもおかしくないでしょう。

価値観が同じだったとき

恋愛相談をすると、おのずとその人の価値観や物事の判断基準がわかります。あなたの考えに同意、賛同してくれるということは、あなたと価値観が同じということです。そういう人に共感を覚えますよね。自分のことを分かってくれると感じるはずです。

決して悪口を言わないとき

人の悪口を言わないって、実はなかなか難しいことです。自分と違う意見、価値観を持っている人を否定したくなるのは当たり前のことです。その感情がエスカレートすると、つい悪口を言ってしまう…相田みつをじゃありませんが「人間だもの」、そういう感情を持ってしまうのです。でも、決して悪口を言わない人もいます。心の大きな人ですね。そんな人の包容力につい、心が傾いてしまうというケースも少なくありません。

電話やアプリで恋愛相談できるサービス

どうしても恋愛相談する人が周りにいなかったら…実は恋愛相談できるサイトやアプリ、そして有料ですが電話で相談にのってくれるサービスがあるのをご存じでしょうか。何かを相談するとき、絶対自分の味方になってくれるとわかる人に相談しても、思った通りの答えしか返ってこない、ということがあります。ここは思い切って第三者に相談してみる、というのも1つの手ですね。そんな方におすすめのサイトとアプリを紹介します。

恋愛ユニバーシティ

「恋愛ユニバーシティ」とは、女性が恋愛で幸せになることを応援してくれるサイトです。他の恋愛相談サイトと違い「科学的視点のアドバイス」を得ることができます。具体的にどういうことかというと、相談に乗ってくれるの生命科学分野の博士号を持つ「恋愛カウンセラー」なのです。独自の恋愛メソッドにより示される的確なアドバイスが相談者から高い評価を得ています。現在までに1万人以上もの悩める女性たちを救ってきたサイトです。

さらに嬉しいのが、メールやチャットなどのインターネット経由ではなく、専門家に直接電話(有料)で相談できます。サイトでは人気の先生たちに今すぐ相談できるか否かがするわかります。思い立ったら吉日!今すぐ相談したいと思ったらすぐ電話ができるのです。

その他「恋愛ユニバーシティ」では自分磨きができる「履修科目」を設けています。プロファイリング学、感情コントロール学、痩身学、スキンケア学などさまざまなジャンルの専門家たちが、あなたがもうワンラクアップするお手伝いをしてくれます。

モテたい!

電話ではなく気軽にネットを利用したい、という方におすすめなのがスマホアプリ「モテたい!」(iPhone、iPad、Android)です。恋愛の参考になるモテ回答がたくさんあり、自分で投稿することもできます。モテたいけど、なにをどうすればいいかわからない!?という人におすすめ!無料でダウンロードできます。

恋の秘めごと

恋の悩みを相談する相手がいない…そんなふうにお困りの方におすすめなのが、恋愛相談アプリ「恋の秘めごと〜胸キュン、ドキドキ!からドロドロまで〜」(iPhone、iPad、Android)です。人には言えない秘密の悩みをいろいろな人が投稿しています。中には自分のシチュエーションと似たようなケースもあるはず!また、多くの人が悩みにアドバイスをくれたり、匿名だから安心して投稿、回答できる無料のアプリです。

まとめ

男女問わず、生きていればさまざまな恋愛の悩みに苦しみます。思いを寄せる相手には既婚者だったり、パートナーがいたり。また、告白したいけれどどうやればいいかわからない…そんな悩みを一人で抱えて苦しんでいる人も少なくありません。どうか一人で苦しまず、少しずつでいいので信用できる友人に打ち明けてみましょう。きっと一人では見つけられなかった解決策が見出せるはずです。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …