Home / 結婚 / 30代だからといって焦る必要なし!恋愛と結婚の違いを知って最高の結婚を!

30代だからといって焦る必要なし!恋愛と結婚の違いを知って最高の結婚を!


昨今では晩婚が進み、30代になっても結婚に焦りを感じなくなっています。経済的にも不安定な時代であることもあり、女性が仕事を優先するようになったことが背景にあるでしょう。しかし、女性には結婚へのタイムリミットはなくても出産のタイムリミットはあります。その為にも、早い段階でパートナーをゲットしておきたいと思う人も多いでしょう。

30代になると「老けた」「今さら」「若い子には勝てない」などと自分に自信をなくしてしまいがちですが、30代の女性には若い子にない大人の魅力があります。ですから、自分に自信をもって婚活に励むことが結婚への近道です。

また、結婚は恋愛とは違い、一生ものです。30代だからといって焦って結婚に走るのではなく、よく考えて結婚を選択することが大切です。今回の記事では30代女性の魅力や結婚に対する心構え、恋愛と結婚の違いについて説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

30代女性が結婚するのは難しい?

30代になると若い頃には頻繁に行われていた合コンや飲み会も、年齢が進むにつれて誘いが激減。出会いの場もなくなりつつあります。焦りがある人は婚活に励むようになるようですが、実際には運命の出会いを待っている女性も多く存在しているようです。

若い時はそれでも問題ないかもしれませんが、運命の出会いを待ち続けて年齢だけ重ねることがないように注意しましょう。年齢が進むと自分が選ぶ立場から選ばれる立場へと変化してしまいます。30代になると結婚が難しくなるというのは、今まで若いという理由だけでチヤホヤされてきたという部分がなくなるからです。

それまでは外見や性格がどうであれ、若いというメリットだけでチヤホヤしてくれた男性でも、30代になると若いからチヤホヤするという単純な行動は取らなくなります。

男性にとっても、若い女性の方が可愛いらしく見えますし、子供のことを考えても敢えて30代を選ぶ必要はありません。その為、需要と供給のバランスが崩れてしまい、30代の女性にとっては婚活の場すらも危うくなっているのです。

ただし、男性自身も草食系の方が増えている時代ですから、積極的な恋愛やお付き合いに発展しないことも多い為、今後は30代でも需要があるようになるかもしれませんが、現段階で言えば20代の女性の方が有利であることに変わりはないでしょう。

白馬に乗った王子様が待っているだけで来てくれる時代ではなくなったことを今一度考えてみてください。自分自身が行動しないと出会うことすらできないのです。たくさんの男性は存在しているのに恋愛に発展しないことには次の段階へと進むことはできません。まず、出会うことが大切なのです。

出産のタイムリミットも

30代女性にとって考えなくてはいけないのが、子供を産むかどうかです。結婚が決まったからと言ってすぐに子供を授かるかどうかは神様しか知りえません。すぐに妊活を開始しても、授かれるかどうかはわからないのです。

そうなると、早い段階から不妊治療を開始しなければなりません。治療をしたからといってすぐに授かれるものではなく、授かれる保証もありません。また、不妊治療を続けるのは体だけではなく精神的な負担も大きいのです。慣れない生活の中で治療をしていくことで、夫婦仲が悪くなってしまうこともよくあるでしょう。

まずは自分が子供が欲しいのかどうかをしっかり考える必要があります。30代になってからでも大丈夫と思っていると後で悔やむことになるかもしれません。結婚は何歳でもできますが、子供を授かるにはリミットがあります。今現在お付き合いをしているパートナーがいるのであれば、一度話合ってみる必要があるでしょう。

30代女性の魅力

ここまで読んでいただいて「30代女性が結婚するのはやっぱり大変なのではないか」と思う方も多いことでしょう。しかし、それは間違いです。年齢を重ねた女性には若い女性にはない、それ相応の魅力があります。その年齢でなければ持てない魅力です。

例えば今まで仕事をしてコミュニケーション能力を身につけてきた女性であれば、その能力を活かしてパートナーとうまくやっていける可能性が高いです。若い時には見た目はピチピチしてしていますが、中身はまだ子供でパートナーと衝突することも少なくありません。歳を重ねると小さなことでは怒らなくなり、いい意味で貫禄が出てきます。それが大人の女性の魅力です。

30代になると自分自身が「老けた」「今さら」「若い子には勝てない」などというネガティブなレッテルを貼ってしまうのが結婚を遠ざける原因になります。大人の女性ならではの魅力を自分で認識して、前面に押し出していけば相手の男性も「いい女」と思ってくれる可能性が高いです。ネガティブにシワの数を数えているよりも、よほど理想的な女性に見えるでしょう。

20代で結婚しないと行き遅れたという感じがありますが、それは昔の話で今ではそれほど気にすることではありません。むしろ、これからだと考えて積極的に生きていれば、周りからも生き生きして若々しい人と思われて恋が実る可能性があります。もう歳だからと考えるのは、かえって恋のチャンスを逃してしまうことになります。

結婚占いを利用してみよう

このまま、誰とも出会えずに一人の人生を過ごすことになるのではないかと不安になるのも30代です。人生のパートナーに出会えることを望むものの、うまく出会えない人には結婚占いがおすすめです。占いは絶対当たる保証があるものではありません。

しかし、今後自分が一人で生きていくのか、自分にとっての運命の人がいるのか知りたい人も大勢いるでしょう。結婚占いでは、特定の相手がいない場合でも占うことができます。もし、出会うとしたらいつぐらいなのか、その人とはすでに出会っているのかなど詳しくわかることもありますので、一つの指針として占ってもらうのがおすすめです。

今は電話占いやネット占いなど対面式ではない形でも占うことができる時代ですので、それらを利用すると相談しやすいかもしれません。また、今現在お付き合いをしているパートナーがいる場合、今後どう発展するのかも占ってもらえますので、ぜひ一度利用してみましょう。

結婚式はどう挙げる?

30代になってから結婚式を挙げるのは恥ずかしいという人もいますが、せめて身内にだけは報告したいのであれば少人数で式を挙げるという方法もあります。ほぼ食事会がメインで、あとはスクリーンにメッセージや昔のビデオを映してシンプルに思い出に浸るというようなやり方もあります。

少人数だと費用が抑えられるので、料理にお金をかけられたり、ゲストへちょっとしたプレゼントを用意することもできます。また、少人数だとゲストの顔がよく見えるので、アットホームな式になります。大規模な披露宴だと誰が誰だかわからないということが起こりやすいですが、少人数ならそういうこともありません。

たくさん人を呼んで行うだけが立派なウェディングスタイルではありません。今では20代の人でもシンプルな小規模ウェディングを選ぶこともあります。少人数な方が食事が美味しいということで、ゲストからも好評なケースも多いです。

式は挙げないけれども、ウェディングドレスは着ておきたいというのであれば、食事会の他に別にカップルだけでドレスを着て写真撮影するといいです。フォトウェディングというもので、花嫁はウェディングドレス、花婿はタキシードなどを着て正装で写真を残すことができます。

撮影場所を選べる場合もあり、自分たちの思い出の詰まった場所で撮影してもらうこともできます。ウェディングドレスだけではなく、白無垢などの和装も選べるので色々着てみたい人にも適しています。

あとは両家の親睦を深めるための食事会を後日やっておけばいいでしょう。その際に写真を配るなどすれば、喜んでもらえる可能性が高いです。この方法であれば、30代になってウェディングパーティーを盛大にするのが恥ずかしい人でもやりやすいです。決して遅くない年齢ですし、周りも祝福してくれるでしょう。

 

焦って結婚に走るのは止めよう

 

30代にもなるといち早く結婚したいと思ってしまい、塾考せず結婚に踏み切りたくなることもあるでしょう。恋愛ならばやり直しが効きますが、結婚はなかなかそうはいきません。

恋愛と結婚は全くの別と言いますが、これはリアルに本当のことであり、頭ではわかっていても、婚活女子には理解のできていない部分でもあります。夢だけを見て異性を追い求めていると、後からこんなはずではなかったと、大打撃を受けることもあるので、男女の現実をしっかりと受け止めておいたほうが、ダメージは少なくてすみます。

自分への戒めにもなる男女のラブの現実、映画やドラマのようなストーリー性のある、スイートなリアルはまずありません。

入籍をして晴れて夫婦になったら、カップル時代のときめきだとか、男女のドキドキ感は消え去ります。女性は恋に夢中になりやすいもの、いつも男女の間ではドキドキしていたい、心のと決めるような刺激が欲しい、安定性よりも、男女が出会ったすぐのときのような、新鮮なドキドキを求める日本女子は割といます。

男女に夢を見ている状態であり、現実を受け止めきれないタイプ、夫婦になる準備は全く出来ていない、おとぎ話の物語の中に入ってしまった、妄想で生きているような女子の典型です。

ラバーから正式な入籍を果たすということは、この先の長い人生を一緒に歩んでいく同士、パートナーになります。男女間で見た目がすごく美しくてナイスバディ、容姿だけはすごくいいという人ばかり追いかける女性は、周りの女性に自慢したいだけの人です。

自分では何も努力をしないまま、男性の容姿が綺麗であれば、周りの女性から羨ましいと思われることに、ひと時の満足を感じるタイプです。

でも入籍をしたら容姿だけでは済まない、厳しい現実の数々が待ち受けているだけです。見えを貼れるのはカップルとして、離れて暮らしている時だけ、背伸びしないで良い、ありのままの自分でいられる異性ではないと、一緒に暮らすのは大変です。何よりも生きていく上では、生活の中でも居心地の良さが良いこと、これがなければ息が詰まります。

結婚はゴールではない

恋人時代はいつか終わりが来るもの、うまくいけばウェディングというゴールがありますが、入籍をしたらその先には終わりはありません。カップルになったら何も言わないでも、お互いに男女はいつか、夫婦という言葉を意識するようになります。最初から夫婦になることを前提に、お付き合いを開始させる男女もあります。

正式に夫婦になったらそれはゴールかというと、スタートになります。

日本では婚活に勤しむ女性が大変多いですが、入籍をゴールにしているフシがあります。できるだけ理想の男性を手に入れることに夢中になりますが、入籍がゴールではないですし、そこからが本当の、厳しい現実のスタートになります。恋人時代の気分のままでは、夫婦で生きていく生活は乗り越えてはいけません。

相手に飽きたからほかの人へ乗り換える、こんな無責任なことができないのが、夫婦という呪縛でもあります。衣装を添い遂げる覚悟が出来てから、本当に入籍はすることです。

制約が増える

好きな人とはずっと一緒に痛い、一緒に好きな時にお散歩をしたい、いつか二人のマイホームが欲しい、恋人の時代であれば、夢を好きなだけ見ることは自由です。恋人時代はそれぞれの暮らしがあって、たまに会うから楽しいと感じられるもの、夫婦になったら生活が始まりますし、もはや逃げ場がなくなります。

恋人時代には考えもしなかった現実の生活が、入籍をしたらすぐに開始します。楽しいことよりも、夫婦になったらハードな生活が繰り返されるばかり、恋人時代とは異なり過酷な現実があります。

洗濯や掃除に食事作り、食器の片付けにご近所付き合い、その殆どは女性に押し付けられる面倒なことばかり、男性が喜んでやってくれる人ならいいですが、面倒なことは結婚後には、全て女性に押し付けられます。

まとめ

 

今では晩婚化が進んでいるので、30代で結婚するのは珍しくありません。むしろ30歳で結婚したら早い方と言われることさえあります。自分に自信をもって婚活に臨むことが大切です。

また、30代になると結婚を急ぎたくなることもあると思いますが、結婚は一生ものであるため、焦ることなくじっくり決断していくことが大切です。


スポンサーリンク

Check Also

男女における恋愛観と結婚観の違い

「もう付き合って4年も経つのに …