Home / 恋愛 / 片思い / 片思いの恋愛にけじめをつけるためにあなたがすべきコト

片思いの恋愛にけじめをつけるためにあなたがすべきコト

片思いでいる時間が長いと辛いですよね。その思いを伝えて恋を成就させたいものですが、いざ告白しようと思っても勇気が出なくて足踏みしてしまうものです。

告白してうまくいけばそれに越したことはないですが、もし断られて気まずくなってしまったら…と思うと一歩踏み出すのはなかなか難しいですよね。

でも、片思いの気持ちをずっとそのまま閉まっておくのは、自分を苦しめるだけです。

恋を成就させるためには告白は避けて通れないものです。告白は勇気がいるもので怖いかもしれませんが、現状維持では何も始まりません。

今回は、そんな片思い中の皆さまのために、告白することのメリット・デメリット、片思いのけじめのつけ方をご紹介します。

告白するにしても、諦めるにしても、気持ちよくけじめはつけたいですよね。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

告白する前にチェック!告白するメリット・デメリット

まず、片思いにけじめをつける方法として、告白することを考えてみましょう。

しかし、なかなか告白する勇気は出てこないものですよね。うまくいったときと、うまくいかないとき、あれこれ後のことを考えてしまうとますます行動ができなくなってしまいます。

そこでまずは、告白することのメリットとデメリットを考えてみましょう。そのメリットとデメリットを加味し、告白するのかしないのかを決めるのも一つの手です。

告白するメリット①:うまくいけば晴れてカップルに

告白の最大のメリットは何と言ってもこれです。告白することで恋が成就し、自分が今まで思い続けてきた人と晴れてカップルになることが叶います。

これが叶えば、幸せなことこの上ないはずです。そしてもう片思いの辛い思いをする必要はなく、自分は恋人として胸を張っていけます。

片思いの期間が長ければ長いほど、この幸せは非常に大きなものとなるでしょう。

告白には多くのメリット・デメリットがありますが、このカップルになれるというこの大きなメリットのために全てを懸けても良いはずです。

告白するメリット②:相手に自分を意識してもらうきっかけを作れる

もし告白してその時は保留されてしまったり、断られてしまっても、それなりにメリットはあるものです。

なぜなら、想いを伝えたことで自分のことを少なからず意識してもらうことに繋がるからです。告白されて嫌な気がする人はいません。

その時は自分のことを意識してくれていなかったとしても、告白されて「そんなに好きでいてくれるなら…」と気持ちが揺れ動く人も多いのです。

断られて落ち込んでいても、思わぬタイミングで向こうから良い返事が返ってくる場合があります。

告白はうまくいくことだけがメリットではないので、後々うまくいくパターンにも期待しながら告白する勇気を出せると良いでしょう。

告白するメリット③:すっきり恋を終わらせられる

告白した結果、振られてしまうと悲しいのは誰もが同じです。

片思いの時間が長ければ、「今までの時間はなんだったんだろう…」と途端に虚しい気持ちに襲われることでしょう。

しかし、それをいつまでも引きずっているわけにもいかないのも事実です。落ち込んでいないで前を向こうとしたとき、すっきり恋を終わらせられるでしょう。

告白するデメリット①:断られて縁も切れてしまう可能性がある

では、次に告白するデメリットについて考えてみましょう。

告白しても必ずしもうまくいくわけではないということがデメリットなのは分かり切ったことですが、それよりも最大のデメリットは振られた結果、縁まで切れてしまうことです。

告白はする側も、される側も、もしうまくいかない結果となった時は正直とてつもなく気まずいものです。

もともとは仲の良い友人や職場仲間であっても、告白して振られたことで妙にぎくしゃくしてしまい、その結果連絡を絶たれてしまう…なんてことも珍しいことではありません。

せっかく勇気をふり絞って告白したのに結果が気まずくなって終わるのでは、やり切れませんよね。それこそ自分が一途に片思いをしていたことが馬鹿らしく思えてきてしまうでしょう。

もともとは仲の良い関係だったならなおさら、告白して振られた後に縁が切れてしまうことだけは避けたいものです。

告白するデメリット②:自分に自信がなくなってしまう可能性も

告白して振られてしまうと、この世の終わりのように落ち込んでしまう人がいます。

ただ恋が成就しなかっただけとはいえ、告白して振られることは自分の存在そのものを否定されたかのような感覚になってしまうからです。

第三者は「そんな大げさな…」と思うかもしれません。

しかし、当人にとってその恋愛感情は、長い間片思いという形で育んできた大切な思いです。

それが一日であっさり否定されてしまうのですから、落ち込むのは当然なことです。その結果、仕事やプライベートのことすら手につかなくなってしまうくらい気落ちしてしまうことがあります。

告白のデメリットの一つは、このように自分に自信すら持てなくなってしまうことなのです。

大事な恋愛感情とはいえ、あまり気負いすぎないことが大切ですが、気持ちをコントロールすることはなかなか難しいものです。

悔いのない選択を!片思いのけじめのつけ方

片思いが続くと辛い気持ちになるのは皆同じです。

思い続けることは最初は楽しいかもしれませんが、長続きすると片思いで一喜一憂することに疲れてしまうからです。

以下では、そんな片思いを終わらせたいと思ったとき、実践できるけじめのつけ方についてご紹介します。片思いしている自分、状況に悩むのはもう終わりにしましょう。

告白して終わらせる場合

片思いを終わらせる方法として一番なのは、ずばり告白することです。

片思いの恋愛感情に蓋をして、自分の中にしまってしまうのには、気持ちの整理に相当時間がかかりますし、精神的な負担にもなってしまいます。

片思いの期間が長すぎて辛いと感じたら、自分がすっきりするためにも、しっかりと気持ちを伝えられることが一番でしょう。

もしかすると、そのままうまくいく可能性だって十分にあります。

ですが、うまくいかない場合もあります。ただ、うまくいかなかったとしても、それをきっかけに片思いを終わらせ、新しい恋へと進むことができるのです。

諦めて終わらせる場合

それでも告白するなんて絶対に無理…という人もいるでしょう。

告白できるかどうかは勇気が出る出ないだけではなく、相手が自分にとって相当理想が高い人だったり、叶わぬ恋の場合、片思いの恋愛感情は自分の胸の中にしまうしかありません。

その場合、想いを伝えなかったことを後悔するかもしれません。

しかし、告白した結果関係が壊れてしまったり、恥ずかしい思いをすることは避けることができるでしょう。

あとは自分の気持ちの問題です。恋愛感情を表に出さず、諦めて蓋をしてしまうことはそう簡単にできるものではありません。

必要以上にストレスや、虚しさを感じることはたくさんあるでしょう。

そのような気持ちを忘れるのにはある程度時間が必要になるので、簡単にスパッと諦められることではないことは覚悟した方が良いでしょう。

どちらの後悔を受け入れるか

告白して終わりにするか、諦めて終わりにするか、どちらを選択するかは自由です。

しかし、告白してうまくいくパターンを除いて、どちらも後悔することになるのは事実です。

告白してうまくいかなかった場合は、「やっぱり告白するべきじゃなかった…」という気持ちになるでしょうし、告白せず諦めた場合は告白できなかったことを後悔するでしょう。

片思いを終わりにすることは辛いことですが、そのまま長い間片思いでいることもとても辛いことです。

自分にとって気持ちが楽な方を選べると良いですね。

告白するならチェックしておきたい実りやすい告白3選

けじめのつけ方として勇気を振り絞って告白することを選んだのなら、せっかく告白するのですから誰だって良い結果を期待したいですよね。

うまくいく告白の仕方があれば、ぜひ実践したいものです。実りやすい告白とはどのようなものがあるのでしょうか。

1.LINEや手紙はNG、直接伝えよう

告白する際、絶対にはずしたくないポイントは、告白の手段です。LINEや手紙など、自分の感情が表れにくいものは絶対にNGです。

よく「告白は直接言ってほしい」という声を聞きますよね。今の世の中、LINEやメールを使う人は非常に多いですから、「今時直接言うのが全てなんて…」と思うかもしれません。

しかし、やっぱり告白は直接言ってほしいという考え方はまだまだ普遍的なものです。

LINEで告白してきたら、「大事なことなのに、なんて失礼な人なんだ」と嫌な印象を持たれてしまうかもしれませんので、絶対に直接会って伝えるようにしましょう。

面と面向かって告白されれば、相手もあなたの告白を真剣に受け止めてくれるはずです。

2.相手が言われてうれしい言葉を選ぶ

告白のときに気を付けたいポイントの一つとして、言葉選びがあります。

ただ「好きです」と伝えるのも良いかもしれませんが、できればどんなところが好きなのか、しっかりと伝えられるとベストです。

単純に「好きです。付き合ってください」と伝えるより、「笑った顔が素敵で…」や「いつもさり気なく気を遣ってくれる優しさが嬉しくて…」などの一言が添えられると良いでしょう。

自分の良いところを褒められて嫌な気分になる人はまずいません。

相手が言われてうれしい言葉を選ぶとうまくいく可能性がアップします。特に外面より内面を褒められると、相手も自分のことをしっかり見てくれているのだなと好印象を抱くはずです。

3.タイミングはイベント前だと実りやすい

告白にも実りやすいタイミングというものがあります。それは、クリスマス、バレンタインなどの恋人同士のビッグイベントの前です。

恋人がいなくてフリーの人は、イベント前ほど恋人がほしいと熱望する時期はないでしょう。

普段はフリーなことを寂しがることは少なくても、イベントを前にして寂しくなることは多いはずです。そのため、イベント前に告白されて嬉しい気持ちになる人は多いのです。

あまり意識されていなかったとしても、イベント前だったことで「これで恋人ができればイベントで寂しい思いをしなくて済む」と思ってOKしてくれる場合もあるのです。

片思いを諦めたいときに気持ちに整理をつける3つの方法

告白することなく諦めることを選択したとき、振られて傷つくことは避けられるかもしれません。

しかし、その諦める気持ちを自分で受け入れることも非常に苦労するはずです。それだけ恋愛感情は、簡単に整理がつくものではないからです。

では、片思いを諦めたいとき、どのようなことをすれば気持ちに整理はつきやすくなるのでしょうか。

1.仕事や趣味に没頭する

片思いの気持ちを忘れるために、仕事や趣味など、自分が夢中になれることに没頭するのは非常に効果的です。

何もしていなければ好きな人のことを考えてしまうでしょうから、強制的に違うことを考えられるようにすることが一番なのです。

しばらくは仕事や趣味で、多忙な毎日を過ごすと良いでしょう。

人は忘れられることで失恋の悲しみを消化できることが強みです。別のことばかりを考えるようにすることで、片思いの恋愛感情を忘れられるように努力しましょう。

2.新しい恋を求めて出会いの場へ

辛い失恋を忘れるのには、新しい恋が一番とよく言われています。

気持ちをすぐに切り替えてしまうためには、確かに非常に効果的なことです。

「今まで好きな人がいたのに、すぐに別の人なんて…」と気持ちが進まなかったり、切り替えることに対して自己嫌悪する気持ちもあるでしょう。

でも、いつまでも片思いがうまくいかなかったことをくよくよ気にしていては、前に進むことができないのも事実です。

新しい恋を始められれば、今までのつらい気持ちはすぐに忘れることができるでしょう。

特にすぐに気持ちを切り替えたい人、辛い気持ちが収まらない人は、新しい恋を求めて出会いの場に積極的に出かけてみることがおすすめです。

3.旅行へ行く

気持ちをリセットする良い方法として、旅行へ行くこともあげられます。

仲の良い友人同士でも良いですし、一人旅でも良いです。行き先はなるべく温泉などのリラックスできる場所や、もしくは大自然を感じられる場所が良いでしょう。

旅をして普段では接することがないような場所で過ごすことは、自分の気持ちの整理をするのに非常に効果的です。

山や海など、大自然を感じられる場所も、今まで悩み苦しんでいたことが小さく思えてくるので、とてもおすすめです。

片思いに苦労してきた自分に「お疲れ様」という気持ちを込めて、旅行を自分にプレゼントしてみましょう。

まとめ

片思いの恋愛感情を長い間抱えていることは辛いことです。

自分の気持ちに整理をつけるためにも、なるべく早く片思いにはけじめをつけたいものですよね。告白してうまくいくことが一番ではありますが、そう簡単にうまくいかないのが恋愛というものです。

自分にとって片思いを抱え込まず、気持ちを楽にけじめをつけるにはどんな終わらせ方が良いか、よく考えてみましょう。

絶対に両思いになりたいなら勇気を出して告白を、告白が絶対に無理なら気持ちよく諦められる方法を探して、一歩前へ踏み出しましょう。

スポンサーリンク