Home / 未分類 / 女性の素敵なクオリティ・オブ・ライフの上げ方と独身OLが狙うべき男子

女性の素敵なクオリティ・オブ・ライフの上げ方と独身OLが狙うべき男子

いつまでも、素敵な女性でいたい。

そんな願いをかなえる一つの手段としてクオリティ・オブ・ライフを上げるというものがあります。

そして、恋愛もその手段の一つです。今回、本記事では独身OLの彼氏の射止め方をご紹介します。

スポンサードリンク

女性として輝くために!素敵なクオリティオブライフの上げ方

クオリティ・オブ・ライフとは

クオリティ・オブ・ライフという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

この言葉が良く使われるのは主にガン患者などの身体的な苦痛を取り除くだけではなく、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度を表す際に使われていて、「生活の質」や「生命の質」などと訳されます。

しかし現在は雑誌などで医療的に疾患がある人対象ではなく、ただ単に生きがいや満足度を上げるといった文章の際に使われることも多くなってきています。今回は後者の意味、言葉の通りの「生活の質」という意味で使いたいと思います。

女性の社会進出も進み、男性と肩を並べて働き、選挙権なども平等にあるような世の中になってきて、女性達は今まではなかったストレスにさらされるようになりました。

権利があるということは義務も増えるということで、好きに生き方を選択できるようになってしまったがために自分を見失い、途方に暮れるという方も多く見受けられます。

このストレス過剰な現代社会で自分らしく生き、落ち着いて安定した生活を送ることができ、クオリティ・オブ・ライフを向上させるためには何が必要なのでしょうか。

まず自分の人生に大いなる満足を抱くためには、自分のことをよく知る必要があります。雑誌や映画、ニュースなどから情報に踊らされ、現在流行っているものはこれとあれだから自分も手に入れなければならないなんて思う必要はありませんし、自己啓発が流行っている、スポーツクラブに行くのが流行っているからといって全部参加しなければならないわけではありません。

自分がどんなものが好きで、どこに行きたいと思っていて、何がしたいのか、それをしっかりと自覚する必要があります。心や体が喜ばないことを一生懸命しても疲弊するばかりで後悔が残る結果になってしまうことが多いからです。

何かを始める前、そして何かを決める前に、まずは自分の気持ちを確認する癖をつけることが大切。その為には忙しい毎日の中で5分でもいいから時間をとって、自分と向き合って対話するようにしましょう。

自分との対話を


「洞穴の奥の老人を訪ねる」という方法をご存知でしょうか。

これは自分の直感や本能に耳を傾けるエクササイズとして有名なもので、自分との対話の練習方法になります。やり方は簡単で、何の道具も必要ありません。イスに座ってリラックスにつとめます。そして目を閉じ、こんなイメージをしていきましょう。

「あなたは山奥の洞穴にいます。洞穴の中には霊験あらたかな老人がいて、今あなたが悩んでいることや迷っていること、その選択肢について話なさいと言います。ただしあなたの状況や利益、損失や理屈、あるいは周囲の期待やあなたの背負っている義務などについては、老人は聞く気がありません。

あなたが抱いている正直な気持ちや正しいと思う選択肢だけを老人に話すのです」。

話し終わったなら、ゆっくりと目を開けます。あなたが老人に話したことこそ、あなたの直感や本能がささやく声なのです。

本当の気持ちは自分でも捉えにくいのが普通ですから、こうしたシチュエーションを設定してその中で自分の気持ちを探る、というやり方がとても有効なのです。

このようにして自分の本当の気持ち、そして本能がささやく言葉を気にかけるようになると、体の中の様々な変化にも敏感になってきます。

例えば本当は自分はやりたくないけれどこれはやるべきだ、と思って仕方なくやる時には胃の辺りが冷たくなっていたり緊張して縮んでいるような感覚を感じることが出来るようになります。

体に耳を傾けて、これは本当はやりたくないのだな、と判ったことは出来るだけ回避する努力をするようになり、気が楽になるのです。

また、一般的に自分のことを運が良いと思っている人と自分は運が悪いと思っている人にわけて研究した結果、運が良いと思っている人達は例えば瞑想や座禅などを通じて「直感を高める方法」を知っていたり行動していたりする人が多いということだったのです。

建前やプレッシャーに負けず、本当に自分が心地よいと思えることをする、それは普段から体や心の声を聞くようにトレーニングをすることで簡単になります。

義務や責任もありますから何でも自分の好きなことだけを、というわけにはいかないのが現実ですが、少なくともこれは自分がやりたくないと思っている、と理解することで、帰宅してからは自分の体や心のケアにつとめることが出来るのです。

そうすれば満足度は上がり、自尊心も培われるでしょう。

結局のところ、クオリティ・オブ・ライフを向上させるには自分のことを愛し、大切にケアすることでかなえられます。

日頃からマッサージをする、何か一つ、これがとても好きだと思うことを見つける、休日には手料理を作って好きな人たちと楽しく食事をする、そういうことをやって過剰なストレスに上手に対処していくのです。

人生に不満を持ち、こんなはずじゃなかったと思うことが多い人は、まず自分をケアすることから始めてみてください。

 

独身OLが狙うべき男子って?

独身olでこれからパートナーを作りたいと考えている女性にとっても、狙うべき男子像は様々にあります。パートナーとして狙うべき男子は、学生時代とは異なる形の相手になるでしょう。具体的にどのような相手を狙うべきかは当人の希望や条件によりけりですが、ある程度狙うべき男子像は絞る事はできます。

社会人の恋愛を

例えば、就職して間もない方の場合は、特定の男性を狙うという事はあまり必要ない場合があります。同期の方とも打ち解けやすく、年上の方と知り合う機会も多くなり、出会いのチャンスは比較的多いからです。同世代の男性は同じ時代を生きてきた方達ですから、比較的話題も合いやすいでしょう。子供の頃に流行ったものや、学生時代に有名だったアーティスト等、共通の話題が多くあります。ジェネレーションギャップが無い為、お付き合いしやすい方も多いでしょう。

同世代の男性とお付き合いする事は、比較的打ち溶けやすいというメリットがあります。お互いあまり警戒したり気を使いすぎたりする事無く、自然と話ができるでしょう。先輩や後輩といった堅苦しい上下関係が生じにくいのも、距離を縮めやすいポイントです。男性にとっても同世代の女性とは話がしやすくリラックスできる相手ですから、独身olが狙うべき男子像の1つになるでしょう。

注意すべきポイントとしては、社会人になってからは学生時代とは恋愛の事情が異なるという事です。これから付き合う方は、将来は結婚してパートナーになる可能性が高くなります。この為、自分が妻として何をしてあげられるか、夫となる人はどのような方であるべきか等を真剣に考える必要が生じるものです。

学生時代の頃は、多少やんちゃな方に憧れた経験がある方も居られるかもしれません。しかし、社会人になってからも同じ様な方に憧れるのは問題が生じる場合もあります。社会人になって重大な社会的トラブルを起こすと、それは失業や出世への影響といった現実的な脅威が待っています。トラブルの絶えない方や、潜在的な危険を持っている方とお付き合いするのは、それなりのリスクがあるものです。

次に、年齢という要素です。学生時代の頃は誰かお別れしても、いずれは次の恋があると立ち直る事ができたかもしれません。しかし、社会人になると学生時代以上に失恋の影響は大きくなります。結婚を考える時期になってから恋人がトラブルを起こすと収入や世間体の問題が生じて、結婚が難しくなるからです。この時、結婚適齢期の年齢になっていると、新しく彼氏を作る方が難しい場合があるでしょう。

 

男性の好みの傾向を理解

男性の傾向として、自分に比べて若い女性を選ぶという要素があります。

この為、お付き合いできる可能性が高い男性が少なくなります。将来のパートナー候補である以上、学生時代のように単に格好良いとか憧れるといった要素だけで選ぶのは避ける賢明さが必要です。

独身olが狙うべき男子像としては、同世代だけでなく年上の方といと相手もいます。

年上の方は社会的地位も自分より高く、収入の多い方も居られるでしょう。この為、お付き合いの形は同世代の方と比べて裕福な形になるかもしれません。また、人生経験が豊富な事もあって、相談事や将来の話等も真面目にしやすいでしょう。

注意すべきポイントとしては、どうしても同世代の方と同じにはならないという事です。例えば、体力や体調といった点は若い男性に比べると、衰えている部分があります。

同世代の方であればアクティブに動き回れるけれども、年上の方とのお付き合いでは無理がきかないという点は不満を感じるかもしれません。

自分より何歳か年上という方の場合は、同世代と大きな違いはないでしょう。

しかし、少し年上という方の場合は、年上というより先輩という感じのお付き合いになります。収入も自分とそれほど大きくは変わりませんから、どちらかというと同世代に近い感覚のお付き合いになるかもしれません。

一方、入社してそれなりに経験を積み、そろそろ結婚しようと考えている独身olの方は狙うべき男子像を絞り込んだ方が賢明です。社内での地位が高く、年下の男性からは上司という形でビジネスのイメージを持たれがちです。

この為、男性の方からお誘いの声をかけられる事が少なくなります。また、同世代や年上の方も若い女性の方がビジネスの厳しいイメージが少なく余裕を持ってリラックスして話せるという事から、お誘いは受けにくくなるでしょう。

そこで重要になるのが、脈のある男性へ自発的にアプローチする事です。ここでポイントになるのは、自分が意中の相手からどのように思われているかにあります。ビジネスのイメージが強い上司として接するのであれば、それは恋愛には発展しにくいでしょう。

相手の好みにもよりますが、自分では仕事のできる格好良い女性と思っていても、相手からすると男勝りで付き合うのが難しい相手と思われる事があるからです。

仕事中の姿で女性として好感を抱かれるのは難しい事ですので、仕事以外の時間や休憩時間等に女性としての自分の姿を見せるようにしましょう。普段は厳しいのに、プライベートでは優しく穏やかという女性は意外に好かれるものです。


スポンサーリンク

Check Also

オタクな恋人との恋愛のすゝめ

『恋の始まりは瞬間でも、つきあ …