Home / 結婚 / プロポーズ / 女性目線で考える理想のプロポーズのタイミングと時期

女性目線で考える理想のプロポーズのタイミングと時期

こんにちは。男性にとって、お年頃の女性と付き合っていると、結婚を意識することもありますよね。一緒にいて癒されるとき、病気になったときや、仕事が忙しくて疲れた時の彼女の対応など、「この子だ!」って思うポイントってそれぞれ違うと思いますが、いざプロポーズしよう!と決めた男性はほんっっとうに男らしいなあと思います。

ですが、プロポーズに関しては「思い立ったが吉日」となるわけではありません。結婚というのは、片方のタイミングに合わせるだけではなく、お互いのタイミングを見ないといけません。そこで今回は、プロポーズをすると決めた男性方のために、女性目線でのプロポーズのタイミングについてご紹介します!

スポンサードリンク

付き合ってからの期間

e0fa9c0ca532a042272ccdf030aaadff_s

20代半ばの男女が付き合いだして、結婚を意識するのは付き合いだして半年から1年とされることが多いです。年齢的にそろそろ結婚を意識しだす時期なんです。そのため、長いスパンを見て判断する時間を設けていません。3ヶ月を過ぎるといいところも悪いところも、結構はっきり見えてきます。

そんなところを見た上で、この人と長い間一緒にいられるのか(結婚できそうか)を考えるようになります。そのため、付き合いだして半年あたりで結婚を匂わせると相手にも気持ちがふんわりと伝えることができます。

逆に学生時代からの相手だったりすると、タイミングを外してしまいダラダラしてしまう~ってよく聞く話ですよね。同棲を始めたりすると、また同じく。なかなか付き合いだしてから期間が長い場合はこれ!といったタイミングが掴みづらいようです。それは「今のままの関係が心地いい」から。今じゃないと思っている可能性も無きにしもあらず。付き合いだして長い方は、彼女の気持ちをそれとなく聞いてみるといいかもしれません。

記念日や特別な日

記念日やイベントごとのある日にプロポーズはもはや王道ですね!正直女性からしても、ちょっと意識していることは否定できません。笑 具体的にいうと、クリスマス・誕生日・付き合った記念日・初デートの日など思い出の日です。

クリスマスはお互いにプレゼント交換をするカップルも多いと思いますが、ここで婚約指輪を用意するというサプライズは、女性ウケがいいようです。また、ちょっと背伸びしたレストランなどを予約する際にも特別なメニューを用意してもらえたりと嬉しい特典もたくさん。家でプロポーズを決めよう!という男性も、家デートでクリスマスっぽくご飯をしたところで、渡すことができれば雰囲気は◎

誕生日もクリスマスと同じくプレゼントをわたすとしては絶好の機会。また、女性には当日まで予定を秘密にしていても怪しまれることがありません。彼女の好きな場所や、初めて行った場所などに連れて行ってあげると女性は喜びます。

仕事の事情

男性にとっても女性にとっても、社会人になるとタイミングの要因となる仕事。どちらかが全国転勤のお仕事をしている場合や、昇進の話の前など結婚を意識することは多いようです。

転勤の場合、近郊の県ならそこまで考えることはないかもしれませんが、地域が別になってしまったりすると遠距離恋愛になってしまいます。社会人の遠距離恋愛はなかなか難しいと言われています。もちろんお互い一人の時間は増えますが、会いたいときには会えず、連絡を取りたくても取れず。近くにいれば、家に行くだけでもいいのに、それさえも‥と実際問題の距離よりも、気持ちが離れてしまうことをよく耳にします。

だからこそ、転勤の話などが出た場合、今の関係を解消するのか、もしくは「自分はあなたと結婚を意識してお付き合いしていきたい(婚約して近いうちに結婚したい)」という旨をしっかりと伝えておくことがとても重要となります。寂しい気持ちも、終わりの時期が決まっていれば我慢できることって多いんですよね。

また真逆の昇進の話が出たとき。女性側に昇進の話が出ている場合、プロポーズのタイミングとしてはあまりいい時期とは言えません。男性も同じだと思いますが、昇進の話が出ると、しばらく仕事モードに入ってしまい、「結婚はまだいいかな‥」と感じてしまうんです。男性側の昇進だとしても、昇進後しばらくは忙しくなってしまい、それどころじゃない‥と思うことってあると思うので、仕事上のタイミングも重要だと言えます。

やはり年齢‥

男性の適齢期は今となっては30代前半にもなっている昨今。ですが女性はどうでしょうか?女性が子供が欲しいと思っている場合、大体女性にとってピリオドって決まっているんです。おおよそ30代後半にもなれば「高齢出産」と言われ、妊娠期のつわりがひどかったり、障害児の出産率の増加などのデメリットも多くなるのが女性。

もし、子供を欲しいと思っている女性ではなく、この先子供はいらないとお互いに思っているならばいいのですが、
欲しいと願っている場合には「30前には‥」と思う女性が大半です。そういう点で、よく女性のいう「結婚するなら30までには!」という発言につながるわけです。今お付き合いしている女性が20代後半の場合は、彼であるあなたと結婚を望んでいる可能性も高いと思います。

まとめ

いかがでしたか?今回は女性から見たプロポーズの時期についてまとめました。男性にとっても一世一代のプロポーズ。できるなら完璧の状況でプロポーズしたいですよね。男性側にも事情やタイミングがあると思うので、今の彼女の状況やタイミングを見て伝えてあげてくださいね♥

スポンサーリンク