Home / 結婚 / プロポーズされたいと切に思った時に実践すべき行動

プロポーズされたいと切に思った時に実践すべき行動

早く結婚した~い!!もう何年も付き合っているのになかなかプロポーズしてくれないな…。

とお悩みの方は、多くいらっしゃいますよね?

もしかしたら、相手があなたの行動をチェックしてタイミングを窺っているかも知れません。もしかしたら、あなたのプロポーズされたい!という気持ちが相手に全然伝わってないかも知れません。

そんな時はどうしたら良いのだろう?

今回は、そんな風にお悩みの方に、どうしたら相手は振り向いてくれるのか!?をご紹介していきたいと思います。

ちなみに私は、男性なので私自身の実体験と共に、男性目線からの意見も述べていきたいと思います!

スポンサードリンク

プロポーズされるためにやるべきこと


では具体的にどういったこうどうをしていけば良いんだろう?いろいろアピールしているけど本当にアピールになっているのかな?と不安な方のために、いろいろご紹介していきたいと思いますので是非ご覧ください!

料理ができるアピール

料理ができるかできないか…

これは結婚するにあたって、非常に重要なことだと私は思います。男性からすると、やはり女性に手料理を作ってもらう!これは憧れですからね!もし、一緒に暮らして手料理ができなかったら…

毎日コンビニ弁当やら外食ですよね。相手が料理が好きで作ってくれる人なら別ですが、私の周りにもなかなかそんな男性はいません。

男性は、将来結婚した時に、料理ができないのかぁ…とマイナスに捉えてしまいます。そうするとプロポーズは遠のきますよね?

最低でも、相手が好きな料理Best3くらいは作れるようになっていると、男性は嬉しいですし、プロポーズされるのも、近づくと思います。

ただ、女性ばかり作っていると、男性は女性任せにしてしまうので、ある程度時間がたったら、一緒に料理したり作ってもらったりすると将来女性からしても安心なのではないでしょうか?

逆に手伝ってくれない男性なら結婚考えちゃいますよね…

料理は自分をアピールすることもでき、相手の性格もより知ることができるので、おすすめですよ!

一緒に居て落ち着けるようにする

・一緒に居て落ち着けるか…。これもまた大事ですよね。付き合っている時は、楽しいだけで良いかもしれませんが、結婚となったらずっと一緒に居るわけですから、プライベートの時間は確実に減ります。ある意味ここがお互いに一番悩むところだと思います。

私がおすすめするのは、プロポーズされたいなと思ったらまず同棲です。

同棲をすることにより、お互いの癖や私生活を理解することができます。最初は勿論落ち着きませんが月日が経つと慣れてお互いに落ち着くようになります。その2人の落ち着いた空間が、日々の癒しにも変わっていきます。

勿論、ある程度の努力と我慢も必要ですが…。ここで我慢できない相手なら、結婚生活何十年も一緒に暮らすのは、正直無理ですよね(笑)

同棲が嫌、という方は半同棲でも良いと思いますよ!とにかく一緒に私生活を送れるようなことを増やす!その生活に慣れ、お互いに慣れる。ここが重要ですよ!

『落ち着き=癒し』ですから、彼も一緒に居て癒されるなと思ったら、プロポーズされるのにまた一歩近づきます!

家事を一人でこなせるようになる

・洗濯、掃除に料理。これをこなせる人って魅力的ですし、尊敬できますよね!

今の時代、男性もできないとダメだと思いますが、やはり女性のそういう姿を見ると男性もいいなと思うんですよね。

でも、家事ができるということは、将来結婚したらご近所さんの評判や旦那さんの上司、友人関係、そしてお互いの両親からの評価も高くなり結婚生活で自分自身が凄い過ごしやすくする為の武器にもなります!

私も家事を手伝いますが、大半は奥さんがやってくれています。本当に面倒なことだと日々実感しています(笑)。そして凄く奥さんを尊敬しています!

付き合っていて同棲をしていた時に、家事をする姿を見て『この人なら大丈夫』と思いプロポーズしたきっかけでもありますからね!

ここは、相手の為でもありますが将来、自分の武器になる為に一人でできるようにしておいた方が絶対にいいと思いますよ!

金銭感覚のチェック

・自分で稼いだお金は自分で好きなように使いたい!!ほとんどの人はそう思うと思います。

でも、将来を考える人が何も考えずにお金を使っていたら…不安ですよね?

欲しいものがあっても我慢できる。しっかり考えた上で決断し購入している。少ない額でも貯金しようと努力している。ここはかなり重要だと思います。もしあなたが何も考えずお金を使っていたら、相手は将来を不安に感じて、プロポーズになかなか踏み出せないでしょう。

逆に相手が何も考えずお金を使っていて、あなたがプロポーズされたら…少し考えてしまいませんか?

プロポーズされるとうことは、簡単に言えば、これから先何十年も一緒に生活しようと言っているようなものですよね。生活するのが2人だけなら何とかなるかもしれませんが、子供もでき、将来は親の介護も、自分たちの老後も考えると…怖いですよね。

お互いにこのような将来を見据えて、お金を使っていくことが大事です。金銭感覚がおかしいと、好きなだけじゃやっていけないかもしれませんね。

先ほどから同棲をおすすめしていますが、お互いの金銭感覚をチェックするためにも同棲は、やはりおすすめします。

彼のお母さんのチェック

・結婚生活を楽しく過ごすためのポイトですね。結婚したら何だかんだ避けられない問題です。もしかしたら、同居することになるかもしれない人ですから…。

ここで簡単に『彼のお母さんのチェックポイント 3つ』ご紹介したいと思います!

①  お母さんがどんな態度、対応のときに嫌がるのか。

②  お母さんの好きな料理や趣味。

③  お母さんの服装や好きな色、ブランド。

こんな所じゃないでしょうか!

お母さんに好かれるためには、お母さんの嫌な態度、対応は絶対しちゃだめですよね。

料理や趣味、服装などをチェックしておけば、お歳暮や誕生日、一緒に買い物しに行った時など気の利いたプレゼントなどしてあげることもできて、高く評価されそうですよね!

ここを把握しておけば、お母さんとの会話も弾みますし、楽しく過ごせること間違いなしです!

彼の胃袋をつかむ

・彼の胃袋をつかむためにも、先ほど書いた通り、料理はできないとまずいですよね。最低でも彼の好きな料理は!

彼がカレーライスが好きで、作れなかったら彼は、結婚したらカレーライスが食べれないかも…。ってなってしまうかもしれないです(笑)。

逆に、好きなものをチャチャット作って美味しかったら、彼は絶対喜びますし、胃袋をつかむこと間違いです!

料理が苦手でも、まずは彼の好きな料理を作れるようになり、彼の胃袋をGETしてから料理のレパートリーを増やしていきましょう!

結婚を迫らない

・早く結婚したい、いつプロポーズしてくれるの?など結婚を彼に迫ってしまうと彼にプレッシャーがかかってしまうかもしれません。

彼も独身のうちにやっておきたいことや、この日にプロポーズしよう。など色々考えはあると思いますからね。

実際に私は、今の奥さんと付き合ってから、4年目に同棲して、付き合って5年目の記念日プロポーズしようと決めていて、結婚することができました。

ただプレッシャーをかけられていたら、プロポーズしていたかは分かりません。ここのタイミングなどは、彼を信じて待ってあげましょうね!

ただ、不安ですよね…。結婚を迫るのではなく、さり気なく結婚に関してどう考えているのかなど聞き、流れで自分の意見も伝えることは良い刺激になると思いますよ!

結婚情報誌も活用

・結婚情報誌など一緒に見ることで、結婚の意識は絶対にあがりますよね!本当に色々な式場がありプランがあり海外ウエディングがあり、知らないことだらけで凄いためにもなります!

一緒に見ながら、彼はこの人と結婚するのかな、この人とどこの式場で挙式を挙げたいかななど妄想しますしね!

現在、式場もデート感覚で実際に行けるので、そういう情報も沢山あります!

次は、実際に式場を見学してどうなのか書いていきます。

結婚式場の見学をする

・先ほど書いた通り、式場を見学してどうなのか書いていきます。

確実に情報誌を一緒に見るよりも、結婚の意識は高まります!!

結婚情報誌で気になった式場をチェック⇒実際に見学などできるのか調べる⇒デート感覚で式場にGO!⇒お互いの結婚の意識は高まる!

完璧ですね(笑)。プロポーズされるのは確実に近づくと思います!

彼が嫌がっても、上手い理由を考えて、少し強引に連れて行き実際に見れば、結婚いいなと思うはずです!

まずは、結婚情報誌を一緒に見るところから始めてみましょう!

プロポーズにNGな行動

・プロポーズされる為に、色々行動することは大切ですが、何でもして良いわけではないですよね。してはいけない行動をこれから書いていこうと思います。

逃げ道を作らない

・逃げ道と言っても、色々ありますよね。

例えを挙げていきます。

①  自分がプロポーズされなかった時に傷つかないように、または、彼に振られないように、何も言わない、何もしない、彼のご機嫌ばかりうかがう。

これは、自分自身の逃げ道ですね。こういう事をしていたら、彼は誰でもいいのか?何で何も言ってくれないだろうと疑問に思うと思いますよ。傷つくのは怖い、それでも行動に移したり、相手を信じて自分の気持ちを伝えるなどしないといけない時があると思います。

続いて男性の例を挙げます。

①  将来の話しをした時に、曖昧に答える。

②  実家に招待した時に、拒む。

③  同棲を嫌がる。

こういった行動をしたら、彼はまだ自分の時間が欲しくてプロポーズすることから逃げてるってことですね。将来の話しや同棲の話しをいつも曖昧にするようだったら、たまには、しつこく真剣にとことん話して、彼の逃げ道を作らせないということが大切になってくると思います。

専業主婦宣言をする

・主婦の仕事は、もちろん大変ですし、尊敬するところばかりです。

でも、この話しをプロポーズされる前からされたらどうでしょうか?現代では正直、男性の収入だけでやりくりするのは大変ですし、何も生活のことを考えてないのかと思ってしまう人もいると思います。

この話しは、子供ができてからでなら納得できる話しですが、それまでは、お互いに稼いで貯金をして、お互いで家事をやってという方が良いのでは?と思います。

それは人それぞれ考え方が違うと思いますので、彼と相談し決めるのが理想ですね。

ただ、いきなり主婦宣言はやめた方が良いと思いますよ!

結婚後のリアルな話題

・この話題は夢がありますし話したくなりますよね(笑)。ただこの行動は、彼に対し結婚を迫っているというように人によっては捉えてしまうかもしれません。

まだ、プロポーズもしてないのにいきなり結婚後の話しをされても実感も湧きませんし、逆に、この話題通りになるように結婚したらやらなきゃ…とプレッシャーになるかもしれません。

この話題は、プロポーズ後、徐々に話していくのが一番実感も湧きますし、将来設計も一緒にできて良いと思いますよ。

親を真っ向から否定

・これは、だいたい人が嫌ですよね(笑)。彼をここまで育ててくれた親を否定される。それは、彼自身の今までを否定しているとも言えます。

逆に、自分の親を否定されたらどう思いますか?確かに合わないことはあるかもしれません。ただ結婚したら義理とはいえ自分の第二の親になる人です。

何か気になることがあったら、よく考えて、言葉を選んで、彼に相談をしましょうね!

結婚式の妄想話

・結婚式の妄想話も情報誌や実際に式場見学しに行った時でしたら良いですが、何もしてないのに妄想話されても彼は困ると思います。彼もこんな感じでやりたいという希望もあると思いますしね。

プロポーズされてからこのような具体的な話しはした方が現実味もありますし、想像もしやすいですし、金銭面の問題もあるのでお互いに話し合いもするでしょうし…。

順序を間違ってはいけませんね。まずはプロポーズ、結婚式、結婚後の話し。話しをしたいのは分かりますが、一歩一歩前へ進むことが大切です。

プロポーズしてもらうには

・プロポーズしてもらういは、やっぱり彼をその気にさせたり、自分の気持ちを気づかせたりしないといけませんよね。

その為にはどのようにすればいいでしょうか?

二人の未来の話しをする

・二人の未来の話しをするということは、想像しながら話すので、イメージが創りやすくて良いですよね。一人で話しをするのではなく、二人で話すということが大事ですからね!

『将来はどんなお父さんになりたいの?』とか『どんな家に住みたい?』とか話すといいです。

『私はこういう風に結婚生活したいな!』『結婚式はこんな感じでやりたい!』これも未来の話しですが、先ほども書いた通りダメです。イメージもしにくいです。

具体的な話しをするのではなく、少しふわっとした感じで話すのが話しやすいと思います。

タイムリミットを彼に告げる

・彼に危機感を与えるというのも一つの手です。

『〇〇までに結婚しないと別れようと思う』とか強制するような言い方はダメですよ(笑)

『〇歳までには、結婚したいなと思うんだよね!』とか『私も〇歳までにはドレス着たいな~』とかをさりげなく言いましょう。

〇歳までに結婚したい。を彼に植え付けることで、自然に彼は〇歳がタイムリミットと思うはずです。

もしそれでも、気配がなかったら今までの態度を一変して冷たくするなどしてみると、彼は異変に気付き危機感を覚えると思います。

タイミングを味方に付ける

・結婚はタイミングとよく言われています。

『誕生日』や『記念日』、『語呂合わせの良い日』などが多いのではないでしょうか?

毎日のようにプロポーズされる為に努力していたら疲れちゃいますよね…。なので、ここに標準を合わせ、行動し準備していくことでタイミングも味方に付けることができると思います。

彼が結婚かー。と考え始め記念日や誕生日が近かったらその日にプロポーズしようかなとなる方も多いと思いますしね。逆にプロポーズしようと決めて、そういう記念の日が遠いと考えてしまう時間も多く、冷めてしまう方もいると思いますからね。

まとめ

・何度も言いますが、プロポーズされる為に、何か行動していないといつまで経ってもされないと思います。何もしてなくてもプロポーズ友達されてるし。って意見もあるかもしれませんが、何もしてないのではなく、プロポーズしたいなって思う行動を自然にしているからです。

よく何をしたら良いのか、周りで結婚している友達は普段どんな感じなのか見て学ぶというのも良いかもしれませんね。

とにかく、苦手なことでも逃げずにやると言うことが大事ですからね!

皆様の幸せを願っています。


スポンサーリンク

Check Also

結婚式で流す結婚行進曲とウエディングソングは何にする?定番ソングを紹介!

結婚は人生の一大イベントであり …