Home / 結婚 / プロポーズ / プロポーズされたい!と思う女子がするべきこと4選

プロポーズされたい!と思う女子がするべきこと4選

こんにちは。付き合いが長くなってくると、「もうそろそろプロポーズしてくれるかな?」「この人と結婚するのかな?」など、考えてしまいますよね。だけど、彼にはそんな素振りが見えないと不安からのイライラ‥。俗に言う”結婚適齢期”と呼ばれる時期だと、意識してしまうのは当然だと思います。

だけど、焦ってはいけません!結婚は片方だけが意識していても良くないもので、タイミングがとっても大事になってきます。今回は「彼にプロポーズされたい!」と思っている女性がするべきことを紹介していきます✩

スポンサードリンク

一緒にいて落ち着ける人になる

これはとっても大事です。たしかに、お付き合いをしているときには、”可愛さ”や”ときめき”が感じられる女性の方がモテる傾向にあります。が、結婚となると話は別です。

結婚というのは、お互いが日常に溶け込むものだと思います。そこで、ときめきは毎日必要でしょうか?美人も3日で飽きるなんて言葉もあります。ときめきや可愛さも重要ですが、二の次。男性が結婚相手にまず求めること、それは「一緒にいて落ち着けるか」。

毎日一緒の家にいることになるので”癒し”や”落ち着く”ことは不可欠。仕事から帰ってきて、奥さんが癒してくれる‥なんて夢見てる男性って結構多いんですよ。彼と結婚したい!と思ったなら、まずは彼が落ち着いていられる環境を作ってあげましょう。また彼だけではなく、自分も同じようにリラックスできるようになればばっちり◎!何事も片方が我慢しなければいけない状況では、疲れてしまい長続きしません。

料理の腕を磨く

最近は料理ができる男性も増えてきたり、深夜までやっている飲食店も多くなってきましたね。外食は便利だし、彼の方が上手だし、やってくれるならいっか~♪なんて思っている女性は、ちょっと考え直してみましょう。

大多数の男性は結婚したら、奥さんに毎日ご飯を作って欲しいと思うものです。また結婚をすることを考えると、外食は便利ですが毎日となるとお金がかかりますし、普段の家の味付けよりも濃くなっているため、塩分の摂り過ぎにつながることも多いです。彼に作ってもらう、というのも最初のうちはやってくれるかもしれませんが、仕事後に造らせるのも可哀想ですよね‥。せめて土日にお願いするくらいがいいでしょう。

いつまでも彼に元気でいてほしいと思う女性は多いと思います。でも健康って食生活が本当に大事なんですよ。食生活の乱れから、習慣病にもなる時代。そのため、プロポーズ前には料理の腕を上げておくといいでしょう。外食もたまにだから美味しく感じるんです。手作りの愛情の味には敵いませんよ✩

「プロポーズはまだなの?」という念力を送らない

これは逆の立場でもそうだと思います。なんでも迫られると怖っっ!ってなりますよね?笑 しかも結婚ともなると、男性側からするとプレッシャーが大きいもの。結婚したい気持ちはとっても分かりますが、一旦自分の気持ちは置いておいて、彼の気持ちを考えてあげてみましょう。

どうして彼はプロポーズしてくれないのかな?と考えたとき、ネガティブになってしまう人もいますが、おそらく好きじゃないから、という答えはほぼないと思います。それよりももっと具体的な理由だと思います。たとえば、
・お金がない(貯金はあるけど余裕があるほどではない‥)
・仕事の関係(昇進が近い、今より忙しくなってしまう可能性)
・大黒柱になる覚悟がまだ持ててない
・もう少し遊ぶ時間がほしい
・彼女とこれからずっと一緒に暮らしていけるのか  などなど‥

考えることは、男性によって様々。20代半ばから女性は結婚を意識することが多いかもしれませんが、男性の20代半ばってまだまだなんです。仕事も遊びもしていたいお年頃。そんな時期に彼女からのプレッシャーを感じてしまうと男性だって逃げたくなってしまいます。ですが、先にも書きましたが、結婚とはタイミング。もし彼とのタイミングは合わなさそうだと思ったら、そこが見切りの時期なのかもしれません。

お互いの価値観の確認

付き合っているうちは、そこまで気にならなかった価値観や生活観。結婚となると急に嫌なほど感じることが増えます。離婚の理由として多く挙げられるのが「価値観の不一致」ですね。それほど価値観の違いって大きいんです。

たとえば金銭感覚。どこを抑えて、どこに使うのか。人それぞれ違うとは思いますが、ここがかけ離れすぎると、大喧嘩の元。どちらかがお金の管理をするとは思いますが、結婚して1番喧嘩の原因となるのがお金の事です。そのため、小さいことは目をつぶっても、日頃自分との違いを注目してみるといいかもしれません。

また、休みの日の使い方も結構重要だったりします。友人と過ごしたい、夫婦仲良く一緒に出かけたい、のんびりしてたい‥お互いが同じ考えなら構いませんが、片方は友人と遊びたい・片方は一緒にいたい、となると「なんでいつも出かけて歩くの?!」「自分の休みなんだからいいでしょ?!」と喧嘩になってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、プロポーズをされたい女性がするべきことをご紹介しました。ここで1つ。プロポーズはゴールではありません。結婚もゴールではありません。プロポーズはきっかけ、結婚はスタートのようなものだと思いましょう。結婚するために躍起になるのではなく、「彼と一緒にいるため」「自分が生き抜いていくため」と自分磨きのように思うと、気持ちは楽になると思いますよ✩

スポンサーリンク