Home / 恋愛 / 英語でスマートにプロポーズ!?英語のプロポーズと返答フレーズまとめ!

英語でスマートにプロポーズ!?英語のプロポーズと返答フレーズまとめ!

愛する恋人との結婚を決意して、英語でプロポーズしたいなんて思ったことはありませんか?プロポーズは男性にとっても女性にとっても、一生の間でとっても大切な瞬間ですよね。

せっかくプロポーズをするなら、できるだけ思い出に残るような仕方でスマートに決めたいものです。プロポーズには色々な方法がありますが、最近話題になっているのが英語でプロポーズする方法です。海外の恋愛映画シーンの中で、とってもおしゃれな雰囲気で英語でかっこよくプロポーズしている様子を見ると憧れてしまいますよね。

英語でかっこよくプロポーズされてしまうと、結婚を迷っていてもついつい結婚を承諾してしまうかもしれませんね。しかし、英語で海外映画のようなプロポーズをすると思うと、かなりハードルが高いような気がします。

そこで今回は、簡単な英語でもできるプロポーズと返事の仕方をご紹介したいと思います。きちんと準備して練習すれば、一生忘れられない思い出に残るプロポーズになりますから、英語が苦手という方でもチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

英語でプロポーズ

英語で思い出に残るようなプロポーズを用意すれば、愛する人に特別な感動を与えることができるかもしれません。外国人の彼氏と交際していて、もしかしたら英語でプロポーズされるかもしれない、英語でどうやって返答すれば良いのかと心の準備をしている女性の方もいるかもしれません。

英語でスマートにプロポーズしたり返事をするためにも、英語でのプロポーズ方法は知っておく必要があります。

増えてきている国際恋愛

インターナショナル化が進み、国際恋愛がますます増えてきています。

日本に来る外国人が増えていて、交際や結婚を考えるケースは珍しくなくなってきました。海外旅行がますます便利になり、地元の外国人と出会って国際恋愛に発展する機会も増えています。東京オリンピックも開催されるので、これから日本を訪れる外国人はますます増えることが予想されます。

外国人の彼氏や彼女と付き合うようになったら、自然と英語で会話する機会が増えてくるでしょう。交際が真剣になってくると、自然と英語でのプロポーズや答え方についても考えるようになるでしょう。

しかし、いざ英語でプロポーズとなると何て言えばいいのか迷ってしまいますよね。また、英語でプロポーズされた時に何て返事すればいいかも難しいです。国際恋愛が増えているので、英語のプロポーズも決して映画の世界ではなくなっているのです。

そもそも「結婚してください」って英語では?

ではまず、一番簡単な英語のプロポーズ表現から勉強しましょう。そもそも「結婚してください」って、英語で何て言えばいいのでしょうか?

「Will you marry me?(私と結婚してもらえませんか?)」

英語のプロポーズの定番のフレーズは、「Will you marry me?」です。日本語に直訳すると、「私と結婚してもらませんか?」というイメージになります。このフレーズはどこかで聞いたことがあるという方も多いことでしょう。まずは基本の表現をマスターすれば、さらに表現を自由にアレンジしやすくなります。

英語でのプロポーズのポイントは、どんな英語を使うかだけでなく、相手の目を見つめながら優しく語るように伝えることです。日頃から英語に慣れていない日本人なら、いざという時にセリフを忘れてしまったり、セリフを言うのに必死になるかもしれません。

プロポーズは雰囲気が大事なので、まずは一番簡単な英語から覚えて練習しましょう。頑張って英語でプロポーズしても、雰囲気がなかったり理解してもらえなかったら残念です。

「Marry me. (結婚しよう)」

「Please marry me.(私と結婚してください)」

頑張りすぎていないストレートな気持ちが伝わる、とても分かりやすい英語のプロポーズです。プロポーズの大切な場面で緊張して、度忘れした時のために覚えておくとよいでしょう。

英語でのプロポーズは、最初にオリジナルのショートスピーチを準備して、最後に「Will you marry me?(私と結婚してもらえませんか?)」と伝えるのが定番です。どんなプロポーズをするにしても、基本のフレーズは覚えておく必要があります。これだけは絶対に忘れないでください。

基本以外のプロポーズのフレーズ

結婚を申し込まれる相手にとって、プロポーズの言葉や雰囲気は一生の宝物になります。もちろん英語の一番簡単な表現でもおしゃれですが、ちょとアレンジするともっと素敵になります。ここでは、結婚指輪を渡しながら使える、英語のプロポーズ表現を勉強しましょう。

「Let’s continue to live together. 」(これからもずっと一緒にいよう!)

これからの人生をずっと一緒に歩んでいこうという意味を込めたプロポーズです。今の恋愛だけでなく、一生涯の誓いを感じさせる素敵な表現ですね。何か特別なことができなくても、一緒に生きていけるってとても大事なことですよね。これと似たような意味の英語の表現は他にもあります。

「Let’s walk the rest of our lives together. (これからの人生を一緒に生きていこう)」

「I want to spend the rest of my life with you.(これからの人生、あなたとずっと共にいたい)」

「We have so many memories together, and I want to continue creating memories with you for the rest of our lives.(あなたとはこれまでいっぱいの思い出を重ねてきたね。これからの人生、ずっとあなたと思い出を増やしていきたい)」

最後は少し長めの文章になりますが、真剣に気持ちを伝えたい時にはおすすめの表現です。英語が苦手なら、メッセージカードに書いて渡すのもおしゃれですね。こんなセリフでプロポーズされたら、結婚しようか迷っている相手でも思わずOKしてしまうでしょう。

人生を一緒に生きていくだけではなく、その中で色々な思い出を作っていきたいという気持ちを英語フレーズでしっかりと伝えることができます。長い間交際してきた恋人に使うと効果的です。

「My love for you is eternal.」(これからの人生、ずっとあなたのことを大切にします)

「これらもずっとあなたのことを愛し続けます」という意味の永遠の誓いをプロポーズにした、とてもスウィートな表現です。

「eternal」という言葉には、「永遠の」「不変の」という意味があります。「eternal love(永遠の愛)」はよく恋愛をテーマにした曲でも聞かれる表現なので、大好きな恋人やプロポーズにぴったりの表現です。「これからもずっと愛する」という意味の英語には、他にも色々なフレーズがあります。

「I will love you forever.(あなたのことを永遠に愛し続けます)」

「eternal」という英語以外にも、「I will love you forever.(あなたを一生涯愛します)」と表現することで、同じ気持ちを伝えることができます。

「I promise love of the eternity.(永遠に愛し続けることを誓います)」

「I promise love of the eternity.(これからも一生涯愛することを誓う)」という英語表現もロマンチックなプロポーズにぴったりです。美しい夜景が眺められる場所で、花束を渡しながら指輪を渡すようなプロポーズに使いたい表現です。

「I want you to be my wife.」(君に僕の妻になって欲しい。)

「I want you to be my wife」という英語表現は、「わたしの妻になってほしい」という意味になります。日本語で表現するのは恥ずかしく感じるセリフでも、英語だとサラッと言えることがあります。「私の妻になってください」なんて、気持ちが暖かくなるストレートなプロポーズですね。お嫁さんになるのが夢という女の子は多いので、感動する女性も多いことでしょう。

「Will you be my wife?(私の妻になってもらえませんか?)」

「Will you be my wife?」という表現でも、「私の妻になってもらえませんか」という同じ考えを伝えることができます。九州男児のような男らしい人や、難しいことを考えずにストレートに伝えたい人におすすめの表現です。

「I want to wake up next to you every day for the rest of my life.(残りの、これからもあなたの横で目を覚ましたい)」

「I want to wake up next to you every day for the rest of my life.」という表現なら、毎晩一緒に寝て目を覚ましたいという生活を想像させる表現で、おしゃれなプロポーズになります。

「I promise I’ll make you happy.」(あなたを幸福にすることを誓います)

「I promise I’ll make you happy.」という英語表現を使って、「あなたを幸福にすることを誓います」という愛情と決意を伝えるプロポーズができます。

日本語でも同じ意味のプロポーズをすることが多いですが、英語で表現するとカッコよくおしゃれになります。「結婚しよう」という表現は入っていませんが、プロポーズだと分かるフレーズなので、気持ちは十分に伝わります。

「I will protect you for life.(私があなたをずっと守ります)」

「I will protect you for life.」という英語フレーズで、「私がこれからもあなたを守る」という気持ちを伝えることができます。大好きな彼氏に守ってほしいと思っている女性にとっては、うれしいプロポーズですね。

「You’ve been the love of my life.(あなたはこれからも私の愛する人です)」

「have been〜」という英語表現には、「これからも〜である」という意味があります。「You’ve been the love of my life」というセリフを使うことで、今もこれからも変わらず「これからもずっと愛し続ける」という気持ちが伝わります。

「I want to spend the rest of my life with you.」(これからの人生、あなたと共に生きていたいんだ)

「I want to spend the rest of my life with you.」という英語フレーズで、「これからの人生、あなたと共に生きていきたい」という意味になります。英語圏の国ではこの表現はよく使われていて、好きな人と一生涯一緒に生活したいという考えを表現できます。「the rest of my life(これからの人生)」というフレーズを入れることで、「自分の人生と同じほど大切な存在」という気持ちが伝わります。

「I want you in my life forever.(私の人生にずっとあなたがいてほしい)」

「あなたを幸福にします」というプロポーズが定番ですが、幸せに感じるかどうかは相手が決めることで、自分で決めることではありません。そこで、「I want you in my life forever.」とプロポーズすることで、「私の人生にはあなたが必要だ」という考えが伝わります。

「Will you make me the happiest man alive in the world? (地球上で最も幸福な男にしてもらえませんか?)」

「Will you make me the happiest man alive in the world?」という表現なら、「私を地球上で最も幸福な人にしてもらえませんか?」と、とても紳士的なプロポーズになります。

「I can’t imagine my life without you.(あなたがいない生活なんて想像できない)」

「I can’t imagine my life without you.」という英語表現で、「あなたがいない生活なんて想像できない」という意味になります。一緒にいないと生きていけないほど大事な存在だという気持ちを表現したフレーズです。女性にとっては、こんなプロポーズをされたら、自分が必要とされていると感じて感動してしまいますね。この人を守ってあげないとと母性本能をくすぐるプロポーズにもなります。

「I can’t live without you.(あなたがいないと生きていけない)」

「I can’t live without you.」という表現で、「あなたがいないと生きていけない」なんて言われたら、感動して倒れそうという女性もいることでしょう。そのくらい人生で大切な存在という考えを伝えるので、プロポーズにはぴったりの表現です。

「I can’t imagine growing old with anyone else, nor do I want to.(あなた以外の人と共に年をとるなんて考えられないし、考えたくもない)」

「growing old」という英語フレーズには「年齢を重ねていく」という意味があるので、今後将来ずっと一緒に年を取りたいという思いが伝わるプロポーズになります。

プロポーズに返答するフレーズ

外国人の彼氏と恋愛をしていて、もしかしたらプロポーズされるかもしれないと思っている女性の方もいることでしょう。もし英語でプロポーズされたら、スマートに英語で応えたいですよね。ここでは、一生に一度のプロポーズに返答する英語のフレーズをご紹介します。

Of course I will. Was there ever any doubt?(もちろんよ。まさか私がうんといわないとでも思ったの?)

「Of course I will.(もちろん結婚するわよ)」、この表現はぜひ覚えておきたいですね。プロポーズは思わぬ時に突然やってくることが多いので、心の準備ができていないことが少なくありません。でも、「Of course I will.」という表現さえ覚えておけば、スマートに答えることができます。

更に「Was there ever any doubt?」というフレーズを加えることで、「私が結婚を受けないと思ったの?」「私の気持ちを疑っていたの?」といった意味になります。自分には迷いがないという気持ちをしっかり伝えましょう。

Really?! Of course I’ll marry you!(ほんとに?もちろんあなたと結婚するわ)

「Of course I’ll marry you!」というフレーズでも、「もちろん結婚するわ」という気持ちを表現できます。「Of course I will.」と同じ意味ですが、「marry you!」を加えることで、結婚したいという意思が伝わりやすくなります。

この表現でのポイントは、最初に「Really?!」を付けることです。「Really?!」と最初に言うことで、「本当に?!」と驚きとうれしさを何倍にも表現できます。こんな風に返事されたら、プロポーズした相手もうれしいに違いありません。

Of course, YES!(もちろん、結婚しよう!)

「Of course, YES!(もちろん、結婚しよう!)」と答えるのが、一番シンプルな表現方法ですね。英語が苦手な人にとっては、「I’ll marry you!」というフレーズがすぐには出てこないかもしれません。

でも、「YES!」なら誰でも言えますよね。難しい英語表現を覚えなくても、気持ちは十分に伝わります。「YES!YES!YES!」と3回強調すれば、かっこいい英語表現を覚えるよりも気持ちが表現できます。大切なのは英語表現よりも、自分がどれだけ相手のことが好きかを伝えることなのです。

まとめ

今回は、英語でのプロポーズと返答のフレーズをご紹介しました。英語でのプロポーズには色々な表現方法があって、とても面白かったですね。

日本語では言いにくい言葉も、英語なら表現しやすいことがあります。プロポーズは日本語で伝えて、メッセージは英語で書く方法でも良いでしょう。プロポーズは一生に一度の大切なイベントなので、ポーズや優しいまなざしも練習してスマートに表現できるようにしましょう。

今回ご紹介した英語でのプロポーズや返答のフレーズを参考にして、国際恋愛を成功させてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

別居中・別居検討中の方必見!別居中、配偶者に生活費を請求する方法

やむを得ない事情から、別居を選 …