Home / 結婚 / 警察官はどんな人が多い?結婚するには?

警察官はどんな人が多い?結婚するには?

警察官と結婚するには?


警察官は日本の秩序を守っている存在であり、日常的に警備活動や事件の捜査を行っています。
日常生活でよく目にするのは、交番勤務か所轄署の所属でして、危険を伴う公安職という理由で、同じ公務員でも高めの給与体系になっているのが特長です。

警察官の結婚事情は?

結婚については、他の職種とかなり事情が違っており、原則的に警察官の採用試験でチェックされる項目とほぼ同等の身辺調査が行われています。
強い権限を有して、極秘情報に接する仕事だけに、反社会的な勢力や特定の団体とのつながりができることは好ましくなく、普通に交際している段階で上司に報告する義務があるのです。
もちろん、その警察官が直接調べるのではなく、上司かそういった部署の人間がこっそりと調査しています。
一般人にとっては噂の域を出ない話ですが、警察官との結婚を夢見ているのであれば、考慮しておいた方が良いでしょう。

もしも三親等以内の身内に心当たりがいるか、社会的に色々な評価がある仕事をしている場合は、あまりご縁がない可能性があります。
社会秩序を守る職種につきものの事情だから、予め理解した上で婚活をするのがポイントと言えます。

警察官の出会い方は?

紹介、合コンが多数 結婚相談所も

気になる出会いの方法は、現在では結婚相談所からの紹介か、学生時代からの友人を通して知り合うことが多いです。
関係がある取引先との合コンも典型的なパターンだから、警察官との接点が多い仕事に就くのも有効な方法となります。
結婚相談所については双方の希望に基づいてマッチングしているので、対等と見なされるだけの条件がある方にとって有利です。

警察官と結婚すると?

ただし、一般社会とは別の世界にいる人間ゆえ、遠方への旅行をやりにくい、緊急呼び出しで休日でも職場へ行く等の事情があるため、そういった職場環境への理解がある方でないと、交際をするのも難しくなってしまいます。
学生時代からの人間関係で知り合うパターンでは、比較的リラックスした状態で接することから、自然なお付き合いになりやすいのがメリットです。
基本的に真面目で、何事にもキビキビと動く人が多いため、普通に話せる出会いがあったら大切にしましょう。

気になる合コン相手は?

合コンについては、出入りの業者、医療関係者、金融関係が代表的な相手です。
職場の雰囲気がよく似ている看護師とは、波長が合うことから盛り上がりやすく、部外者との結婚では医療関係者の姿が目立ちます。
職業柄、自分の身分を隠そうとするので、街角でバッタリ出会ったというロマンチックなエピソードはめったにありません。
職場として許可された合コン以外では、お酒の場であっても周囲に悟られないように普通の会社員を装った話し方をするので、街中において私服でいる状況で見分けるのは困難です。

警察官と結婚する方法!

どうしても結ばれたい方は、いっそ自分も同じ職業になってみることをお勧めします。
同業であれば、日常的に接点がある上に、身元と仕事への理解でも申し分がないので、高い確率で夫婦になれます。
内部でくっついてくれた方が助かるため、イベント等で親睦を深めて、それを促進している節もあります。

公務員には独自の相互扶助の仕組みがあるので、市役所の行政職などの他の公務員になって、そのネットワークを活用するのも一つの手です。
交番などの24時間動き続けている職場の交代勤務では、不規則な生活になるので、相手が休める時にきちんとフォローできる方が向いています。
結婚式では関係者を出席させるのが当然ですし、警察官としての公務と付き合いが最優先になるので、自分が相手を支える形になります。
自宅にいられる非番であっても、何か事件が起きたら駆けつける仕事と心得て、家にいる時には優しくしてあげましょう。

警察官との結婚生活

一度身内になったら、自分自身の素行も影響するので、地域社会への貢献や周囲への気配りも求められます。
高収入で安定した公務員だから狙い目という考えだけでは、仮に夫婦になれても、自分のイメージと現実との違いから上手くいかなくなってしまう恐れがあります。
真面目で信頼できて、社会的地位と安定収入があるのは事実だから、実際に出会える場を設けて、話してみる段階から始めてみましょう。

所属している部署によっても雰囲気がかなり違うので、必ずしも堅苦しい人とは限りません。
刑事のように重大な事件を担当する部署だと、通常よりも内部での審査が厳しくなる傾向にあるので、できるだけ色々な人と接してみるのが理想です。

警察官ターゲットの婚活は大変?

女性にとっては部外者でも探しやすいものの、男性が探す時には同じ公務員にならないとかなり難しいので注意しなければいけません。
会員制の業者に登録して、自分の職業と年収でどれぐらいの人数が該当するのかを調べてみるのも、現状を正確に把握するために効果的です。
自己PRも自由に書けるので、自分なりに考えた文章でアピールできて、ピンポイントの婚活を実現できます。
業者による紹介では、自分のステータスだけで勝負できるから、家庭的などの素直なアピールでも注目してもらえる可能性があります。


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …