Home / 美容 / 黒ずみ唇から脱却して理想的なピンクの唇に変身させよう!

黒ずみ唇から脱却して理想的なピンクの唇に変身させよう!

ピンク色の健康的な唇は女性の美しさをより引き立たせます。つやつや・ぷっくりだった唇が、最近色つやが悪いと感じたことありますか。顔色と同様に黒ずんだ唇では、「なんだか元気がなさそうでお疲れだね・・」と周りから言われる場面が多くなりますよね。

黒ずみ唇には原因があります!この原因を解決すれば以前のようにピンクの唇を取り戻せるはずですね。黒ずみ唇から脱却して理想的なピンクの唇に変身させましょう。つやぷりのピンクの唇なら健康的で元気な笑顔が作れます。最高の笑顔で素敵な恋愛を手に入れて下さい。

スポンサードリンク

唇が黒ずむ原因はここにあった!

まず黒ずみの原因を解明しましょう。いくつかの原因が考えられます。これが重なっている場合もありますので、ご自分に当てはまる黒ずみ原因はどれか知って下さいね。こんなことが?と意外な日常の行動もあります。気を付けていれば黒ずみ唇がピンク色に変身していきますよ。あなたのお悩みもこれで解決です!

根本的な理由は色素沈着とくすみから

根本的な理由は様々な要因によって引き起こされる色素沈着とくすみが黒ずみの原因です。なぜ、色素沈着が起こるのか?それは日常生活に隠されたちょっとした行動でした。ご自分にも思い当たる原因がありますよね。でも、これが色素沈着の原因になるのかと、思うような原因も多いので注意しましょう。

色素沈着はいつもの洗顔では落とせないことはわかっていますよね。お肌の色素沈着は気を付けていても、なかなか唇までは気にしていなかったという人は、知らずに唇の黒ずみを悪化させているかも知れません。それでは、色素沈着の原因を追及していきましょう。

紫外線による強い刺激

唇もお肌と同様に日焼けをします。むしろ、肌よりも皮膚が薄い唇のほうが日焼けしやすい事実がありますよ。でも、日焼け止めを唇に塗る人は少ないですよね。このため、夏の強い日差しなどにより唇は紫外線の刺激を常に受けています。また、オイルの含まれたグロスを使っている女性も多くなりましたが、これは日焼けをしやすくさせる理由になります。

グロスに含まれたオイルが、日焼けローションの役割を果たして日焼けを進めているのですよ。日中はグロスではなくて、日焼け止め効果のあるリップクリームなどをこまめに塗り直して下さいね。

間違ったクレンジングやリップクリームの使い方

メイクには口紅が欠かせませんが、この口紅やリップクリームも黒ずみ唇には意外な落とし穴となっています。まずは間違ったクレンジングにより、唇を落としきれていない場合です。唇にリップクリームの成分がそのまま残ってしまい、これが積み重なると色素沈着の原因となります。

また、逆にリップクリームを綺麗に落とそうとごしごしと擦ってしまうと、強いチカラが掛かって唇にとっては刺激となります。これが、毎日の積み重ねで色素沈着やくすみになっています。

そして、リップクリームや口紅に含まれている成分ですが、「タール色素」という添加物が色素沈着を引き起こすと考えられています。この「タール色素」は、紫外線の影響を強くする作用があるため、唇が必要以上に紫外線の影響を受けます。これによりメラニン色素が過剰に分泌されて色素沈着の原因になるのです。

リップクリームを購入する時は、「タール色素」が入っていないか確認してみるといいですね。なるべく刺激の少ないものを選びましょう。

口呼吸など唇の乾燥

口呼吸やリップの使い過ぎによる乾燥も黒ずみの原因になります。口呼吸をしていると息の水分で一時的に唇を湿らせるけれど、それが原因で乾燥を招くことになります。これを繰り返していると唇にとっては刺激となり黒ずみやくすみになっていきます。

また、リップの使い過ぎとはどういうことでしょうか。保湿ができるとリップを使いますが、柔らかいリップを指で伸ばすような使い方はOKです。でも硬いリップをゴシゴシと擦るように何度も塗るようでは唇に刺激を与えてしまいますね。これを一日に何度も繰り返すようでは、やはり色素沈着になる原因になります。ついうっかりやっていませんでしたか?

喫煙

タバコにはニコチンやタールが含まれていることは、喫煙者なら知っていますよね。このタールがビタミンCを破壊する作用があることまではご存知でしたか?ビタミンCにはメラニン色素の過剰生成を抑制する効果があります。でも、喫煙でこの大事なビタミンCを減少させていたら、肌はもちろん唇の黒ずみを悪化させることになります。

さらに、タバコの紙に水分が吸収されて乾燥、唇の皮が剥けて紙にくっついてくる、この経験は喫煙者なら経験したことありますね。皮が剥けると外部からの刺激を受けやすくなって、唇に悪い影響が出ますよね。タールによるビタミンCの減少と、タバコの紙による刺激、これらが唇の黒ずみと色素沈着の原因です。

唇への摩擦

タバコやリップ以外でも日常生活での何気ない行動が唇への摩擦を起こしています。食事のあと、ごしごしと唇を力強く拭く、口紅を拭き取るために擦るなど唇に摩擦を起こしています。唇は元々皮膚が薄くて、肌以上に色素沈着を起こしやすいのです。

日常生活のこんな動作が唇の色素沈着に影響していたとは驚きです。なるべく摩擦による刺激を与えないように注意したいですね。特に食事のあとのゴシゴシ拭きは、ほとんどの人が行っている行為ですから気を付けましょう!

血行不良

血行不良とは内臓のダメージからくるものです。女性の大敵と言われる冷えなどから、内臓がダメージを受けると血行不良が起こります。その血行不良の影響が、唇の色に反映されてきます。唇に血液が充分に行き渡らないようだと、ピンク色の唇から黒ずみを帯びた唇へと変化していきます。

肩こりや体の不調も引き起こす血行不良は、そのままにしておくと唇だけでなく全身に影響を及ぼしますよね。冷えや、ストレスなど普段の生活から見直してみましょう。

ピンク色の唇を取り戻すには?

唇のピンク色を取り戻すには、日常生活から少し見直す必要がありそうですね。ただ、難しいことではありません。今までの間違った動作を改善するだけで、ピンク色の唇を取り戻せます。これから、プルプルつやつやの唇を取り戻すために必要なことを詳しく解説していきます。

まずは紫外線対策を

唇の紫外線対策には、UVカット効果のあるリップクリームを選ぶといいですね。手軽に紫外線対策が出来ます。室内にいる時は、保湿効果のあるもので構いませんが、外出する時は注意してUVカット効果のあるものを使用して下さい。唇に日焼け止めを直接塗ることは出来ませんので気を付けましょう。

また、オイル成分を含んでいるグロスなどを塗って、紫外線の強い時間帯に外出することは避けましょうね。日焼けオイルと同様の働きにより日焼けを進行させますよ。

保湿をして乾燥を防ぐ

唇は一年中乾燥しやすい状態にあります。乾燥と聞くと冬のイメージですが、夏の冷房なども乾燥の原因です。また、唇を舐めるクセのある人も要注意ですよ。舐めた時は一時的に湿った感じがしますが、その後唇の水分も一緒に蒸発していくので余計に乾燥させることになります。

乾燥を防ぐためには、保湿効果のあるリップを使用することですが、使い過ぎもNGです。1日に3回から5回の塗り直しで充分ですから、それ以上の使用は止めましょう。リップを塗った後、唇を舐めないようにすることも重要ですよ。また、ワセリンなど保湿効果のある柔らかいクリームを指で優しく唇にのせると効果が高いですね。

唇のマッサージやパックも効果的

カサカサや黒ずみには、唇マッサージやパックがおススメです。どちらも行う前にきれいにクレンジングしておくことを忘れないで下さいね。口紅などの落とし残しは色素沈着の原因ですよ。クレンジング後、リップスクラブを使ってマッサージして下さい。

リップスクラブは市販の物もありますが、自宅で簡単に手作りできる物もあります。ハチミツやホホバオイルなどお好みの物で手作りするのも楽しいですね。スクラブでマッサージすることで血行も良くなって、溜まっていた余計な老廃物を上手に排出できるようになります。これでくすみが改善されますよ。

ただし、スクラブも唇にとっては刺激になります。毎日に何度も繰り返し行ったり、ごしごしと擦り過ぎたりすると逆に黒ずみを悪化させてしまいます。正しい使用法は、週に1~2回、優しく唇をマッサージして下さい。マッサージ後はワセリンなどで保湿をして下さい。

唇に優しいおすすめ化粧品

黒ずみを改善した後もピンク色の唇を保ち続けたいですよね。そのためには唇に優しい化粧品を選ぶことが大切です。これからおススメの化粧品をご紹介しますので、ぜひピンク色の唇のために選んで下さいね。

口紅

口紅は直接塗って長時間そのままでいるものですから、唇に優しいものを選びたいですよね。もちろん、クレンジングも簡単に出来ることも重要なポイントですよ。そこで、おススメの口紅を選んでみました。どれも唇に優しくてクレンジングも簡単、タールなど添加物が含まれていないものですよ。敏感肌の人にもおススメできます。

エトヴォス ミネラルシアールージュ


出典元:https://etvos.com/fs/etvos/dm-050

低刺激処方でオイルフリー、タール色素を使わずに天然色素だけで発色させているエトヴォス ミネラルシアールージなら、色素沈着になることもありません。シリコン・鉱物油・界面活性剤・合成香料・防腐剤は不使用のため、クレンジング剤も必要ありませんから、石鹸で優しく洗うだけで落とせます。敏感肌にもおススメできますよ。

ハイム ナチュラルリップルージュ


出典元:http://www.heim-cosmetic.com/campaign/201209/

アミノ酸、セラミドなどの保湿成分をさらにプラスして、安全性と保湿効果の高いオリーブ油、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油が配合されています。色素には天然顔料のみで色出しをしているので、こちらも安全安心な口紅です。

Zuii ORGANIC フローラリップスティック

オーガニックな化粧品ブランドのZuiiORGANIC​ 口紅もおススメですよ。ホホバ油やヒマワリ油・ミツロウ・アロエベラエキスなどが配合されています。100%天然由来成分でできているので、クレンジング剤を使わずに石鹸で洗い流すだけ、低刺激で色素沈着にならない口紅です。

クレンジング

口紅を落とす時に使ってほしいクレンジングをご紹介します。唇に優しく低刺激で口紅を落としやすいと評判のクレンジングですよ。

エチュードハウス オールフィニッシュ リップティントリムーバー


出典元:http://www.etude.jp

韓国のメイクアップブランドであるエチュードハウスから発売されているリムーバーです。ジェル状のテクスチャーで、唇に染みこんだ色素をスルッと落としてくれると口コミでも人気の商品です。ジェル状のため、肌に優しくゴシゴシと擦らないので、色素沈着を引き起こしません。

資生堂 パーフェクトリムーバー


出典元:http://www.shiseido.co.jp

目元・唇兼用のリムーバーになります。植物性保湿成分(野ばらエキス・マカデミアナッツオイル)配合で、水性と油性の二層タイプになっています。

リップクリーム

リップクリームにはUVカット効果がほしいですね。ほんのり色づき保湿で乾燥も防止できるものがいいですね。

近江兄弟社メンターム 口紅がいらない薬用リップ ほんのりUV

出典元:http://www.omibh.co.jp/items/lip_no_medical.html

ホホバ油・オリーブ油配合、紫外線から唇を守るSPF12で外出時もこれで安心ですね。ほんのり色づくリップクリームで、軽いメイクでも可愛い唇が作れます。

化粧でカバーする場合

唇の黒ずみを今すぐなんとかしたい!それにはメイクしかありません。メイクでカバーする場合、どのような注意点があるでしょうか。濃い目の口紅では派手な印象になってビジネスシーンには似合わないですよね。ナチュラルメイクでも黒ずみをカバー出来る方法をご紹介します。

コンシーラーを使う

唇専用のコンシーラーを一本揃えておくと安心ですね。唇の色をカバーして、色を整えてくれます。保湿成分が配合されているものを選ぶと保湿も出来て、乾燥も防げます。リップ用コンシーラーのおススメ商品ならこちらです。

リンメル リップコンシーラー


出典元:http://www.rimmellondon.jp

マカダミアナッツ油と植物性スクワラン配合で高い保湿効果があります。唇の色をカバーして、綺麗な唇を演出します。

リップラインを引く

唇の輪郭まわりで黒ずみが気になる人は、リップラインでカバーしましょう。リップラインは、使用する口紅と同系色か、ベージュ系、薄いピンク系を選んで下さい。輪郭に沿って、口角を引き上げて唇を引っ張った状態で引いて下さい。輪郭よりはみ出さないように、唇の中央から半分を先に引くと失敗しないでリップラインが完成します。

まとめ

唇のピンク色は第一印象に大きく影響します。つやつやと健康そうな唇がモテる訳も頷けますよね。可愛らしい印象も与えるピンク色の唇は、誰からも好かれる女性のイメージがありますよね。血行の悪い黒ずんだ唇では、素敵な出会いも逃してしまいますね。ピンク色の口紅に変身するためには、日常生活の中での些細な動作に注意するだけでした。

今日から日常生活を見直してピンク色の唇に変身して下さい。


スポンサーリンク

Check Also

洗顔で毛穴の黒ずみ・広がりを減らす方法!

洗顔が間違っていたり、十分な洗 …