Home / 恋愛 / マッチングアプリ / 恋活アプリ / PCMAX / PCMAXで返信率が上がるメールの16のコツ

PCMAXで返信率が上がるメールの16のコツ

PCMAXでは相手との信頼感を作るためにメールの利用は必須です。メールは上手に活用することで相手から返信をもらえる可能性をあげていくことができますが、反対にNGな言動をするとすぐに返信がこなくなります。

本記事ではPCMAXでメールの返信をもらいやすくなるコツと、直アカウントをメールで聞くタイミング、NGなメール作法についてご紹介していきます。PCMAXでのメール機能の上手な活用方法について知りたい方は是非本記事をチェックしてください。

PCMAXでメールの返信率をあげるコツ

PCMAXで相手からメールの返信をもらうためには、返信をもらえるメールのコツを抑えることが大切です。相手が返信したくなるメールを続けることで、親交が深まっていき、PCMAXを通じて実際に出会える可能性が高くなっていきます。

PCMAXで返信をもらいやすいメールのコツは下記の通りです。

  • 内容が明確
  • 顔文字や絵文字を入れて親しみ易さを出す
  • 相手のテンションや雰囲気に合わせる
  • 質問する
  • 具体的な内容を入れる
  • 相手の名前を書く
  • 送信頻度を相手に合わせる
  • 会話のキャッチボールを楽しむ
  • 明るい内容にする

それぞれのコツについて具体的に見ていきましょう。

内容が明確

メールを送る際に最も気をつけなければならないことは、「読んですぐ内容が分かること」です。ネットスラングやギャル用語をメールに使った場合、相手がその内容が理解できないと、そこでメールが途切れてしまう可能性が高くなります。

また、一文が長すぎるのも読みづらくなる要因ですので、簡潔な文章にすることも大切です。

顔文字や絵文字を入れて親しみ易さを出す

メールのデメリットの一つとして「感情が伝わりにくいこと」が挙げられます。楽しい気持ちでメールをしていても、いざ文章にしてみると上手く相手に伝わりにくい文章になっているということは誰にでも良くあることです。

絵文字や顔文字を利用することで、感情の伝わりにくさはある程度カバーすることができますので、文章を読んで見て固すぎるな、など感じる場合には、適度に絵文字や顔文字を入れていくのがオススメです。

相手のテンションや雰囲気に合わせる

相手とメールをする中で大切なことは、共通点を増やして信頼感を増やすことです。人は自分と共通点の多い人に好意を持ちやすい傾向にありますが、それは趣味などだけでなく、メールの雰囲気やテンションにも言えることです。

二人のメールのテンションが違うと、この人とは相性が良くないと感じ、そこでメールが終了してしまう可能性が高くなります。相手から返信をもらうためにも、相手のテンションや雰囲気に合わせて、二人で徐々に盛り上がるように気をつけると良いでしょう。

質問する

返信をもらうためには、「質問をすること」が一番実践的なコツです。質問をすると、相手はそれに応えれば良いので、自分で話題を考えたりする必要がなく返信がしやすくなります。

共通の話題などについて積極的に質問をしていき、相手とのコミュニケーションを深めていくと良いでしょう。

具体的な内容を入れる

メールを送信する場合は、相手が文章を読みながらあなたのことをイメージすることができるように、具体的な内容を含めた文章を作成することが大切です。ありきたりな文章や、抽象的な文章は印象に残りませんので、あなたに対する興味がわかず、返信をもらえない可能性が高まってしまいます。

あなたに興味を持ってもらえるように、メールの文章はより具体的にして送ると良いでしょう。

相手の名前を書く

メールで質問をするときなど、相手の名前を書くことは効果的なコミュニケーションの方法です。また、親しくもない相手に呼び捨てにされることは、イラっとしてしまう人も多いですので、名前を呼ぶ時には「さん付け」で呼ぶと紳士な人だという印象を持ってもらうことができます。

相手の名前を使ってメールを作成し、親密度愛を徐々にあげていくようにしましょう。

送信頻度を相手に合わせる

メールの送信頻度はテンションにも関わってくる場所ですが、一方通行にメールを送りすぎると、相手が相性が良くないと感じて返信をもらえない可能性が高まります。

特に初期の頃は自分ばかりがテンションが上がってメールの送信頻度を上げてしまいがちですが、相手のテンションや返信頻度に合わせて、自分も送信頻度を調整することが大切です。

会話のキャッチボールを楽しむ

メールを送る時には、自分のことを知ってもらうことも大切ですが、相手のことを知ることも大切です。つまり、どちらか一方の話に終始することなく、会話のキャッチボールをしながら、お互いのことを少しずつ知っていくことが大切になります。

自己開示することで、相手も自分ことを話しやすくなりますが、バランスを取りながら行うようにすると良いでしょう。

明るい内容にする

夜中にメールをする時に特に注意する必要がありますが、眠い時にはテンションが上手く調整できずに、極端に明るかったり暗かったりする内容のメールを送ってしまうことがあります。

基本的に信頼度を上げていくコミュニケーションのツールとしてメールを活用していきますので、できるだけ明るい内容で楽しくコミュニケーションできるようにするのが良いでしょう。夜中はどうしても暗くなってしまいがちだという人は、昼間のうちに送る文章を考えておくなどすると良いでしょう。

PCMAXのファーストメールで避けるべき内容

PCMAXのメール機能は相手と交流を深めていく上で非常に重要な機能になりますが、最初に送るファーストメールの良し悪しは、その後の関係性にも大きな影響が出るという点で特に重要になります。

ファーストメールでは、簡単な挨拶をして会話を始めることが大切です。会話のきっかけを作ることが主目的になりますので、すぐに結果を求めるようなアプローチは避けるようにしましょう。

連絡先を求める

ファーストメールでLINEなどの直アカウントの交換を求めた場合、ほとんどの場合で返信が帰ってくることはありません。LINEなどの直アカウントを交換する場合にも、ある程度相手との信頼度が上がってからするものになりますので、ファーストメールで打診するのは避けましょう。

万が一交換することができたとしても、業者アカウントである可能性が高いですので注意が必要です。

すぐに会いたいと伝える

ファーストメールで、すぐに会いたいことを希望する旨を伝えるのも避けた方が良いでしょう。理由はLINEなどの直アカウントを聞く時と同じで、よく知らない相手に対し、連絡先を教えたり、会ったりすることは、一般的には起こりづらいことだからです。

そのため、一般ユーザーからは返信がこない、返信がきた場合は業者アカウントというケースがほとんどになってきます。一般ユーザーの方達との出会いを求める場合には、ファーストメールですぐに会いたいというような旨の連絡は避けるようにしましょう。

PCMAXのファーストメールで入れるべき内容

PCMAXのファーストメールで入れるべき内容は下記の2点です。

  • 挨拶
  • 共通話題

ファーストメールの目的は、コミュニケーションのきっかけを作ることです。最終的にはLINEなどの直アカウントを聞いて、より親密な交流を図るようにしていきたいですが、直アカウントを聞くためには、まずはメールでお互いのことを知り合うことが必要になります。

そのため、ファーストメールを送る際には、簡単な挨拶と、プロフィールや独り言などから自分との共通点を見つけだし、共通話題についてコキュニケーションをして盛り上がる時間を作ることが大切になります。

PCMAXでLINEアカウント交換を打診するタイミング

PCMAXでは実際に会いたいと打診する時には、LINEなどの直アカウントを聞くことが大切です。LINEなどのアカウントを交換することで、より信頼感は増していきますし、コミュニケーションがより円滑に取れるようにもなります。

しかし、LINEなどの直アカウントを教えてくれるのは、ある程度相手との間に親密感や信頼度ができてきた段階になりますので、それまではPCMAX上のメール機能でのコミュニケーションが必要になります。

最初の3通ほどは共通話題に関して会話を交わし、それでもまだ相手との間に壁を感じる場合には、さらに別の共通話題で3通ほど連絡をする、ということを繰り返してまずは相手との間にある壁を超えられるようにすると良いでしょう。

まとめ

PCMAXでは上手にメールを活用していくことで、相手から返信をもらいやすくなります。反対にNGな内容のメールを送ると返信が返ってこなくなる確率が高まりますので、注意が必要です。

PCMAXのメール機能を存分に活用して、素敵な出会いを獲得していきましょう。

↓↓↓↓↓↓↓「PC MAX」公式サイトはこちら↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク