Home / 恋愛 / マッチングアプリ / 恋活アプリ / PCMAX / PCMAXの伝言板の基本情報と活用方法

PCMAXの伝言板の基本情報と活用方法

PCMAXの伝言板はライトな連絡をするのに向いている機能です。掲示板やメッセージ機能と比較して利用制限が多い反面、消費ポイントが少ないため、ファーストコンタクを取るのに活用することがおすすめです。

本記事では、PCMAXの伝言板機能の基本情報と活用方法についてご紹介していきます。伝言板機能の使い方がいまいち分からないという方は是非参考にして見て下さい。

PCMAXの伝言板の基本情報

PCMAXには「伝言板」機能が一人一人のプロフィールに付随しており、簡単なメッセージを相手に送ることができます。

掲示板やメール機能と比較して気軽に書き込むことができるのが特徴で、最初のきっかけとなる挨拶などに利用すると便利です。

PCMAXの伝言板の消費ポイント

PCMAXで伝言板に書き込みをするためには、「1ポイント」が必要になります。メッセージの送信の場合は「5ポイント」が必要になりますので、お得に連絡を送ることができます。

ライトに使いやすいのがメリットである反面、伝言板には下記のようなデメリットの部分もあります。

  • 書き込む文字数に制限がある
  • 第三者にも閲覧される
  • 個人情報の記載はできない

具体的に見ていきましょう。

PCMAXの伝言板は書き込む文字数に制限がある

PCMAXの掲示板の書き込み文字数は「50文字以内」の制限があります。メッセージの場合は500文字まで書き込むことができるため、豊富な情報量を入れることができ、交流を深めていくことができますが、伝言板の場合は50文字以内の制限があるため、簡単な挨拶程度の文章しか送ることができません。

伝言板はあくまでコミュニケーションのきっかけとしての利用し、2、3通目からはメッセージ機能を使って連絡を取り合うようにすると良いでしょう。

第三者にも閲覧される

メッセージ機能と異なり、伝言板については第三者からも書き込み内容を閲覧することができます。そのため、あまりプライベートな話や個人情報に関わる話は書き込まないようにすることが必要です。

個人情報の記載はできない

メッセージ機能とは異なり、伝言板では第三者も閲覧することができるため、メールアドレスや電話番号の記載ができないようになっています。

伝言板からいきなり直接の連絡先を交換することは難しいので、伝言板で連絡を取れたら、メッセージ機能の移行して、そこでコミュニケーションをより深めていく流れで進めていくのが良いでしょう。

PCMAXの伝言板の活用方法

PCMAXの伝言板はあまり使わないという人もいますが、メッセージや掲示板機能との違いを理解することで、有効に活用することができるようになります。

ライトな連絡は伝言板が便利

PCMAXの伝言板の活用方法について学ぶためには、PCMAXと他の機能の違いについて理解することが大切です。PCMAXの伝言板の特徴は下記の点になります。

  • 消費ポイントが少ない
  • 文字数制限があり、第三者にも公開される
  • 連絡先などの個人情報の交換はできない

つまり、伝言板はファーストコンタクトに利用するのに向いている機能ということになります。掲示板やメッセージ機能は消費ポイントが高いため、連絡を四方八方にしてしまうと料金がどんどん増えていってしまいます。

一方、伝言板では利用制限が多くありますが、消費ポイントが少ないため、積極的に活用して行っても、そこまで料金がかさむことはありません。

伝言板を使ってファーストコンタクトを行い、返信があった人とメッセージ機能を使って交流することで、効率的に出会いに繋げていくことができます。

PCMAXの伝言板の主な使い方

PCMAXの伝言板の使い方は非常に簡単です。伝言板の利用方法は主に下記の3点になります。

  • 相手の伝言板に書き込む
  • 自分の伝言板を閲覧する
  • 相手の伝言板を閲覧する

各方法について具体的に見ていきましょう。

伝言板に伝言を書き込む

相手の伝言板に書き込みをする方法は下記の手順になります。

  • 相手のプロフィールページにいく
  • 「伝言板」の「伝言を書く」を選択
  • 全角50文字以内で伝言を書き込む
  • 「伝言を書く」を選択

上記手順により相手の伝言板に書き込みをすることができます。

自分の伝言板を閲覧する

自分の伝言板を閲覧するには、マイメニューから下記の手順を実行します。

  • マイメニューを開く
  • 「伝言板」の「見る」を選択

自分の伝言板に書き込みがあった場合はメールなどで通知がとんできますので、上記手順で書き込み内容をチェックしてください。

相手の伝言板を閲覧する

伝言板は誰でも閲覧することができるため、相手の伝言板の内容を確認することもできます。自分が気になる相手がどの程度の人からアプローチされているのか確認するためにも、伝言板をチェックしてみるのも良いでしょう。

PCMAXの伝言板を利用する時の注意点

伝言板を使ってコミュニケーションをするときには、下記の注意点に気をつけることが大切です。

  • 伝言板上の連絡・返信は相手の伝言板に書き込む
  • 第三者にも見られることを前提にした内容にする
  • 自分のプロフィール情報を書いておく

各注意点について具体的に見ていきましょう。

伝言板上の連絡・返信は相手の伝言板に書き込む

PCMAXの伝言板で連絡がきた場合、返信をする際は相手の伝言板に書き込むことが大切です。自分の伝言板に書き込みがあった場合は通知が届きますが、相手の伝言板に書き込みがあっても自分には通知が届きません。

そのため、返信を自分の掲示板に書き込んだ場合は、相手が再度自分のプロフィールをチェックして伝言板を見ない限り、返信に気づいてもらうことができないのです。

伝言板を利用する上で最も注意しなければならない点になりますので、「返信は相手の伝言板に」を覚えておくようにしましょう。

第三者にも見られることを前提にした内容にする

伝言板は第三者にも閲覧されるため、プライベートな内容の連絡は避けたほうが良いでしょう。メッセージ機能と比較しても、よりパブリックな場所と認識し、マナーのある態度で書き込みをすることによって、相手のあなたへの印象が良くなります。

反対に、第三者が閲覧できる場でマナーに劣る書き込みをすると、相対的にあなたの評価は下がりますので、その後の連絡が取れなくなってしまう可能性もあります。十分に注意しましょう。

プロフィール情報を書いておく

伝言板を使ってファーストコンタクトを取ったあとは、メッセージ機能を使ったコミュニケーションに移行していきます。この際、相手はあなたのプロフィールページや日記などを見て、連絡をとるべきかどうかを判断しますので、自分のプロフィール情報はしっかりと記載しておくのが良いでしょう。

プロフィール情報が空に近い状態になっていると、相手からの返信は得ることができず、伝言板を活用しても連絡がこない状態になってしまいますので注意しましょう。

まとめ

PCMAXの伝言板は、有効に活用することができればお得に出会いに繋げることのできる便利なツールです。メッセージ機能や掲示板と併用し、より効率的に利用しましょう。

また、伝言板を利用する際には、文字数制限やプライベート性などをしっかりと考慮し、適切な使い方をしましょう。



スポンサーリンク