Home / 恋愛 / マッチングアプリ / 恋活アプリ / 好感度を上げよう!Pairsでメッセージを続けるための6つのポイント

好感度を上げよう!Pairsでメッセージを続けるための6つのポイント

マッチングが成立すると、嬉しくて興奮してしまいますよね。ですが、そのままの気持ちでメールを送ってしまうと、相手との温度差がある場合に、返信が来ない場合もあるでしょう。また、そんなに思っていない相手とのマッチングもあるため、どんなメッセージを送るかが肝心です。

実は、pairsでメッセージを送信する内容には冷静さをもって気を配った内容であることがポイントです。自分を客観的に見て相手へのちょっとした気遣いができると、意思疎通のとれた素敵なメッセージが交わされ、途中で音信不通になることもないはずです。

好感度アップでき、マッチングを良好な関係で続けられるような相手へのメッセージのコツやポイントを伝授します。

スポンサードリンク

今注目Pairsの会員の特徴とは?どんなメッセージが効く?

マッチングアプリpairsを利用している人は、20代から30代の年齢層の人がよく利用しています。恋活・婚活どちらの目的でも利用している特徴があるため、その年代の生活スタイルや考え方などを察してメッセージを送ることが大切でしょう。

相手のことを褒める

社会人生活もそこそこ慣れてくる20代~30代の若者に利用者が多いpairsです。日本人には多いものですが、特にこの年齢層の多くは自分に自己肯定感があまり高くない層でもあるでしょう。

自分に自信が持てずに謙遜しがちな世代は、相手を褒めることはあっても自分が褒められることに慣れていないはずです。マッチングの相手の良いところを見つけて、逃さずにしっかりと褒めるとマッチング相手は好感を持つようになるでしょう。

相手を名前で呼ぶ

マッチングの相手を、名字で呼んでいると何かよそよそしい印象になってしまいます。名前で呼ばれると、相手との距離感が縮まったようで人は嬉しいものです。まず名前を教えてもらって、相手のことを名字ではなく名前で呼ぶようにしましょう。

一気に距離が縮まり、ためらいもあまりなく気になる話題を出せるようになるはずです。

自分のことを話した上で質問する

メッセージが上手く続かない人の多くに、自分のことを話さずやみくもに相手のことを聞く人がいるようです。聞かれた相手は、質問攻めになっているように感じてしまい、相手の状況もよく分かっていないため、ワンクッションもなく唐突に聞かれてしまう印象を受けてしまうでしょう。

相手のことを知りたいのであれば、自分がどういった趣味があり仕事をしているかなど、ちょっとした自分の身の回りの情報を入れた上で、相手のことを聞くと相手も興味を持ってメッセージを見てくれるでしょう。

長文になり過ぎない

マッチングが成立してまだ日も浅い頃は、お互いをほぼ知らない状態です。ですが、マッチングの成立で嬉しくて興奮状態の人や、やっとマッチングが成立して募る思いがある人は、感じたままに比較的長いメッセージを送ってしまいがちです。

まだ親しくない関係で、結構な長さのメッセージをもらうと重たさを感じて、読むのが面倒になり引き気味になってしまうでしょう。日が浅い関係の相手とは、気軽に読んでもらえるようにできるだけ短文のメッセージを送ると好感度も上がるでしょう。

ほどよい返信のスピード

メールでメッセージを受け取ると、あなたは大体どの程度で返信することが多いでしょうか?既読がつくlineのメッセージでは、すぐ返す方でしょうか?実は見ていても、既読にせずに時間を置いて返す人が多いのも事実です。マッチングアプリのメールも、読んでもすぐ返す人、時間を置く人さまざまでしょう。

ですがやはり、メッセージを送った方はすぐに返信がくる方が嬉しいものです。メッセージを受け取ると、遅くなり過ぎずにできるだけすぐに返信するようにすると、相手の自分への好感度がアップするでしょう。

リアクションを大げさにする方が効く

メッセージの内容とともに大切なことは何でしょうか?実は、実際に顔を見て話す時のリアクションと似ているんです。会話をしても、“ふうん”と素っ気なく返答をするのでは、相手に興味がないと思われてしまうでしょう。

マッチングした相手をもっとよく知りたい、これからも続けてメッセージ交換をしたいと思うのであれば、素っ気なく返答するのではなく、ビックリマークをつけたり、より大げさな言葉とリアクションで返事を返すように気を付けてみましょう。また、プラスアルファで違う話題を聞き出すのもポイントです。

1通目は超重要!初回メッセージの6つのポイント

マッチングが成立してからの初メッセージは、何を送って良いのか胸が高鳴って迷いますよね。実は、顔を合わせた初対面の印象ともリンクして、メッセージでもニュアンスがとても伝わりやすいため、1通目はとても大切なんです。そのメッセージのポイントをつかんでメールを送ることが大切です。

①相手に“いいね”した理由が書かれている

マッチングは、お互いが“いいね”して意気投合してマッチング成立となります。お互いが良い印象を持っており、興味があると言えるでしょう。ですから、そう思っている理由が必ずあるはずです。

ただの挨拶だけでは、それで終わってしまう可能性も大です。相手に対して惹かれたところや、良いと思っているところを相手に分かるようにメッセージに書くことがポイントでしょう。“いいね”の理由が伝えてもらうと、相手はますます好感度を持つはずです。

②自分に“いいね”してくれたことに対してのお礼をする

マッチングだけに関わらず、その他の人間関係は1人よがりでは成り立ちにくいでしょう。相手が何かしてくれると、必ずそれに対する感謝の気持があるはずです。メッセージの際にも、自分に“いいね”をしてくれてその上でマッチングが成立している訳です。

“いいね”する相手に選んでくれたこと、自分に興味を持ってくれたことに対するお礼の言葉があれば、マッチング相手はさらに印象良く思ってくれるでしょう。

③相手との共通点について話題を振る

せっかくマッチングしたので、相手と楽しくメッセージ交換できたら良いですよね。一方に興味がない話題だと、一方通行で会話が終了してしまうことが多いでしょう。相手と会話を盛り上げるには、やはり興味を持った共通の話題だと楽しくメッセージができるようです。

同じコミュニティに入っていたり、自分と同じ興味を持っている場合は積極的に話題を振るようにしましょう。

④相手の趣味について聞く

相手との共通点と似ていますが、まだ知らない相手の趣味などを詳しく聞いてみると良いでしょう。その際には、“自分の趣味が○○なんだけど、あなたは?”など、自分の情報も入れて聞くと、相手も答えやすいはずです。

➄相手に対して質問をする

相手が自分に対して興味を持っていることを示すために、できるだけ相手のことを知ろうとしましょう。知りたいことはとりあえず質問してみるのがおすすめです。質問された相手は、自分のことに興味を持ってくれていると知って、嬉しくなるでしょう。

ですが、質問したのであれば、その返答の際に気を付けることが大切です。予想外の返答であったら、素っ気なく答えたり、返ってきた返答に対してのメッセージを送らなかったりすると、マイナスイメージになるでしょう。

⑥相手の名前を聞く

1通目では、もしかすると名前を教えてくれない人もいるかもしれませんが、マッチング相手と早く親しくなるためには、初めに名前を聞いておくと良いでしょう。名字ではよそよそしくなってしまうことも、名前だと友達感覚でメッセージも送りやすいはずです。

ですが、タメ口のメッセージになってしまわないように気を付けましょう。適度な距離を保ちながら、徐々に親しくなっていくと好感度も上がるはずです。

メッセージを続けるには!2回目以降に気を付けるべきこと

1回目のメッセージを良い感じでやり取りできると、今度は次のメッセージをどう書いていこうか考えますよね。2回目以降のメッセージも、良い関係でやり取りを続けていくには大切です。その際の気を付けるべきことを見ていきましょう。

相手の写真やプロフィールで良いところを褒める

初回のメッセージで、マッチング相手となんとなく良い感じでやり取りができたのであれば、今度は話題の視点を少し変えて見てみましょう。相手の趣味など内面の話題を聞き出すのも良いですが、まず視覚的なものとして相手の写真やプロフィールが情報として1番に入ってきますよね。

相手の写真やプロフィールを見て感じたこと、できるだけ良いところを探して相手が嬉しくなるような言い方で良さを褒めてあげると良いでしょう。まだお互いをそこまで知らなくても、自分のことを褒められると本当に嬉しいですよね。

相手の趣味に関する質問をする

初回メッセージとはまた少し違って、どんどん相手のことを深く知っていきたいですよね。相手の趣味に関することなどを少しずつ聞いていきましょう。その時には、自分の趣味に関することも聞かれてなくても情報としてメッセージに入れておくと会話がつながりやすいはずです。

無理やり名前を聞き出さない

名字よりも名前の方が親しみが持てて会話もはずみやすくなりますが、名前を言うのにためらう人もいるでしょう。メッセージが進んでいくにつれて、どんどん相手のこともよく知ろうと思ってしまいますが、名前を言いたくない相手には、無理強いをしないようにしましょう。

もし無理矢理聞いてしまうと、次からの返信がない場合もあるでしょう。気を配ってメッセージを送ることが大切です。

どうして返事がこないの!?やってはいけないメッセージまとめ

マッチングできた相手とずっとメッセージのやり取りができると理想的なのですが、せっかくメッセージを送っても返事がこない場合もよくあります。実は相手にとってマイナスな言葉のメッセージを送っている可能性もあるため気を付けることが必要です。

タメ口の言葉遣いは相手のやる気をなくす

マッチングの相手と少し親しくなってきたを感じたら、言葉遣いも少し砕けてくることは自然の成り行きかもしれません。ですが、会ったこともない相手であると同時に、お互いを尊敬し合う姿勢でメッセージを送りたいものです。

“○○はどうなの?”や“○○だよね”など口語のようなタメ口メッセージではなく、“○○はどうですか?”や“○○ですよね”など、敬語を使った語尾や言葉であることが望ましいでしょう。言葉遣いは好感度がアップするかどうかに多いに関係します。

自分のことばかりの内容になっている

マッチング相手と何を会話にしようか迷うのは分かりますが、自分の話ばかりであると相手も受けるだけの返答と聞くだけなため、だんだんと退屈になってきます。それと同時に、“何て自己中心的な人なんだ”とマッチング相手の人間性を疑ってしまうでしょう。

自分のことをよく知ってもらいたいばかりに自分のことをどんどん話す前に、相手のことをまず色々と聞く姿勢を身に付けましょう。相手がどんどん答える状態になる方が相手も返信しやすいはずです。

相手に過度に会おうとしたがる

これは、マッチング相手からメッセージが来なくなる大きな原因の理由の1つでしょう。人間は不思議なもので、追えば追うほど逃げていく生き物なのかもしれません。マッチングが成立してやり取りしてからそう期間も経っていないのに“今度いつ会う?”など直接的に聞いてしまうのはNGです。

メールのやり取りだけでは、確かに相手の表情も見えませんし、メッセージとは異なる心情を察することも難しいでしょう。ですが、会うのを焦り過ぎると返信がこなくなるでしょう。まずは、メールでお互いをじっくり知っていくことがメッセージを続ける1番のコツなのです。

下心を出した内容である

これが1番タブーでしょう。親しくなってきたためにメッセージが少し下品な内容になったり、“相思相愛”と勘違いしてすぐにマッチング相手と会おうとするのは、下心をあからさまに出しているため御法度です。

あくまでもメッセージを交わしている際に下心があるとしてもメッセージに書くものではないでしょう。その人の人間性まで疑われていまいます。ずいぶんやり取りが多くなってくると、会うという話が少しずる出るてくる流れというのが普通の感覚でしょう。

効率的に出会うなら“かけもち”がおすすめ

より効率的に、すぐ自分にあったひとを見つけるためにはマッチングアプリの“かけもち”がおすすめ!

1つのマッチングアプリではカバーしきれないユーザー層に、もしかするとあなたにぴったりのひとがいるかもしれません。

こちらの記事でマッチングアプリの比較をまとめていますので、ぜひごらんください!↓↓

【2018年版】絶対に選べる!マッチングアプリおすすめ10選

まとめ

マッチングの成立から次のステップに悩んでいた人やこれからもマッチングアプリを続けたい人、いかがでしたでしょうか?好感度をアップさせるには、マッチング相手の心理をよく分かっていることがとても大切ですよね。

少しの気遣いでメッセージも随分印象の良いものに変わるはずです。せっかくマッチング相手と出会えたのであれば、良い関係でメッセージ交換していきたいですよね。ぜひメッセージのポイントを心得て、印象の良いメッセージ交換をしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク