Home / 恋愛 / モテ / 色気 / 大人っぽい女性の特徴と大人らしさの磨き方

大人っぽい女性の特徴と大人らしさの磨き方

大人っぽい女性って、落ち着きがあって男性からも好まれますし、同性である女性からも憧れの存在ですよね。ただ、年齢を重ねているだけではなく、素敵な大人っぽさを持つ女性は年齢を問わず魅力的で輝いて見えると思います。

いったい大人っぽい女性は、どんな特徴があるのでしょうか?今回は大人っぽい女性の特徴と、大人っぽい女性になるための磨き方についてご紹介したいと思います。是非最後までご覧くださいね。

スポンサードリンク

大人っぽい女性の外見の特徴

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

まずは、大人っぽい女性の特徴の中でも、外見の特徴と磨き方について一つずつみていきましょう。

前髪を流す

aff48d6993bacb884a781672d3a62879_s

前髪はその人のイメージを左右する重要な部分ですが、大人っぽくしたいのであれば、前髪を流すスタイルにしてみましょう。

普段前髪をまっすぐにおろしている方も、少し横に流すだけで普段とは違うイメージになりますし、大人っぽく出来ると思います。

前髪を流す時のポイント

前髪の根元を乾かす時には、流したい前髪の方向の逆側にむかって乾かすのがポイントです。前髪を流す時には毛先だけ流したい方向に流れればよいので、前髪の根元は逆方向に乾かしておくと、根元にふんわり立ち上がり、きれいな流れをつくることが出来ます。

毛先はコテでもカーラーでも好きな方で巻いて流れをつくりましょう。もしコテで流れをつくる場合は滑らせるようにコテを使って、巻き過ぎないように注意してくださいね。スタイルをキープしたい場合は、少量のワックスやスプレーを使いましょう。

暗い色に染める

大人っぽくしたいのなら、髪色にも注意してみましょう。髪色は明るい色よりも暗い色のほうが断然大人っぽく見えます。

暗い色にすると、髪のダメージも目立ちにくくなりますし、艶が目立つため、大人っぽくなるだけではなく、髪そのものがキレイに見える効果も狙えますよ。

カラーの種類でいうならば、「アッシュ」系のカラーが大人っぽい印象になるのでオススメです。

アイラインを引いて切れ長の目に

メイクで大人っぽくするには、アイラインが重要です。ラインの引き方で色んな印象をもたらすアイラインですが、切れ長風にラインをひくとぐっと大人っぽくなります。

アイラインの色も大人っぽく見せたいなら黒色、くっきりと見せたいならリキッドタイプやジェルタイプのアイライナーがオススメです。

アイラインの引き方のコツ:切れ長風

■目頭から目尻までは通常通りラインをひきます

■目尻から先を1ミリから2ミリほど、少し跳ね上げるようにラインをひきます

■自然に見えるよう、アイシャドウを重ねたり、綿棒でぼかして、切れ長風のアイラインの完成です

服や靴をダークカラーでシャープなものに

大人っぽい印象にしたいのであれば、服や靴のカラーにも注目してみましょう。

やはり、黒や紺などのダークカラーは大人っぽく見えますし、服のシルエットや靴の形がシャープなものを選ぶと、より大人っぽさが増すと思います。

例えば靴であればラウンドトゥではなく、スクエアトゥタイプのものを選ぶと大人っぽい印象です。

同じくコートもダッフルコートよりピーコートを選ぶなど、かっちりとしたシルエットのものを選んで、なおかつダークカラーをチョイスすると大人っぽいコーディネートになると思います。ぜひ参考にしてみてください。

前下がりのボブヘア

 

大人っぽく見せるには髪形も重要です。最近はボブヘアが人気ですが、ボブヘアでも前下がりのスタイルにすると縦長の効果が出てお顔がシャープに見えますし、ぐっと大人っぽさが増します。

適度な色気を出す

大人っぽさを出すには色気は欠かせません。「色気は自分でつくるもの」と少し意識してみるとよいでしょう。

たとえば、鎖骨を見せて少し露出してみたり、爪などをきちんとケアして手の動きをキレイに見せたりするなど、少しの工夫が素敵な色気を生み出すと思います。

輪郭を強調する

大人っぽくみせるには、顔の中で輪郭を強調してみるとよいでしょう。

たとえば、髪を片側だけ耳にかけたり、サイド結びをして片側の輪郭を強調してみると大人っぽくなりますよ。

思いきってアップヘアにして、輪郭を強調するのも大人っぽくて素敵だと思います。

大人っぽい女性の内面の特徴

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

では、次に内面の大人っぽさについての特徴と磨き方についてみていきましょう。

乱暴な言葉遣いをしない、省略語を遣わないなど、言葉遣いを変える

大人っぽさを醸し出すには、言葉遣いにも注意が必要です。普段から乱暴な言葉遣いや省略語を使うのは控えてみましょう。

丁寧な言葉で会話が出来る人は、好印象ですし、落ち着いてみえますので、自然と大人っぽさが醸し出されると思います。
また、省略した言葉はどうしても若者言葉のイメージがありますので、出来れば使わないようにするとよいでしょう。

自分よりも相手への心遣いをする

周りの人に心遣いが出来る人って、男女関係なく素敵な人だと思いませんか?
自己中心的な人は、見た目にも子供っぽく、とても大人っぽい印象は抱けませんよね。

普段の人との接し方は、相手への心遣いを持って過ごしてみましょう。困っている人がいたら声をかけてみる、バスや電車では席を譲ってみる、など少し余裕を持って心遣いが出来るようになると、素敵な大人へと近づけることと思います。

立っているとき、座っている時など姿勢をよくする

皆さんは普段の立っている時や、座っている時の姿勢は意識していますか?

思いの外、他人から見られているのが普段の姿勢です。姿勢が良い人はきちんとした印象ですし、大人っぽさもありますよね。

普段から、姿勢をよくすることを心がけてみましょう。座っている時も椅子には深く腰をかけずに背筋を伸ばして座ったり、立っている時もお腹に力を入れてまっすぐキレイに立つようにしたり、少し意識を変えるだけでも姿勢の見え方はよくなると思います。

ゆっくりとした動作を心がける

普段の何気ない動作はなかなか自分では意識しないものですが、せかせかと慌ただしく動いている人は注意しましょう。
大人っぽさを出すには、ゆっくりとした動作を心がけることが大切です。

余裕を持って行動出来るように、普段から生活でもゆとりを持って過ごしたいですね。

自分の考えを持っている人

大人っぽさというものは、自分の考えを持っている人に現れるものだと思います。
自分の考えが定まっていないのは、やはり子供っぽくみられます。きちんと自分の考えを持てるようになりましょう。

自分の考えをしっかり持つためには、幅広い見聞が必要だと思います。普段から自分の内面を向上させる努力も忘れないようにしたいですね。

ちょっとした事で怒らない

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

普段、人と接する時についかっとなって怒ったりすることはありませんか?

怒りという「負」の感情をコントロール出来るのは、大人である証拠だと思います。

少しの事で起こってしまわないよう、うまく感情をコントロール出来るようになりましょう。怒ってしまいそうになったら、一人になって深呼吸をしてみたり、気分転換をしてみたりして上手く気持ちを切り替えてみると良いと思います。

落ち着いた人

皆さんの中でも「落ち着いた人」=「大人っぽい」という印象はあるかと思います。その逆で「落ち着いていない人」=「子供っぽい」という印象も同じくあると思います。

やはり落ち着きのない人よりも、落ち着いた人が大人っぽく見えるのは当然ですよね。ちょっとした事で慌てないような大人になるためにも、普段から冷静に判断できるように注意しておくとよいと思います。

落ち着いて行動することを心がけていると、自然と人から見た印象も落ち着いている人という印象になるでしょう。ぜひ心がけていただければと思います。

いつも笑顔で過ごす

64c6103a1092189520590f3148659262_s

いつも笑顔の人って、男性でも女性でも素敵ですよね。いつも笑顔で過ごすためには前述でも紹介したように少しの事で怒らないようにする意識も必要です。

笑顔になると口角も上がって、顔の表情はぱっと明るくなります。微笑をたたえた顔は落ち着いた大人の雰囲気が出ると思いますので、いつも笑顔で過ごすように心がけましょう。

品がある

品がある人は、やはり断然大人っぽく見えると思います。その品を身につけるためには、普段から行動する時に気をつけることが大切です。

たとえば、座っている時の足元をきちんと揃えたり、いつも指先までキレイに保っていたり、見た目から意識しても品が身につくことと思います。

行動では大声で大きな口を開けて笑ったりするのを控えたり、恥じらいを持った行動をしていると、品がある女性に見えると思います。

ぜひ、普段の生活から「品」のある姿や行動を意識して過ごしてみましょう。

大人っぽい印象と逆の印象を与える行動

tc160130090i9a6530

それでは、最後に大人っぽくなるのとは逆効果になってしまう行動についてご紹介しましょう。思い当たる点はないかどうか、チェックしてみてくださいね。

自己中心的な人

人の意見を聞く耳を持たずに自分の意見ばかり通したりしている人って、時々いますよね。自己中心的な人は、やはり子供っぽくみえますし、とても大人っぽい人とは言えないと思います。

周りに心配りが出来る大人っぽい人は、自己中心的にはならないものです。自分の意見ばかり押し通そうとしたり、人の意見を聞こうとしなかったりなど、普段から思い当たるふしはないかどうか、自分に問いかけて注意してみましょう。

わがままな人

わがままさというものは、大人っぽさには関係ないように思いがちですが、わがままということは、人に心遣いが出来ないということでもありますし、大人っぽい人という点からは遠くかけ離れていると思います。

女性の少しのわがままなら、男性にとっては可愛く見えることもあるようですが、度が過ぎるとただのわがままで子供っぽい人というだけになると思います。

周りに気遣いが出来る素敵な大人っぽい人になれるように、自分がわがままになっていないか、時には客観的に見てみるようにしましょう。

子供っぽい人

外見だけではなく、内面も子供っぽい人は可愛らしい印象ではありますが、大人っぽさとはかけ離れていますから、変えてみる努力が必要です。

年齢相応の服装やヘアスタイルにしているかどうか、時には客観的に自分を見つめなおしてみましょう。

内面に関しても、わがままだったり、自分の考えが無かったりする人は子供っぽく思えるものです。大人っぽくなりたいと願うのであれば、自分の内面に関しても今一度見つめなおしてみましょう。

がっちりメイクをしている

がっちりメイクをしていますか?心当たりがある人は注意しましょう。
大人っぽい女性は、丁寧なメイクを施しつつも、仕上がりはナチュラルな印象にしている方が多いです。それは手抜きメイクではなくて、計算されたナチュラルメイクなのです。

カバーすべきところはきちんとカバーしつつも圧塗り感のないファンデーションにこだわってみたり、例えば目元にポイントをおいたり、唇にポイントをおいたりと、ヌケ感があるメイクにシフトしてみましょう。

アイラインを上下かこんで、ばっちりマスカラをつけて目元を強調して、なおかつグロスで唇を強調するのも時には素敵ではありますが、落ち着いた大人っぽさを醸し出すならメイクは手の込んだナチュラルメイクに変えていきましょう。

丁寧につくりこんだ自然なベースで、自分のチャームポイントを活かしたメイクに仕上げると魅力が増すと思います。ぜひチャレンジしてみましょう。

しゃべり方が子供っぽい

言葉遣いが大人っぽさを演出するのに重要なことは前述の通りですが、普段のしゃべり方が子供っぽいのは、やはりどうしても大人っぽさとは無縁ですよね。

可愛らしい女性になりたいのであれば、子供っぽいしゃべり方もよいとは思いますが、
大人っぽい女性を狙うのであれば、しゃべり方も注意してみましょう。

どうしても子供っぽいしゃべり方がぬけないという方は、声のトーンを落ち着いたトーンにしてみる工夫をするだけでも、印象が変わると思います。

まとめ

75820fa42c101f17ab487406b42226f0_s

今回は大人っぽい女性の特徴と、その磨き方についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

一つずつみていきますと、すぐにでも実践出来そうなことも多いですよね。逆効果になる行動も踏まえた上で、出来そうなものからトライしてみましょう。

あなたの大人っぽさを引き出すのに、本記事が少しでもお役に立ちましたら幸いです。

スポンサーリンク