Home / 未分類 / 真剣交際したい~大人の恋愛マニュアル

真剣交際したい~大人の恋愛マニュアル

若いころとは違い、落ち着いて先を見据えた恋愛がしたい。

そんなあなたに、大人の恋愛マニュアルをご紹介します。

スポンサードリンク

若いころとは一味違う大人な恋愛

恋愛は成長する

若い頃にはただ楽しんでいればよかった恋愛も、大人になってくると事情が変わってきます。成長するということは、自分の人生や周囲に対して責任を持つようになるということです。

のんびりと楽しく過ごし、自分の将来のことだけを考えればよかった学生時代とは異なり、就職して働き出せば仕事に対しての責任も圧し掛かってきます。

その重圧を苦しいと感じる人がいる一方、遣り甲斐として受け止める人もいるでしょう。

重圧を遣り甲斐と感じ、楽しみに変換すりことができれば、それは成長へのチャンスとなります。

恋愛に対しても同じことで、子供の頃とは違った重圧や息苦しさを感じることもあるかもしれません。それすらも楽しいと感じつつ、周囲と一緒に乗り越えていくことが、絆をより強めていってくれるはずです。

恋愛もまた、若かった時代とは一味違ってくるものです。

同年代の人と恋に落ちた場合には、自分だけではなく相手も仕事で忙しく働く中で、合間を縫ってデートを重ねることになります。限られた時間の中でのやり取りは、だからこそ大切なものだと感じることができるかもしれません。

お金にも少し余裕ができる頃として、ちょっと贅沢なお店で食事を楽しんでみたり、長い休暇が取れた時には海外旅行に一緒に行くのも楽しいイベントとなります。

また、ある程度の年齢を重ねると意識するのが結婚です。

特に女性は早い人だと20代の前半から結婚を意識するようになるものです。

現在の彼氏とあと何年付き合うのか、そのまま結婚へと至るのかは、女性にとって大きな問題となります。女としての花の盛りとも言える時代を、無駄に過ごしたくないと考える女性も多いのではないでしょうか。

結婚が人生にとって大きなターニングポイントとなるのは男性も同じことです。

数年後の自分を想像した時に、隣に誰がいるのかは大切なポイントとなっています。学生時代からなあなあのまま続いてきた関係にいったん整理をつけたり、将来を見越して婚活を始めるのも、この年代ならではの動きかもしれません。

将来のことを考えるからこそ、年を重ねてからの恋愛は多少の打算を含みます。

大好きだからというだけで一緒にいられる時代は終わり、やがて訪れる未来のことを考える必要があります。

また、積み重ねてきた経験があるからこそ、将来について考える余裕が出てくるとも言えます。

また、一口に結婚と言っても二人だけの問題で済むものではなく、親戚を含めた両家にも関係してくることです。多大の親戚との相性を確かめたり、金銭的な感覚をすり合わせたり、時には合わないと感じることから辛い決断をしなければいけないこともあります。

相手の本質を見抜く

難しいことが増える中で、人生の経験値によって、相手の本質が見えるようになるのも大人の恋の特徴です。

若い頃にはひたすらに外見だけで追い回していた相手も、年を経てみれば外見にはそれほどの魅力は感じず、中身に強く惹かれるようになるものです。

学生時代にはまったくもてなかった地味な男性が、社会人として数年経つうちに魅力的な男性へと変わっていくように、人の価値は外見ではないと知ることができる季節です。
相手を知ると同時に、相手もまたこちらのことを理解してくれます。

以前のように甘えた関係ではなく、それぞれに独立した個人として良好な関係を築くことができるはずです。

これは心理的な面だけではなく、金銭面も同様です。それぞれに仕事を持った男女なら、自分の生活は自分で支えることができます。

自らの暮らしを自分の手で作り上げた上で、相手を気づかう余裕ができれば、お互いに幸せな距離感でいることができます。

また、年を重ねるにしたがって、恋愛だけに時間をさくのは難しくなってきます。

20代ならまだしも、30代、40代と年齢が上がるにつれて、家や親の問題も出てくるものです。

仕事で忙しく過ごしながら、友人との時間も大切にするのが大人のたしなみだとすれば、彼氏や彼女のために使える時間はごくわずかとなるでしょう。

それでもお互いの心が充分に発達しているのならば、相手のことを思いやって待つ余裕があるはずです。逆に相手の都合によって、自分が待たされることも多々あるでしょう。それでも許し合えるだけの度量や余裕が必要になってくる年齢なのです。

大人としての恋愛は難しいものです。特に適齢期の場合には、結婚についての打算が付いて回ることになります。

年齢が上がるにつれて親や家の問題を片づける必要が出て来たり、さらに上になれば自分自身の体調についても考えねばなりません。

しかし一方で、若い頃よりも心に余裕を持てるのが大人です。

それまで積み重ねてきた経験は無駄にはならず、自分を助けるための力となってくれます。金銭的にも余裕が出てくることから、高級レストランでのデートなども気軽に楽しむことができるでしょう。

自分に責任を持ちながら、人生について思いきり楽しむことが、大人の特権となっています。

 

真剣に交際するなら!気を付けておきたいこと

そもそも真剣なお付き合いと真剣じゃないお付き合いにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず真剣じゃないお付き合いというのは「その場の楽しさを優先させる」というものです。どこかに遊びに行ったり、2人で過ごすことで楽しい時間を過ごすものの、その先に結婚などの将来は見えていない場合がほとんどです。

しかし真剣なお付き合いというのは結婚することも視野に入れ、今後を共にするということを考えた上でのお付き合いになります。同じ「交際する」という行為でもこんなにも意味合いが変わってくるのです。

真剣にお付き合いをするのであれば気を付けなければならないことがいくつかあります。

信頼関係を築くことを優先させる

真剣にお付き合いしているということは、将来結婚し、夫婦として人生を共にしたいと考えているということです。

他人である2人が家族という他人ではない関係に変わる未来を望んでいるため、必ず必要となるのがお互いを信じることができる信頼性です。

そこに利害関係はなく、家族愛という無償の愛を抱くような関係を築いていかなければならないのです。

それだけの価値があるかどうかというのは交際中に見極めていく必要があるため、嘘偽りのない付き合い方をするように気を付けなければなりません。

お互いの家族との関係も良好にすること

例え付き合っている2人の間で盛り上がっていても、いざ結婚というようにステップアップさせていく際に自分の家族や相手の家族に反対されてしまってはトラブルのもととなります。

そのため交際中からその真剣さを自分の家族だけではなく相手の家族に伝えておくことが大切です。

どんな人と付き合っているのかをまず自分の家族に伝え、実際に会って紹介しましょう。

そして相手の家族には自分がどのような人間なのかをきちんと伝え、将来のことも考えて真剣に付き合っているという旨も伝えましょう。

そうすることによってお互いの家族が安心して見守ることができます。例え結婚が数年先という将来のことであったとしても、両家への挨拶を早めに行うことでその真剣度が交際している相手にも伝わります。

私は将来結婚を考えて付き合っている彼氏がいましたが、5年も付き合ったのに私の家族に会ってくれないどころか、彼の家族にも紹介してもらえませんでした。

ただ「付き合っている相手がいる」という事実だけは知っている状態なので、一体どんな人と付き合っているのかというところまでは伝わっていませんでした。

そんな彼の対応を見て私は本当に真剣に付き合っているのかどうかを疑いましたし、その疑いを持っているのは私の家族も同じでした。

そんなマイナスイメージをつけないためにもきちんと挨拶をするというのはとても大切なことなのです。

しっかりと貯えをつくる

真剣に付き合っているのであれば何歳くらいで結婚をし、そして子どもを設けるというような人生設計をする必要があります。

それは自分1人の人生ではなく交際中の相手の人生も共にすることになるからです。自分の都合だけを押し付けていては相手はついてきてはくれません。だからこそ待たせすぎてしまうと別れを招いてしまう結果になるのです。

1つの家庭を作るというのは多少なりともお金がかかります。結婚費用もそうですが、新居を構えたり、子どもをつくったりするのにもお金がかかります。

そういった将来のためにも少しずつでも貯えを作ろうとする姿勢はとても大切です。

貯金がまったくないという状態では本当に将来のことを考えているのかと相手に不信感を持たれてしまいます。どんなに少ない額でもいいので、貯えを作って行く努力をしましょう。

相手をパートナーとして見ること

長く付き合っていくと、徐々にその関係性にも変化が訪れます。

信頼関係も出来上がり、恋人というよりはよきパートナーとして見られるようになるのは良い変化なのですが、相手のことをないがしろにしたり恋人よりも友達を優先するばかりの生活を送るようでは相手は愛想を尽かしてしまいますし、今後を共にするのも嫌になってしまいます。

常に恋人を優先させなければならないわけではありませんが、将来を考えているからといって決して別れがないわけではありませんし、相手は自分の物ではありません。1人の人間として、そして良きパートナーとして尊重し接していくということを何年経っても忘れてはなりません。

真剣に付き合うということは楽しさばかりを求めるものではありません。

責任が伴うこともありますし、相手の家族のことを考えなければならないこともあります。つまり自分本位の付き合い方を貫いていてはいけないということです。

そういったことを自覚して付き合うようにすれば、自然と相手からも周りからも認めてもらえるようになります。

遊びやその場しのぎではなく、いずれはパートナーとなりたいという気持ちをしっかり持って接していくことが重要となるのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

年を重ねてからする恋愛も、若いころとは違った魅力・深みがあります。

是非本記事を参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …