Home / 美容 / ニキビ / 大人ニキビとは?原因と対策

大人ニキビとは?原因と対策

「若いころのニキビは治ったのに今のニキビはなかなか治らない」

とお困りのあなた!
それはあなたのニキビが「思春期ニキビ」ではなく「大人ニキビ」であることが原因です。

実は「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」は見た目は似ていますが全然違うものなんですよね。なので「大人ニキビ」は「思春期ニキビ」と同じ対処法では治らないことが多いのです。そこで今回は大人ニキビの特徴から対処法まですべてご紹介します。

顔にニキビが一つあるだけで「今日外に出るのは嫌だな。」なんて思いを経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

化粧で多少は隠すことはできますが、ニキビは目立ってしまうし広がると厄介ですよね。でも、対象法をしっかり学べば大人ニキビもちゃんと治ります。適切な対処で綺麗な肌を手に入れて自分の顔に自信が持てるようになりましょう!

スポンサードリンク

大人ニキビの特徴

治りにくくニキビ跡になりやすい

「10代の頃なら洗顔などでニキビを消すだけでニキビ跡のことなんて心配しなくてよかったのに、今はニキビ跡ができてしまってこれじゃあニキビを消しても消しても意味がないよ。」
なんて悩んでいる方はいませんか。
20歳以上の人がなるニキビである「大人ニキビ」はニキビ跡に残りやすいという特徴があります。というのも20代以降になると10代のころと比べて肌の代謝が悪くなってしまうからです。

年齢が上がっていくにつれて肌の代謝が悪くなってしまうことは自分ではどうしようもないことなので仕方ないですが、せっかく治そうとしたのにニキビ跡になってしまっては結局きれいな顔になれなくて困ってしまいますね。若いころと同じ対処法をしているとニキビ跡がどんどん広がっていって大変なことになってしまいます。

繰り返し再発しやすい

「薬を使って一度ニキビが消えて喜んでいたのに再発してしまった」
「何度も何度も再発してしまって困っている」

そんな悩みも大人ニキビの特徴です。大人ニキビでは繰り返し再発してしまうことが多いのです。その原因は毛穴の奥にニキビの原因であるアクネ菌が残ってしまっていることにあります。

薬で一時的にニキビが治ったように見えても薬等では毛穴の奥のアクネ菌まで完全に除菌するのは難しいのです。

毛穴の奥のアクネ菌を取り除くという根本的な原因を解決しないと繰り返し起こる再発は止められないようですね。

筆者もニキビを消しても一か月後には再発してしまうような負のループにはまってしまい困った経験があります。一度治っただけで安心してはいけませんね。

簡単には治らない

10代の「思春期ニキビ」は男性ホルモンが影響で皮脂が過剰に分泌されることが主な原因です。

ですからホルモンバランスが正常になれば自然に収まっていきます。しかし、「大人ニキビ」はホルモンバランス乱れだけでなく、運動不足や睡眠不足やストレスなどさまざまな要因からニキビができてしまっています。
つまり自然と治るということは少なく、自らの生活習慣を改善しなければ解決に向かうことは難しいです。

よって「思春期ニキビ」がホルモンバランスを正常にするだけでよかったのに対し、「大人ニキビ」は生活習慣を変えなければ治らないという点で大人ニキビは簡単には治らないという特徴があるといえるでしょう。生活習慣を見直さなければ治らないなんて、「大人ニキビ」かなり厄介ですね。

大人ニキビの種類

白ニキビ

ニキビの初期段階が白ニキビと呼ばれています。白ニキビは毛穴の中に皮脂や古い角質が溜まってしまうことで発生します。

色は名前の通り白色で、大きさは1㎜~3㎜ほどのとても小さなものです。白ニキビができてしまっているということはどこかしらに毎日の生活のなかに問題点がある可能性が高いです。自分の生活習慣を省みて治せるところは改善しましょう。
白ニキビがさらに悪化してしまわないようにはやめのケアが大切ですね。

黒ニキビ

黒ニキビは白ニキビに含まれる皮脂や角質が空気によって酸化して黒くなってしまっている状態を指します。ファンデーションなどで隠れないほど黒くなってしまう場合もあり、ほくろの見間違えてしまうくらい良く目立つのであると恥ずかしいと思う方も多いのではないでしょうか。皮脂の分泌が多い鼻のあたりにできやすいいもの特徴です。鼻の周りにできる黒い点々が目印です。
黒ニキビの状態が自分で簡単に処理できる最後のチャンスですので黒ニキビを見つけたら悪化する前にすぐに対処しましょう。

赤ニキビ

赤ニキビは黒ニキビからさらに悪化し、毛穴につまった皮脂をアクネ菌が食べて増殖することで皮膚が炎症することによって起こります。みなさんが「ニキビができた」というときはたいてい赤ニキビのことを言いますよね。赤でよく目立ってしまうのでベタベタ触ってしまう方も多いですが、これ以上悪化させないためにも触らないようにしましょう。触ってしまうとさらにニキビが広がってしまう可能性があります。
赤ニキビになってしまった場合、自分で治そうとするとニキビ跡が残ってしまう場合があるのでプロアクティブなどのニキビ専用の医薬品を使うか、皮膚科の医者に相談して適切な処置をしてもらいましょう。

黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビが炎症を続け、膿が溜まってしまっている状態を指します。「膿を出せば治るだろう」と安易に考えてつぶしてしまおうと考える方も多いですが、ニキビ跡ができてしまう可能性が高いですし、つぶすことによって周りの皮膚にも影響が出てしまう可能性があるので絶対にやめましょう。また白ニキビと勘違いしてしまうかたもいるのでよく注意をしましょう。
治す方法としては皮膚科の医者に相談して適切な処置をしてもらうもしくは黄ニキビはそのままにしておけば自然に治るのでつぶすのを我慢して自然に回復するのを待ちましょう。

大人ニキビの原因

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは大人ニキビが出来てしまう大きな原因となります。たとえば揚げ物やお菓子などの脂っぽいものを食べすぎていると皮脂が通常よりも多く分泌してしまうためにニキビができやすくなってしまいます。
また布団やまくらは雑菌や皮脂が多く付着しています。それらを洗わずに使うのはすごく汚いことだというのは言うまでもないですよね。特に枕カバーは清潔に保つためにも3日に一回は洗うようにしましょう。

さらに喫煙は血流を悪くしてしまうためにニキビを作りやすい状態を作ってしまいます。あまりにもニキビがひどくて困っているなら禁煙をすることをお勧めします。

ストレス

強いストレスによって自律神経のバランスが崩れて男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

すると男性ホルモンは皮脂量を増加させる働きがあるため、ニキビになりやすい体を作ってしまいます。ニキビができるようになってきたら過度のストレスになっていることはないか日々の生活を反省してみましょう。
ストレスによってニキビができていると感じることはみなさんも経験があるのではないでしょうか。ホルモンバランスが崩れていることが原因だったなんて意外ですね。

睡眠不足

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、それによって肌の再生が行われます。

よって肌の再生が行われないため、皮脂が溜まりやすくニキビができやすい体になってしまいますし、さらにニキビができても治りにくい体になってしまいます。睡眠不足であるかどうかは自分が一番よくわかっていると思うのでニキビができてきたらゆっくり寝ることをおすすめします。

紫外線

紫外線によって角質が固くなり、毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。

そうなるとアクネ菌が繁殖しやすい状態を作ってしまいニキビができやすくなってしまいます。紫外線でニキビができやすいのはよく知られてしますが、そういう理由があったんですね。さらにニキビが日焼けし、シミになる場合も多いそうです。紫外線には要注意ですね。
またこれもよく言われていますが紫外線は決して晴れのときに対策すればいいというわけでなく、たとえ曇りでも雨でも対策する必要があります。曇りのときのほうが紫外線量が多いということもあるそうですよ。紫外線対策のために日傘は毎日必要ということですね。

洗顔料などのすすぎ残し

洗顔料やメイクのすすぎ残しがあると毛穴にそれらの汚れが詰まりアクネ菌が繁殖しやすい状態になるためにニキビができやすくなってしまいます。

洗顔料やメイクを洗い流すのはめんどくさいのでついパパッとやってしまいたくなりますがすすぎ残しのないように気を付けましょう。
また洗い流したあとにタオルでごしごし拭いてしまうのも肌を傷つけてしまうことになってしまうので気を付けましょう。洗顔中にごしごし洗うのも同様に肌を傷つけてしまうことになるのでやめましょうね。

予防とケアの方法

紫外線対策

角質を固くしてしまったり、シミを作る原因となってしまう紫外線対策として日傘やサングラスをするのも効果的ですがそれらにも弱点があります。まず日傘では上からの紫外線は防ぐことができますが、地面から反射してくる下からの紫外線は防ぐことができません。
そこでおすすめなのが長袖シャツ。肌全体を守ることができます。
またサングラスもただつけていればいいというわけではありません。しっかりとUVカットの機能のついたサングラスをかけるようにしましょう。先ほどもいいましたが、きちんとした紫外線対策には晴れているときだけでなく、曇りや雨の日にも着けることが望ましいです。

十分な睡眠

先ほども言いましたが睡眠はホルモンバランスを整えるためにニキビ対策に必要になってきます。

22時~2時は肌のゴールデンタイムとも呼ばれ成長ホルモンが分泌しやすい時間帯ですのでこの時間帯に寝ることが望ましいです。そうはいってもその時間帯に寝るのはなかなか難しいですよね。ですから日ごろから十分な睡眠をとるように夜更かしはしないようにしましょう
休日に寝だめしているから大丈夫なんて思っている方もいるかもしれませんが、あまり寝だめは効果がありません。やはりしっかりとした生活習慣を身につけることのほうが重要です。

適度な運動

適度な運動は代謝を上げる効果があり、それによってニキビの原因となる角質、皮脂、老廃物の排出を促してくれます。運動することによって気分もリフレッシュされてストレスを軽減することもできるのでニキビ対策にはとても効果的ですね。
運動ってやらなきゃとは思うんですけどなかなか実行できないですよね。ニキビ対策としての運動なら朝に十分間縄跳びをするなどの簡単なことでも大丈夫なのでそれくらいなら続けられるのではないでしょうか。適度な運動はニキビ対策だけでなく、ダイエットや気分をあげるのにも効果的なのでとてもおすすめです。楽しみながらニキビ対策ができるといいですね。

バランスの良い食事

ニキビの対策としてバランスのいい食生活を心がけましょう。そのときに「たんぱく質」や「ビタミン類」を多く含む食事をすると効果的です。「たんぱく質」は皮膚などの構成している成分なので肌の修復に役立ちます。
またビタミンAは健康な肌を保つ効果、ビタミンB群は過剰な皮脂の分泌を防ぐ効果、ビタミンCはコラーゲンの生成を促す効果、ビタミンEは体内の酸化を防ぐ効果があるなどビタミン類はニキビ対策にはかなり力を発揮します。

食事なら簡単に改善できますし、偏った食事が多いなと感じたときにはサラダを加えてみるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。先ほどもいいましたが糖質や脂質はニキビ原因となる栄養素ですからそれらは控えるようにしましょう。

まとめ


いかかでしたか。今回は大人にニキビの「特徴」「種類」「原因」「予防とケアの方法」について紹介しました。大人ニキビは思春期ニキビと比べて治りにくく厄介なものですが、きちんと対策やケアをすれば治すことができます。
顔中がニキビだらけでは自分の顔に自信が持てるはずがありませんよね。自分の顔に自信が持てるようになるためにもきちんと対策やケアをしてきれいな顔になりましょう。


スポンサーリンク