Home / 美容 / ニキビ / 大人の治らない吹き出物の考えられる原因とその対処法

大人の治らない吹き出物の考えられる原因とその対処法

思春期にはホルモンバランスの関係でニキビが出来やすいものです。その為、学生の頃にはニキビで悩んだ経験がある人も多いかと思います。そんなニキビは大人になると「吹き出物」と呼び方が変わります。

大人になってから吹き出物が出来ると治りにくかったり、なかなか治らなかったりします。そして実はそんな吹き出物には考えられる原因がいくつかあります。それぞれの原因に合った対処法を行う事で治る場合もあるので、吹き出物で悩んでいる人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

大人の吹き出物について

思春期の頃にはニキビと呼んでいたものが、大人になると吹き出物と呼び方が変わります。しかし、その呼び名の違いや出来るものの違いについて知っている人は多くありません。
実は、ニキビと吹き出物は出来る理由が異なります。

まずはニキビと吹き出物の違いや出来る理由について知ってみましょう。

思春期ニキビとの違い

若い頃はニキビと呼んでいたものが、大人になると吹き出物と呼ぶようになります。一般的に10代の頃に出来るものをニキビ、20代から出来るものを吹き出物と呼びます。10代の頃はニキビが頻繁に出来るものです。

特に思春期はニキビが出来やすい時期となっています。その為、思春期にはニキビで悩んだ経験がある人は多く居ます。

では思春期に悩みやすいニキビはどうしてできるのでしょうか。

まず思春期は、身体が大人になろうとする時期です。その為、成長ホルモンが活発になります。成長ホルモンが活発になる事で、皮脂量が増加しやすくなります。
皮脂量が増加した結果、洗顔しても余分な皮脂が残ってしまっていたり、皮脂が過剰に増えてしまった事で毛穴が詰まってしまうのです。

そしてニキビができてしまうのです。

つまり思春期に出来やすいニキビは、誰にでも起こる現象なのです。そして成長ホルモンの働きが落ち着いてくると、ホルモンバランスも整うようになります。ホルモンバランスが整う事で、皮脂量も落ち着いてくるので自然とニキビも減っていくのです。

しかし大人になってできる吹き出物は、皮脂の分泌以外の原因が絡んでいる場合が多いです。この違いこそが、ニキビと吹き出物の大きな違いだと言えます。

皮脂に繁殖するアクネ菌

誰しも、ニキビの原因となる菌で「アクネ菌」というものを耳にした事があるかと思います。このアクネ菌は、全ての人の肌に必ず存在します。勘違いしてしまう人がいるのですが、アクネ菌がいるからニキビや吹き出物が必ずできるというわけではありません。

アクネ菌は、皮脂が大好物です。その為、皮脂が多い場所や皮脂が詰まってしまった毛穴で繁殖していきます。思春期は成長ホルモンの関係で皮脂の分泌が増えます。

皮脂の分泌が増える事でニキビが発生しやすくなるのですが、増えてしまった皮脂でアクネ菌が繁殖してしまう事も原因の1つとなっています。アクネ菌を繁殖させないようにするには、皮脂が肌に残らないように気をつけたり、皮脂が過剰分泌してしまう状態を改善する必要があります。

しかしホルモンの関係で起きている現象なので、皮脂の過剰分泌自体を改善する事はできません。皮脂を落としてくれる洗顔料を使用したり、皮脂が出にくくなるサッパリ系のスキンケア用品を使うなどしてニキビが出来にくい状態になるように頑張ってみましょう。

吹き出物が出る原因

ニキビができる原因については書いたのですが、吹き出物に関しては原因がいくつかあります。その為吹き出物で悩んでいる場合には、まず何が原因なのか知る必要があります。

肌の状態や吹き出物の状態を観察したり、吹き出物が出来る前はどんな風に過ごしていたのかなど振り返ってみましょう。

乾燥

吹き出物の原因の1つに乾燥があります。乾燥が原因の場合には、吹き出物が出来ていない部分がカサカサしている事が多いです。乾燥をしていると肌が危機を感じます。
そして乾燥を改善させようと皮脂を分泌するようになります。

その結果、皮脂が過剰に分泌されてしまい、吹き出物が発生してしまうのです。乾燥が原因で皮脂の過剰分泌が起きてしまった場合には、乾燥を改善させないと肌の状態は変わりません。肌の乾燥を改善させるにはスキンケア用品を見直す必要があります。

現在お使いのスキンケアグッズが肌に合っていない場合もあるので、まずは自分の肌に合ったスキンケア用品を探してみましょう。そして乾燥肌がひどい場合には、乾燥肌用のスキンケア用品がおすすめです。

その他にも部屋の空気が乾燥している事で肌が乾燥しやすくなります。部屋が乾燥していないかチェックしてみて、乾燥している場合には加湿を行うようにしてみましょう。

ホルモンバランスの乱れ

吹き出物がいつも同じ場所に出来る場合や生理前になると吹き出物が出来る場合には、ホルモンバランスの乱れが原因の可能性があります。まず人間には男性ホルモンと女性ホルモンというものが存在します。

男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌させてしまいます。そして女性ホルモンはその逆で、肌の水分量や皮脂の量を整えてくれる働きをします。女性ホルモンが多くなっている場合には、肌の調子は整いやすいです。

しかし男性ホルモンが多くなっている場合には、皮脂の分泌が増えてしまい吹き出物ができやすくなってしまいます。ホルモンバランスは睡眠不足やストレス、運動不足などによって乱れやすくなります。

その他にも、生理周期によってホルモンバランスが変化しやすいです。

その為、生理前には吹き出物が出来やすくなります。生理周期を把握して吹き出物が出来やすい時期には、睡眠不足やストレスを溜めないなど注意をして過ごすように心掛けましょう。

生活環境

忙しい生活をしている人は気が付いたら吹き出物ができている事が多いです。これは忙しい事で睡眠不足になりやすかったり、ストレスが溜まりやすい事が関係しています。
睡眠不足やストレスはホルモンバランスを乱す原因にもなります。

さらにストレスが原因で睡眠の質が落ちている人の場合には、短時間で目が覚めてしまったり、しっかりと眠れない事があります。睡眠の質が落ちてしまう事で肌のターンオーバーが上手く行われなくなってしまう場合もあります。

肌のターンオーバーが上手く行われない事で、肌荒れや吹き出物といった肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。吹き出物で悩まされている場合には、生活環境を見直してみましょう。
そして睡眠不足やストレスなど解消できるものは少しずつ解消していきましょう。

婦人科系の病気

吹き出物には様々な原因があるのですが、中には病気が潜んでいる場合もあります。そして、その病気とは婦人科系のものです。婦人科系の病気が潜んでいる場合には、ホルモンが乱れやすくなります。

その為、ホルモンの乱れが生じた時に吹き出物が出ます。しかし吹き出物が出ても、婦人科系の病気が潜んでいると考える人はあまりいません。婦人科系の病気が潜んでいた場合には、吹き出物は身体からのSOSです。

身体からのSOSに早く気が付く事で、早めに治療を行う事ができます。
吹き出物が頻繁に出来る人や吹き出物がなかなか治らない場合には婦人科系の病気が潜んでいないか検査をしてみましょう。

対処法

吹き出物が頻繁に出来たり、なかなか治らない場合には、正しい対処法を行う事で改善していく事が可能です。そして、その正しい対処法はいくつかあります。色々な対処法を試して、吹き出物が出来にくい肌になるように改善していきましょう。

吹き出物が改善した場合には、吹き出物が出来にくくなるように予防も行っていきましょう。

冷水・ぬるま湯で適度な回数洗顔

吹き出物の原因には洗顔のし過ぎもあります。

洗顔石鹸を使用して何度も洗顔をすると、肌にとって必要な皮脂までも落としてしまう場合があります。そして肌にとって必要な皮脂を落としてしまった場合には、乾燥させない為に肌が皮脂をたくさん分泌するようになります。その結果、吹き出物が増えてしまうのです。

しかし、吹き出物が増えてしまった場合には今まで以上に皮脂を落とそうと洗顔をしてしまう人が多いです。このように洗顔のし過ぎから皮脂の過剰分泌が起きてしまうと悪循環が起きてしまいやすいです。洗顔を行って余分な皮脂だけを落としたい場合には、冷水やぬるま湯で行うようにしましょう。

そして洗い過ぎは、肌を痛めてしまう可能性が高いです。
洗いすぎにならないように注意しましょう。

睡眠時間の確保

吹き出物の原因の中には睡眠不足もあります。忙しくて睡眠時間が少ない場合には、少しでも睡眠時間を増やすように生活リズムを変えていきましょう。

そして睡眠は時間だけが大事なわけではありません。睡眠の質も肌へ大きな影響を与えます。しっかりとした睡眠が取れるようにする為に、眠る前にはリラックスして過ごしたり、スマホやパソコンは控えるなどしてみましょう。

運動をする

吹き出物は自律神経の乱れによって出来やすくなります。自律神経の乱れで吹き出物ができてしまう場合には、副交感神経を優位にさせる必要があります。副交感神経が優位になるには、身体や心をリラックスさせる必要があります。

そして身体や心をリラックスさせる為におすすめの方法が、適度な運動です。ここでいう適度な運動とは。ストレッチやヨガ、ウォーキングです。
これらの運動は全て有酸素運動です。その為、身体にとって適度な運動と言えます。

そして適度な運動をする事でリフレッシュできるので心もリラックスする事ができます。
適度な運動を行って身体や心をリラックスさせるようにしましょう。

ストレス解消

ストレスは吹き出物の原因の1つです。ストレスは身体に様々な不調をもたらします。

まずストレスが溜まってしまう事でホルモンバランスの乱れが生じやすくなります。さらにストレスが原因で睡眠障害を引き起こしてしまったり、睡眠の質を落としてしまう可能性もあります。その結果、吹き出物が出やすくなってしまうのです。

そのような状態にならない為にも、ストレスを溜めないようにする必要があります。現在ストレスを溜めてしまっている場合には、好きな事をしたり、リフレッシュするなどストレスを解消する必要があります。

ストレス解消する為にも、色々な事をしてみましょう。

皮膚科に相談

原因を考えて対処法を行っても吹き出物が出来やすいままの人もいます。そのような場合には、色々な事を改善しても吹き出物の状態が良くなる可能性が低いです。
しかし良くなる可能性が低いからといって、そのままにしておくのも嫌だと思います。

もし、何を改善しても吹き出物が良くならない場合には皮膚科を受診してみましょう。皮膚科を受診すると、医師が原因を考えてくれたり、どうすれば良いかなど指導してくれます。そして、吹き出物の症状に合った塗り薬や飲み薬を処方してくれます。

症状に合った塗り薬や飲み薬で吹き出物に対処していく事で、吹き出物を綺麗に治す事ができます。吹き出物がどうしても治らない場合には、皮膚科を受診してみましょう。

まとめ

一般的に10代で出来るものをニキビ、20代以降に出来るものを吹き出物と呼んでいます。ニキビは思春期頃に起きるホルモンバランスの乱れやアクネ菌の繁殖によって出来る場合が多いです。その為、思春期にニキビで悩む人が多いです。

そんな思春期に出来やすいニキビは、ホルモンバランスが整ってくると改善してくる事が多いです。しかし、大人になってから出来る吹き出物は色々な原因があるので改善しないと治りにくい場合が多いです。そして原因に合った対処法を行っていく必要があるので、まず何が原因なのか考えてみましょう。

吹き出物の原因には乾燥やホルモンバランスの乱れ、生活環境があります。これらは改善する努力をしていく事で変えていく事が可能です。吹き出物の原因となるものを改善する事で、吹き出物を治す事ができるので改善する努力をしましょう。

しかし改善できる点を改善しても吹き出物が治らない場合もあります。そのような場合には、皮膚科を受診する必要があります。皮膚科を受診して症状に合った塗り薬や飲み薬を処方してもらいましょう。これで改善していけると思います。

大人の吹き出物はなかなか治らなかったり、頻繁に出来てしまうなど悩みやすいものとなっています。吹き出物で悩まない為にも改善できる点は改善して、しっかりと治すように努力しましょう。そして治った場合には、これから吹き出物ができないように予防も行っていくようにしましょう。


スポンサーリンク

Check Also

ニッポン美肌グランプリとは?なぜアノ県は1位なの?

色の白いは七難隠す、とは昔から …