Home / 恋愛 / 幼馴染との恋愛の始め方~付き合うメリットとは

幼馴染との恋愛の始め方~付き合うメリットとは

今まで仲の良い友達として接してきた幼馴染を急に恋愛対象として意識してしまうことってありますよね。

一緒に幼い頃から成長してきて、家族のようにそばにいたからこそ気づかなかった男性としての魅力に気づいたとき、急に幼馴染と一緒にいることでドキドキしてしまうようになるものです。

でも、もし幼馴染の彼を恋愛対象として見ていることに気づいたとき、少し複雑な気持ちになってしまうことは確かですよね。今まではただの幼馴染で、異性として意識したことがなかったからこそ、どう接していいのか戸惑う人は多いはずです。

今回は、そんな幼馴染との恋愛の始め方をご紹介いたします。急に幼馴染のことが魅力的に思えてどうしていいか分からない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

幼馴染を好きになってしまったら

幼馴染への恋愛感情に気づいたとき、新たな恋の始まりにドキドキする反面、どこか複雑な気持ちを抱く人も多いはずです。今までの幼馴染という関係を壊したくないという思いが、仲が深いからこそよぎるからでしょう。

では、幼馴染を好きになってしまったとき、どのような行動を取ればいいのでしょうか?好きな気持ちを大切にするためにも、幼馴染を恋愛対象として見たいときに行動すべきことを考えてみましょう。

告白しちゃっていいの?

もし幼馴染の関係を壊したくないと思うなら、幼馴染にその恋愛感情を伝えることを諦めてしまう人もいるかもしれません。それだけ長年築き上げてきた絆ですから、大事に思うのは当然のことですね。

でも、人を好きな気持ちはなかなか自分でコントロールできるものではあません。いくら相手が大事な幼馴染で、その深い関係を壊したくないとはいえ、そう簡単に思いを諦めてしまって良いのでしょうか?

確かに関係が壊れてしまうことは怖いことです。でも、逆に告白が実ることがあれば、最高のカップルになれることは間違いありません。できることなら告白する方へ持っていきたいものですよね。告白するつもりで、まずはその準備を固めていきましょう。

恋愛話で嫉妬させよう

幼馴染という関係は、相手を一人の異性として意識していないことが多いです。異性として意識しない子供の頃から当たり前のように一緒にいるため、家族のように性別関係なく一緒にいられる関係になっているのです。

だからこそ、まずは相手に自分を一人の女性であることを意識してもらうことを考えましょう。そのために出来ることとしては、自分の理想の男性のタイプの話をしたり、恋愛エピソードを話したりすることで、相手に嫉妬させるようにするのです。

いくら異性として意識していない幼馴染とはいえ、親しい友達ですから、目の前で自分以上に親しいかもしれない異性のことを話されたら、少しは嫉妬する感情も芽生えるものでしょう。

恋愛話を出したときは、相手の反応をよく確かめましょう。少し複雑そうな表情をしていたら、恋愛感情を意識しているかどうかはともかくとしても、嫉妬心を抱いていることは確かです。

思わぬ一面を見せて女性として見てもらおう

幼馴染から恋愛対象として気になってもらうためには、ただ幼馴染として見ていた目線を変えさせるような、ある意味ショッキングなきっかけが必要になります。

例えば、今まで幼馴染として、普段着、そしてほぼスッピンで会っていたのにも関わらず、急にばっちりメイクをして、女性らしいワンピースを着るなどのおしゃれをしてきたら…思わぬその女性らしさに相手はぐっとくる可能性は高いです。

いつもは女性らしさをあまり感じていなかったからこそ、そのギャップに急にドキドキしてしまう男性は多いのです。夏場などは少し露出の多い服で彼をドキドキさせてみることも一つの手ですね。

男性は思春期を過ぎた頃から、女性のことを必要以上に意識してしまう傾向にもあるため、照れているそぶりを見せたら少なからずあなたにドキドキしている証拠です。

既に、色気づいてきたあなたに恋してるかも

幼馴染を恋愛対象と意識して、あなたは戸惑っているかもしれません。ですが、もしかすると同じく相手の男性も、急に色気づいてきたあなたに既に恋をしている可能性は十分にあります。それだけ幼馴染は近くて深い関係ということです。

むしろ、あなた自身が今まであまり意識してこなかっただけで、付き合うというかたちはできていなくとも、男性の方は当たり前のように「結婚するつもりでいたけど?」なんて思っている可能性もあります。

幼馴染に抱いている恋心に気づいたら、相手の行動もよく見てみるようにしてみましょう。意外にも、大人になってきれいになったあなたに既に恋をしている可能性は高いです。

思い切って告白してみる

やはり気づいてしまった恋愛感情を、幼馴染で気まずいとはいえ、抑えて仕舞ってしまうことは難しいことですし、後悔は尽きないでしょう。

心が決まったら、ぜひ思い切って告白してみましょう。確かに断られたときのことを思うと、その後の二人の関係に亀裂が入ってしまうのでは…と不安になってしまうのは事実。

でも、長い間そばにいた親しい関係であることにも変わりありません。いくら恋が実らなくても、そう簡単に二人の関係は壊れるものではないという自信を持つことは大事です。

何より、晴れて結ばれることになる未来に期待しましょう。長い時間をかけて絆を深めてきた関係だからこそ、ちょっとやそっとの喧嘩では別れないような素敵なカップルになれるはずです。

意外と良い?幼馴染と付き合うメリット

では、幼馴染と付き合うとどのようなメリットがあるのでしょうか?幼馴染を好きになって困ってしまっている人や、どうしても告白できなくてやきもきする毎日を送っている人は、まず幼馴染と付き合うメリットを考えてみましょう。

意外に多いメリットに気づければ、告白する勇気が出てくるきっかけにもなるでしょう。

相手の多くをお互いに理解している

幼馴染と付き合うことの最大のメリットは、相手の多くをお互いに深く理解しているということです。つい何か月か前に出会って恋愛関係になり、まだ深いところまで知らない間柄ではないということです。

それどころか、お互いの性格の裏の裏まで知り尽くしているようなところさえあるほどです。出会ったばかりの二人であれば、性格の裏を知って幻滅し、結果としてお別れすることになることもしばしばです。

でも、お互いのことを深く理解していれば、相手のダメなところを知って驚くこともありません。既に、そんなダメなところも含めて好きとお互いに認め合っているからです。

肩書にとらわれず、あなたを見てくれる

幼馴染は肩書や経歴も何もない子供の頃から一緒にいる関係がほとんどです。そのため、例えお互いにどんな肩書があろうと、肩書にとらわれず付き合うことが自然とできるようになります。

肩書ばかりにとらわれず、ありのままのあなたを見てくれるため、万が一名誉を失うようなことがあっても当たり前のように恋愛感情を持っていてくれるはずです。つまらないしがらみや世間体にとらわれるような心配もありません。

恋人としての一面にギャップを感じる

幼馴染と付き合うと、既に家族のようにそばにいるためときめきが少ないと言います。ですが、本当にそうなのでしょうか?

それは違います。今まで幼馴染として接してきた彼の姿と、恋人として接する彼の姿は全く違うと言ってよいでしょう。一見すると同じでも、節々に恋愛対象としての気遣いや優しさにキュンとくることも多いはずです。

むしろ、今までの幼馴染としての一面と、恋人としての一面のギャップを感じ、さらに彼がかっこよく思えることは間違いありません。

もともと家族ぐるみなので結婚もしやすい

幼馴染と恋愛を始める場合、いずれは結婚することも意識するでしょう。幼馴染が相手のとき、もともと家族ぐるみの付き合いであることが多いため、結婚で家族と揉めるようなことはほとんどないのも大きなメリットです。

結婚を意識したとき、家族へ彼を紹介することは一つの壁です。でも、そんな結婚の壁を簡単にクリアできてしまうというのは、うれしいことですね。

家族も彼のことをよく知っているため、結婚することになっても、「実家と彼はうまくやっていけるかな…」と心配する必要も全くないでしょう。

素でいられる

好きな人と恋愛関係になったとき、急に相手のことを必要以上に意識してしまって、「緊張してうまく喋れない…」という人もいますよね。相手の前で良い自分を演じようとプレッシャーをかけてしまうからです。

でも、幼馴染が相手ならそのような心配はほとんど必要ないでしょう。お互いを知り尽くしているため、良い印象を持たそうと必死にならなくて良いからです。

お互いに自然体で、素でいられることは、カップルとして良い関係を築くうえでとても大事なことです。気負ってしまうことで、一緒にいることが逆につらくなってしまっては元も子もありません。

その点幼馴染は、一緒にいることに何の負担も感じることなく、心地よい空気でいられるため、素で接することができるという点で付き合うことには非常にメリットがあるのです。

幼馴染との恋愛で、注意したいこと

ここで、幼馴染との恋愛で、注意したいことについて考えてみましょう。やはり怖いのは、幼馴染との恋愛を失敗してしまうことで、今までの関係ごと失われてしまう恐れがあることです。

幼馴染の彼との恋愛に失敗しないためには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

あなたの気持ちに気づきにくい

幼馴染と恋愛を始めたいとき、絶対に注意しなければならないのは、簡単にあなたの気持ちに気づくことはないということです。幼馴染だからすぐに自分の変化にも気づくはずと思ってはいけません。

なぜなら、心の距離が近すぎるあまり、あなたを一人の女性として見る意識すら全く持っていないことが多いからです。女性として意識する目を持っていなければ、あなたがどれだけおしゃれをしても、女性らしさをアピールしても、そのサインに気づくことはないからです。

人によって差はありますが、気持ちになかなか気づいてもらえないということに苦労したり、長い時間がかかってしまうことはある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。

別れると気まずくなってしまう

やはり誰もが恐れるのは、幼馴染と別れることがあると気まずくなってしまうことです。今まで幼馴染だった分、気まずくなって関係が崩壊してしまうことは避けたいものですが、恋人になる前の関係と、別れた後では、いくら幼馴染とはいえもう関係性に変化があることは間違いないことです。

恋人として恥ずかしい部分もたくさん見せてきた分、今までのように幼馴染として自然とそばにいるということはできなくなってしまうかもしれません。自分は受け入れることはできても、相手がそれを拒否してしまったら、関係は終わってしまいます。

それに、別れることで自分も相手も別の異性と恋愛を始めることを意識することでしょう。

すると心の距離は自然と離れていき、子供の頃のように一緒にいることはなくなってしまうでしょう。当たり前のようにそばにいる存在だからこそ、付き合うことになった場合は、恋人としてとても大切にするべきでしょう。

ドキドキ感は少ないかもしれない

幼馴染と恋愛関係になっても、いつもとのギャップを感じることでドキドキすることはたくさんあります。でも実際のところ、やはり相手のことを非常によく知り尽くしているため、出会ってまだ時間が少ないカップルと比べると、性格の深い部分を知ってときめくなどのドキドキ感が少ないことは確かです。

恋愛において、相手の知らない部分をたくさん知っていくという楽しさやドキドキ感を求める場合、幼馴染が相手では全てが予定調和すぎてつまない場面も出てくるかもしれません。

その分家族のように気楽に接することができるという利点はありますが、恋愛の楽しみ方は人それぞれです。相手の仕草にときめいたり、緊張することもドキドキ感として楽しみたいと思う人は、ひょっとすると幼馴染との恋愛では物足りなさを感じることもあるかもしれません。自分にとってどんな恋愛がしたいのか、一度考えてみることは必要になるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?幼馴染に恋愛感情を抱き、戸惑っている人は、彼と付き合った場合どんな雰囲気になるのか一度イメージしてみましょう。素直に楽しそう、幸せそう、と感じることができたなら、ぜひ頑張って素敵な恋愛関係になれるよう、告白してみましょう。

告白する際には、なかなか相手に自分の恋愛感情に気づいてもらえず苦労することもあるかもしれません。でも、晴れてカップルになれれば、昔から大好きだった彼とお互いをよく理解し合っていることで、より深い絆を築いていけることは間違いありません。

幼馴染の彼を好きでいることに気づいたら、より関係を深めることを意識し、友達以上恋人未満の関係から、恋人の関係へ向けて一歩を進めてみましょう。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …