Home / 恋愛 / 彼の心を鷲掴みにするおねだりのコツと伝え方

彼の心を鷲掴みにするおねだりのコツと伝え方

女性の中には、恋人におねだりしたいものがあるけれど、「うまく伝えることが出来ない」という人もいるでしょう。誕生日、クリスマス、などのイベントのたびに、「本当は、他に欲しいものがあったのに…」ともどかしい気持ちになっている人もいるのではないでしょうか。

そんな女性は、彼の心を掴むことが出来るおねだりの方法を身に付けていきましょう。彼の心を鷲掴みに出来れば、悪い印象を与えるどころか、きっと彼を喜ばせることも出来ますよ。

スポンサードリンク

彼の心を鷲掴みにするおねだりのコツ

「本当は、誕生日にこれをプレゼントして欲しい」と思うものがありながらも、うまく伝えられない女性も多いはず。

「何か欲しいものある?」と彼に聞かれても、「何もないよ」「気持ちだけで、充分」なんて、気持ちとは違ったことを答えている人も多いのではないでしょうか。特に、交際期間が短い人は、気持ちを伝えられずにいるでしょう。

プレゼントをおねだりするというと、悪いイメージを持つ人もいますが、彼はあなたを喜ばせたいと思っているわけですから、あなたが欲しいものを贈れる方が彼にとっても嬉しいはず。

おねだりは、やり方次第で彼を喜ばせることも出来るでしょう。

可愛い仕草と一緒に

男性は、女性に甘えられたり、頼られたりするのが嬉しいものです。もちろん、その時は女性らしい変わりらしい仕草が欠かせません。

おねだりをする際にも、可愛らしい仕草で伝えれば、彼は悪い気はしないでしょう。「誕生日は、これが欲しいな」なんて可愛らしく伝えることが出来れば、彼は喜んでそのプレゼントを買ってくれるでしょう。

もちろん、そのプレゼントを受け取った時にも同じように可愛らしい仕草で喜びを表現しましょう。そうすれば、彼は「これをプレゼントして良かった」と満足するはずです。

甘えた可愛い声で言う

誕生日が近い人の中には、「彼から、欲しいものを聞かれた」という人もいるでしょう。欲しいものがあっても、なかなか素直に伝えられない人もいるのではないでしょうか。

しかし、欲しいものがあるのであれば、ちゃんと伝えた方が得です。伝える時には、彼に甘えた様な声で伝えると良いでしょう。

おねだりは、普段通りの声で「これが欲しい」と伝えるよりも、「実は、欲しいものがあるんだ」と甘えた口調で伝えた方が、男性は嬉しいものです。

甘えられると、「仕方ないな」と少し予算オーバーしても喜んでプレゼントしてくれるでしょう。

相手に選択肢を与える言い方をする

彼にプレゼントをおねだりしようと思っている人の中には、「これが欲しい」と欲しいものを一つに決めてしまっている人も少なくありません。確かに、欲しいものがこれと決まっていれば、「これが欲しい」と伝えたくなるでしょう。

しかし、彼におねだりする際には、一つにこだわって伝えるよりは、いくつかの選択肢を出した方が良いでしょう。その方がおねだりされる側としては、自然と受け入れることが出来、「プレゼントしたい」という気持ちも増すはずです。

タイミングを見計らって一度だけおねだりする

彼にプレゼントをおねだりする際には、おねだりのタイミングが重要です。どんなに彼がプレゼントしようという気持ちがあっても、仕事で忙しい時、体調が悪い時などにおねだりされれば、イラっとしてしまいます。

おねだりをする時には、相手の状況や気持ちも判断した上でタイミングを見計らうことが大切です。

また、中には「欲しいものがある」と何度も何度も彼に伝えてしまう人がいます。人は、何度も念を押されてしまうと、気持ちがなえてしまうものです。

おねだりをする際には、一度だけ伝えることがポイントです。一度だけ言うことで、相手にとっては印象が強くなり、「これを欲しがっていたな」と思い出させることが出来るでしょう。

我慢してたけど、思わずポロリと言ってしまった感を出す

イベント時には、彼からプレゼントをもらうこともあるでしょう。イベント近くなると、「何か欲しいものは?」と彼から聞かれることもあるのではないでしょうか。

交際期間が長い恋人であれば、素直に「これが欲しいんだ」と伝えることが出来るでしょう。しかし、交際期間が短かったり、自分の気持ちが素直に伝えられない人にとっては、なかなか気持ちを伝えられないものです。

そんな時は、「これが欲しい」と伝えるのではなく、「前から欲しいと思っているんだけど、なかなか変えなくて我慢していたんだ」と伝えてみましょう。我慢していたという内容であれば、「これが欲しい」と伝えるよりも言いやすいはずです。

これを聞いた彼は、「じゃあ、自分がプレゼントしたい」と喜んでプレゼントしてくれるでしょう。

プレゼントをおねだりする時の伝え方

恋人とデートをする際、ショッピングを楽しむ人も多いのではないでしょうか。ショッピングを楽しんでいると、「これ、買ってくれないかな」と思うこともあるはず。しかし、なかなかショッピング中に、「これ買って」なんて言いにくいもの。

そんな時は、ちょっとした工夫をして彼におねだりしてみましょう。おねだりをする時には、さりげなく、可愛く、気持ちを伝えることがポイントです。

買ってほしいものを憂いのある表情でじっと見つめる

ショッピングデートをしている際、欲しいものを見つけた時、素直に「これ欲しいな」と言える人もいますが、これでは彼の気持ちを動かすことは出来ないでしょう。

ショッピングの際に、買ってほしいものを見つけた時にはまずはさりげなくその商品をじっと見つめてみましょう。手にとって試したり、身に付けたりせずに、ただじっと見つめることがポイントです。

当然、同じものをずっと見ていれば彼から「これ欲しいの?」と聞いてくるでしょう。この時、すぐに「うん」と言うのではなく、「欲しいけれど、高いから」「欲しいけれど、自分には似合わないかな」とちょっとそらすと良いでしょう。

欲しいけれど、我慢している雰囲気を出すことで「良いよ、買ってあげるよ」「似合うからプレゼントするよ」と彼の気持ちを動かすことが出来るでしょう。

腕を組んで「買ってほしいなぁ」と顔を近づける

おねだりできる彼がいる人の中には、交際期間が長くなっている人もいるでしょう。「思っていることは、素直に伝えられる」という人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、おねだりしたい物を見つけたら彼の腕を組んで「これ、買ってほしいなぁ」と甘えた声で顔を近づけてみましょう。

彼は、周りの目も気になるでしょうから、照れながらも「良いよ」と言ってくれるはず。おねだりする際には、甘えた声、そして顔を近づけて気持ちを伝えることがポイントです。

「買ってくれたら毎日身につける」など大事にすることを約束する

女性にとって、アクセサリーというのは特別なものではないでしょうか。特に、彼からプレゼントされたアクセサリーはお守りのような存在となるでしょう。

彼とのデート中に欲しいアクセサリーを見つけたら、彼の心を揺さぶるような約束をすることがおすすめです。

アクセサリーは常に身に付けることが出来ますから、「これを買ってくれたら、毎日身に付ける」と彼に伝えてみましょう。

男性にとって、自分がプレゼントされたものを毎日身に付けてくれるというのは、本当に嬉しいものですから、この約束で「よし、プレゼントしよう」という気持ちにさせることが出来るでしょう。

もちろん、本当にプレゼントしてくれた時にはちゃんと約束を守ることが基本です。万が一、その約束を破ってしまえば、今後おねだりをしても、「どうせ、約束を破るでしょ」と思われ何もプレゼントしてくれなくなってしまいます。

何らかの約束をしてプレゼントをもらった時には、約束を守ることが大前提ですから、守れる約束をしましょう。

おねだりの成功確率を上げるポイント

彼におねだりをしている人の中には、「なかなかプレゼントしてもらえない」と感じている人もいるでしょう。

そんな人は、「彼がケチだから仕方がない」と諦めているのではないでしょうか。

しかし、中にはあなたのおねだりの仕方が悪い、間違っていることで、相手の気持ちを動かせずにいることもあります。

おねだりを成功させたいと思うのであれば、そのコツを掴むことも大切です。また、おねだりは、自分だけではなく、相手のおねだりも聞くことを忘れてはいけません。

互いのおねだりを叶えることが出来れば、二人とも幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。

誕生日や就職祝いなど、特別な条件を持ち出す

「どうして、彼はプレゼントを全くしてくれないのだろう」と感じている女性もいるでしょう。ショッピング中、「おねだりをしても、全く相手にしてもらえない」という人もいるでしょう。

そんな人の多くは、ショッピングのたびに「これが欲しい」「あれを買って」と言っていませんか。常に欲しいものを言われると、「どれが本当に欲しいのだろう?」「欲しいものばかりあって、キリがない」と思われてしまいます。

おねだりを成功させるためには、常にあれが欲しい、これが欲しいと伝えるのではなく、特別な条件を出して、特別なプレゼントにすることがポイントです。

例えば、1年の間には誕生日やクリスマスなどのイベントがあります。学生であれば何らかの資格合格や就職祝いなどがありますし、社会人になれば昇進祝いなどがあるでしょう。

こういった特別な日のお祝いとして、彼にねだってみましょう。「誕生日には、これが欲しいなぁ」「就職祝いに、これを買って」といった特別感を出せば、彼も「そっか、特別な日だからプレゼントしよう」と思うはずです。

ただし、特別な条件を持ち出すのですから、常におねだりをするのはNG。何かにつけて、「今回はこのお祝いに」なんて言ってしまえば、彼の気持ちを動かすことは出来ないでしょう。

日ごろから欲しいものを刷り込んでおく

おねだりに失敗してしまう人の多くは、「これが欲しい」と日々おねだりをしています。これでは、彼は「自分のことをなんだと思っているのだろう?」と思われ、気持ちよくプレゼントしてくれません。

おねだりに成功させるためには、日頃からおねだりをするのではなく、「こういうものが欲しいんだ」という希望を日頃から伝えておくことです。

決して自分から「これが欲しい」と伝えるのではなく、「これ、欲しがっていたな」という程度に彼に刷りこんでいくことがポイントです。

欲しいものを彼に刷りこんでおけば、誕生日やクリスマスなどのイベント時には、あなたから伝えなくても自然と欲しがっているものをプレゼントとして選ぶのではないでしょうか。

普段から小さなおねだりをしておく

彼におねだりをする際、高額なものばかりをおねだりしている人もいるのではないでしょうか。当然ですが、高額なものばかりおねだりすれば、彼は引いてしまいます。

彼がセレブであれば、いつでも気軽に高額なプレゼントを買ってくるでしょう。しかし、それはかなり稀なケースであり、一般的には無理です。

おねだりを成功させるためには、小さなおねだりを重ねていくことが大切です。例えば、「ケーキが食べたい」といった小さなおねだりは、男性にとって可愛いものですから、すぐに叶えてくれるでしょう。

こういった小さなおねだりを重ねていくことで、彼は彼女のおねだりが当たり前になり、「またおねだりか」と思いながらも、あなたの思いを叶えてくれるようになるでしょう。

ただし、高額なおねだりは彼にとって負担になります。彼の生活状況を理解した上で、彼にとって無理ないおねだりをすることが大切です。

相手のおねだりを聞いてみる

おねだりをすれば、「彼が何でも買ってくれる」と思っている女性もいるでしょう。確かに、あなたに愛情があれば、彼は何でも叶えようと頑張ってくれます。

しかし、相手にばかり要求するのは不公平です。たまには、彼のおねだりも聞いてみましょう。彼のおねだりを叶えるということは、後々自分自身のおねだりを叶えることにも繋がります。

彼のおねだりを叶えれば、彼は喜んでくれますから、その姿を見ればあなた自身も嬉しい気持ちになるでしょう。そうなれば、おねだりは互いにとってプラスとなるのではないでしょうか。

まとめ

恋人が出来ると、女性は男性に尽くしてもらう人が多いでしょう。デートのたびに、御馳走になったり、プレゼントをもらう女性も多いのではないでしょうか。

おねだりは、女性ならではの特権でもありますから、欲しいものを見つけたら、彼におねだりするのも良いでしょう。しかし、せっかくおねだりを叶えてもらうのであれば、彼にも気持ちよく叶えてもらった方が良いでしょう。

おねだりをする際には、彼を喜ばせるような甘い声やしぐさは欠かせません。そして、おねだりを叶えてくれた時には、嬉しいという気持ちをちゃんと伝えることも忘れてはいけません。

そして、時にはあなたも彼のおねだりを叶えてあげましょう。何が欲しいのか、何をしてほしいのか、何をしたいのか、彼のおねだりも叶えることで、二人の距離は更に縮まりますし、幸せな気持ちになるでしょう。

おねだりというと、あまり良いイメージを持たない人も多いですが、男性にとってはおねだりされることが「嬉しい」という人もいますから、時には自分の素直な気持ちを伝え、甘えてみませんか。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …