Home / 美容 / メイク / 面長の顔の女性に似合うメイク、髪型のポイント

面長の顔の女性に似合うメイク、髪型のポイント

顔の輪郭は印象を大きく左右します。例えば大まかに言うと、丸顔なら可愛らしく若々しい印象を与え、面長は大人っぽくクールな印象、三角型は知的でスマートな印象で、四角型は強い意志を持った男性的な印象などです。自身の輪郭に不満を持っている人も多くいると思いますが、輪郭は大掛かりな整形手術でもしない限りなかなか変えられるものではありません。

そこで今回は自身の輪郭の良いところを活かし、気になる部分をカバーしながらより魅力的に見える方法について考えていきましょう。今回は日本人に最も多いと言われる「面長」の顔に似合うメイクや髪型などのポイントについてお話ししていきます。

スポンサードリンク

面長の顔の特徴、相手に与える印象

それぞれの顔の形にはメリット、デメリットがあります。面長の顔は大人っぽく上品な美人系の顔立ちで女優に多い顔型とも言われている一方で、場合によっては老けて見られてたり、バランスが悪く見えるというデメリットがあります。これは人の顔は年齢を重ねるごとに縦に伸びるという事実があり、そのため面長の顔は年齢が高く見られてしまうことがあるのです。

おでこが狭い

おでこが狭いと男性的なイメージが強くなります。広くカーブを描いたおでこに憧れている人も多いかもしれません。一つの方法としておでこの産毛を処理することで、おでこを広く見せることが出来ます。手軽なのはフェイスシェーバーでカミソリよりも肌に優しくおすすめです。

また、ヘアースタイルでカバーすることもおすすめです。これについては後ほどふれています。

目と目の間が近い

面長の人は顔の横幅が狭いので、自然と目と目の間も狭くなることが多いです。人の顔の種類には顔のパーツが中心によりぎみな「求心顔」とパーツが離れぎみな「遠心顔」と大きく分けて二種類があります。「求心顔」はキリッとしたシャープな大人っぽい印象になり、「遠心顔」はふんわりとしたやさしい雰囲気が特徴です。

目の位置が高い

目の高さは高い位置にあるか低めの位置にあるかによって見た目の印象に大きく影響します。高い位置の目は美人の象徴とも言われていますが、比較的おとなしく地味目な印象になり、年齢よりも落ち着いて見られがちになります。また場合によっては顔の縦のラインが強調され、頬や鼻が長く見えたり、バランスが悪く見えてしまうことがあるため、コンプレックスに思っている方も多いかもしれません。

鼻下が長い

目の大きさや鼻の高さのように今まであまり注目されてこなかったのですが、最近では短い「鼻下」つまり鼻から上唇までの距離が美人の条件の一つとも言われていて、注目のパーツです。ではなぜ鼻下の短さが美人とつながるのでしょう?人により好みもあるので一概には言えませんが、人間は本能的に育て守らなければいけない子供の顔を「可愛い、愛らしい」と感じ好感を持つのです。

子供の顔の特徴として、顔の割合に対し大きな目や、小さめの鼻や口、きれいな肌などがあります。そして、この子供の顔の要素を多く持った顔は年齢よりも若く見られることが多いのです。鼻下の短さも子供の顔の特徴で、加齢とともに人間の顔は縦に伸びるので、鼻下が長いと老けた印象になるということです。

鼻下の長さは口周りの筋肉にも関わっているので、顔のトレーニングや、口呼吸をしないで鼻呼吸を意識することなどにより改善するとも言われていますので、気になる方は試してみるのもいいでしょう。

しかし、鼻下が長めでも美人な人は実際にたくさんいますし、鼻下が長めだからといって悲観することはありませんよ!実際に鼻下が長めでも美人な女優さんもたくさんいます。大事なのは全体のバランスなのです。気になるパーツをカバーしながら自慢のパーツを強調するようなメイクなどで、それぞれに合った方法を見つけていきましょう!

顎が長い

細長い顎は面長がさらに協調されてしまいますよね。顎が長いのは生まれつきの骨格によるものや顔のゆがみ、その他にも様々な原因があると言われています。例えば生活習慣の積み重ねが影響している場合もあり、うつぶせ寝や頬杖をついた姿勢が原因になっていたり、歯並びが悪いことが原因になったりしている場合もあります。また片方の歯ばかりで噛んでいると顎の筋肉が弱り顎がしゃくれる原因になることもあります。

程度にもよりますがこのような生活習慣を改めることで改善されることがありますので、心当たりがある方は見直してみてはどうでしょうか?その他には、マッサージも有効と言われています。これらはすぐに結果が出るわけではありませんが積み重ねが後々効果となって表れてくるので気長に行ってみましょう!

面長の顔に似合う髪型のポイント

面長の顔は老けて見られたりバランスが悪く見えることがあるとお話しましたが、ネガティブ部分ばかりお話ししましたが、心配はいりません!例えば洋服のラインによって体形がカバーできるように、ヘアスタイルで顔の形は大きくカバーすることができます。面長の良いところを活かしながらバランスよく見せ、より美しく見えるヘアスタイルについてお話しします。

トップにボリュームは出さない

面長の顔はトップにボリュームを出すと、縦のラインが強調されてしまうため、トップにはボリュームがない方がいいでしょう。トップよりも顔のサイドをふんわりとさせたスタイルがおすすめです。また、ストンとしたストレートヘアは面長が協調されてしまいますが、パーマやカーラーなどで顔周りにボリュームを出すと面長のイメージが上手に面長をカバーできます。

また、顔周りの髪は顔周りにふんわりとボリュームを出すことで、面長のシャープでクールな印象を和らげ、親しみやすい可愛らしさも演出できます。また、顔周りの髪はワンレングスのように揃った髪より、レイヤーを入れて頬を見せることでより顔が丸く見える効果があります。

額をできるだけ隠す

額を出さずにできるだけ隠すことで顔の面積が小さく見え、面長が目立ちづらくなります。前髪は幅を広めにとったワイドバングで重めの前髪を目の上ぎりぎりにすると横のラインを強調できます。横に流す場合は1:9や2;8など横に大きく分けた髪型がおすすめです。

また、前髪を三つ編みや方編み込みにして横に流すようなアレンジも顔の形を可愛くカバーできていいです。面長が協調されてしまうため向いていないスタイルはセンターパーツや額を大きく見せるヘアスタイルです。

頬骨の延長線上にウエイトポイント

ウエイトポイントとは重さを感じる部分のことを言い、ボリュームの出る部分のことです。面長の場合、頬骨の延長線上のボリュームを出すことで、面長が目立たなくなります。これはどんな長さでもいえることで、ロングでもレイヤーを高めの位置に入れ、頬の辺りにボリュームを出すことで顔の形がカバーできます。

襟足はくびれ

頬周りにボリュームを出すかわりに襟足にくびれを作ることによりバランスよくメリハリのあるシルエットになり小顔効果も抜群です!

ひし形シルエット

顔周りにボリュームがあり毛先にいくにつれてすっきりとするひし形ヘアは小顔効果もありおすすめです。ショート、ロングに関わらず、ひし形のシルエットにすることで顔の形がカバーできます。

面長の顔のメイクのポイント

メイクでも顔の印象は大きく変わります。メイクで欠点をうまくごまかせるのは女性の特権ですね!ここでは面長のあなたにおすすめのメイク方法について紹介していきます。

シェーディング

シェーディングは小顔に見せるためにとても効果的です。ファンデーションよりもワントーン濃い目の色をさっと乗せます。。面長の人はおでこの上半分と顎の先端に乗せましょう。大きめのブラシを使うことで自然に仕上がります。

チーク

チークは顔の形を印象づける大きなポイントです!丸く入れるチークは丸顔や童顔の人におすすめですが、縦長のラインを強調してしまうため、面長の人には向きません。横にスッと入れるようにして横のラインを協調させましょう。頬骨の下をなぞるように一普通より少し低めの位置に入れます。

ハイライト

本来ハイライトは鼻筋とTゾーンに入れている方が多いと思いますが、面長の方のハイライトの入れ方のポイントは鼻筋にハイライトを入れないことです。鼻筋にハイライトを入れることで縦のラインが協調され顔の長さが目立ってしまいます。ハイライトは目の下まぶたから指一本分の辺りに目の横幅と同じような範囲で入れることで横のラインが協調できます。頬まで三角形に入れてしまうと顔の長さが目立つので注意しましょう。横にサッと入れるイメージです。

リキッドタイプの物をスポンジやパフでよくなじませるやり方だとナチュラルに仕上がり、ラメ入りのパウダータイプのものだと華やかな仕上がりになります。

アイシャドウ

アイメイクのポイントは下まぶたにポイントを置くことです。下まぶたにポイントを置くことで、目の位置を低くみせることができ、それによって顔の長さを目立たなくすることができます。やり方は、まず笑ったときにできる目の下のふくらみを確認しましょう。これが涙袋です。その涙袋全体にホワイトや薄いピンクのアイシャドウをのせます。パール感のあるものも華やかできれいです。

そのあと涙袋の下のラインにブラウンのアイシャドウかアイブロウペンシルで細くラインを引きます。このラインを濃くし過ぎるとクマのように見えてしまうので自然に見えるよう濃くしすぎす、綿棒で軽くぼかすといいでしょう。そのあとは下まぶたの目じり1/3の部分にブラウンなど少し濃い目の色を入れます。

上まぶたに濃い色を使うと目の上の部分が協調され顔の長さが協調されてしまうので、なるべくナチュラルなカラーを使うことをおすすめします。もちろん場合によって濃い色を使いたいときもあると思いますが、その時は目じり側を目頭よりも濃い目に塗ったり、ヘアスタイルや他の部分のメイクなどでカバーするようにしてバランスを取りましょう!

つけまつげ

つけまつげは目尻部分が長くなっているものを使用したり、部分用のつけまつげを目尻中心につけるのがポイントです。様々な形のつけまつげが市販されているので、自分に合うものを見つけてぜひ試してみて下さい。マスカラを使用するときも目じり側中心につけるようにし、繊維入りのマスカラで下まつ毛の長さを出すようにするとさらに効果大です。上まつ毛のカールは強くし過ぎず、なるべく穏やかなカーブを描くようにするといいです。

アイブロウ

アイブロウは弓なりではなく、カーブの少なく少し太めの眉を少し長めに書くことをおすすめします。こうすることで、横のラインが協調され、顔の縦の長さをカバーすることが出来ます。逆に細く弓なりの眉は顔の縦のラインを強調してさらに長い顔に見えてしまうので注意が必要です。

そして、目と眉の位置は近い方が可愛らしい丸顔のイメージに仕上がります。面長の人は眉の下を描き足して眉の位置を低めに描くことをおすすめします。

リップ

リップは口元を強調するようなはっきりしたカラーは顎が目立つのでベージュなどのヌーディーカラーの物がおすすめです。マットなリップだとよりいいです。

横のラインをつくる

面長の顔をカバーする一番のキーは横のラインをつくることです。当然ながら縦長のものを目立たなくするためには横のラインを強調することが効果的です!
アイラインを引くときは長めに横に引くことで目が横に広がって見え、横のラインを強調できます。

面長顔に合うメガネ

オーバル

オーバルとは横に細長い形のメガネで面長を目立たなくしてくれます。面長顔の知的な印象を引き立てながら、顔の長さをカバーしてくれます。

ウェリントン

俳優のジョニーディップが付けたことで注目を浴びたメガネです。正方形に近い大きめのレンズの眼鏡です。上辺が下辺より長く大きめのレンズが顔を小さく見せてくれます。他のタイプより縦幅が長いメガネなので顔の長さがカバーできます。フレームの太いものを選ぶとより効果的です。顔の横幅の9割程度のサイズのものを選ぶとバランスがいいです。

まとめ

このように気になる顔の形をカバーする方法は様々あります。メイクや髪型を少し意識して変えてみるだけで、印象が大きき変わります!これらを参考にあなた自身がより魅力的に素敵に見える方法を是非試してみて下さい。


スポンサーリンク

Check Also

色黒の女性におすすめのメイクの方法とポイント

色黒の女性は、自分に合ったメイ …