Home / 恋愛 / 恋愛がうまくいく!おまじないが強力なパワースポット紹介

恋愛がうまくいく!おまじないが強力なパワースポット紹介

素敵な人と出会いたい!素敵な恋愛がしたい!そう願っているし努力もしてみるけどなかなか現実は難しい・・・だったら神様のお力や、すごいパワーを引き寄せるスポット、おまじないの助けを借りて後押ししてもらいましょう!

全国には昔から伝わるご利益のある神社仏閣や不思議なパワースポットがいっぱい。旅行を兼ねてお友達と一緒に楽しく訪ねてみてもいいですし、あるいは心を整えて静かに一人で訪れてみるのもいいですね。もしかしたら今以上の素敵なご縁を授かるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

恋愛に効くパワースポット

東京大神宮

東京大神宮は、伊勢神宮にも祀られている「天照大御神」と「豊受大神」が祀られていることから、「東京のお伊勢様」として有名な神社です。

この神社が縁結びのパワースポットとして有名な訳は、造化の三神と呼ばれる「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)」「神産巣日神(かみむすびのかみ)」が祀られているためで、この三神は「天地万物の結びの働きを司る」ことから、良縁を願う人たちがお参りするようになりました。

また、縁結びのお守りは「幸福が訪れる」という花言葉をもつ鈴蘭をかたどった愛らしいもので、他にも鈴蘭の花をビーズであらわした鈴蘭ビーズ守りなど、かわいいお守りがたくさんありますよ♪お参りの後にはいつも持っていたくなるお気に入りのお守りをGetして帰りましょう。

 

下鴨神社

下鴨神社の正式名は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といい、紀元前から神々がおられる地にある歴史ある神社です。歴史と豊かな自然、それだけでもとてもパワーを頂けそうな場所ですが、この神社にある「相生社(あいおいのやしろ)」が縁結びの霊験あらたかな社として、古くから格別信仰を集めているのです。

御祭神は「日本書紀」や「古事記」にも出てくる「神皇産霊神(かむむすびのかみ)」という由緒ある神様で、宇宙の生成力を神格化した造化の神様です。とてもご利益・パワーがありそうですね!また、ここにあるご神木は「連理の賢木(れんりのさかき)」と呼ばれ、2本の木が一本に結ばれて、根元には子供の木が芽生えています。このご神木に恋愛や家庭円満、安産などを祈願するとご利益があるとか。

また、摂社である河合神社には、美麗の神様である「玉依姫命」が祀られていて、手鏡の形をした絵馬があり、自分のメイク道具で自分の顔を書くときれいになれるおまじないなのだとか。忘れずにメイク道具をもっていって、かわいくきれいに描いてみましょう!ここはまさに女性には嬉しいことばかりの神社

玉前神社

玉前神社(たまさきじんじゃ)は、千葉県の千年以上前からある由緒ある神社です。この神社のある一之宮町は、縄文弥生の時代から人々が住んでおり、古くからの強いパワーを感じますね!そして、ここは特に女性にとってご利益のある神社といわれます。

祀られているのは(先ほどの下鴨神社でも祀られている)「玉依姫命」で、この神様は姉である海神・豊玉姫命が海に戻られるときにお子様を託され、以後大事にお育てになった母性溢れる神様だそうです。

女性の精神にかかわること・縁結び・子授け・出産・養育・月のモノなどは、この玉依姫命のお導きによるものだと言われており、また玉依姫命が見目麗しい美麗の神であったことから、古くから恋愛・子授け・安産・美容を願って参拝されています。

ここでは御神水も頂けるので、飲んでパワーを頂いたり、持ち帰って心身を清めれば、ますますご利益が頂けそうですね!(水を入れるものは用意されていないので、持ち帰りたい人は入れ物を忘れず持参しましょう!)

 

千光寺

神社ではありませんが、広島県尾道市にある千光寺は縁結びの実績でとても有名なお寺です。映画のロケ地として有名な尾道の市街地からロープウェーで千光寺山頂上まで上ると、春には満開の桜と美しい瀬戸内海の絶景が望めます。こちらの千光寺は元々正徳太子の御作である観音様が本尊で、火難を防ぐご利益を中心に様々なご利益があるのですが、注目すべきは縁結びのお守りです。

このお守りは赤い紐がついたものと白い紐がついたものと、巾着のような二つのお守りが対になっているのですが、赤い紐の方は中に恋文を結んだかんざし、白い紐の方は小判とお米のモチーフが入っています。

素敵な相手に巡り会いたい女性は赤い紐の方を身につけ、もう一つは普段は家に保管しておきます。すると、一緒にいた赤い紐のお守りと離れて寂しくなった白い紐のお守りが、自分を持ってくれる人を探すというのです。

このお守りで成就した恋愛がたくさんあるとのことで有名です。そしてめでたくお相手が見つかったら、白い紐のお守りを相手に持っていてもらうと、その引き合う力で末永く仲良くいられるそうです。

恋愛成就の実績がたくさんあるお守り、気になりますね!また、尾道の町は歩くだけでも魅力的なスポットがたくさんあるので、お参りしたあと観光するのも楽しいですよ。素敵なカフェや文豪の史跡など見どころもたくさんあります。

 

恋愛運を高めるコツ

御祈祷御祈願

せっかくご利益のある所に行ったら、「いい人に出会えますように!!」と願いが叶うようにお願いするだけでもよいですが、神社なら更に「御祈祷(御祈願)」をお願いするといいですね。

祈祷とは、神様の加護をお願いして呪文などの言葉で災難を取り除いてもらい、幸福になれるよう祈ることです。予約が必要なところもありますから、あらかじめ各神社に問い合わせて祈祷の受付時間などを確認しておくといいですね。

玉串の奉納の仕方は神社によってはその場で教えてくださることもありますが、初めてで緊張するという方は一般的な奉納の作法を事前に調べておくと安心ですね。また御祈祷料も事前に用意が必要なので、忘れずに用意しておきましょう。祈祷では神様に伝わる言葉で祈願してくださるので、どんなおまじないよりも強力なご利益を感じられるのではないでしょうか。

恋愛祈願は朝一で

縁結びの力をしっかりと授かるためには、お参りする時間帯も重要なのをしっていますか?恋愛成就を目的とした神社へのお参りは朝(午前中)がよいとされています。午前中は「太陽が昇る」ので、それとともに運も上がっていく。午後は陽が沈むのに合わせて運気が下がるのだそうです。特に大安など混む日や人気の神社は、早めにお参りした方が安心ですね。

朝の神社はまだあまり人が踏み入っていない澄んだ空間が保たれているので、静かに神様とご挨拶できますし、厳かな空気での参拝は、よい気を頂けそうですね。

カップルの名前が入ってる神社は運気アップ

もしも結婚を考えている相手がいるのなら、あるいはそうなるといいなという相手がいるのであれば、お相手の名字と同じ名前の神社に行ってみましょう。日本人の名字は、多くがいずれかの神社にゆかりがあると言われます。その名字の祖先神であったり、守護神であったりします。

「○○(名字)さんと結婚したいと思います。よろしくお願い致します」と自分がその名字を名乗る覚悟があることを神様にお伝えすると、よいご加護があるかもしれません。

お賽銭の際は重いコインを

お賽銭をいれるとき、縁結びでお参りした人なら「ご縁がありますように」と五円玉を入れる方も多いのではないでしょうか?しかし、実は神様によく通じるようにするには、音が響くように重いコインを入れた方がいいのです。

音を響かせると浄化(お祓い)・神様への感謝を表す作用があり、大きな鈴を鳴らすのも、柏手を打つのもそのためです。だから例えば500円玉や、できるだけ重いコインを入れた方が、神様に通じやすくなります。

パワースポットでやってはいけないこと

お願い事をするのはNG

多くの方が、神社などのパワースポットに行けばお願い事をすると思いますが、実は「神様にお願い事をしてはいけない」のを知っていますか?神社というのはお願い事をする場所ではなく、神様にお礼・感謝を伝える場所なのです。

神様は、その人の意識の向かっているものを陰ながら引き寄せて下さるのですが、お願いをするという行為はどちらかというと「まだ願いがかなっていない状況」について強く意識している状態です。

すると、例えば「素敵な人に出会いたい」とお願いしている時は「出会えない」というマイナスなことの方を本人が強く意識しているので、「出会えない状況」が更に引き寄せられてしまいます。お願いをするという行為の時についつい考えてしまう「現在のマイナスなこと」への意識が邪魔をして、「素敵な人に出会える状況」の方はいつまでも手繰り寄せられないのです。

ですから神社ではお願いではなく、「お礼」をしましょう!すでにいい人に出会っているような気持ちで「いつも素敵な人に囲まれて幸せです、ありがとうございます。」と神様に感謝を伝えると、「すでに素敵な人に囲まれている」「幸せ」という強いハッピーな意識が神様に伝わり、その意識通りに幸せな状況を陰ながら引き寄せて下さります。

まるで既に願い事が叶ったような気持ちで、神様にお礼を伝えましょう。日頃の幸せに対しての感謝も伝えましょう。

お礼や感謝の念は、願い事よりも神様に通じやすいのだそうです。そして、お伝えしたら、あとは安心してハッピーな気持ちで過ごし、果報を待ちましょう。

顔を覆う

いざお参りをするとき、よく目をつむって顔の前で手を合わせる人がいますが、お参りするときはそれはNG!拝殿の奥にある「本殿」を意識して、鏡や扉をしっかり見つめましょう。

胸の前で手を合わせて、自分の名前・生年月日・住所を伝え、神様へのご挨拶とします。混んでいるときは、混雑を避けて列から離れ、しっかりと本殿を拝めるところでお祈りしましょう。

飲食をする

神社ではできるだけ飲食は控えた方がいいですね。

神社というのは神様のおうちのようなものなので、お参りの時に手水で口手を清めることからもわかるように、できるだけ清潔な状態で心を整えてお邪魔したいですね。

また、中には重要文化財などに指定されていて、建物に影響がでないよう様々な規則を設けている神社もあります。ルールを守ってお参りしましょう。

写真撮影は控える

神社にお参りするとき、思い出に写真をとっておきたい!!と思うかもしれませんが、神社での写真撮影はできるだけ控えましょう。

特に、ご神体の祀られている正面から写真を撮ることはタブーとされています。どうしても取りたい場合は、神社に注意書きがあれば確認し、斜めから撮影してもよいか、など神社の方に確認をしましょう。またフラッシュは建物を傷めるため禁止の場合もあります。ルールを良く守り、神様に失礼にならないように振舞いたいですね。

鳥居がある際は真ん中を歩かない

鳥居をくぐる時は、参道の真ん中は歩かないようにします。

参道の真ん中は神様の通る道なのです。鳥居があればどちらかの柱寄りに立って一礼します。

鳥居から先は俗世とは区切られた神様の神域といわれています。よそのお宅に上がる時に勝手にあがらないのと同じように、立ち入ることを神様にご挨拶して敬意を示してから道の中央をさけて歩きましょう。

夜に参拝しない

夕方や夜になると、日の入りとともに運気が静まり、陰の気が満ちてくると言われます。

また、朝の御経(祝詞)で神様をお迎えし、夕方の御経では神様を送り出すとも考えられているので、遅い時間に参拝に行くとせっかく参ったのに神様がいらっしゃらないかもしれません!

また、神社によっては日暮れの早い時期では閉門されていることもあります。

せっかく行くのですから、それだととても残念ですよね!ぜひちゃんと計画して、余裕をもって早い時間にしっかり神様とお会いしましょう。

まとめ

日本にはたくさんの縁結びの神様がいらっしゃるのですね!日常生活の中で神社にお参りすることはお正月くらい、という人も多いと思いますが、古くから伝わる恋愛の力やおまじないのある神社には、やはりそれなりの力があるのだと思います。

色々できることはやってみたけどいまいち恋愛運が向いてこない、という方は、是非気になる神様のところへ出かけてみましょう。初めての土地を旅しながら、その土地の神様にご挨拶して、その土地の良いところを観光して美味しい恵みを頂いたりしていると、心が洗われるような素敵な体験になるのではないでしょうか。

そうして実際に行動してみた人はそれまでよりも何だか魅力が増して見えたりという効果もありますね。好きな相手がいる人、素敵な恋愛がしたい人は、ちょっとだけ神様の力をお借りして、素敵な縁を手繰り寄せてみませんか。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …