Home / ファッション / 丸の内OLのファッショントレンドと、OLのための休日ファッション

丸の内OLのファッショントレンドと、OLのための休日ファッション

OLのオフィスでのファッションは、露出があまりないもの、色使いが激しすぎないもの、動きやすいもの、などと、制約があってなかなか楽しみ切れないですよね。

そこで今回は、OLファッションの最先端である丸の内OLのファッショントレンドと、OLの休日ファッションの楽しみ方をご紹介します。

今どきの丸の内OLのファッショントレンドは?

女性らしさを引き立たせる抜き襟

OLファッションというと、仕事着でもあるので、ある程度のしばりがありますが、その中でいかにトレンドを盛り込み、楽しむのか、彼女たちは日々工夫、格闘しています。

とくに、丸の内となると、あまりいい加減な印象は歓迎されないですし、かといって固すぎると女性らしさが無くなってしまい、センスがよくなく見えがちです。そのあたりのバランスを考えてコーディネートするわけですが、今のトレンドのひとつは抜き襟です。

抜き襟とは、着物の着こなしのような、襟を少し首の後ろに開けさせてシャツを着るという着こなしですが、アパレルメーカーも、各社、昨年くらいから、この着こなしがしやすいシャツを多く販売しています。

ビジネスパーソンとしてのきちんと感を、シャツの張りで出しつつ、センシュアルなムードや、女性らしさの演出が出来るので、ギャップが出せやすく、流行っています。

また、トップスを襟つきのシャツにすることによって、マニッシュな印象も生じるので、ネックレスやブレスレットが多少フェミニンなデザインでも、やり過ぎになりにくいので、アクセサリーづかいにも幅が出ます。

ヒラヒラのブラウスに同じアクセサリーをつけたら、やり過ぎに見えやすいものも、少しのマニッシュが緩和してくれます。

ゆるくて楽ちん、ワイドパンツ

ボトムスで流行っているのは、ワイドパンツです。ここ数年、若い女性から大人女子まで、ワイド系のパンツがトレンドですが、それは丸の内でも同じです。ただし、素材は張り感のあるもので、あまりふわふわし過ぎないものがトレンドです。

素材が薄すぎると、ワイド系パンツは、リゾート感が出てしまうので、ある程度のしっかりした生地で、ワイド系のパンツがOLからの支持をあつめています。ワイド系パンツは、トレンドをおさえつつ、同性受けがいいのも特徴です。

仕事場では、女性同士で協力しなくてはなりませんから、ある程度空気の読めたファッションであることを求められます。フリーランスで仕事をしている女性なら、いくらでも好きなテイストに出来ますが、丸の内できちんと空気が読める感を出すには、個性的であるよりも、少し個性おさえ目が、安全でもあります。

またそんなワイドパンツはシルエットが分かりにくいので、楽という側面もあります。毎日仕事で疲れ、満員電車で帰る女子には、スカートよりもタイトパンツよりも楽なのは、便利です。今のトレンドはまた上深めなので、しゃがんでも下着などが見えてしまう危険も少ないですから、便利なボトムスです。

コーディネートのバランスは?

ボトムスがワイドで、あまり女子力高めに感じなければ、パンプスのヒールを高くしてもいいし、アクセサリーで調整も出来ます。ここまで紹介してきた、トップスを抜き襟シャツ、ボトムスをワイドパンツというセットは、丸の内でよく見ます。

ただ、人によって年代によっても、オール黒コーデや、オール白コーデの、チャレンジングな色合いのひともいれば、アースカラーを多用しているひとなど、色はさまざまです。また、これらの服のコーディネートは、髪型がロングでもボブでも、ショートでも合うので、たくさんのひとがしているという分析も出来ます。

アクセサリーは、ごつめがトレンドです。大きなモチーフのいくつか連なったピアスや、ブレスレットが多く見られます。渋谷などでは、アクセサリーはじゃらじゃら付けが流行っていますが、オフィス街では、あまりたくさんつけるより、二つか三つくらいにとどめるひとが多いです。

ボトムスで、ワイド系パンツ以外だと、スカートでは、長めの丈が流行りです。バランスを取るのが難しいアイテムですが、膝上や膝が隠れるくらいのスカートより、今っぽさを出せるのは、長め丈です。

大体、マキシ丈までいかない、脛の途中まで隠れるくらいの、たっぷりと布を使ったスカートがよくはかれています。そういうスカートをはいている丸の内女性の足元は、ヒールが低い靴です。

また、バッグは、使いやすいとは言えませんが、クラッチを持っているひとが、よりいけている女性とされる傾向が見られます。難しいのにあえて使うというところで、差をつけられる出来るオンナ感を出しているひともいます。

ただし、クラッチは、一時期にくらべて大きくなりました。パーティー的な雰囲気ではなく、あくまで仕事で使うクラッチバッグというのを、アパレルメーカーも出しているので、そこに最低限にまとめた荷物を入れて颯爽と歩くと、アーバンな印象で、難易度が高いことからも、尊敬の眼差しを送られていることが多いです。

丸の内OLというと、中にはフェミニンなイメージを持つ人もいますが、実際はそこまでフェミニンというより、ある程度実用的で、同性の女性からも愛されるコーディネートや、アイテムが使われています。

ファッションのトレンドが、マニッシュな要素が多いからか、ヘアーで後れ毛を出したり、可愛らしい印象の編み込みをするのも流行っています。何気ないヘアーに見えて、アイロンで後れ毛をキッチリ巻いているひとが多いです。

オフの日こそ輝く、OL向け休日の服装!

休日だけの楽しみファッション

多くのOL女子は、毎日仕事と家の往復を基本としている為、職場で過ごすことを前提とした服装で出勤していきます。傍から見てもOLであることがわかるようなファッションで通勤している人も多いでしょう。

それは学生時代の制服と同様、OLの制服ともいえるようなものなのかもしれません。一見楽に見える服装ではあるものの、好んでしているものとは違い、洋服を着たとしてもウキウキするような気持ちにはなれませんよね。

OLが輝くのは、オフ!仕事終わりや、休日の服装は普段着用することができないデザインの物だったり、アイテムだったりしませんか。息抜きのように着る洋服を変えることでリフレッシュすることができます。今回は、OLならではの休日ファッションについてご紹介していきます。

休日はスニーカーで足の休息

足元はスニーカー!カジュアルな休日を 仕事をする時にはヒールを履いているという女性は多いでしょう。それが決まったスタイルと言わんばかりにヒールを履いている女性は多く存在しています。しかし、休日にまでヒールを好んで履く必要はありません。

ヒールを毎日履いている女性の足はとても疲れています。休日だからこそ、ヒールを避けスニーカーやぺたんこ靴などにシフトし、カジュアルなファッションを楽しみましょう。デニムやカットソー、スニーカーなどいつもと違うファッションを楽しむことで、休日感を味わうことができます。

カラフルな洋服で気分を上げる

職場ではカラフルな色味よりもダークカラーが好まれています。これは、日本人特有の感性なのかもしれませんが、白・黒・グレー・ベージュなどの色味が職場では好まれているようです。その為、普段は着ないカラフルな洋服を着ることで、気持ちを明るくすることができます。

同時に、カラフルな色合いは女性を華やかに見せてくれますし、心も元気にしてくれます。いつもの地味なカラーではなく、明るいビタミンカラーのような原色を取り入れることで休日を満喫することができるでしょう。

ボーイッシュスタイルでアクティブに 休日だからこそ、女性らしいファッションではなくボーイッシュなファッションに身を包むというのもおすすめです。職場では女性は女性らしさを求められていますし、制服があるような職場であればほとんどがスカートですよね。

いつも女性らしいファッションでいるのは窮屈さを感じてしまうかもしれません。そこで、いつもとは異なるボーイッシュなファッションに身を包むと、それだけでアクティブさが湧いてくるでしょう。

夏であれば、音楽フェスに参加したり、キャンプや海などのレジャーを楽しむ、冬であればスキーやスノーボードなどを楽しむなどアクティブに活動することができます。街中で職場の人に偶然出会ったとしてもわからないぐらいのファッションをしていると、誰かに会うのではないかと不安になる必要もなくなるでしょう。

オフィスではタブー、肌見せファッション

肌見せファッションにチャレンジ 職場で仕事をする時のファッションでは、露出は控えるように言われることが多いようです。仕事をするときに、胸元が開き過ぎていれば男性社員にとっては目の毒になりかねません。

その為、きっちりとしたファッションが好まれるようです。清潔感があることも求められている為、肌見せファッションはタブー。だからこそ、休日にはちょっとした冒険心で肌見せファッションにチャレンジしてみませんか。

最近では肩を思い切って出すオフショルダーが流行っていますが、職場に着ていくのはためらわれてしまいますよね。休日であれば、あなたがどんなファッションをしていても誰も注意しません。

好きなものを好きなように着る OLだからこそ、休日には自分の好きなファッションを着る楽しみが生まれます。制服や清潔感のある服装だけを求められる職場ではなく、好きな時間を過ごせる休日は自分の好きなものを着ても良いのです。

ただし、注意しなければいけないのが、職場の人と会う可能性がある場所に出向く時や、ばったり会った時に気まずくならない程度の服装をしておきましょう。

出会った人によってはプライベートなことでも噂をされてしまうこともありますし、職場で地味なファッションをしていた人が休日になると派手はファッションをしているなどと嫌味を言われてしまうかもしれません。

出掛ける場所や、会う可能性によって着る洋服を選ぶことも大切です。 毎日仕事で疲れているからこそ、休日に自分の好きなファッションをすることでストレス発散することができます。

特にヒールを履いて仕事をしている女性は、休日にはヒールを脱ぐことをおすすめします。毎日のヒール生活では、自分で思っている以上に足が疲れていますので、休日ぐらいは休ませてあげてください。

自分の好きなファッションを着て、好きな場所に行き、好きな時間を過ごすことで、また明日からの仕事に精を出せます。オンとオフをしっかり切り替えられるようになれば、仕事に対しても良い効果が生まれるでしょう。

まとめ

週末で心身両方をリフレッシュしなければ、次の1週間を元気に迎えることはできません。平日はオフィスでキレイ系ファッションをたのしみつつも、休日はオフィスとは異なるファッションを楽しめるといいですね。


スポンサーリンク

Check Also

男女別モテる服装のポイントとモテにくい服装の特徴

男女別のモテモテコーディネート …