Home / 美容 / ファンデーション / オイリー肌の女性のためのファンデーションの選び方とおすすめアイテム10選

オイリー肌の女性のためのファンデーションの選び方とおすすめアイテム10選

オイリー肌の方は特に、肌のテカりや皮脂によるメイク崩れが気になりますよね。夏は汗ですぐメイクが落ちてしまったり、冬は室内の暖房がきいていて暑かったりと、夏でなくてもオイリー肌の悩みは尽きません。

そんな気になるテカりや毛穴を隠そうと、ついファンデーションが厚塗りになってしまってメイクが崩れやすかったり、皮脂と混ざってドロドロになってしまう・・・なんてことはありませんか?

今回はオイリー肌の女性のためのファンデーションの選び方とおすすめのファンデーション10選をご紹介します。皮脂や汗に強いファンデーションで、汚く見えてしまうメイク崩れやテカりの悩みを解消しましょう。

スポンサードリンク

オイリー肌とは

まずはオイリー肌とはどのような肌のことで、オイリー肌になる原因は何かを考えていきましょう。

オイリー肌の特徴

オイリー肌の特徴は、まず何と言っても皮脂の分泌が多いことです。皮脂の分泌が過剰になっているので、肌のテカりやメイク崩れが気になり、ニキビや毛穴などに悩まされることもあります。オイリー肌は脂性肌とも言います。

メイクをしても汗や皮脂で崩れやすいので、すぐにベースメイクがよれてしまったり時間とともにテカりが気になることもあります。せっかくメイクをしても汗や皮脂でドロドロになって汚い印象になってしまうのは嫌ですよね。

オイリー肌になる主な原因

オイリー肌になる主な原因は、「食生活」「ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れ」「不適切なスキンケア」「遺伝的要因」の4つ考えられています。

「食生活」は、皮脂の過剰摂取を避け、特に中性脂肪になりやすいバターやマーガリン、ショートニングなどは避け、お肉の脂身も控えめにしましょう。血糖値を急上昇させる精製された小麦粉や砂糖も皮脂の分泌を促進させると言われています。

反対に、ビタミン類は皮脂の分泌をコントロールすると言われています。食事全体のバランスを意識して、皮脂の分泌を促進させるものは控えめに、皮脂の分泌をコントロールするビタミン類は多めに摂取してみましょう。

また、同じ脂質でも青魚に含まれる脂質にはビタミン類やオメガ3が豊富に含まれており、バターや肉類の脂身などとは違いコレステロールを下げる働きがあるので、脂質の代謝に効果的です。青魚や鮭の脂質は気にせずに食事に積極的に取り入れましょう。

「不適切なスキンケア」は、皮脂が気になるからと「洗いすぎる・皮脂をとりすぎる」ことによって、肌を守るために皮脂を過剰に分泌していることが考えられます。洗浄力の強すぎる洗顔料や、力を入れてゴシゴシと洗うと皮脂が必要以上に落とされるだけでなく、肌のバリア機能も低下してしまいます。

刺激となる洗顔の他にも、保湿不足も実は過剰に皮脂を分泌してしまう原因になります。皮脂が十分出ているので肌が潤っていると思い、保湿をあまりしないのは間違いです。保湿をすることでべたついてしまうと思いがちですが、保湿されていない乾燥した肌を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

さっぱりした使用感の化粧水を軽くつけるだけや、10代のニキビ肌用のスキンケアだけで済ませるだけでなく、まずは手持ちの化粧水をしっかり重ねて、肌の奥まで水分を届けるイメージで保湿をしてみましょう。

オイリー肌の女性によくあるお悩み

皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌は、顔のテカりやメイク崩れが気になるだけでなく、ニキビや毛穴の開きなど、素肌の見た目も気になりますよね。皮脂によって炎症を起こすことで小鼻の赤みが気になることもあります。

オイリー肌を食事やスキンケアなどで根本的に改善しつつ、上手にファンデーションを選んで、メイク崩れにくいベースメイクをしましょう。

オイリー肌の女性のファンデーションの選び方

皮脂によってすぐ崩れたりテカりが気になるオイリー肌ですが、どのような事に気を付けてファンデーションを選べばよいのでしょうか。オイリー肌の人の上手なファンデーションの使い方をご紹介していきます。

パウダータイプのファンデーションとオイリー肌

さらっとした仕上がりのパウダータイプのファンデーションは、べたつきやテカりを抑えてくれるのでオイリー肌の人に使いやすくおすすめです。余分な皮脂をパウダーが吸着してくれる効果もあります。崩れたらティッシュで押さえてさっとのせるだけなので、化粧直しも簡単ですが、カバー力があまりないのが欠点です。

ファンデーションに付属のスポンジでつける方法以外にもブラシで乗せる方法もあるので、いろいろ試して肌に合った崩れにくい方法を見つけてくださいね。ファンデーションの前に皮脂崩れやテカりをおさえてくれる下地を使うのもおすすめです。

リキッドタイプのファンデーションとオイリー肌

リキッドタイプのファンデーションは、伸びがよくさらっとした仕上がりのものを選びましょう。オイリー肌の人には、オイルフリーのものや、皮脂を吸着してくれる成分が入っているもの、塗るとパウダー状になるものがおすすめです。毛穴やニキビなど気になる部分を隠そうと厚く塗るのは崩れやすくなる原因です。さらっとした仕上がりのものを薄く塗り、仕上げにパウダーで密着させましょう。

クリームタイプのファンデーションとオイリー肌

クリームタイプのファンデーションは、しっとりした使い心地と高いカバー力が魅力ですが、油分が多く含まれていて重いのでオイリー肌にはあまりおすすめできません。冬場に頬などの乾燥が気になる人は、部分用として使いましょう。

スティックタイプのファンデーションとオイリー肌

スティックタイプのファンデーションは気になる部分をしっかりカバーできますが、厚塗りになりやすく、皮脂と混ざって崩れやすいのでオイリー肌の人にはあまりおすすめできません。パウダーファンデーションと組み合わせて、コンシーラーのように部分使いすることをおすすめします。

BBタイプのファンデーションとオイリー肌

美容効果もあり一本で仕上がるBBタイプのファンデーションは、リキッドファンデーションと同様に、オイルフリーのものや仕上がりがさらっとするものを選びましょう。厚塗りは化粧崩れの原因になるので薄く塗り、仕上げにパウダーで密着させましょう。

BBクリームの中には過剰な皮脂に効果のあるビタミンを配合した商品もあるので、気になる皮脂をケアしながら簡単にベースメイクを完成させたい人にもおすすめです。

オイリー肌の女性におすすめのファンデーション10選

オイリー肌の方におすすめのファンデーションをご紹介します。パウダータイプもリキッドタイプも気になる皮脂や毛穴をカバーしてくれる製品がたくさんありますよ。

パウダーファンデ モイストUV(キスミーフェルム)

ドラッグストアで手に入り、試しやすい価格のキスミーフェルムのパウダーファンデーションです。うるおい成分を豊富に含んだややしっとりとした使い心地で、パウダーファンデーションによくあるパサつきが気になりにくいです。毛穴などの凹凸をなめらかにカバーしてくれます。大人キレイを叶えるとキャッチフレーズにある通り、大人の女性にもおすすめのプチプラコスメです。SPF24・PA+++

カバーするのに素肌感持続パクトUV(エスプリーク)

仕上がりが長続きすると評判のエスプリークのパウダーファンデーションです。ネーミングの通り気になる毛穴などは隠しつつも、厚塗り感のない素肌のような肌が長時間持続します。化粧膜の浮や動きを徹底的にブロックする新開発のパウダーの働きでファンデがヨレにくく、オイリー肌の人が気になる毛穴落ちも防ぎます。SPF22・PA++

ライトフルC SPF30 ファンデーション(M・A・C)

カバー力がありプロのヘアメイクにも使われているM・A・Cのパウダーファンデーションのリニューアル商品です。さらっとしたクリアな仕上がりで、厚塗り感なく気になる部分をカバーできます。さらにクリア感と光を感じる新世代パウダー処方で、細かい粒子で透明感が持続します。パウダーでも保湿成分がふんだんに含まれているので、粉っぽくなりません。SPF30・PA+++

ホワイトニングBB(オルビス)

スキンケア志向のオルビスのBBクリームは、BBクリームにはめずらしい持続性ビタミンC配合で、気になる皮脂にも効果が期待できます。薬用美容液に色を付けて生まれたBBクリームなので、美容効果はばっちりでメイクしながら美白ケアができます。仕上がりが長時間キープする処方で気になる皮脂崩れも防いでくれます。これ一つで美白美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・パウダーを兼ねているので、時短でベースメイクが完成します。SPF40・PA+++

カシミアファンデーション(バーバリー)

さらっとした仕上がりと崩れにくさが特徴のバーバリーのリキッドファンデーションです。リキッドですがセミマットな仕上がりで、べたつきも気になりません。軽いテクスチャーながらクリーミーな使い心地でしっかりカバーしてくれます。崩れにくい処方なので、皮脂や毛穴落ちが気になるオイリー肌にもおすすめです。SPF20・PA+++

スマートスキン ベリーレア(ALBION)

スフレのような生チョコのような感触の、アルビオンの新ジャンルのファンデーションです。肌に触れると体温でじゅわっと溶けだし、パウダーファンデーションのような軽さでするすると広がり素肌と一体化します。リキッドとパウダーの良いところを合わせたような新感覚のファンデーションです。薄付きで素肌のような仕上がりで、オイリー肌の人が気になるツヤ感が出過ぎずに、カバーしてくれます。SPF33・PA+++

ウルトラカバーUVファンデーションII(セザンヌ)

ファンデーションで600円と驚きのプチプラながらも、しっかりとしたカバー力が評判のセザンヌのパウダーファンデーションです。オイリー肌に嬉しい、時間とともに気になる皮脂をブロックする成分が配合されており、サラサラの使い心地です。皮脂をブロックするサラサラの使い心地でも、うるおい成分が配合されているので、パサつきを感じにくいです。詰め替えのレフィルは480円です。皮脂やテカりが気になる学生さんにもおすすめです。SPF35・PA+++

スムースフィニッシュファンデーションパウダー(ローラメルシエ)

ベースメイクで人気の高いローラメルシエのパウダーファンデーションです。微粒子のパウダーが肌にぴたりと密着しシルクのような、なめらかに仕上がりになります。薄づきながらも細かな粒子が、毛穴など凹凸が気になる部分にも密着してくれます。そのまま使ってパウダーファンデーションとしても、スポンジを濡らしてクリームファンデーションとしても使えます。しっかりカバーしたい部分や、乾燥が気になる部分に使い分けることができます。SPF20・PA+++

プリマヴィスタ くずれにくい化粧のり実感パウダーファンデーションUV(ソフィーナ)

皮脂崩れが気にならないと、オイリー肌の人に人気のプリマヴィスタのパウダーファンデーションです。化粧のりの悪そうな肌の状態の時でも、ムラなく均一にのびて密着してくれます。フェイスランプパウダーEX配合で、気になる毛穴などの凹凸を目立たなくしてくれます。SPF25・PA++

耐皮脂処方で汗にも強い「皮脂くずれ防止化粧下地」も発売されているので、合わせて使うとさらに皮脂や汗による化粧崩れを防ぐことができます。

まとめ

オイリー肌の方におすすめのファンデーションについてご紹介しました。オイリー肌にはさらっと仕上がって皮脂を吸着してくれるパウダーファンデーションが使いやすくておすすめですが、リキッドファンデーションでもサラサラに仕上がるものや、つけるとパウダー状に変化するものもあるので、いろいろ試して肌に合うものを選んでみてくださいね。

パウダーファンデーションでもリキッドファンデーションでも、崩れないようにと厚塗りするのではなく、できるだけ薄く仕上げるのがコツです。

オイリー肌に合ったファンデーションで気になる毛穴やテカりをおさえつつ、本格的に汗やテカりが気になる夏になる前に、生活習慣や食事を見直して内からも改善していけたらいいですね。


スポンサーリンク