Home / 結婚 / 入籍のあれこれ~婚姻届の記入・提出・手続き

入籍のあれこれ~婚姻届の記入・提出・手続き

皆さん、入籍についてどれだけ詳しくご存知でしょうか。

結婚と入籍の違いや入籍に必要なもの、婚姻届の書き方など、意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

本記事では、そういった入籍にまつわる様々な情報をご紹介します。

スポンサードリンク

そもそも結婚と入籍の違いとは?

結婚とは

結婚というものは一般的には男女が夫婦になること言います。法律では婚姻という言葉が使われており、このため役所に提出する書類は結婚届ではなく婚姻届と言います。この届出をすることで新しい戸籍が作られ、また役所に届出た夫婦が、法的に夫婦であると認めることになります。

以前は結婚すると婚姻届を出すのが当たり前でしたが、必ずしもこれは義務ではなく結婚式だけ挙げて届出を出さないケースもありますし、結婚式も婚姻届も出さずに同棲生活を続けるカップルも増えています。

また婚姻の本来の意味は社会的に夫婦であると認められることを指しているため結婚とは同意義ではありません。単にプロポーズだけで婚姻届も結婚式も挙げない場合には世間的には同棲しているという風にしか見られません。

古い時代においては結婚は非常に重要な事柄で、規制も厳しいものでしたが、現代ではルールにさえ則っていれば誰でも結婚する自由が認められています。このため婚姻届の意義はかなり薄れていますが、婚姻届で重要となってくるのが子供が出来た場合です。

子供が出来た場合には、その子の国籍を得るために戸籍に入れなければいけません。このさいに婚姻届を出していないと夫婦の籍は存在しません。このため親の戸籍に入れるといった事になります。そうなると法律上の親子にはならなくなるため、さまざまな弊害が生まれてきます。また親としての責任も主張できなくなります。

このため子供が出来たら婚姻届を出して、新しい戸籍を作り、そこに子供の籍を入れて法的な親子となる必要があります。

入籍とは

一方で世間的には結婚届を出すだけのことを入籍すると言いますが、これは誤用です。入籍とはすでに存在する戸籍に、その籍に入る人名が記載されることで、子供が生まれた場合や養子縁組を行う際に使われる言葉です。

結婚届を出すと新しい戸籍が作られるので、戸籍に入るというものではなく、本来は戸籍を作るといったものなのですが、古い時代の慣例や語感の良さから婚姻届を出すことを入籍をすると表現されています。

なお、世間的には結婚することが入籍するというイメージがありますが、時代とともに変化しているのが現状です。以前は結婚することは戸籍を作るということでしたが、現在では籍を作らずに夫婦生活をする人もいます。先に述べたように夫婦の戸籍が必要となるのは子供が出来た場合に役に立ってきますが、それ以外ではあまり関わり合いのないことにもなっています。

特に以前は夫が働き、妻が家を守るという性質上、妻を保護するという性質から婚姻届を出す必要がありました。特に保険の受け取りや遺産の相続には法的に夫婦であると認められていないと受け取る権利が失われる可能性もあるため、それらを鑑みた場合には婚姻届は重要なものといえます。

しかし現代では共働きが当たり前となってきており、また女性にも働きに応じた相応の収入が得られるようになっているため、古い時代に必要とされてきた制度の仕組みは大半が不要となってきています。むしろ、逆にいえば婚姻届を出しているがために、さまざまな法的な制限を受けることになります。

現在の日本では夫婦別姓が認められていませんから、結婚するとすべて姓を変更しなければいけません。これは離婚する時も同様ですので、婚姻届を出すさいの最大のデメリットといえます。このため結婚式は挙げても子供が出来るまで、あえて婚姻届を出さないで事実婚で過ごす人も多くいます。

その一方で婚姻届を出すことは誰でも行うことができるので、結婚式は挙げずに結婚したことを報告する手段として婚姻届だけを出して婚姻関係になったことをアピールするといった利用もされています。いずれにしても結婚をするということは夫婦だけの問題ではなく周囲から認められることや、子供が出来た場合のことを考えて行う必要があります。

入籍すると決めたなら手続きが必要

婚姻届を手に入れよう

男女が結婚を決めたなら婚姻届を提出することで、晴れて夫婦として認められます。入籍ともいわれていますが、婚姻届を出す手続きの流れについて、細かく見ていくことにしましょう。

婚姻届は自治体によって独自の内容になっているわけではなく、全国共通の内容に仕上がっています。そのため、婚姻届を提出する予定の役所ではなく、別の役所でもらってきても構いません。インターネットで用紙をダウンロードできる場合がありますので、役所に行くのが面倒であれば活用してみましょう。

地域によって、オリジナルデザインの婚姻届も見かけられます。素敵な思い出になるように、オリジナルデザインの婚姻届に拘ってみるのもおすすめです。こちらに関しては、後で詳しくご紹介したいと思います

手書きで作成しますので、書き損じが考えられます。間違えても構わないように、枚数を余分に受け取っておくと安心です。但し、役所によっては1枚だけしか受け取れない例がありますから、その場合にはダウンロードできる婚姻届を選んだほうが良いといえます。

必要事項に正確に情報を記入していきます。提出日は記入した日ではなく、実際に役所に提出する当日の日付です。氏名の欄は夫と妻、それぞれ分かれています。ふりがなや生年月日を記入する欄も用意されていますから、忘れないようにしましょう。

様々な記入事項

住所は現時点で住民登録をしている住所を記入します。住民票と同じ住所のことです。それぞれの本籍と両親の氏名を記入します。続き柄という欄には男と女の文字が書かれています。長男や長女であれば長と書くだけで構いませんが、次男や次女なら漢数字の二を記入するのがポイントです。

入籍後の夫婦の名字を決めます。夫の氏、妻の氏のチェック項目がありますので、決めた方にチェックを入れます。新しい本籍とは、夫婦の戸籍の場所を記入します。特に決まりはなく、日本の土地台帳に書かれているところであれば、どこを選んでも構いません。しかし、遠方の地を選ぶと戸籍謄本を取るのに手間がかかりますので、その点を考慮して決めるのがよいでしょう。

多くの例で夫婦の新居か実家、本籍が選ばれています。

同居を始めた時の日付を記入します。結婚式の日、実際に同居を始めた日のいずれか早い方を選んでください。どちらも該当しなければ、空欄のままで提出します。夫婦の職業はチェックを入れる欄と、職業を記入する欄があります。役所の窓口に職業一覧表が存在しますので、それに習って記入を済ませます。

届出人署名押印には、それぞれ旧姓とはんこを押します。はんこは個々に持っている別々のものを使ってください。実印を押す決まりはないため、認印でも可能です。連絡先の欄には日中に連絡ができる電話番号を書きます。自宅や勤務先、携帯の番号から選べます。

最後に承認の署名や生年月日、押印と住所、本籍を書いて終了です。親や兄弟、仲人など20歳以上の人物であれば誰でも構いません。記入が終わったなら、役所に提出します。結婚前の本籍地や新しい本籍地、所在地のいずれかの管轄の役所を選びます。結婚前の本籍地以外の役所に婚姻届を受理してほしいときには、戸籍謄本が必要になります。

本籍地を管轄する役所に向かい、交付申請書を受け取ります。戸籍筆頭者の名前と欲しい枚数を記入して提出し、手数料を支払えばもらえます。

婚姻届は24時間365日受付可能ですので、好きなタイミングに向かいましょう。但し、夜間の提出だと内容のチェックがされませんので、間違えて記入したものを提出すると、後日修正しに再び役所に向かう手間がかかったり、入籍日がずれてしまう結果になるため注意が必要です。

必ずしも夫婦が提出する必要はなく、代理人に任せることもできます。また、郵送でも提出を受け付けてくれます。

ダウンロードできる婚姻届けについて

自由な部分とルールがある

婚姻届のデザインは、自由です。実際に最近では、インターネット上から簡単にダウンロードすることができるようになっています。さまざまなデザインのものが増えていて、多様なデザインのものを提出するカップルが増加してきているのです。もちろん、近くの市区町村の役所の戸籍課でもらうこともできます。

そもそも、本当にインターネット上からダウンロードしたもので大丈夫なのかな、と心配になってしまう方もおられますが、印刷用紙のサイズさえ間違うことがなければ正式な婚姻届として認められるので大丈夫です。

一般的なサイズはA3と決められています。そのため、A3用紙以外のサイズでの提出は残念ながら役所で受理してもらえません。インターネットから印刷をする場合には、A3用紙で印刷をするか、A4で印刷をしたものをA3に拡大コピーして用意をすることが大事です。

ダウンロードをする際には、一般的なコピー用紙でも問題はないことになっています。インターネット上から印刷する際、どういった紙質が良いのか気になる人は多いと思われます。紙質は一般的なコピー用紙でOKなのです。でも、二人が夫婦になるためのとても大切な正式な書類になります。

そのため、上質な紙でプリントをするのもおすすめです。ここで注意ですが、特別だからといって和紙とか厚紙を利用した場合には受理されない可能性があるので注意が必要です。また裏紙を利用した場合にも受理されない可能性があります。なるべく避ける方が無難です。

婚姻届提出について

婚姻届けのデザインも自由となっています。オリジナリティあふれたものでも大丈夫なのです。近年では、ご当地デザインのものや、キャラクターが描かれているもの、世界各地の名所・旧跡や自然の風景が描写されたものなど本当に様々なデザインのものがあります。

記入すべきことがしっかりと記入され、必要であれば戸籍抄本といった書類を役所にもっていけば、たとえ手作りのものでも提出可能なのです。

婚姻届けは本当にいろいろな種類があります。インターネットなどで、好きなデザインのものを見つけてダウンロードして提出することができるので、二人にとってとてもいい思い出になります。提出をする際には、必要な書類があります。もしも、本籍地以外の役所に提出をするとなったら、戸籍謄本または、戸籍抄本が必要となります。

戸籍謄本とか戸籍抄本というのは、本人の本籍がある役所でもらうことができます。郵送で取り寄せをすることもできます。手元に届くまでに、1週間から2週間くらいかかるので、そこは注意をしないといけません。

あと提出をする際には、本人確認をするためにも、運転免許証とかパスポートなどの写真つきの身分証明証が必要になります。また、届け出とした日にちから同居をスタートするときには、転入届も出さなければなりません。また、提出と同居開始日が同じではなくても、転入届は別日に提出しても大丈夫です。

またもしも未成年の場合には、両親の同意書がないと提出をすることができません。同意書のひな型は役所でもらうことができますが、自分で作成をすることも可能です。もちろん両親が離婚をしているケースでも同意書はなければ婚姻届は受理してもらえません。婚姻届を提出する際の流れをスムーズに行うためにも、提出をする前に必要な書類はすべてそろえておくことが大事になります。

婚姻届というのは、二人が夫婦になるためのとても大切な書類になります。入籍日を二人の記念日にしたいといった場合には、書類に不備がないように事前にきちんと確認をしてから役所に提出することが大事になります。提出をする際に、二人の写真を撮影しておくとすごくいい記念になります。ダウンロードをする際にはサイズを間違うことがないようにしないといけません。

いかがでしたでしょうか。

婚姻届の書き方やルールなど、しっかり抑えておきたいですよね。

現在ではダウンロードすれば本当に様々な婚姻届が手に入りますし、入籍・婚姻届の提出も夫婦の思い出に残るイベントの一つかと思います。

二人だけの素敵な形で入籍、というのもとても良い記念になると思うので本記事を是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

男女における恋愛観と結婚観の違い

「もう付き合って4年も経つのに …