Home / 美容 / 乳液の効果

乳液の効果

乳液、皆さん使っていますか?
何気なく使っているなあ、という方、使っていないという方様々でしょう。

そもそも乳液ってどんな役割や効果があるのでしょうか。
乳液を使用したことのある方、ない方もここで少し乳液のことについて知ってみませんか。

ベーシックなスキンケアで提唱されているのは、
まず「洗顔」、「化粧水」、そして「乳液」というのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
基本の中の基本。だからこそ乳液のことって案外知らなかったりするものです。

乳液の役割や効果は知りたいけど、自分にフィットする乳液って何?選び方ってあるの?
注意することって?そういった疑問にもしっかりお答えしていきますのでどうぞご安心を。

さあ、あなたにぴったりの乳液を見つけて、きめ細やかな美肌を育てましょう!

スポンサードリンク

乳液の役割

乳液の役割として、よく聞くものがあります。
「蓋をする」という言葉、聞いたことありませんか?

化粧水に比べると油分を感じるのが乳液の特徴でもあります。
確かに、化粧水の蒸発を防いで、浸透を助けてくれるようなイメージがありますよね。

しかし、実際のところ、具体的には乳液の役割ってどういったものがあるのでしょうか。
これからご紹介していきますね。

1.肌表面を保護する

洗顔で洗い立ての肌は、油分がすっかり抜けきって潤いを求めている状態。
そこに化粧水がしみこむわけですが、それだけですと時間とともに蒸発し、より乾燥を招くことに。
せっかく潤った肌が可哀相なことになってしまいます。

そこで、先ほどの「蓋をする」という役割を果たす乳液の登場です。
肌表面を保護して内部の肌環境を守り、外部の刺激からも肌を守ります。
しっかりと丁寧に伸ばして、ツヤツヤの健やか肌を目指しましょう。

2.化粧水の効果を最大限に

蓋をする役割があると先ほどお話しましたが、
化粧水の蒸発を防ぐとともに、その効果を最大限に引き延ばすのも乳液の役割です。

化粧水の上から油分を含む乳液をつけることで、
化粧水の保湿成分や美容成分を肌に留まらせて、内部まで浸透させます。
化粧水本来の持つ効果がしっかりと発揮されるというわけです。

3. 肌のキメを整える

乳液には肌のキメを整える効果もあります。
角質層をやわらかくほぐし、乾燥してささくれだっていたキメを整えてくれます。

肌のゴワつきやくすみが気になるという方にも是非おすすめしたいところ。
キメが整えばファンデーションのノリもよくなり、
いつもよりワントーン明るく見える肌になれるでしょう。

4. 美容成分を肌に届ける

肌本来の潤い成分をご存知でしょうか。その名は「セラミド」。
元々、角質層に存在する成分で、水分や油分を溜め込む保湿効果を持つ成分です。

セラミド入りの乳液がたくさん売られているのは、
この潤い成分を外から入れ込んで補おうということなんですね。

セラミド入り乳液を使えば、外気の乾燥や毎日のメイク、
洗顔などでどうしても失われがちなこの成分を、サポートして角質層に届けてくれます。

是非一度、チェックして使ってみてくださいね。

選び方

さてさて、乳液の役割について学んだら今度はどんな乳液を選んだらいいの?というお話です。
プチプラからデパコスまで様々なスキンケアが豊富にある今。迷ってしまいますよね。

ポイントは、あなたの肌にしっくりとくるのかどうか。その一点のみです。
さて、どんなことを踏まえて選ぶのがいいのでしょうか。

そこには、いまあなたが何を「重要視したい」か、そこで選ぶ必要があります。
さっそく見ていきましょう。

1.肌に合うもの

お肌の個性は十人十色。
脂性肌から普通肌、乾燥肌に混合肌と…本当に様々なお悩みを皆さんもっていることでしょう。

そこで、重要になってくるのが、乳液の油分量のバランス。
脂性肌ならさっぱりタイプの乳液を使って、過剰に分泌される皮脂量をコントロールしましょう。

化粧水のみにしておくと、乾燥を招いてよりオイリーになってしまいますので注意。
保湿することで、良い肌環境が目指せます。

普通肌は、保湿力もノーマルなもので問題ありません。もともと肌の水分量や油分のバランスも良いので
その状態を維持できるよう、しっかりケアしていきたいですね。

乾燥肌なら、しっとりと重めの保湿効果の高い乳液がマスト。
洗顔も化粧水も保湿成分の入ったものを併せて使うことで、乾燥肌から脱却できることでしょう。
繰り返しケアすることで、ゴワつきもなくなり、しっとりやわらかいもちもち肌を目指せますよ。

混合肌なら、さっぱりタイプの乳液を使って、オイリーになりがちなTゾーンはごくごく薄く、
乾燥しがちな部分は念入りになど塗り方をちょっと工夫してみましょう。
それだけでだいぶ肌の感触は変わってくることでしょう。

以上、簡単にご紹介しました。
お肌に合っている乳液なら、角質層がやわらかくなり、もちもちと弾力のあるお肌になれるはずです。
是非、いろいろ試してみてぴったりの一本に出会いましょう。

2. 年代別

選び方のキーとして重要なのは肌質に次ぎ、そう、「年齢」です。

20代のお肌に比べて、30代はくすみ、乾燥によるシワ、そういった悩みが出てきます。
40代になるとより30代の頃の悩みが顕著に。
それぞれの世代別でおすすめの乳液はどのようなものなのか、お伝えしていきますね。

まず、20代の方。
20代前半から後半にかけて、肌の水分量がどんどん減っていくのをご存知ですか?
もしお肌の変化を感じるなら、水分量を高めてくれる保湿力のある乳液をチョイスしましょう。

30代は肌の水分量がまた一段階下がる年代。
くすみも乾燥も、水分量の不足から起こってきます。

そこで、やはり使いたいのは高保湿力の乳液。
化粧水も保湿力の高いものを使用すれば、徐々にくすみ感や乾燥も取れ、
肌がトーンアップして見えてくるでしょう。

40代は更に保湿力を重視したい年代。
特に目元、口元は乾燥しがちなので、しっかりとカバーできる乳液を選びたいですよね。
全体に乳液を塗ったあと、更に気になるポイントに重ね塗りしてみましょう。
続けていくと、朝にはふっくら肌が期待できます。

3. 用途別

あなたのなりたいお肌は、どんなお肌ですか?
さらさら肌、しっとり肌、美白肌…いろいろ憧れの肌質ってありますよね。
なりたいお肌別に、乳液を使い分けるのも選び方の一つのポイントです。

さらさらすべすべのお肌になりたいあなたには、
油分量少な目のさっぱりタイプの乳液がおすすめ。
化粧水も併せてさっぱりタイプを使用すると、さらさらしたお肌を目指せますよ。

しっとりもちもち肌になりたいあなたには、保湿力の高いしっとりタイプの乳液がおすすめ。
さらさら肌と同様に、化粧水もしっとりタイプを合わせてつかって、
特に乾燥しがちなポイントには重ね塗りしましょう。

美白肌になりたいあなたには、美白効果のある乳液がおすすめ。
トラネキサム酸など美白に対する有効成分を含む乳液が、
様々なスキンケアブランドから販売されています。

くすみや乾燥を防ぎ、水分量をアップさせることで美白に近づきますから、
保湿力も重視して選びたいですね。

4.ブランド・プライス別

様々なブランドやプライスのものがあるので迷ってしまいますよね。
そこで、プライスかブランドで決めるかで皆さんお好みが分かれてくることでしょう。

コストパフォーマンス重視派なら、プチプラでたっぷり大容量のものがたくさん販売されています。
あなたの肌質、目的にあった乳液をチョイスすれば惜しみなく使えて継続してケアできることでしょう。

一方で、スキンケアにある程度お金をかけてモチベーションをアップさせたい!
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

好きなコスメブランドにすれば毎日のケアも楽しいですよね。
更に綺麗になれるなら、一石二鳥です!

まずはドラッグストアかデパートか、によっても違ってきますので足を運んでみましょう。
自分のタイプにあった永く付き合える一本に、出会えますよ。

乳液の危険性

乳液の良さについてたっぷりお話をしてきましたが、乳液はお肌に直接つけるもの…。
きちんとした知識を持って選ばないと大変なことになる場合もあります。

これから、乳液を選ぶ際に注意したい成分、
またその成分によって起こりうる可能性についてお伝えしていきます。

ちょっぴり怖いですが、大切なお肌のこと。
まずは正しい知識を身に着けて、美肌マスターになりましょう!

1.合成界面活性剤

「合成界面活性剤」という言葉、聞いたことはありますか?
合成界面活性剤の危険性はよくネットなどでも叫ばれているので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
その影響もあってか、最近は合成界面活性剤不使用の化粧品も大変多くなってきました。

合成界面活性剤とは、油分を乳化させたり、
水分と油分を混ぜ合わせたりすることができる化学物質のことをいいます。
本来であれば水と油は混ざり合う訳はないので、
いかに不自然なことかお分かりになるでしょう。

また、水にも油にもなじんで肌に浸透していってしまう成分なのです…。
そう考えるととても怖いですよね。

さて、合成界面活性剤の入った乳液を使用するとどういったことが起きるのでしょうか。
具体的な例を見てみましょう。

2.肌のバリア機能を壊す

もともと肌は水分と油分のバランスを保って、内部環境を一定の状態に保つ働きをしています。
外部からのストレス(乾燥など)から守ってくれるのも、
肌の水分量と油分量の調整作用があるからなんですね。

そのバランスをくずしてしまうのが、この合成界面活性剤。
調和を保っている水分と油分の層に合成界面活性剤は浸透していき、バリア機能を壊します。
そうなると、肌はもちろん乾燥してボロボロに…。

わざわざ、こんな恐ろしいものを使う必要は全くありません。
様々な成分名があるので、これを機に調べてみると良いでしょう。

3.アレルギーを起こす可能性

合成界面活性剤の影響として、アレルギーやアトピーを引き起こすという例もあります。
先ほどお話したように、肌のバリア機能を壊す作用がありますから使用していればもちろん、
肌は非常に弱く、過敏な状態になります。

そうすると、皮膚の健全な構造やバランスが崩れて痒みを引き起こすことがあります。
綺麗だったお肌が、合成界面活性剤によって痒みを引き起こしてしまうなんて辛いお話です。

特に顔は敏感な部分であり、一番目立つ箇所でもあります。
乳液以外にも、シャンプーや化粧品など様々な商品に含まれています。
購入の際は、成分表を確認して、賢くきれいを目指しましょう!

乳液の選び方

さて、少々怖いお話をしてしまいましたが、じゃあ、具体的にどうやって安全な乳液を選べばいいの?
というお話になることと思います。

これから合成界面活性剤を見分ける方法について、しっかりお伝えしていきますからどうぞご安心を!
具体的な成分名を記載していきますので、購入時の成分確認に役立ててくださいね。
また安全な乳液を継続して使用することで得られることについてもお話していきます!

1.合成界面活性剤を見分けるには

様々な表記をされる合成界面活性剤。
知識のないまま成分を見ても、全くわかりません。

魅力的なパッケージを見たら、その毒性なんて尚更わからなくなってしまいますよね。
実は、200種類以上もの合成界面活性剤が存在しています。

こちらでご紹介するのはごく一部の成分ですが、
よく見かける成分ですのでしっかり覚えていきましょう!

1.ポリエチレングリコール…略称では「PEG」と記載されるので注意が必要です。
2.ラウリル硫酸ナトリウム…発がん性があるといわれています。
3.エデト塩酸…防腐剤として使用されます。アレルギー症状の原因になることもある成分です。

2.継続性

まず、安全な乳液に出会ったら、継続して使用することが何よりも大切です。
継続使用することにより、肌の水分と油分のバランスが整い、バリア機能が高まっていき、
結果的に健やかな肌へ導かれます。

乳液はクリームよりも油分が少なく、使用感も軽いので、
様々な肌タイプの方にあいやすいスキンケアアイテムだといえましょう。

是非、成分にもしっかりこだわって、あなた本来の美しさを引き出すケアをしていきましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
乳液の役割や選び方、成分についてなどお伝えして来ました。

何となく知っているようで知らなかった乳液のこと。
使っていなかった方も使ってみたくなったのではないでしょうか?

この記事を読んでいただいたあなたなら、ご自身の肌タイプや年代、お好みにあった、
安心成分の乳液に出会えるはずです。

継続してケアをして、誰もが羨む健やか美肌を目指しましょう!


スポンサーリンク

Check Also

洗顔で毛穴の黒ずみ・広がりを減らす方法!

洗顔が間違っていたり、十分な洗 …