Home / ファッション / 結婚式に呼ばれたら!ゲストのNGファッション

結婚式に呼ばれたら!ゲストのNGファッション

結婚式に呼ばれたら、心から幸せを願って、お祝いしたいですよね。でもそんな場面で、失礼があってはいけません。

結婚式のゲストとしての服装マナーを学びましょう。

スポンサードリンク

ゲストのNG 服装

結婚式では、カジュアルではなくドレスコーデが基本です。

服装のマナーを知らずに参加してしまうとマナー違反で相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるので注意が必要です。自分自身が恥をかかないためにも、適切なコーデを理解しておきましょう。

白系のドレス

まず、NGなのは白系のドレスです。

白は花嫁の色なので、白、クリーム、薄ピンクなどの白系のドレスは避けるようにします。白ではなくても、写真には真っ白に写ってしまい花嫁の衣装の色とかぶってしまう可能性があるので気を付けましょう。

上に羽織るボレロなどの素材も透け感がないものだと、白に見えてしまうことがあります。

披露宴は座って行うことがほとんどなので、上半身の色が白系だと白色が際立ってしまうことがあります。自分で下半身のコーデに差し色として白を使ったつもりでも、着席すると上半身に目がいきやすいので色には気をつける必要があります。

露出の多いドレス

他にも、膝が出るくらいの丈が短いドレスや肩出しドレスはNGです。露出が激しいと主役である花嫁よりも目立ってしまう可能性があるからです。

スカートは膝が隠れる丈で、タイトなラインのドレスは避けましょう。

特に結婚式に参加するゲストの年齢層が高い場合、露出が高いドレスは違和感を与えてしまうことがあります。夜の披露宴では露出が多いイブニングドレスなどでもいいですが、その場合は挙式の間は羽織ものをして露出は避けるようにしましょう。

毛皮や革素材

殺生をイメージさせる毛皮や革素材も結婚式ではNGです。

食事をするときにファーが飛び散って料理の中に入ってしまうことも考えましょうカジュアルな雰囲気の結婚式や披露宴ではOKなこともありますが、基本的には選ばないほうが安心です。

ドレス以外にも羽織ものやバッグ、靴にファーがあしらわれているものも避けたほうがいいです。

真っ黒な服装

 

かっちりした服ならOKと考えて真っ黒なスーツで出かける人もいますが、これも不祝儀の礼服なので避けたほうがいいです。

お祝いの席に真っ黒なスーツはかえって目立ちます。上品で花嫁よりも一歩引いたカラーコーデを心がけるようにしましょう。

かっちりしすぎたパンツスタイル

お呼ばれスタイルではワンピースドレスが基本ですが、最近はパンツドレスなどもOKなことが多いです。

ただし、パンツはフォーマルなビジネススタイルのものは避けて、光沢のある生地や華やかなカラーのものを選びましょう。

バイカラーのドレス

バイカラーのドレスは別れるという意味合いがあり、あまり縁起が良くないとされています。ただ、バイカラーは現在のトレンドなので、カジュアルな雰囲気の結婚式であれば許容範囲として認められることもあります。

ただしこれも気にする人はいるので、雰囲気を見極めて決めたほうがいいです。

許容されるドレス

黒を差し色に使う

黒を一切使ってはダメというわけではありません。

真っ黒な服装がダメというだけで、不祝儀の連想から外れるように黒いドレスに淡い色合いの羽織ものや光り物を合わせるように使えば着ても構いません。

セットアップタイプ

結婚式にお呼ばれされた時には、女性であればワンピースドレスを着ていくというのが一般的です。

しかし、ワンピースとなれば赤ちゃんも連れて親戚の結婚式に向かうというお母さんにとっては、披露宴が始まるまでの空き時間であったり披露宴の最中など、赤ちゃんに授乳をしなければならないこともあります。

結婚式場には授乳室が設けられていることもありますが、個室ではなく同じ授乳を行うお母さんたちが集まる場所であることから、ワンピースを裾からまくり上げたりファスナーを下げて上半身裸の状態で授乳をするわけにはいかなくなってきます。

そんなお母さんたちにも役立つのが、セットアップタイプの洋服です。

セットアップとは?

セットアップは、ワンピースのように一着で上半身と下半身をカバーできるものと違って、上半身と下半身で別の物を着ることになります。

トップスとボトムスが同じ素材で作られていたり、別の素材であっても上下で統一感があるものを組み合わせて着る方法です。

ボトムスには、パンツスタイル以外にもスカートスタイルもあります。

授乳をする時でも大きく脱ぐことなくなるため、便利で不自然に思われることがありません。

 

お母さん以外にも人気

また、セットアップは授乳をすることがあるお母さん以外にも人気があります。

ワンピースのように見えながらもウエストを絞ったデザインであれば、セットアップであることもあります。一つの布でつながっていないということは、着衣の乱れを防ぐことにも役立ちます。

結婚式でのブーケトスに参加をする女性の場合、ワンピースドレスであればブーケを受け取ろうと両手を上にあげることで、裾が一緒に持ち上がるのでショーツが見えそうになってしまうこともあります。

また、前かがみになったときにも後ろの裾が大きく持ち上がってしまうことにもなりますが、上下が別であればトップスだけが持ち上がるので、ボトムスはウエストからキープされてそのままの状態を保つことができ、ショーツが見える心配も少なくなります。

他にも、ワンピースドレスとなればボトム部分がスカートになってしまうものであり、足に傷がある人であれば見えてしまうことになります。冬であればカラータイツやブラックのタイツを履くことで隠すこともできますが、夏になれば肌色のストッキングを合わせることになってしまいます。

また、足が太いので膝から下であっても隠したいという人もいるでしょう。そんな女性たちにピッタリなパンツスタイルは、下半身をカバーすることができるセットアップとなります。

モノは選びましょう

結婚式では、女性でもパンツスタイルで参加することができますが、女性らしさや結婚というお祝いの場にもふさわしいような華やかなパンツスタイルにする必要があります。

素材では、光沢感があるものや淡い色味で優しい印象があるパステルカラーが向いていますが、花嫁の色でもある真っ白だけは避けなければなりません。
シンプルなセットアップであれば、アクセサリー類で変化をつけることも重要です。大ぶりのアクセサリーであれば、一気にスタイルをパーティー仕様に変化させることができ、光るものであれば華やかな印象を出すことができます。

全身ブラックのスタイルは結婚式の場では避けなければなりませんが、ジョーゼットなどの透け感のある素材が使用されていたり、ビーズやスパンコールがついていたり、レースやフリル、ギャザーなどのふんわりとしたデザインポイントが入っていれば違和感がありません。

他にも、パールのアクセサリーは、冠婚葬祭でどのシーンでも失礼に当たらない持っていると役立つアイテムです。しかし、パールであってもブラックパールになれば、葬儀を連想させてしまうので避けなければなりません。

ゲストのNGアクセサリー

アクセ

光を抑えたシックなアクセサリーをつけるのが無難です。

結婚式のゲストのアクセサリーはドレスに比べてルールが明確ではありません。なので悩みますが、最低限のポイントは抑えて相手を不快にさせないようにしましょう。

花嫁とかぶるもの

まず避けたほうがいいのは、花嫁とかぶるものです。花嫁の特権である生花やコサージュなどの大ぶりなものや、ティアラを連想させるキラキラ素材のアクセサリーなどは避けたほうがいいです。

コサージュは12cm程度までの長さなら許容範囲です。

腕時計

フォーマルな場面でうっかりやってしまいがちなのが、時計を身につけて行くことです。

時計をファッションアイテムとして持っている人もいるかもしれませんが、フォーマルな場では時計はNGアイテムです。時計を持っているということは、時間を気にしながら過ごしているという意味になるからです。
結婚式に呼ばれたのに時計を見て時間を気にしているのは失礼にあたるので、つけないようにしましょう。

目立つ白の小物

白ドレスは花嫁とかぶるのでNGですが、白系の小物も注意したほうがいいです。

ただし、小さくて目立たないものなら良いという意見もあります。白パールは結婚式の万能アイテムで、許容範囲です。一つ持っておくと大活躍します。
ただし、黒ドレスに白パールだとお葬式を連想させてイメージが悪いので、組み合わせに注意しましょう。

また、本物の素材を使っていなくても大丈夫です。最近ではプチプラでも高そうに見えるものもあります。
あまりにもプチプラなものは失礼にあたりますが、本物にこだわらなくても、イミテーションでも構わないです。

光り物

気をつけたいアイテムは、光り物です。

夜はいいですが、昼間の結婚式ではNGとなっています。マナー違反というよりも、写真撮影の際にアクセサリーが反射して写り具合が悪くなってしまう可能性があるからです。

フラッシュをたく写真撮影を控えている場合は避けたほうがいいでしょう。

揺れるピアスやイヤリング

揺れるピアスやイヤリングは「家庭が揺れる」という意味合いを持っています。
ただし、最近ではあまり厳密に守らなくてもいい雰囲気の式もあります。少しパールが揺れるくらいであれば許容範囲です。

おすすめのアクセサリー素材

昼間はシックなアクセサリーがオススメです。

パールやサンゴ、ビーズやラインストーンなどの素材なら、シックな色合いのものが安心です。キラキラとゴージャスに光るアクセサリーは写真撮影に影響が出ますし、大きさによっては花嫁 よりも目立ってしまうので避けたほうがいいです。

夜は本物のパールやジュエリーをつけてもいい時間です。ゴールドやクリスタルなどもOKです。時間帯によってキラキラ度は分けて考えましょう。

昼でも夜でもOKなのがパールなので、取り替えないでずっとつけているのであればパールを持っていくといいでしょう。

 ベーシックアイテムの王道はパールです。

ネックレスにもピアスにもどこにでも使えます。
もしくは、シルバーもギラギラしすぎないものは使いやすいです。小ぶりなシルバーのアイテムは人気があります。

ゲストのアクセサリー選びで大切なのは、周りとのバランスです。ゲストを見て新郎新婦のイメージが判断されますから、場の雰囲気にあったマナー違反にならないものを選びましょう。

ゲストのNGシューズ

靴はつま先が隠れるパンプスが定番です。

つま先が出ているものは、妻に先立たれるという意味があるので避けましょう。

新婦を引き立たせる綺麗な服装で

結婚式には、失礼にならないような綺麗な服装で、それでいて新婦を引き立たせるような服装を考えて、身に着けていきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …