Home / 未分類 / あなたは何系女子?それぞれの特徴と、思わせぶり女子にならない方法

あなたは何系女子?それぞれの特徴と、思わせぶり女子にならない方法

「〇〇系」というワードを耳にしたことがある人は多いと思いますが、草食や肉食はもはや流行語を超えて常用語になりつつあります。

そして今や「〇〇系」は他にも様々進化しているのをご存知でしょうか。それぞれの特徴を知り、自分は何系女子なのか確かめてみるのも面白いです。

まず、説明不要かもしれませんが、代表的な「〇〇系」として草食と肉食があげられます。

草食、肉食ともに草食動物、肉食動物から来ており、前者は恋愛において奥手で興味がなく、自分からアプローチをすることなく常に受け身の体勢です。一方の肉食はその真逆で、恋愛に対して自分からガツガツといくタイプで、男性に対してオープンで貪欲な女性です。

ここまでは聞いたことがある人が多いと思いますが、今はさらに「〇〇系」の動物、そして食べ物が非常に細分化されています。

今回は「〇〇系女子」の特徴や、過度な男性の勘違いを生みやすい「思わせぶりな女」にならないための行動術をご紹介します。

スポンサードリンク

動物系女子

犬系女子

まずは「犬」です。

犬は素直な動物で、飼い主に忠実です。その性質になぞらえて、男性に対して素直に感情を表し、従順に恋愛一直線になるタイプの女子です。

デート中に腕を組んだり、手をつないだり、常に彼とくっついていたいタイプで、会っていない間も常に連絡を取り合っていたいというタイプです。

すぐに感情が顔に表れるので、それを可愛いと思う男子も多いです。

猫系女子

犬とは逆のタイプとして「猫」があります。

猫タイプの場合は本当は甘えたいのに我慢してそっけない態度を取ってしまう、LINEの返信がないことをすごく気にしながらもそれを聞くことができない、好きな人が違う女の子と話しているのを見てすごく嫉妬しているのに素気なくふるまってしまう、などなど気持ちと裏腹な強がりの態度を取ってしまうタイプの女子です。

一見不愛想に見えても実はかわいらしい一面があるということで、そのツンデレ感が男性の心をつかむタイプです。

ウサギ系女子

あとは「ウサギ」です。ウサギタイプの女子はとにかく寂しがり屋です。

一人でいることが大の苦手で、常に彼氏に構ってほしい、常に一緒にいたい、常にLINEをしていたい、というタイプです。

感情の起伏が激しく、すぐに泣いてしまうのもこのタイプです。男性から見ても、女性から見ても「可愛い」と思われるタイプで、守ってあげたいと男性から思われるタイプですが、かまってちゃんが苦手な男子からは敬遠されてしまうこともあります。

ペンギン系女子

もう一つの動物は「ペンギン」です。ペンギンは物事を冷静に考えて行動するタイプの女子です。

ペンギンは空を飛べない鳥ですが、飛べない代わりに泳ぐ技術を身に着けた努力家の生き物です。

それになぞらえ、現実をしっかり分析し、理論的に判断できるのがこのタイプになります。気になる相手から連絡が来なくても感情的にならず、冷静にその原因を分析してゆったりと構えることができるのがこのタイプで、下手な妄想をしたり、現実離れした恋愛に走ることもありません。

と、ここまで動物のタイプ別特徴を紹介しましたが、食べ物タイプにも女性のタイプは分類されます。

食べ物系女子

ロールキャベツ系女子

まずは「ロールキャベツ」です。

これは草食、肉食と共に割と世に知られているタイプなのですが、ぱっと見はキャベツという草食に見えながらも、うちには肉食の積極性を秘めているタイプです。

女性にも男性にも見られるタイプですが、男性は元々そういう性質の人が多く、女性は肉食を前面に出すと敬遠されてしまうので、草食を取り繕ってロールキャベツになる、いわば計算というか計画的にこのタイプになっている人が多い特徴があります。

アスパラベーコン系女子

そしてロールキャベツの反対が「アスパラベーコン」です。

このアスパラベーコンタイプはロールキャベツのまさに逆パターンで、実は草食で恋愛に奥手というように見せたいと思いながらも、その草食性を前面に出すことができず本来の肉食性が表に出てしまっている女性のタイプです。

肉食と同じと思う人もいるかもしれませんが、開き直って積極性を出すのが肉食ならば、アスパラベーコンはその肉食性を本人は隠そうと装っている女性です。結局、肉食性は隠せずにバレてしまっているのですが、その隠そうとする努力を可愛いと思うアスパラベーコン女子が好きな男性も少なくはありません。

クリーミー女子

そして最後に「クリーミー」です。

クリーミータイプは癒しの存在です。

一緒にいると心が和む女性、スイーツが疲れを癒してくれるように、一緒にいると仕事の疲れもぶっ飛んでしまうような究極の癒しをもたらしてくれるタイプの女性がクリーミーです。このタイプは間違いなく男性にモテます。

次から次に男性からのアプローチが来るので彼氏の絶えないタイプでもあります。

ただし、クリーミータイプの人は故意に相手を癒そうとしているわけではありません。自然の状態で相手を和ませる雰囲気を持っている女性なため、計算して相手を癒そうとすると逆に変な空気を作り出してしまうこともあります。

このように「〇〇系」には食べ物から動物まで様々なタイプがありますが、自分はどこに当てはまるでしょうか。確かめてみてください。

 

勘違いさせない!思わせぶりな女にならないように注意しよう

 

以上の○○系女子、というわけではありませんが、誰とでもすぐ仲良しになれるフレンドリー女子は、時として男子陣に思わぬ勘違いをさせてしまうことがあります。

いつも笑顔であいさつは当り前で、相手の小さい変化にもすぐ気付き声を掛ける等、本人にとってはごく普通の日常的なことでも、特に女子慣れしていない男子にとっては思わせぶりととらえられる場合があります。

その結果、肝心の本命クンともただの仲良しで終わってしまうという悪循環に陥ってしまうことがあります。周りの男子を勘違いさせずに、本命クンとだけはそれ以上の関係に発展させるためには、いったいどう行動すればいいのでしょうか。

ボディタッチを減らす

人にはそれぞれの性格や行動癖がありますので、勘違いされるからといって急にそれを変えることは難しいでしょう。

いつも笑顔であいさつをしていた人が、突然そっけない態度だとかなり不自然です。

笑顔であいさつされれば誰でもうれしいものですし、大人として社会人としての基本でもありますので、それは毎日続けていきましょう。笑顔であいさつをしてから、その後の行動に気をつけることで、思いもよらぬ勘違いを防ぐようにすればいいのです。

まずは、ついついやってしまうボディタッチですが、それは本命クンのみにしましょう。

あいさつのついでに軽い気持ちでやっている人も多いかもしれませんが、男性は触られるという行動にとても敏感です。男性女性に限らず、イヤだと思う人に触れたりはしませんので、そこから勘違いが起きてしまう可能性もあります。

体を触られる、イコール自分に気があるのでは?と思われることもありますので特に注意しましょう。ちょっと肩に触れる程度の軽さであっても、ボディタッチは本命クンにだけする、そうすればいい意味で勘違いしてもらえるかもしれません。あくまでも軽く触れる程度のボディタッチです。

いい勘違いをしてもらうだけですので、最初はエロさは必要ありません。

 

声掛けも気を付ける

またヘアスタイルの変化や服装の変化、あるいは顔のちょっとした表情も、気付いくとつい声を掛けてしまうという場合もあるでしょう。小さい変化にも気付いてもらえる、というのは誰でもうれしいものです。

ただ、そこからまた思わぬ勘違いを招いてしまう恐れがあるのも事実です。特に小さい変化であればあるほど、よく見てくれている、好きだから見てくれている、という大きい勘違いが起きかねません。

かといって、気付いているのに知らん顔も難しいのがフレンドリー女子の性格です。だったら、いっそのこと毎日のように声を掛けてみるのはどうでしょうか。

誰にでも声を掛けられるフレンドリー女子の性格を利用して、「おはよう、髪切った?」という具合に、気付きもあいさつのひとつにしてしまうんです。

それも会う人皆に言えば、不自然ではありません。それを続けていれば、毎日冗談を言って明るい人、と思われるでしょう。最初は勘違いしていた男性も、ただの勘違いだと気付く時がきます。ただし、本命クンにはいい勘違いをしてもらうために、あえて普通のあいさつをすることをオススメします。

そして本当に変化があったときにだけ、「おはよう、髪切った?すごくいいね。」とプラスのひと言を加えましょう。ついでにボディタッチもあると、さらに特別感が出ていい勘違いをしてもらえるかもしれません。

それだけで?と思うかもしれませんが、実際にあるんです。少し前の話ですが、接客の仕事をしていると全てのお客様に同じように対応する必要があります。それぞれのお客様に特別感を出す、といったほうがわかりやすいかもしれません。

それは日常生活でも同じで、本命がいても特別に思ってもらうのに苦労していました。

そこで私が取った行動は、あえて距離を置くことでした。周りの人には同じようにフレンドリー的に接して、本命クンには日常的に話し掛けるといった具合です。そして、ここぞというときに特別感を出して接すれば、相手もいい勘違いをしてくれるんです。

「あれ?いつもと違う。」と思ってもらえれば成功です。いい勘違いをしてくれた本命クンは、その後行動を起こしてくれました。

何か違う、他と違う、といった具合に「特別感」はとても大切です。困った勘違いをされずに、いい勘違いをしてもらうためにも、本命クンとそれ以外の人とには「差」をつけるようにしましょう。

また思わせぶり女子の中には、悪意を持ってわざとする人もいますが、そういう人はいずれわかります。ただ単にちやほやされたいのか、勘違いされることで優越感を得たいのか、そういう思わせぶり小悪魔にもいずれ必ず終わりがきます。

もちろん、そういう人は誰が見ても魅力的だったりしますが、本命クンどころか周りの男性は勘違いに気付くのも意外と早いでしょう。男性陣もいつまでも勘違いするほど、世間知らずではないはずです。

そういう小悪魔はさておき、自分だけは周りの人を勘違いさせずに、本命クンにだけ特別と思われる存在でありたいものです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

自分がどういった系統の女子かを自覚することで、ご自分の武器を理解したり、性格上の弱点も補えそうですね。

また、男子は予想以上に勘違いしがちなので、注意しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …