Home / 恋愛 / 泣く夢は何を意味している?夢占いにおける泣く夢の意味

泣く夢は何を意味している?夢占いにおける泣く夢の意味

朝起きた時、決して辛いことがある訳ではないのに、泣いた夢を見て目覚めることがあります。こんな時、「どうして、泣く夢なんて見たのだろう?」と感じるのではないでしょうか。辛いことがあった訳ではないのに、朝目覚めると涙が出ていることもあります。

夢というのは、現実とは全く関係のないものを見ることもあります。そんな時、「この夢って、何か意味はあるのだろうか?」と感じます。では、泣く夢にはどういった意味があるのか、夢占いではどのように言われているのかご紹介しましょう。

スポンサードリンク

泣いている人別、泣く夢の意味

泣いている夢を見ると、「どうして、こんな夢を見たのだろう」と感じる人も多いのではないでしょうか。現実に、辛いことや悲しいことがあれば、夢の中で涙を流すのも納得出来ますが、「現実で辛いことがないのに、どうしてこんな夢を見たのだろう?」と不思議に思うはずです。

実は、夢占いでは泣く夢というのは、自分で気づいていないストレスが現れることもあれば、不安や感動などが現れることもあります。

また、願望成就の象徴とも言われており、泣いているからといって、決して悪い意味のある夢ではないということが分かります。

「そういえば、最近泣いた夢を見た」という人は、どんな夢だったかを思い出し、その意味を探ってみてはいかがでしょうか。気づかない自分の本心に、気づくことが出来るかもしれません。

自分が泣いている

泣いている夢を見た人の中には、自分自身が泣いている夢を見ている人も多いでしょう。実は、夢占いで自分が泣いている夢というのは、不安や後悔などを意味しています。

「実は、まだ気持ちがある恋人と別れてしまった」「仕事で、大きな失敗をしてしまった」という人の中には、自分では割り切っているつもりでも、心の中ではまだ消化しきれていない人もいるでしょう。「もっと、こうしておけば良かった」「こんなことしなければ良かった」という後悔の気持ちが、夢に現れたのかもしれません。

中には、悩みを抱えている人もいると思いますが、クヨクヨ悩み前に進めなくなっている人も、泣く夢を見る傾向にあります。いつまでも悩んでいても仕方ありませんから、気持ちを切り替えて前に進みましょう。そうすれば、必ず良い方向へと進むことが出来るはずです。夢で「前に進もう」とアドバイスをしてくれているのかもしれません。

また、泣く夢の中には嬉しさが隠れていることもあります。嬉し泣きの場合には、また意味合いが変わってきますから、夢を思い返し、その時の感情を思い出してみましょう。

家族が泣いている

泣いている夢を見た人の中には、自分自身が泣いているのではなく、家族が泣いている夢を見た人もいるでしょう。家族が泣いている夢を見ると、「何かあったのでは?」と不安になる人も多いでしょう。中には、一人暮らしをしていて、しばらく家族に会えていない人もいるでしょうから、家族が泣いている夢を見ると不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

実は、家族が泣いている夢というのは、その家族が何か悲しい出来事を抱えている、トラブルを抱えているということを暗示していると言われています。

「しばらく、家族に電話もしていないな」という人は、この機会に連絡をしてみましょう。話を聞くだけでも、心を軽くして上げることが出来るはずです。「何かあった?」ではなく、「元気?」とさりげなく連絡してみましょう。

同性の友人が泣いている

夢の中には、友達が出てくることもあります。頻繁に会っている友達もいれば、しばらく会えずにいる友達もいるでしょうから、友達が夢に出てくると嬉しいものです。

その友達が泣いていると「友達に何かあったのだろうか?」と心配になる人が多いでしょう。泣くというと、「辛いこと、悲しいことがあるのでは?」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、友達が泣いている夢というのは、夢占いではその友達に良いことが起こることを表しています。万が一、その友達が困っている時には、あなたがさりげなくサポートをしましょう。それが、友達にとっては良いことになる可能性もあります。あなたの存在が、友達にとって良いことを起こしてくれる張本人かもしれません。

赤ちゃんが泣いている

夢の中には、不思議な出来事が起こることもあります。見ず知らずの赤ちゃんが出てきて、その赤ちゃんが泣いているような夢を見ることもあるでしょう。「この夢って、何を意味しているのだろう?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

実は、夢占いで赤ちゃんが泣く夢というのは、危機に陥る可能性があるという暗示と言われています。赤ちゃんが泣いているというのは、夢占いの中ではあなたの幼児性や未熟な部分を意味しており、これらが原因で何らかのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

「自分は、まだ未熟だな」と感じている人や「この間の喧嘩は、自分が大人げなかったな」と感じている人は、その思いをムダにせず、これからの対応に充分注意しましょう。

トラブルの暗示と言われると、「どうしよう」と不安になる人も多いと思いますが、あくまでもこれは夢占いの結果でしかありませんから、「こういった意味があるのか」と理解し、自分の行動を気を付けましょう。

自分の大人げない部分に客観的に気づくことが出来れば、それは自分自身の成長につなげることが出来、トラブルも回避できるはずです。

シーン別、夢占いにおける泣く夢の意味

夢は、現実では考えられないようなことが起こることもあります。また、思いがけない人が出て来たり、思いがけない出来事が起こることもあるでしょう。夢占いでは、こういった夢にも意味があると言われています。

しかし、同じ泣く夢でも、その時々のシチュエーションは異なるものです。悲しくて泣いていることもあれば、嬉しくて泣いていることもあるでしょう。

では、泣く夢のシチュエーション別の意味合いについてご紹介しましょう。

嬉し泣き

泣くというと、「悲しい」「辛い」といったイメージが強いですが、時には嬉しくて涙することもあります。これは、現実でも夢の中でも同じことです。

夢の中で見る嬉し泣きには、「障害を乗り越えたい」という気持ちが現れています。嬉し泣きの夢を見た人の中には、何らかのトラブルに巻き込まれていたり、何らかの試練を抱えている人が多いのではないでしょうか。

嬉し泣きの夢は、障害を乗り越えたいという思いだけではなく、思いが成就するという暗示も意味しているため、きっと近々あなたの思いが叶えられる人が訪れるでしょう。

人前で泣いている

普段は、「人前で泣かないようにしている」という人も多いでしょう。大人になれば、人前で泣くというのは自然となくなるものです。

しかし、夢の中では人前で泣くことがあります。「どうして、人前で泣かないようにしているのに、夢の中では泣いていたのだろう」と思われる人もいると思いますが、これには意味があります。

人前で泣く夢を見た人は、現実でその相手に自分をさらけ出していますか。実は、人前で泣く夢というのは、その人に本来の自分を出していないことを意味しています。恋人、友達、同僚などの前で泣いた夢を見た時には、もっとその相手に本心を出した方が良いかもしれません。

感動して泣いている

夢の中で泣いている時にも、決して悲しいというマイナスのシーンだけではありません。時には、夢の中で何らかに感動し、涙することもあります。

「夢の中で感動して泣いた時には、どんな意味があるのだろう」と思われる人もいると思いますが、夢占いではとても良い夢とされています。

何らかの願いが叶ったり、思いが届くことを暗示していますから、近々良い知らせが舞い込んでくるかもしれません。

大声で泣いている

夢の中では、時には現実ではやらないようなことを自分がやっていることがあります。泣いている夢を見た人の中には、「信じられないくらい、大声で泣いていた」という人もいるのではないでしょうか。

現実では、大人になってから声を出して泣く様なことはないですから、「何か悪い知らせでは?」と不安になる人もいるでしょう。

夢占いで、大声でなくというのは、あなたが大きな不安を解決する暗示と言われています。現実で、何らかの問題を抱えている人は、日頃からそのことが頭から離れなくなっているでしょう。しかし、大声で泣く夢を見たのであれば、その問題は近々解決させることが出来るでしょう。

人を泣かせている

大人になると、人を泣かせるということはなくなります。男性の中には、恋人と喧嘩をしていて彼女を泣かした経験がある人はいるかもしれません。

実は、夢の中で人を泣かせてしまうというのは、その相手に好意を持っているという現れと言われています。今は、異性として見ていない、恋愛対象として見ていない相手でも、今後その相手に心惹かれる可能性があります。そして、あなたから告白するかもしれません。

基本的な夢占いにおける涙の意味

本来、泣く夢、涙が出てくる夢には感情が大きく関係していると言われています。現実でも、泣く時というのは「辛い」「悲しい」「悔しい」「嬉しい」といった感情があります。夢の中でも、これらの感情が自然と現れているということになるでしょう。

泣いている夢を見るということは、自分でも気づかぬうちにストレスを抱えていたり、悲しみを抑え込んだりしている可能性があるということです。

それだけ、涙が出る夢をみるということは、自分の中に自分も気づいていない感情が隠されているということです。

泣く夢を見たら、「自分でも気づいていない感情があるのかもしれない」と思うことが出来れば、もっと楽になるかもしれません。

健康の回復

涙を流した夢を見た人の中には、体調に不調を感じている人もいるでしょう。何らかの治療をしている人もいるのではないでしょうか。

そんな人にとって、涙の夢というのはとても良い傾向にあります。夢占いでは、涙というのは健康の回復という意味合いがあり、今辛いと思っている症状が改善されることが期待出来ます。

ついつい、涙を流す夢を見たというと、「悪いことが起こるのでは?」と思われる人が多いと思いますが、夢占いでは良い知らせという意味合いの方が強いと言われています。

特に、体調不良で辛い思いをしている人にとっては、体調が良くなる可能性がありますから、前向きな気持ちで治療などに取り組みましょう。きっと、今の辛さが報われる日が来るはずです。

問題の解決

涙の夢というと、「不吉なことが起こりそう」と感じる人も多いでしょう。涙というと、どうしてもマイナスのイメージが強いですから、良い夢ではないと感じる人が多いのではないでしょうか。

しかし、夢占いはそのイメージがそのまま意味合いになるという訳ではありません。涙の夢を見た場合には、問題を解決出来るという暗示を表していることもあります。

大きな仕事を任されている、仕事でトラブルを抱えている、人間関係がうまくいっていないといった問題を抱えている人は、常にプレッシャーやストレスを感じていると思いますが、涙の夢を見たということは、その問題が解決に向かっている表れです。

プレッシャーやストレスがあると、常にそのことが頭から離れなくなっていると思いますが、涙の夢を見たのであれば、「これから、良い方向に向かっていく」と自信を持ちましょう。自信を持つだけでも、取り組み方が変わってくるはずです。

幸運の予感

涙には、実は幸運が訪れるという暗示となっていることがあります。ついつい、涙を流す夢を見ると、悪い方向へと考えがちですが、幸運が訪れると考えると、その夢を前向きに捉えることが出来るでしょう。

涙を流す夢を見ると、目覚めた時に不安を感じがちですが、「幸運が訪れる暗示だ」と思えば、モチベーションも高まり、気持ちの良い朝をスタートさせることが出来るでしょう。

涙を流す夢には、それぞれのシーンによっても意味合いが変わってきますから、「嫌な夢を見た」と思わずに、「これは、幸運の暗示かもしれない」と気持ちを切り替えましょう。

まとめ

私たちは、毎日寝ている時に夢を見ています。「今日は、夢を見ていなかったな」と思っていても、見ていても覚えていないだけです。

ということは、目覚めた時にも覚えている夢というのは、あなたに何かを伝えようとしているのかもしれません。夢には、あなた自身気づいていない本心や願いが込められていることもあります。何かに注意しろという警告が含まれている可能性もあります。

泣く夢を見ると、悪い夢と思いがちですが、シーンによっては幸運な意味が含まれているものもありますから、夢占いをチェックし、その意味を確認してみると良いでしょう。

「嫌な夢を見た」と思っていても、幸運な意味が含まれていると分かれば、そこから気持ちの切り替えが出来るはずです。自分でも気づいていない自分の気持ちに気づくことで、楽になれることもあるでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

彼氏の浮気の5つの兆候と発覚した時にすべき8つの行動!

あなたの彼氏、浮気していません …