Home / ナイトプール / 関東のオススメのナイトプール8選

関東のオススメのナイトプール8選

近年、人気を集めている夏のレジャースポットに「ナイトプール」があります。

夏といえば水場のレジャーは大本命ですが、近年の地球温暖化による気温上昇のせいか、かつての夏よりも暑さが激しく厳しくなっています。

昔は夏は海辺でサンオイルを塗って日焼けするものという定番の過ごし方がありましたが、今は強い日差しは健康も害するということで、炎天下でのレジャーはちょっと避けたいという人も増えています。

とはいえ、夏ならではの水場のレジャーを楽しみたい!という人に今人気なのが夜に営業するナイトプールなのです。

今回は、そんなナイトプールについてみていきたいと思います。

スポンサードリンク

なぜナイトプールは人気なのか

泳ぐだけにとどまらない楽しみ方

真夏は夜も猛暑です。

これまではなぜか水のレジャーは昼間にするものという概念が根付いていましたが、その概念を覆し、夜に水場のレジャーを楽しんでしまおう、そして夜ならではの大人の楽しみを追加してしまおうということで、大人の夏のレジャーとして大注目されています。

その楽しみ方は泳ぐだけではありません。昼間の水場のレジャーといえば、暑さを和らげるべく水に入って遊ぶのが目的です。

出会いを求めてナンパ目的で水場レジャーに訪れる若者も少なくはありませんが、あくまでもレジャーを楽しみつつ出会いもあったらいいなというスタンスで、出会いを前面に出すのは粋ではない空気感があります。

でも、ナイトプールは夜のレジャーということもあり、泳いだり、浮かんだり水の遊びを楽しめる一方で、ライトアップされた煌びやかな空間を作り出し、DJイベントなどクラブさながらの雰囲気が作られるところがほとんどです。

サイド席ではお酒を楽しむこともでき、爽やかな水場のレジャーでありながら、クラブなどの夜遊びを楽しむスポットとしての一面を楽しむこともできるのです。

夜だから日焼けを気にしなくて済む

また、猛暑の炎天下の元、水着で過ごす水場のレジャーは紫外線という大敵がいます。

水場のレジャーを楽しみたいけど、日焼けはしたくないから行きたくないという女性は実はとても多いもので、いくら日焼け止めクリームを駆使しても防ぐことのできない昨今の紫外線対策に頭を悩ませている女性は数多います。

そんな女性にとって夜に泳ぐというのは願ったり叶ったりではないでしょうか。日焼けを気にすることなく夏の水場レジャーを楽しむことができるというのも大きな魅力の一つなのです。

都心部にもあるという立地の良さ

でも、水場のレジャースポットは都心部にはあまりないイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

有名なスポットは都内でも郊外または他県にまで足を延ばさないとなかなか存在しないため、そこまで出かけるのが大仕事になって面倒という人も少なくないと思いますが、実は都内、しかも都心部にナイトプールを楽しめるスポットがいくつもあります。

人気なのはホテルです。ホテルのプールというとお値段が高くて、あまり広くないイメージがあるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

都心のド真ん中にあるホテルでも、広々としたおしゃれな空間を作り出していて、十分レジャーとして楽しむことができます。

ただし、料金は一般的なレジャースポットよりも高めにはなります。でも、ロッカーやバスタオル、浮き輪なども入場料に含まれているところが多いので、水着一枚だけ持って気軽に遊びに行けるメリットがあります。

おすすめスポット

では、具体的にオススメスポットを紹介すると、まずは「ホテルニューオータニ」です。

平日はビジターの入場料が8000円、週末は10000円(宿泊客はいつも2000円)と少々お高めの値段設定にはなりますが、バスタオルからバスローブまで水着以外は全て無料で賄えるので、今日ちょっと暑いから泳ぎにいこうか?と気軽に訪れることができます。

雰囲気はまさに夜の遊び場という感じで、ライトアップされた空間で泳ぐだけでなく音楽やお酒、美味しい食事を楽しむこともできます。晴れていれば2階のバーから神宮花火大会も見えるので、隠れ花火観戦スポットとしても大人気です。

ニューオータニの隣駅、赤坂にある「ANAインターコンチネンタルホテル」もオススメです。

ニューオータニの方がクラブ色というか夜の遊び場色が強く、お客さんの数もかなり多くて華やかで賑やかですが、こちらのANAインターコンチネンタルホテルはすぐ近くにありながらしっとりと落ち着いた大人の空間を楽しむことができます。

こちらもバスタオルやアメニティ、ロッカーなど全て入場料に含まれているので、水着一つで遊びに行くことができます。

入場料は平日の全日が7000円、夜6時以降は5000円で、土日祝祭日とお盆時期は14000円です。

全日利用可の回数券(10回)が8万円、全日のフルタイムパスが30万円と頻繁に遊びに行きたい人のための定期チケットがあるのが特徴です。

その他にも有名レジャースポットのよみうりランドやお台場夢大陸内にもナイトプールは行われており、こちらはウォータースライダーなどがあり、夜の遊び場兼アクロバティックな水場遊びも楽しむことができます。”

関東のオススメナイトプール8選

“暑い夏が今年もやってきて、プール日和が続いています。

そんな中で、最近流行っているのがナイトプール。昼間の日が照って熱い時間に泳ぐのが普通で、気持ちいものだと感じていましたが、夜になると色とりどりのイルミネーションが水に映し出されて、幻想的な空間が包み込んでくれます。

また、DJブースでの音楽イベントが開かれることもあります。

このように、夜ならではのイベントも開かれることも多いです。

そんなロマンチックな時間を過ごせるというだけあって、カップルに大人気です。また、カップルだけではなく、女子会も多く開かれているんです。

また、ホテルでの営業が多いということだけあって、優雅な時間を過ごすことができます。それ以外にも予約制であることが多いため、人でごった返すといったこともあまりありませんし、がっつり泳ぐ人がいなく、ゆったりと過ごすことができるといったことも人気の理由です。

もちろん子供連れで行きたいという方も多いと思います。ホテル以外にも営業されているところが多くあるので、子供連れでも心配なく足を運べます

カップルで、友達と、家族を連れて是非行ってみたい!という方のために、関東でおすすめのオススメプール8選をご紹介します!

1.ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京は、広大な日本庭園に囲まれているため、都心にいながら深い緑の癒しを味わうことができるスポットになっています。

また、二階には水着のまま入ることができるレストランもありますし、シャンパンやカクテル片手に幻想的な空間を優雅に過ごすことができます。デートや女子会などで利用するのがオススメです!

最寄駅は中央線快速・総武線が止まる「四ツ谷駅」から徒歩10分。

2.ANAインターコンチネンタルホテル東京

こちらも都心にあるホテルで、銀座線・南北線「溜池山王駅」から徒歩1分という好立地。

東京タワーや都会のビル群の夜景を楽しめます。都会的で落ち着いた雰囲気を味わえるANAインターコンチネンタルホテル東京もカップルや女子会などにオススメスポットです!

3.ホテルイースト21

ホテルイースト21は19世紀のヨーロッパの雰囲気を漂わせるホテルで、プールの広さは都内一!周りには19世紀のヨーロッパをイメージさせる庭園があり、タイムスリップしてヨーロッパに来たかのような雰囲気を味わうことができます。

温水ジャグジーで疲れを癒したり、オリーブの木陰にあるガーデンカフェで優雅なひと時を過ごすこともできます。

最寄駅は東西線「東陽町駅」から徒歩10分。

4.グランドプリンスホテル新高輪

グランドプリンスホテル新高輪はオープンして間もないホテルで綺麗で、こちらには宿泊者専用のプールがあります。

人混みが苦手という方や、静かなひと時を過ごしたいという方、ホテルの宿泊も兼ねて楽しみたいという方にオススメのスポットになっています。

カフェでは多彩なメニューも取りそろえられているため、食事も心配いりません。大人の落ち着いた雰囲気で、静かに優雅な時間を楽しみたい方、必見です!

最寄駅は「品川駅」から徒歩9分。

5.京王プラザホテル

京王プラザホテルは新宿駅から徒歩10分の距離にあり、東京都庁のすぐ横にあるホテルです。飲食はできないことになっていますが、浮き輪や水着のレンタルもあり、どこかで遊んできて汗をかいた後に気軽に立ち寄ることができます。

6.ユネッサン

ユネッサンは箱根小涌園にあり、屋内外の施設に加え、箱根というだけあって、温泉も楽しむことができます。

また、宿泊もできるので、家族を連れて一日もしくは旅行で遊びに行きたいという方にオススメのスポットです。

最寄駅は箱根町線(バス)「小涌園駅」から徒歩1分。

7.としまえん

としまえんの夜間の営業が30年ぶりに復活することになりました。

そのため、普段のとしまえんに行かれた方も、夜に行ってみることで、いつもとは違った雰囲気を味わうことができます。

最寄駅は大江戸線「練馬春日町駅」から徒歩16分。

8.西武遊園地

好評だった昨年に続き今年も営業決定!スリル満点の異なるコースのウォータースライダーが3本あり、子供連れの家族でも存分に楽しむことができます。

最寄駅は西武多摩湖線「西武遊園地駅」から徒歩2分。

まとめ


今年に入って一段と注目を浴びている「ナイトプール」。

優雅で幻想的な非日常を味わえるわけですから、人気が高いのもうなずけます。

人気が出ている今だからこそ、足を運んでみるのも良いでしょう。

この夏の思い出に、いつもとは一味違ったひと時を、恋人、友達、家族とともに過ごしてみてはいかがでしょうか。”


スポンサーリンク