Home / 恋愛 / 性格・タイプ / 泣いている女の子の取り扱い方と女子の涙の種類

泣いている女の子の取り扱い方と女子の涙の種類

女性はすぐに泣いてしまいやすい生き物です。個人差もありますが、男性よりも5倍以上多く泣くそうです。凛としてしっかりしている人も、時には一人でこっそり泣いていることも。

彼女や友達など女性が泣いていたら、面倒だと思って適当に対応していたら、嫌われたり距離を置かれてしまうこともあります。女性に非がある場合もありますが、泣いている女の子の対応には気をつけなければいけません。泣いている間は落ち込んでいるので、あまり厳しくあたらないでください。

スポンサードリンク

状況別、女の子が泣いている時の対処の仕方

女の子が泣いているときは、状況がどうあれ対応に気を付けないと、信頼関係を無くしてしまいます。面倒に感じる部分もありますが、すぐ泣く女の子でもしょっちゅう泣いたりすることは、それほどないと思います。

喧嘩して泣いてしまった時の対処法

恋人同士が口論になり、女の子が泣いてしまうと男性は戸惑います。泣いている姿を見ると男性は攻撃性が落ち着くので、気持ちがクールダウンします。早く泣き止んでほしいため、「泣くな」ときつく言ってしまっては、ヒートアップして余計に泣き出してしまいます。女の子は男性の怒った声が怖くて、それで泣いてしまうこともあります。

そんな時は冷静な話し合いもできないので、泣き止むのを待つしかありません。それまでは女の子に傷つけるようなことは言ってはいけません。泣き止んだら少しずつ話し合いをしていきましょう。

女の子が個人的なことで困って泣いているとき

学校や仕事場、家などで個人的に困り事があって、どうにもならなくて泣いてしまうこともあるでしょう。男性は物事を解決させようとアドバイスをしたくなりますが、そこは女の子の気持ちに共感してあげましょう。自分の気持ちに共感してもらえると、女の子は安心します。安心させてくれた相手に女の子は好意を持ちます。

間違っても「そんな小さなことで悩むな」「考えすぎだ」など、叱咤するような事を言ってはいけません。女の子はさらに落ち込み、自分が小さなことで悩んで泣いているのは甘えなんだ等、絶望感に陥ります。そんな時は気持ちに共感してくれる男性の方へ行ってしまうので、意中の女の子の場合、気をつけてください。

女の子のワガママで泣いている時

デートで思い通りにならなくて、女の子が泣いてしまう時がありますね。そういう場合ワガママで泣いていることが多く、女性に問題がある場合もあります。でも直接それを指摘すると反論されてしまうので、何か言いたくても女の子が落ち着くまでグッと我慢です。

泣き止めば徐々に落ち着いてきて、女の子も自分がワガママだったと認識して謝ってくれることもあるので、彼女に非があっても何も言わないことですね。

嫌なことを思い出した時

ふと昔の嫌なことを思い出して、それで泣いてしまうこともあります。心に嫌なことが残っていると、それを浄化させようと涙が出ることもあります。気持ちを整理するために泣いているのです。泣くとストレスが解消し、気持ちもスッキリするので、泣き止んで気持ちが落ち着いたらまた元に戻ります。

だからそんな女の子を見たときは、無理やり泣き止ませずに、寄り添ってあげるだけで大丈夫です。そういう優しさを見せると、女の子との距離はぐっと縮まります。

生理前など気持ちが不安定なとき

女の子は生理前になると気持ちが不安定になり、起こりっぽくなったり何もないのに泣き出すこともあります。イライラしやすかったり、気持ちがネガティブになりやすい時期なので、女の子がその状況の時はそれを受け止めてあげるのも大切です。逆にそういう状態にイライラして喧嘩してしまっては、女の子がキレてとんでもない行動をとってしまうかもしれません。

気持ちが不安定な女の子を見ていると、イライラするかもしれませんが、寛大な心でいることも大切だと思います。生理が始まれば徐々に落ち着くので、少しの間の我慢ですね。

女の子の涙の種類はこんな感じ

女の子が泣くには理由があります。男子からしたら「何でこんなことで」と疑問に思うこともあります。男性と女性は違うので、その点を理解する必要があります。

寂しい時に出る涙

彼に会えなくて寂しくて涙することがあります。なかなか会えない時などは、寂しさが蓄積して爆発して泣いてしまいます。そういう時は「我慢しろ」などきつく言わず、うまくフォローしてあげるのが大切です。そして、出来るだけ会えるよう努力をするべきです。さもないと、女の子はほかの男のところに行ってしまうかもしれません。

傷ついたときに出る涙

何か嫌なことがあった、嫌なことを言われた、喧嘩した等、辛いことがあると泣いてしまいます。でも泣くことで気持ちを落ち着かせることができ、心も強くなっていきます。

別れ話を切り出された時の涙

別れ話を女の子にすると、反論されしまいには泣いてしまいます。別れというものには辛さが付きものです。それでも別れたいと思ったのであれば、何とか話し合いをするべきです。

パニックになったとき

パニックになったときはどうしたらいいのか分からず、泣いてしまうこともあります。解決策が分からないので、冷静に判断できなくなります。

涙を武器にしようとしたとき

泣けば自分の要望が通りやすくなると思って、すぐ泣く女性もいます。泣いている人にはきつく当たれないので、女の子のワガママであっても、扱いに困ります。

スポンサーリンク