Home / 恋愛 / 心理 / 泣いてる女の子の取り扱い方と女子の涙の種類

泣いてる女の子の取り扱い方と女子の涙の種類

よく泣く女の子って、意外と身近にいたりしますよね。人が沢山いるところで泣かれると、どう声をかけたりすればいいか分からなくなる事もありますね。あなたが彼女を泣かせたと思われそうで、気まずくなる時もあります。そんな時泣いている女の子の取り扱い方には気を付けないと、泣いているのがさらにエスカレートする恐れもあります。

スポンサードリンク

泣いている女の子には責めたりしない

つまらないことで泣いていても仕方がないなど、声をかけてしまうと余計に傷ついてさらに悪化しかねません。あなたにとって大したことい理由で泣いていたとしても、その女の子にとっては何かショックな出来事があって深刻な事態なのです。だから泣いている女の子には、責める態度は出さないようにしてください。

そっとしてあげる

泣いてしまったら泣き止んで冷静になるまで待ちましょう。その時は何を言っても聞いてもらえません。気持ちが収まれば悲しい気持ちがどこかに行ってしまいます。女の子は一旦すっきりしたらケロッとしてあまり引きずらないので、落ち着くまで待ってあげてくださいね。

気持ちに共感してあげる

泣いている理由が分からなかったり、つまらない事で泣いていても女の子の気持ちに共感してあげてください。共感することで安心感が出るので、早く落ち着いてもらいやすいです。不安や悲しさ、寂しさで泣くことも多いので、安心させる事を第一に考えてくださいね。間違っても面倒だと思ってしまえば、女の子からの信頼を得るのは難しくなります。

すぐに泣かないように注意してあげるのも大切

自分勝手やワガママですぐ泣いてしまう女の子には、さりげなく注意をしてあげなければいけません。すぐ泣くことに自覚がないことも多く、そのままでは社会生活で支障が出てきます。

ビシッと単刀直入に伝えるとそれで泣いてしまうこともあるので、ワガママで泣いている時に相手の希望に簡単に答えるようなことをしてはいけません。泣いても希望が叶わないと分かれば、少しずつ変わってきます。

女子の涙にはどんなものがあるのか

女性は男性よりもすぐに泣いてしまいやすいです。感受性が豊かなため、刺激に対して敏感であることも関係してきます。だから男性からしたら、なぜ泣いているのか分からないこともしばしばあります。

悲しい時の涙

怒られたり嫌なことがあったりすると、泣いてしまう人は多いでしょう。ある程度は我慢できるところもあるけど、自分の許容量を超えると、涙が溢れてきます。同じ出来事が起こっても泣かない人もいれば、泣く人もいます。出来事に対する反応は人それぞれです。

嬉しい時の涙

好きな人から告白された、プロポーズされたなど、とても嬉しい出来事があると感激のあまり、泣いてしまうこともあります。嬉し涙は微笑ましく思われることが多いです。

感動した時の涙

映画を見た時に感動して泣いてしまうこともありますね。魂を揺さぶられる素敵なストーリーや演出の映画はとても素晴らしいものです。

ワガママを叶えるための涙

昔から泣くことで自分の欲求を叶えてきた女性は、大人になっても泣いて問題を解決しようとします。まだ若いうちはいいかもしれませんが、年を重ねてその傾向だと生きづらくなります。

駆け引きでの涙

彼と別れ話が出て別れるのが嫌なときに泣きます。泣いた人を見ると大なり小なり人はうろたえますので、相手を油断させたいために、涙を見せる時もあります。女の涙は武器と言われる事もあり、泣く=か弱いとは必ずしもそうとは限りません。

自分が悪いのにもかかわらず泣く

悪いことをした時など自分が悪いのにもかかわらず、責められると泣いてしまう女の子もいます。泣いて許してもらおうとせず、誠意を持って謝るのが先ですね。

別れの涙

家族兄弟友達などの別れは辛いものです。近しい人の死は実際に経験すると想像を絶することも多いです。喪失感による悲しみから、普段泣かない人も涙を堪えきれないこともあります。男性も悲しみは同じですが、泣き崩れる人は女性の方に多いです。

泣いている理由がわからない

理由もなく泣いてしまうこともあります。いろいろなことが一度に降りかかってきたときなど、どう対処していいか分からず泣き崩れてしまいます。

ホルモンバランス等

女性には生理周期があるため、感情が不安定になる時期があります。訳も無く涙もろくなったり、落ち込んだりしてしまいます。気分が不安定な時は無理をしないことが大切です。

泣くのは、感情が揺さぶられているから

刺激に対して何か感情を揺さぶられたら、良くも悪くも泣いてしまいます。特に悲しくて泣くときは、心に傷を負った時が多いです。

泣くとストレスが解消し、立ち直りも早くなる

よく泣く人は精神的に弱いイメージがありますが、泣くことによりストレスが減少し、辛いことからも早く立ち直ることができます。悲しいときは素直に感情のまま泣いてしまう方が、悲しみを引きづらなくなります。

簡単に泣かないようになるのも大切

社会人にもなれば仕事中に泣いてしまうようでは、周りの足を引っ張りますし、未熟なイメージを与え信頼されにくくなります。いつまでも泣くことで自分を防御していては、問題解決のための力が身につきません。大人になったからには自分の問題は、自分で切り開いていかなければいけません。

嬉し涙は好かれますが、それ以外の自分勝手の涙はあまり好まれません。素敵な女性になりたいのであれば、人前ですぐ泣いてしまわないように、日頃から気をつけていきたいですね。すぐ泣く女子であっても人は変われます。少しずつ素敵になれるよう自分を磨いていってください。

スポンサーリンク