Home / 恋愛 / 泣いている女性の慰め方と対処方法

泣いている女性の慰め方と対処方法

男性の中には、「女性に泣かれると、弱い」という人が多いのではないでしょうか。中には、彼女に泣かれると「どうしたら良いのか、分からない」「どうすれば良いか分からず、何も出来ずに時間だけが経ってしまう」と戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか。

女性にとって、泣いている時の男性の対応は意外と重要。対応によっては、気持ちが冷められてしまうこともあります。それだけ、女性にとっては泣いている時の慰め方は重要ということです。片思いの相手であれば、その時の対応次第で心を射止めることが出来るかもしれません。

本記事では泣いている女性の慰め方と対処方法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

泣いている女性の慰め方

女性の中には、辛い時にすぐに涙する人がいます。恋人という関係でなくても、アプローチしている男性に、計算で涙を見せる人もいれば、彼氏という存在だからこそ涙を見せられる人もいます。

女性の涙は、男性にとっては戸惑うもの。友達であれ、同僚であれ、彼女であれ、「どう接したら良いのか、分からない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

過去に、泣いている女性を慰めようとして失敗をしている人は、「前の経験がトラウマになって、何も出来ない」という人もいるでしょう。

泣いている女性を慰める際には、その女性のタイプや泣いている理由などによっても接し方が変わってきます。それを、見極めることが出来れば、「落としたい」と思っていた女性の心も振り向かせることが出来るでしょう。

問題を解決しようとしない

男性は女性が泣いていると、「どうしたのだろう?」と、泣いている事情を聞きだそうとします。そして、どうして泣いているのかを把握し、その上でその問題を解決しようと考えます。

しかし、女性が泣いている時に男性に求めているのは、どうして泣いているか理解してもらうためでも、問題を解決してほしいと思っている訳でもありません。

女性が泣いている時は、大抵は素直に自分の気持ちを表している時です。悲しい、悔しい、寂しい、辛いといった気持ちの表現方法の一つですから、男性は焦って「解決しなければ」と思う必要はありません。

泣いている女性を見たら、まずは「自分の気持ちを素直に出しているんだ」と判断し、見守る様な思いで接しましょう。

泣いている理由を理屈で追求しようとしない

男性は、ついつい理屈を追求しようとします。しかし、女性の行動は理屈だけでは表すことが出来ません。

そのため、泣いている女性を慰めようと、泣いている理由を追求しようとする男性が多いですが、これでは女性の気持ちは晴れませんし、逆に嫌な思いをしてしまいます。

本当に泣いている理由を理解してほしいと思う時は、女性側から「こういうことがあった」「これからどうしたら良いだろう」と相談されるはずですから、それまでは理由を追求するのは止めましょう。

中には、「泣いている理由は知られたくない」ということもあります。女性を慰めるためには、「理由を知らなくては」と思われる男性も多いですが、理由を知ったからと言って、解決出来るものではありませんから、状況を見て判断しましょう。

泣き顔をじっと見ようとしない

男性にとって、女性の涙は「綺麗だな」「可愛いな」と思う人もいます。女性があなたに涙を見せるということは、それだけ心を開いている相手ということですから、男性にとっては「嬉しい」と感じることもあるでしょう。

しかし、女性は泣いている訳ですから、あなたの「嬉しい」という気持ちは抑える必要があります。

中には、泣いている女性を見ると、ついつい泣いている姿をじっと見てしまう男性もいますが、これでは女性は泣くに泣けなくなってしまいますし、引いてしまいます。

女性の涙を見たいという男性は、その思いを消す必要はありませんが、それが表に現れないように配慮しましょう。

計算だろうと何だろうと女性を支えようとする

女性の中には、好意ある男性の前で泣き、振り向かせようとする人もいます。男性の中には、「これは、明らかに嘘泣きだろう」と感じることもあるでしょう。

そんな時、あなたはどのように接しているでしょうか。嘘泣きと思った瞬間に、何もせずにその場から立ち去る人もいるのではないでしょうか。

しかし、これではモテる男性にはなれません。モテる男性は、嘘泣きと分かっていても、優しく接することが出来ます。

どんな女性であっても、泣いているところを見てしまったら、「大丈夫?」と優しく声をかけ、支えようという姿を見せましょう。これだけでも、女性にとっては嬉しいはずですし、周りで見ている女性の好感度を上げることが出来るはずです。

アプローチしてくる女性、彼女が嘘泣きをしていると、男性は余計に気持ちが冷めてしまうと思いますが、その場をうまく切り抜けるためには、支えるように接することが必要です。

優しく包み込むように抱きしめる

男性から見れば、女性はやはり弱い存在です。そのため、女性は男性に「守られたい」という願望があります。

彼女が泣いている時、「どうしたら良いのか分からない」と感じる男性も多いと思いますが、まずは彼女が泣いていたら、理由を聞くのではなく、優しく彼女を抱きしめましょう。これだけで、彼女は安心しますし、落ち着くはずです。

「抱きしめている間、何か話しかけた方が良いのだろうか」と思われる男性もいると思いますが、女性が泣いている時は無理に言葉をかけない方が良いこともあります。彼女が話せない状態であれば、落ち着くまで優しく抱きしめていましょう。

彼女は、咄嗟に抱きしめてくれたあなたの行動を見て、安心し、惚れ直すこともあります。こういった時、女性にとっては言葉よりも、側にいて欲しいという気持ちが強いですから、抱きしめるだけでも充分彼女を癒すことが出来るはずです。

ハンカチを渡す

好意を抱く女性と一緒にいる時、何らかの原因で女性が涙することもあります。そんな時、男性は「どうしよう」と焦ってしまうのではないでしょうか。

女性の涙に慣れていない人は、声をかけることも出来ず、寄り添うことも出来ず、茫然と立っている人もいるのではないでしょうか。

これでは、女性は余計に寂しい気持ちになります。そんな時は、そっとハンカチを渡しましょう。こういった気遣いが出来る男性というのは、女性にとってはとても好感が持てるものです。

ハンカチを渡すという行為であれば、彼女でなくても気軽に出来るはずです。こういったさりげない気遣いがきっかけで、恋がはじまることもあるでしょう。

黙ってそばにいる

男性の中には、女性と一緒にいる時にじっとしていられない人もいます。女性が泣いてしまうと、黙っていられずに話しかけたり、どこかに行こうとする人もいます。

女性が泣いている時には、黙って寄り添うことも大切です。「泣いているだけの人と、二人で一緒にいるのは気まずい」と感じる人もいると思いますが、だからといって泣いている女性に理由を聞いたり、その場を去るのはデリカシーがなさすぎます。

友達や同僚であっても、彼女であっても、まずは泣き止むまでは側にいて寄り添いましょう。これだけでも、女性は安心出来るはずです。

泣いている女性に対する男性の心理

女性の中には、「男性の前では、泣かない」と決めている人もいます。女性の涙は、時に武器となることもありますから、「卑怯な真似はしたくない」という人もいるでしょう。

逆に、落としたいと思っている男性がいる場合には、「卑怯でも、涙を見せて、振り向かせたい」という人もいます。

女性も、それぞれの考え方でアプローチをしているということになります。それに対し、男性は女性の涙にどういった印象を抱いているのでしょうか。

女性の涙に慣れていない男性は、素直に「力になりたい」と思いますが、女性の涙に慣れている男性は意外と冷静に女性を見ています。

女性にとっては、計算で見せていた涙が仇となり、振られてしまうこともありますから注意が必要です。

ほっておけない

男性の多くは、女性が泣いている姿を見ると「ほっておけない」と思います。やはり、男性には「女性を守らなければ」という本能がありますから、自然と「大丈夫?」と声をかける人が多いでしょう。

泣いている女性の中には、本当に辛いから、我慢出来ずに涙をしてしまうこともあります。そんな女性を見ると、男性はほっておけずに声をかけたり、寄り添おうとするでしょう。当然、女性は寄り添ってくれる男性には好意を抱くはずです。

男性の中には、見ず知らずの女性が泣いていても、「ほっておくことができない」と声をかける人もいます。

自然とこういった行動が出来る男性というのは、やはり女性から見ると素敵に映るでしょう。

流している涙をできることなら止めてあげたい

泣いている女性を見ると、多くの男性は「とにかく、泣きやませたい」と思うのではないでしょうか。

泣いている女性を見ると、「どうしよう」と戸惑う男性が多いですから、泣きやませたいと思うのは当然の気持ちといえるでしょう。

女性の涙の理由を知っていたり、女性に好意を持っている場合には、「悲しみを、なくしてあげたい」という素直な思いから、必死で泣きやませようとするでしょう。

涙の理由を知らず、単なる友達という関係の場合には、「周りの目もあるから」という思いで泣きやませようとするのではないでしょうか。

どちらにしても、男性にとっては女性の涙は少しでも早く止めてあげたいという気持ちが沸く様です。女性は、こういった男性の気持ちをくみ取ることも大切と言えるでしょう。

大切な存在であればあるほど、やはり相手を困らせたくはないはずですから、どんなに辛くても冷静になり、気持ちを落ち着かせることが大切でしょう。

見守ることが必要な時もある

女性の中には、泣いている時に何も声をかけてくれず、抱きしめてもくれない彼氏を見ると、「冷たい人だな」「愛情が感じられない」と思うこともあるでしょう。

しかし、彼氏はあなたのことを考えて、あえて何もしないこともあります。特に、彼氏の前で泣くことが多い女性の場合には、男性もあなたの涙に慣れていますし、「またか」という思いもあります。

そのため、「見守っておこう」と考え、あえて何もせずにする男性もいます。何も行動を起こさない彼氏を見ると、「冷たい」と感じる女性も多いと思いますが、普段の自分の行動を見直すと、彼氏の考えにも納得出来るはずです。

ピンチの時には、「泣けばなんとかなる」「泣いて乗り切ってきた」という女性もいますが、涙は誰にでも、どんな時にでも通用する訳ではありません。涙を武器にすれば、本当に辛い時に助けてくれなくなる可能性があるということです。

男性にとって、女性の涙は特別なものですし、「出来れば、見たくない」と思っているものではありますが、頻繁に見ていれば特別なものではなくなってしまいます。

また、男性にとってはあなたのことを考え、「これは、自分が声をかけることではない」「自分がサポートをするべきではない」と思えば、見守ることに徹する人もいます。これも彼なりの愛情ですから、彼の思いをくみ取ることが必要です。

計算で泣いているのかなと疑う

女性の中には、困った時に涙を流す人もいます。職場などでも、トラブルを起こすたびに泣いている人もいるのではないでしょうか。

こんな女性は、「泣けば、何とかなる」と思っているかもしれませんが、周りは「嘘泣きをしている」と分かっています。

そのため、アプローチ中の男性の前で涙を見せても、男性は「計算では?」と疑うことになります。そして、計算と分かれば「計算高い女」と思われ、振り向くことはないでしょう。

涙を武器にしているということは、常に「嘘泣きだろう」と思われる可能性があるということです。好意を抱いている男性にすら、「計算だろう」と思われてしまうのは悲しいことですから、やはり涙は本当に辛い時に取っておいた方が良いでしょう。

まとめ

男性にとって、女性の涙は特別なものです。それは、大切な彼女の涙であれ、単なる友達の涙であれ、「どうしよう」と戸惑ってしまうものです。

「どうやって慰めよう」と思う男性も多いですが、泣いている女性にはまずは寄り添う気持ちが必要です。その上で、状況を見て何を求めているのか判断しましょう。この時の判断によっては、好意を抱いている女性の心を射止めることが出来るかもしれません。

彼女が泣いている時には、彼女を安心させることが大切です。声をかけるよりも、まずは抱きしめて彼女を安心させてあげましょう。

涙を武器として使っている女性は、その行動が後々自分の首を絞めてしまう可能性があります。いつでも簡単に涙を流していると、本当に辛い時に誰も寄り添ってくれなくなってしまいます。

大人なんですから、泣くことの意味をもう一度考え直しましょう。嘘泣きは、ばれていない」と思っていても、意外とばれているものです。


スポンサーリンク

Check Also

彼氏の浮気の5つの兆候と発覚した時にすべき8つの行動!

あなたの彼氏、浮気していません …