Home / 美容 / むくみが気になる女性必見!体の部位別むくみの原因と解消法3選

むくみが気になる女性必見!体の部位別むくみの原因と解消法3選

朝起きて鏡を見たら顔がむくんでいる、仕事の終わりごろになると足がパンパン。こんな体のむくみに悩んでいる女性は少なくありません。

どこか体が悪いのか、ただ生活習慣が悪いのか、むくみの原因が気になりますよね。むくみと言っても、体の部位ごとに原因が異なる面もあります。

この記事では、むくみが生じやすい人の特徴、原因とすぐにできる解消方法をご紹介していきます。むくみを解消してスッキリと健康的な体を手に入れたいあなた、むくみを放置してきたあなたもぜひ参考に!

スポンサードリンク

むくみやすい人の特徴


まずは、むくみやすい人の特徴について見ていきましょう。もし、あなたがその特徴に当てはまっていれば、注意が必要です。

その前に、「むくみ」とは、リンパ液や静脈の流れが何らかの原因で悪くなることにより、余分な水分や老廃物がつまり皮膚の下に溜まってしまっている状態のことをいいます。

本来、正常な状態であれば、リンパ液が循環する際に余分な水分や老廃物は回収されて、静脈に渡っていき排出されるメカニズムになっています。では、このメカニズムに異常が生じやすい人について見ていきましょう。

女性はむくみやすい

女性は男性に比べてむくみやすいです。実際、あなたの周りでもむくみの悩みを抱えている人の大半は、女性ではありませんか?その理由を2つほど取り上げます。

皮下脂肪が多く筋肉量が少ない

女性の方が、皮下脂肪が多く筋肉量が少ないためです。特に、足は筋肉がポンプの働きをして、静脈の循環をスムーズにするのを助けます。そのため、筋肉量が少ない女性は、血流が悪くなりがちでむくみやすいでしょう。

筋力とむくみは関係しているため、運動不足の人もむくみやすいと言えます。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンのバランスの乱れが自律神経に影響を与えて、血流が悪くなりむくみが生じるとされています。生理前、妊娠中、更年期にむくみを感じることがあるでしょう。

生理前や生理中に毎月、むくむという女性も多いのではないでしょうか?

立ち仕事や長時間同じ姿勢の人

立ち仕事や長時間同じ姿勢で座っているなどもむくみを生じさせやすいです。立ち仕事をしている人は、夕方になると足がパンパンで靴がキツイとか、デスクワークや長時間バスや飛行機などに乗って足がむくんでいるという人も多いでしょう。

食生活が偏っている

むくみやすい人は食生活にも特徴があります。主に次の3つの点が挙げられます。

水分や塩分の摂り過ぎ

体のためにと水分を摂るのは間違ったことではありません。しかし、水分を摂り過ぎると、血液中に水分が増えすぎて過剰に溜め込み、毛細血管から水分が排出され、むくみにつながるのです。

塩分を摂り過ぎている人もむくみやすいでしょう。体内では、摂取した塩分を薄めようとして水分を溜め込もうとするためです。濃い味が好きな人、インスタント食品や外食が好きな人などは要注意ですね。

水分不足

水分を摂るとむくむからと水分を摂らなさすぎるのも良くありません。水分不足だと静脈の血行が悪くなり、水分をうまく回収してくれなくなるからです。水分をあまり摂らないのも、むくみやすい人の特徴と言えます。

アルコールの飲み過ぎ

アルコールを飲んだ翌日、顔がむくむという人は多いはずです。アルコールを飲むと、血液内のアルコール濃度が高まり血管が広がります。その結果、血管壁から水分が少しずつ染み出てむくみを生じさせるのです。

また、血管内のアルコール濃度を薄めるために水分を溜め込んでむくみになるとも考えられています。

ストレスが溜まっている

ストレスもむくみと関係しています。ストレスがないという人は、ほとんどいないかもしれません。ですが、溜め込み過ぎると自律神経のバランスが乱れて、血行が悪くなりむくみが生じることがあります。

体の冷え

体が冷えている人もむくみやすいでしょう。冷えると血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、水分や老廃物を運びにくくなりむくみへとつながるのです。

次ページ:体の部分別むくみの原因

体の部分別むくみの原因

むくみは、体の部位ごとに原因が同じ面もあれば、異なる面もあります。あなたがむくみやすいのは顔ですか?足ですか?手ですか?

むくむ場所によっては大きな病気の症状かもしれません。むくみが生じやすい部分別の原因を見ていきましょう。

顔のむくみ

顔のむくみは、主に朝起きた時に生じるという事が多いですよね。これは、足に溜まっていた水分が寝ることで頭の方に上がってくるためと考えられます。

また、前日のアルコールの摂り過ぎ、塩分や水分の摂り過ぎが原因となっている場合も多いでしょう。大体、午前中のうちにむくみが解消されるという事が多いはずです。後ほど紹介するマッサージやツボ押しなどをして血流を良くすると改善が早いかもしれません。

足のむくみ

足のむくみの原因は、病気の場合もありますが、血流が悪くなって生じることが多いです。長時間立っていた、座っていた、または冷えや運動不足、自律神経の乱れなどにより血行が悪くなっているという事が考えられます。

血流を改善するための対策を講じることや、仕事などでやむを得ず長時間同じ姿勢でいなければならないとしても、合間などに簡単に行える解消方法を実践することをおすすめします。

手のむくみ

手のむくみも基本的には顔や足のむくみと同じく血流が悪くなっていること、塩分や水分の過剰摂取、水分不足などが原因であると考えられています。

すぐに改善するには、マッサージやストレッチなどを行いましょう。そして、日頃の食生活などの生活習慣を見直してみることも大切です。

病気の場合

むくみが生じる場合、中には重篤な病気の症状として表れであることもありますので注意が必要です。腎臓、心臓、肝臓、甲状腺などの機能低下によりむくみが部位ごとにまたは全身に生じることがあります。

むくみが長引く場合や、これといった原因が思い当たらないのにむくんでいる場合など、早めに病院を受診するようにしてください。

食事からむくみを解消


ここからは、解消する方法について取り上げます。まずは食事です。次のような栄養素を意識的に摂取することをおすすめします。食事で摂ることが難しい場合は、これらの成分が含まれているサプリを活用してみるのも良いでしょう。

カリウム

カリウムはミネラルの一種ですが、塩分を排出し、体内の水分と塩分のバランスを取ってくれる働きがあります。そのため、塩分過多が原因でむくみが生じている人にはぜひ摂取してほしい成分です。

緑黄色野菜、果物、イモ類、豆類、海藻類などにカリウムが含まれています。特に、キュウリやスイカ、メロン、バナナ、アボカド、納豆などはおすすめです。

カリウムは熱に弱いので、野菜や果物などはできれば生で食べましょう。

サポニン

サポニンには利尿作用があるため、余分な水分を排出してくれます。スイカやキュウリ、冬瓜などのウリ科の野菜や果物にサポニンが含まれているので、意識的に摂取してみるのはいかがでしょうか?

ポリフェノール

むくみは血行不良が大きな要因となります。そのため、血液をサラサラにして血液循環を良くしてくれるポリフェノールも積極的に摂り入れたい栄養素です。

豆類や生姜、ブルーベリー、すもも、イチゴ、ぶどう、緑茶、紅茶などに多分に含まれています。

次ページ:マッサージ・ツボ押しでむくみを解消

マッサージ・ツボ押しでむくみを解消

次は、マッサージやツボ押しでむくみを解消する方法です。自宅でできるものや外出先でも手軽にできるものがあるので、むくみが気になる時に試してみてくださいね。

リンパマッサージ

リンパの流れを良くすることがむくみ解消には肝心なので、リンパマッサージは効果的です。リンパ節をすべてマッサージすると一番良いですが、時間がかかるので次の順番で4つのポイントのリンパ節を優しい力でさすりましょう。

1.鎖骨のくぼみ(内側から外側に向かってさする)
2.脇の下(円を描くように心臓に向かってさする)
3.足の付け根(上から下に向かってさする)
4.ひざ裏(足の付け根の方向にさする)

顔のむくみを改善するツボ・天窓

顔のむくみを解消するのにツボ押しもおすすめです。天窓(てんそう)というツボを押してみましょう。

横を向いた時に出る首の太い筋肉の後ろ側にありますが、のどぼとけの位置と交差した部分にあります。中指の腹で気持ちいいと感じる強さで5秒ほど押してみてください。

両側同じように行ってみましょう。

手のむくみを改善するツボ・合谷

手がむくんでいる場合もツボ押ししてみるのはどうでしょうか?手の親指と人差し指との間にあるくぼみに、合谷(ごうこく)というツボがあります。この部分を反対の手の親指で10秒ほど押してみましょう。

両側同じように行ってみてください。

オフィスで簡単にむくみを解消

オフィスでむくんでいる時に手軽にできる解消方法をご紹介します。

簡単体操

足のむくみを解消するために、デスクワークの人は仕事中に机の下で、立ち仕事の人は休憩時間に椅子に座って簡単な体操を行いましょう。ふくらはぎの筋肉を動かせます。

1.靴を脱いで、かかとを床につけ、つま先を上げる
2.つま先を円を描くように回す(10回ぐらい)
3.つま先を床につけ、かかとを上げる
4.かかとを円を描くように回す(10回ほど)

水分を適度に補給する

水分不足はむくみの原因となります。摂り過ぎもむくみにつながるため、適度に水分を補給しましょう。可能なら水分をいつも持ち歩き、こまめに飲むようにしてください。

1日に1.5リットルから2リットルが目安です。冷たいと体を冷やすため常温かぬるめがおすすめです。

デスクワークの人は1時間に1回は立って歩く

同じ姿勢でずっといると、血液循環が悪くなります。デスクワークの人は、集中しているとつい長時間、座りっぱなしという事があるでしょう。

1時間に1回は意識して立ち上がり、体を伸ばしたり、歩いたりして体を動かすようにしてください。可能なら、昼休憩などに少しのウォーキングをするのはいかがでしょうか?また、オフィスではできるだけ階段を使うのもおすすめの方法です。

まとめ


体のむくみの原因と解消方法をお伝えしてきましたが、お役に立てたでしょうか?

むくみの原因は様々です。あなたの生活習慣が大きく関係している場合もあれば、女性は残念ながらむくみやすい体です。

あなたのむくみの原因となっている生活習慣を改善したり、解消方法を試したりして、スッキリと引き締まった体を手に入れられますように!

スポンサーリンク