Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / 元彼を忘れたい!縁を切るための4つの行動と新しい恋への2ステップ

元彼を忘れたい!縁を切るための4つの行動と新しい恋への2ステップ

彼氏と別れたのに、実際には付き合っているときと関係が変わらず、連絡も取るし、2人で会ってしまって、新しい恋愛に進めないという悩みを抱いたことのある女性は多いでしょう。円満に別れた人ならまだしも、何かしら後悔があり、元彼と縁を切りたい、もしくは忘れられなくてどうしたらいいのかわからないと思う人もいるはずです。

そこで今回は、よくある「元彼と二度と会いたくない」と感じるケース、元彼ともう2度と会わないためにあなたがとるべき行動、そして、元彼を忘れることに苦労したある女性の経験から、新しい恋へと進むためにあなたがとるべき2つのステップを紹介します。

スポンサードリンク

元カレに二度と会いたくないと思うケース3選


縁があって一度は付き合い、ほのかであろうが激しかろうがとにかく恋愛感情を持った相手に、もう二度とご免だ、絶対に会いたくないと思うようなことは、実は結構あります。

①DVをしてきた

まずは彼氏がDVをする人だった場合です。恋愛感情があって付き合っているあいだは、「彼氏を怒らせる自分が悪いんだ」、「とにかく謝って、気を落ち着けてもらおう」、「もっと自分が頑張ればいいんだ」、などと思ってしまいます。

しかし、命がかかったり自分のほかの大切な人を傷つけるような行動に出たとき、目が覚めます。すると恋愛感情などとっくにないことに気がつきます。これはただの恐怖で、自分は怖がって縛り付けられていたのだ、というときです。

そんなときには恐怖心でもって相手とは二度と会いたくない、縁切りをしなくてはと思うはずです。

②浮気や不倫

付き合っているうちは良かったけれど、最悪な別れ方をした場合も縁切りしたいと思ってしまいます。例えば自分の身内と浮気をしていたとか、親友と浮気をしていたとか、実は既婚者で自分が不倫相手だった、などと判った時です。浮気や不倫は非常に心を傷つけますから、そんな酷い男とはもう金輪際ご免だ、と思うのが普通と言えるでしょう。

③別れたあともずるずると続く関係

きっちりと別れ話をして、お互いの同意のうえで正式に分かれた後も、何かといっては元彼から電話やメールで連絡が来て、それに返答してしまう自分にうんざりする。しかも、元カレにはすでに新しい恋人がいることも分かった。

それでもなんとなく寂しい気持ちになり、元彼との連絡を続けたり、実際に2人で会ってしまう。そんな自分にうんざりしているときです。

もう会いたくない!元彼との縁を切るために必要な行動4選

どうにかして別れることは出来たけれど、もう二度と会わなくていい、これ以上は無理、間違っても復縁を迫られるようなことはなしにしたいと思ったときにはこんなことをしましょう。

①思い出の品を捨てる

まずは、全ての思い出の品を処分しましょう。彼と聞いた音楽・CD、一緒に観たDVDやビデオ、彼と撮った写真などの物品だけでは不十分です。あなたの携帯に残っている、元カレとやり取りしたメールなどの全てのデータを削除、破棄してください。

彼は過去の人であって現在の自分には関係ないし、彼の情報も必要ない、と強く思って行動することが大切です。写真などで姿を見ることがなければ情にほだされることもありません。

人間はたまに情に流されて意思とは反対の行動をしてしまうこともある生き物ですから、自分にハッキリと言い聞かせることも大切です。これを見たら彼を思い出してしまう、というものは速やかに処分しましょう。

そこでは、勿体無いなどとは思わないことです。これは自分のため、と言い聞かせ、徹底的に行うようにトライしてください。ついでに家も片付いて一石二鳥だと思うくらいで丁度いいのです。

部屋の模様替えなども一緒にしてしまえば心機一転という雰囲気に自然になりますからおすすめです。

②元彼の連絡先を消去

そして当然のことながら、元カレの連絡先は消去しましょう。元彼との繋がりでしかなった知人の連絡先も同時に消去です。もし電話が来ても登録されていない電話番号であれば出ないことも多いでしょう。

元カレの電話番号は暗記してしまっているというときには電話番号削除ではなく着信拒否が良いでしょう。

また、仕事で支障が出る場合があることからメールアドレスや自分の電話番号は変えたくない、という人がいますが、面倒くさくても変更してしまえば彼との繋がりは一気に薄まります。

どうしてもメルアドの変更は難しいという場合には迷惑メールへ転送されるようにすることで回避できます。共通の知り合いなどにはしっかりと話をし、もう絶対会いたくないから協力してね、といっておくことも大切です。

SNSはブロックして、見たいと思ってしまったときでも見れないようにしておきましょう。

③元カレとは別の世界で過ごす

あなたは元彼のいない自分の人生を楽しまなくてはなりません。元彼やその知り合いが一人もいないサークルなどに参加して、彼とは関係のない人間関係を広げてみてください。共通の知り合いがいないということは話題にのぼることもありませんから、そのうち自然に彼のことが頭から消えていきます。

元カレの知らない世界を構築することで、もし万が一街などで出会ってしまっても違う雰囲気でいるあなたを見て困惑することでしょう。大事なのは元カレの知らないあなたになることなのです。過去の自分と違う面をみつけ、それに没頭しましょう。

仕事が忙しくても新しい趣味を始めることは出来ます。ストレス発散と考えない状態を作るために新しくスポーツを始めてみてもいいかもしれません。汗を流すことで気持ちもすっきりしますし、スポーツを始めることでそこでも新しい関係が増えていきます。

④縁切り神社に行ってみる

日本には縁切り神社というものがあることはご存知でしょうか。やはり縁を切るのは難しいと感じている人は、そのような縁切り神社にいってみることもおすすめです。

信仰深くないなどは関係ありません。元彼との縁を切るために自分はここまで行動した、ということが元カレを忘れるための契機、そして自信に繋がるのです。縁切り神社に御参りしたことで気持ちに一区切りついて、これで終わりだ、と自分でも思えるかもしれません。

心をすっきりさせて目の前のことに集中し、自分の人生を楽しみましょう。その為にも神様にお祈りしてみることは良いことであると言えます。

元彼を忘れられない!ある女性の体験談と新しい恋への2ステップ


ここまでは元カレと縁切りをしたい場合の対処法を紹介してきましたが、もちろん復縁したいと思うこともあるかと思います。

元彼と別れたあとも忘れることができないという悩みは多くの女性が抱えています。人間は楽しかったことや幸せだったことはそう簡単に記憶から消すことはできません。問題はその記憶とどう付き合っていくかということになるのです。

実際過去の体験を無理に記憶から消し去る必要はありませんし、時には思い出して楽しむことも大切です。ですが、その記憶に縛られて現実に悲観したり、前に進めなくなってしまうことは避けなければいけません。

今回は元彼を忘れることができない人へ、今後どういった行動をとるべきか実際に体験談と合わせて紹介していきます。

元彼との楽しかった過去が忘れられない

まずはとある女性の体験談ですが、その女性は高校生の時に初めて男性に恋をして、その後一年間片思いをしていました。片思いをするのも初めてだった彼女は一生懸命男性に想いを伝え、その後カップルになることができました。

相手の男性も女性と付き合うのが初めてだったこともあり、二人はいつも手探りでお互いの感情を確かめ合いながら関係を深めていきました。だんだんとお互いにのめり込んでいく中で、いつも一緒にいることが当たり前になってきましたが、男性は徐々にその状態に違和感を感じるようになりました。

それでも女性は男性を束縛したい気持ちが強くなっていく一方で、お互いの感情はすれ違いを始め交際三年目に破局を迎えます。別れが近づいた時期はいつもケンカばかりしていた二人は、お互いを罵りあいながら最後を迎えてしまったのです。

その後女性は新しい恋愛に走るようになりますが、新しい男性と出会っても元彼と比較してしまいどうしても前進できないのです。それでも適当な男性を選んで交際をしてみますが、やはり途中でこの人は違うと思って、それを何度も繰り返していたのです。

もう私は二度と恋愛ができないのではないだろうかと悩み始めた頃には女性は過去が忘れられなくなっていることに気づいたのです。

新しい恋へのステップ①元彼の記憶を総ざらい

この女性の場合は初めての恋愛相手だったこと、高校生という比較的楽しい思い出が多い時代に交際をしていた相手だったことが、忘れられなくなっている原因かもしれません。どうしても記憶の中で強く残っている部分というのは、断片的であり長期間であることはあまりありません。

彼女の場合も交際期間の中で楽しかったり幸せだったりという体験だけが強く記憶に残ってしまい、実際はたくさんあった辛い経験は記憶から抜けているかのようでした。

そこで女性に片思いから交際期間中、そして別れまでしっかりと思い出し詳細を紙に書いてもらったのです。「付き合っていた期間のことはすべて覚えている。」と豪語していた女性ですが、紙に書き出していく過程で忘れていたことが多いことに気づき始めました。

誕生日の時にケンカをした、私が欲しいといったプレゼントを用意してくれていなかった、浮気をされたかもしれないと思える経験があった、など少しずつ別れの発端となる事象が思い出されてきたのです。

そして最後に別れの時期を思い出し始めると、女性は本当は別れてよかった相手だったんだと気づき始めたのです。

新しい恋へのステップ②別れた理由を冷静に分析する

この女性の経験から推測していくと、どうしても記憶は自分の都合のいいように整理されてまとめられてしまうことがわかりました。これはこの女性に限らず多くの方に同じことが言えると思います。

実際は記憶の奥底に封印した思い出したくない経験の方が、過去と決別したい時には活躍するかもしれません。女性も思い出さないようにしていた現実に改めて向き合ったことで、別れを冷静に分析し自分が今後どうするべきか悟ったようでした。

その後彼女は新しい恋愛へと踏み出すことができ、同じ過ちを繰り返さないように過去の失敗を教訓にすることができたそうです。

恋愛にはスタートがあるように、時にはゴール以外の終わりも待っています。恋愛のゴールが結婚であるならば、それ以外の終わりは別れということになるでしょう。このとき、なぜ別れることになったのか、この事実には必ず理由があります。

その理由は別れが円満であったり険悪であったりするように、カップルによって様々です。また理由が一つだけではないことも多く、いくつかの原因が重なり合って最終的に別れへと繋がることもあります。

でもここで考えてほしいのは必ず別れには理由があったというポイントです。この理由は付き合いを繰り返しても変わることは無いでしょうし、一度乗り越えたとしてもまた違う理由で別れることに繋がるのです。

そう考えていくと過去に縛られている自分をどうするべきか自然と理解できるようになるはずです。まずはゆっくり時間をかけて過去を思い出してみます。もちろん辛い経験も忘れず、しっかり鮮明に思い出していきます。

そして二人がすれ違った原因を探り、その理由を確認していくのです。そしてこれから新しい恋愛で同じことを繰り返さぬよう、成長のひとつとして捉えます。そうすることで新しい恋愛に進めたあなたはより一層素敵な女性に成長しているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。忘れられないと感じているときは、気持ちに埋もれてしまうことのないように、とるべき行動を自分のなかで明確にし、着実にその行動を順を追って行っていくことが必要です。

本当に元彼のことを忘れたいとあなたが思っているなら、ぜひ、今回紹介した元彼を忘れるための4つの行動と、新しい恋への2つのステップを実行してみてください。

スポンサーリンク