Home / 恋愛 / 元彼に未練が残ってしまう原因と解決方法

元彼に未練が残ってしまう原因と解決方法

1つの恋が終わり次のステップに進もうとしても、どうしても前に進めない時があります。新しい恋に進みたいと思っているのに、元彼のことが忘れられない、つい元彼と今の彼を比べてしまう、元彼のことが頭から離れない、できることなら復縁したい…そんな風に悩みを抱えている人も少なくありません。

どうして元彼に未練が残ってしまうのでしょう。その理由が分かれば未練を断ち切る方法が見つかるかも!?そんな元彼の未練に苦しんでいる方必見!未練が残る原因とその解決法について検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

元彼への未練が残ってしまう原因とは

元彼に未練がある場合、どうして別れることになったのかをもう一度洗い直してみましょう。あなたが原因?それとも彼が原因?どっちにしろ円満に別れていたら未練など残るはずがありません。その別れ方に納得できていないから、元彼への未練が残ってしまうのです。

まずは元彼と別れることになった原因を思い出してみましょう。

あなたから別れを切り出した場合

あなたから別れを切り出した場合、その理由は何だったのでしょう。彼の浮気?性格の不一致?他に好きな人ができた?さまざまな理由があっても、彼と別れようと思うに至るまで、あなたも相当苦しんだはずです。

でも、彼と付き合い続けることが苦痛だから、耐えられないから別れを切り出したはず。よく考えて出した結論なら、あなた自身が納得しているはずです。

しかし、勢いあまって別れてしまった場合、それはじっくり考慮せずに出した結論ですよね。あの時ああしていたら、こうしていれば…そんなふうににじみ出た「タラレバ」が未練になってしまうのです。

彼から別れを切り出した場合

これが一番厄介です。あなたは別れる気などなかったのに、彼の気が変わって別れを切り出されてしまったら、あなたは納得できるはずがありません。私の何がいけなかったの?私のどこがイヤになったの?そんな疑問と後悔と悲しみで打ちひしがれてしまうでしょう。

しかし、一度離れた心はそう簡単には戻りません。ドラマや映画で復縁するカップルのラブストーリーが美しく描かれていますが、それはあくまでもフィクション、ファンタジー、そして架空の話なのです。

結局のところ、彼はあなたを選ばなかった。彼はあなたとの関係を断ち切ったのです。そんな気持ちの人との別れを先延ばしにしたとしても、彼の心は遠く離れているのです。そんな気持ちの人との交際を続けているほうが、よっぽど悲しいしみじめな気持ちになります。

納得できないまま別れてしまうと、そのモヤモヤした気持ちが元彼への未練になってしまうのです。

元彼への未練を断ち切る方法

元彼のことが忘れられない…でも、そんな未練をいつまでも引きずっていたら幸せにはなれません。いつまでも過去にしがみついているのは良くない、と頭ではわかっていても、心がついていかないこともありますよね。

悲しいけれど、一日でも早く元彼のことを忘れて新しい明日へ向かって気持ちを切り替えましょう。では、どんなことをすれば未練を断ち切ることができるのでしょうか。

元彼との思い出の品を捨てる

元彼の未練を断ち切るのに一番効果的なのが「心の断捨離」です。あなたの回りに元彼との思い出の品々が残っていませんか?元彼からもらったプレゼントや、2人で行った旅行の写真がスマホに残っていませんか?

そんなものは一切合切捨ててしまいましょう!でも、捨ててしまうだけではもったいない。たとえばブランド物のバッグやアクセサリー、服や靴などは買い取ってもらえるのをご存じですか?

買取品を査定してもらい、状態が良ければ(箱や付属品など完備)高額で買い取ってもらえるケースもあります。

そこで得たお金で、おいしいものを食べに行ったり旅行に行って気分転換したり、または新しい洋服などを買って心機一転しましょう。

思い切って外に出る

元彼のことを考えてばかりだと、家に引きこもりがちになります。一人で悶々としていたのでは、いつまでも未練を断ち切ることができません。ここは、無理をしてでも外出してみましょう。

友だちとショッピングに行ったり、映画を見たり、ライブに行ったりして気を紛らわせるのです。その時注意したいのが、未練が残っているうちは彼との思い出の場所へ行ってはいけません。

元彼への未練がある場合、何を見ても彼に関連づけてしまいがちです。2人で行ったレストランには行かない!2人で楽しんだテーマパークには行かない!そんな風に、元彼との思い出から少し離れてみましょう。

その時、できれば一人ではなく友だちを誘うことをおすすめします。そんな気持ちの時、一人で外出すると余計に元彼との思い出が蘇ってしまいます。しかし友だちと一緒なら、元彼を思い出す機会も少ないはずです。

仕事や新しい趣味などに全力を注ぐ

暇な時間があると元彼のことを考えてしまいます。だったら暇な時間をなくせばいいのです。仕事に打ち込むもよし、何か新しい趣味を始めてみるのもよいのではないでしょうか。

特に新しい趣味を始めると、交友関係が広がります。たとえば最近流行のボルダリングなど、体を動かすようなことを始めると心身共にリフレッシュします。新しい趣味を通じて友人が増えることもあり、それは新しい出会いのチャンスでもあるのです。

自分磨きをする

今まで彼のために使っていたお金や時間を自分のために使いましょう。この際ですから徹底的に自分磨きをして、ワンランク、ツーランクアップした自分になりませんか。元彼が別れたことを後悔するぐらい、いい女になっちゃいましょう。

たとえば英会話教室に通うとか、資格取得のために勉強するなどスキルアップを目指すのもよい方法です。きっとあなたの仕事に役立つはずです。

定期的にスポーツジムに行って運動するのもよいでしょう。またはエステに通ってみるのもいいかもしれません。身も心もキレイになると元彼への未練もどこかへ吹き飛んでしまいます。

そうやって自分磨きをしてレベルアップすれば、また新しい出会いのチャンスは訪れるはずです。レベルアップしたあなたに相応しい男性が現れるでしょう。

元彼を徹底的に忘れる方法

心の断捨離もした、仕事や趣味に没頭した…けれどもやっぱり元彼への未練が断ちきれないというこじれた方に、これさえやればゼッタイ元彼のことが忘れられる方法、をお伝えしましょう。

時間が経てば解消する未練と、時間が経てば経つほどよりこじれる未練があります。いろいろやっても元彼への未練が断ちきれない方は、後者のこじれたタイプにあてはまります。こじれた方でもこれさえやれば、きっと元彼への未練が多断ちきれるはす!ぜひお試し下さい。

元彼の良かったところを書き出す

あなたが好きになった男性ですから、きっとすてきな男性だったのでしょう。あなたは彼のどこが好きになったのですか?元彼の良かったところを書き出してみましょう。

たとえばこんな風に…
・やさしい
・料理が上手
・いつもリードしてくれる
・ワガママを聞いてくれる
・顔が好き
・同じ趣味を共有している

などなど。こうやって書き出してみると自分がどういう恋愛傾向にあるのか客観視できます。

元彼の悪口を書き出す

良いところを書き出した次ぎは、悪いところを書き出してみましょう。人は、時間が経つと記憶を美化する傾向にあります。元彼との思い出にも美しいベールがかけられ美化されてしまうのです。しかし敢えて元彼のイヤなところ、悪いところを思い浮かべ、書き出してみましょう。

たとえばこんな風に…
・時間にルーズ
・女グセが悪い
・だらしない
・よくウソをつく
・自分勝手
・相手を束縛する
・束縛されるのを嫌う
・優柔不断
・マザコン

などなど。こんなふうに書き出してみると元彼がどんなにイヤな男だったか、在り在りと記憶が蘇ります。きっと良いところより悪いところが多くなるのでは?改めて、こんなダメな男に未練を残している自分のことがイヤになり、未練を断ち切るきっかけをつかめるはずです。

元彼の良いところと悪いところは紙一重

元彼の良いところ、悪いところを書き出してみると、あることに気づきます。それは良いところと悪いところが紙一重だということです。

たとえば「やさしい」彼でしたが、もしかしたら優しさの裏側にはあなたを過剰に束縛したい、という思いがあったかもしれません。「いつもリードしてくれる」というのも、あなたの意思は無視して自分がやりたいことだけをやるような自分勝手な一面かもしれません。「ワガママを聞いてくれる」のも、言うことを聞いておけばうるさいことを言われずに済む、なんて思いがあったかもしれません。

今の彼の良いところを書き出す

もし今新しい彼と交際しているとしたら、その彼の良いところを書き出してみましょう。きっと元彼よりも良いところが多いはずです。あなたの選択は間違っていなかったことを再認識できるはず。それが分かれば未練も断ち切ることができるはずです。

親友と一緒に元彼の悪口を言ってストレス発散する

一人で悶々と元彼のことを考えていると辛いので、ここは親友の力を借りましょう。きっと親友は、あなたと元彼の交際を客観的に見て何か思うところがあるはずです。そういう信用できる第三者の意見を聞いてみましょう。

「恋は盲目」という言葉があります。ラブラブだった頃は、彼の良いところも悪いところも全部許せてしまいますよね。でも、第三者から見るとあなたたちの関係が歪に見えていたかもしれません。

たとえば、いつも彼の要求ばかり聞いていたあなた。ラブラブなときは彼の喜ぶ笑顔が見たくて多少の無理を聞くこともあったかもしれません。しかし、第三者から見ればあなたが無理していることは決して良くは見えないのです。

彼が本当にあなたのことを思っていてくれたか、大事に思っていてくれたか、時には第三者のほうが的確に見極めていることがあります。そういう意見を聞いて、元彼とあなたの関係性を見つめ直してみましょう。

あなたに非があって元彼と別れた場合

元彼と別れるに至るまで、その原因はさまざまな要因があってのことでしょう。その中で、決定的にあなたに非があった場合は前述してきた解決法が適応しない場合があります。

たとえばあなたが浮気をして、それが元彼にバレて別れたとします。ほんの出来心、本気じゃなかったのに…と悔やんでも悔やみきれないですよね。まして、元彼を悪者にするなんてできません。そんな時にはどうやって、自分の気持ちに折り合いを付ければいいのでしょう。

失って初めて分かったこと

別れの原因を作ったのがあなただった場合、別れた後も元彼への未練が断ちきれないということは、彼を失って改めて、彼の存在があなたにとってどれほどのものだったか痛感したということです。

2人の関係がマンネリ化して、つい浮気をしてしまった…というような場合、そのマンネリ化こそが本当の幸せだったことに気づいたはずです。

可能なら、その気持ちを元彼に伝えてみましょう。運が良ければヨリが戻るかもしれません。自分の行いを謝罪し、その上で許しを乞う…。それを受け入れるか否かは彼次第。ダメだった場合でも、あなたは自分の気持ちを正直に伝えていれば心がスッキリするはずです。

元彼に非があって別れた場合

たとえ元彼が別れる原因を作ったとしても、彼への未練が断ちきれない場合もあります。そんな時は特に未練を断ち切ることが苦しいですよね。別れたくなかったけど、別れざるを得なかった…。

元彼に非があった場合、あなたは悪くないのです。だからあなたが悩むことはありません。元彼とは「縁がなかった」と諦めましょう。そう割り切るのに時間がかかるかもしれません。前述したような未練を断ち切る方法を試してみて下さい。

別れもまた、人生における大切な経験

出会いがあれば別れもある…それは人の世の常です。交際数日で別れるカップルもいれば、年を取って熟年離婚する夫婦もいます。一度好きになった相手ですから、別れた直後に未練がないはずがありません。楽しかったこと、苦しかったこと、悲しかったこと、いろいろな思い出がよみがえり辛い気持ちになってしまうかもしれません。

でも、その経験は必ずあなたの人生においてプラスになるはずです。人はそうやって成長していくのですから。

楽しい経験、悲しい経験、苦しい経験も1人ではできません。元彼がいたからあなたはさまざまな経験を積むことができたのです。辛い別れを経験したあなたは、きっとすてきな女性になっているはずです。


スポンサーリンク

Check Also

社会人は恋愛難?社会人と学生の恋愛における7つの違い

現代の社会人は恋愛難だとよく言 …