Home / 未分類 / 失恋後、立ち直る方法と元彼との接し方

失恋後、立ち直る方法と元彼との接し方

失恋してしまったとき、なかなか心の整理がつかず、元彼との接し方もわからない…

今回は、その時の立ち直る方法や、元彼との接し方についてご紹介します。

スポンサードリンク

失恋してしまったあなたが、次の恋に向けて立ち直る思考方法

失恋してしまったら

失恋というのは本当に苦しくてやるせないもので、何から何までどうでもよくなってゆくような、何をやる気力もなくなって、今まで普通に行っていた日々の行動さえ妙に面倒に感じたり、もうどうでもよくなってしまったり、世界中が自分とは関わりのない無機質な物体になってしまったような、不思議な感覚にとらわれてしまうこともあります。

それはその恋が本当に大切なものであればあるだけつよくご自分の心が打撃を受けているわけで、ある意味当然のことです。

でも、そんな自分自身を省みて「こんなことでは、いけない」「何とかしなくっちゃ」と思うもう一つの心がうごめいて、そんな自分自身から立ち直ることが必要だという気持ちが芽生えてくるのが、心の弾力性というか心の復元力というか、生きてゆく上での当然の姿でもあるわけです。

もちろん、それにはそれ相応の時間がかかりますし、その時間はこのくらいという基準があるわけではありません。

一つ一つの恋、一人一人の想いがすべて特別であるのですから、それは自然となるところによってなるわけです。

まずその時間が来るまでは、無理なことはせずじっとそれを待つことしかできることはありません。というより、それ以外はしないほうがいいのです。ここで無理に動くと、かえってそのあとに前のもやもやを引きずってしまうことにもなりかねません。これは結構厳しいことなのです。

そして、その時間が過ぎてご自分の心が今のままの状態からの飛翔(飛び立ち)を求めてきたとしたら、迷うことなくそれを行うことが肝要です。とはいっても、なかなかそのタイミングがわからないという方も結構いらっしゃいます。

でも、分からないうちは、間違いなくそのタイミングはまだ訪れてはいません。

心のことは心に任せておくことです。この場合、こころとは情(心)であって意(心)ではありません。感性が自然に傷を治癒してゆくのに任せて、意識が強引な過激療法を行うのを控えなければなりません。

なぜなら、あなたの心はまだ傷ついており、いま必要なのは十分の休養と栄養補給だからです。

傷ついている心のままに過度なリハビリに走ったり休養をないがしろにしたりすれば、その結果は傷の治癒を遅くし不必要なストレスを生み出すことになります。

野生動物は、もしケガを負ったりしたときはただただ安静にして自然の治癒力に身を任せてじっとしているものです。

人間は、医療という手段を発見し身体の不調を克服するための努力を重ねてきました。

その結果、確かに医療技術は発展を遂げましたが、その分生物本来の自然治癒力という力を減衰させてしまっていることも確かな事実です。ですがこの事実は、あまり心の問題には該当しないようです。

 

しっかりと心の傷をケア

失恋してしまったあなたは、大きな傷を負っています。その傷の大きさや痛みはあなた以外の誰も理解することはできません。

まずはご自分の心の治癒力を発揮して、その傷が癒されるまで十分な休養を取ることが最も大切なことなのです。

そして、その傷が癒され新たなな力が心に生まれてきたとき、あなたには次の恋に向かって立ち直る準備ができているのです。

それまでは心に無理をさせず休養と栄養補給に努めてください。その時が来れば、それはあなたには素直に感じられてきます。決して、意識的に回復を求めてはいけません。ただただ時間を待つのです。

その時間が過ぎてあなたに立ち直る力が満ちたとき、もうあなたは立ち直り始めています。

もちろん、すぐに100パーセントの状態に戻るわけではありません。少しづつゆっくりとそれでも着実に、あなたの心は立ち直りを始めています。最初はよちよちと、やがて一歩一歩しっかりと、ついではしっかりとそれから羽ばたくように、飛翔(飛び立ち)へと進んでゆきます。

飛び立ったあなたはまず地上から空中へとその身を移し、やがてうまく捕まえた上昇気流に乗って大空高く飛びあがります。

昨日まで這っていた地面は今やあなたの顔面遥か下にあります。そして遠くまでが一望のもとに見えています。そう、あなたの心は地面から解き放たれ今や空中にあります。展望は自由自在です。もう傷は痛みません。

でもそう、実は傷跡はしっかり残っているのです。

でもその傷跡は決してあなたのハンディ・キャップではありません。

逆に貴重な経験として、これからのあなたを導いてくれる大切なお友達なのです。あなたにとっては、一つの恋の勲章のようなものです。決してないがしろにすることなく、大切にしておきましょう。

こうして、失恋の傷は癒されました。その傷跡は貴重な経験です。

あなたのこれからをサポートしてくれる大切なお友達です。そのお友達の力を借りて、今あなたには何ができるでしょうか。そうです、これからのあなたを支えてくれる、新しい恋人との出会いに向けて大きく羽ばたくことなのです。

大空には何の障害物もありません。大きく羽ばたいて新しい出会いを探しに行きましょう。

これが、失恋してしまったあなたが、次の恋に向けて立ち直る思考方法なのです。決して難しいことではありません。

 

元彼との接し方~どうすれば良いのか

なるべく普通に

では、別れた後は元彼とどのように接すれば良いのでしょうか。

避けたり親しくしたりするのは不自然だと感じるなど、適切な距離の取り方が分からないという人も多いでしょう。

特に別れた後もよく顔を合わせる場合は深刻な悩みになってしまうかもしれません。

同じ職場や学校にいる男性と付き合っていた場合、別れた後も毎日会うことになります。一般的には別れたからといって、それだけの理由で転職や転校をするわけにはいかないでしょう。

そのような悩みがある場合でも、適切な接し方を知っていれば苦労が少なくなります。

恋愛中とは一転して、別れた後の2人の間には気まずさが漂っています。

そのため、できるだけ接したくないと考える人が多いです。露骨に態度に表さなくても、無意識に嫌悪感が表情に出てしまうこともあります。

このような状態になるのは最も悪いパターンの一つといえます。

なぜなら2人の問題が周囲の人たちにまで伝染してしまうからです。

2人の気まずさは他の人にも分かるので、その場がぎこちない雰囲気になってしまいます。

職場の場合は、全員の仕事の効率に影響が出ることもあるかもしれません。そうなると2人は責任を感じて、ますます気まずさを感じるようになります。そのような雰囲気になるのを避けるには、なるべく普通に接するのが基本です。

そう言われても、普通に接するのは難しいと反論する女性も多いでしょう。

特にデリケートな性格の場合は、敷居が高いと感じるかもしれません。そのような場合は、朝の挨拶だけでも普通にするように心がけましょう。

一日の始まりに普通にあいさつをすれば、その後に接するのを避けていても周囲は意外と気付かないものです。ずっと普通にするのは難しくても、挨拶だけなら自然にできるのではないでしょうか。顧客や上司と接するときのような、営業スマイルで構いません。

そもそも職場には、挨拶しかしないような関係の人も何人かいるのが一般的です。そのため挨拶さえしていれば、2人が付き合っていたことを知らない人から不自然に見えることはないでしょう。付き合っていたことを知っている人も、2人の関係が極端に悪くなったと感じることは少ないです。

最初は難しいと感じても、習慣になれば簡単にできるようになります。挨拶を自然に行えるようになると、それをきっかけとして普段の接し方も自然になるかもしれません。

people

悪口は言わない方が良い


また友人や同僚に元彼の悪口を言わないことも重要なポイントです。

女性は恋愛の話が大好きなので、別れた話も興味深い話題になります。相手に不満があった場合は、愚痴を聞いてもらいたいと感じる人も多いでしょう。

嫌なことがあっても人に聞いてもらうと楽になりやすいです。そのため、友人たちに元彼の悪口を言ってしまうことは少なくありません。

しかし楽になった後に、大きなしっぺ返しが待っている可能性が高いです。そのような悪口はすぐに広まっていくものだからです。まず女性の間で広まって、最終的には男性の間にも広まってしまうケースがよくあります。しかも悪口には尾ひれが付きやすいです。

男性の人格を否定するようなひどい内容になってしまうこと珍しくありません。

男性の間に広まると、本人の耳に入るのも時間の問題です。そのような悪口を聞いた元彼はどう感じるでしょうか。

怒りを露わにするかもしれませんし、徹底的に無視をしてくるかもしれません。また周囲の目が気になって、職場や学校に居づらくなって辞めてしまうかもしれません。いくら不満を持っていたからといって、そこまで追いつめる権利はないです。

そのため追いつめた自分の評判も下がってしまうと予想されます。周囲の人は自分も悪口を言われるのではないかと感じて、距離を置くようになる可能性もあります。

そうなると自分も居づらくなってしまうので要注意です。軽い気持ちで言った悪口が、そのような事態を招いてしまう恐れがあることを認識しておきましょう。

悪口をいうのは良くありませんが、へりくだる必要もありません。気が弱い女性の場合は、別れてしばらくの間は陰鬱な表情になり、自信をなくしてしまいがちです。

そのような表情をしていると元彼にいろいろな影響を与えてしまいます。

たとえば罪悪感を感じやすい男性の場合は、そのような表情を見たくないので極端に避けるようになるかもしれません。

自信家の男性の場合は、自分に未練を持っているように感じて、からかうように接してくる可能性があります。どのような場合であっても、自分が過ごしやすくなることはありません。振られて別れた場合は、すぐに立ち直るのは難しいでしょう。

しかし、あからさまに落ち込んでいると元彼のほうが立場が上になってしまいかねません。

多少無理をしてでも、堂々と振る舞うように心がけてください。そうすることで対等の関係を構築しやすくなります。そのような逞しいスタイルで生きていくと、次の恋愛のきっかけも掴みやすくなるのでおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

しっかりと傷をケアして新しい恋愛の準備をしましょう。

くれぐれも、元彼の悪口は避けましょう。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …