Home / オタク / 萌え袖にキュンとする男子続出!萌え袖の魅力とは?

萌え袖にキュンとする男子続出!萌え袖の魅力とは?

洋服の袖が可愛らしい女性を指し、萌え袖と呼ぶことがあります。萌え袖という言葉は、その着こなしを見ているだけで「萌え」といった、内側から惹かれてしまうような魅力を感じられる状態を伝えています。
現在では、もはや「萌え」というサブカル的カテゴリのみならず、ファッションとしても、取り入れられているのが萌え袖です。

今回は、萌え袖の魅力について書いていきます。

スポンサードリンク

萌え袖とは


萌え袖とは、洋服の袖部分で手や指先を覆ってしまっている状態を指します。特にアニメやインターネットなどで「萌え」とされてきた女の子像です。

袖が長く余ってしまっている状態や、裾から少しだけ出た指先がその魅力です。可愛らしいといわれる雰囲気を持った女の子に似合うとされています。「萌え袖」という言葉が表現しているキャラクターは、可愛らしく、「萌える」といった女性像です。
その洋服を着ている女性のみでなく、全体のスタイルを含めて使われることもあります。

萌え袖とは

萌え袖とは、洋服などの袖が長すぎて無意識に指先を袖が覆ってしまっている状態のことを指します。また洋服のサイズが大きすぎるために手元に袖が余ってしまってみえると言い換えることもできます。
このような少しルーズな状態は、ゆるい世界観を醸し出し、可愛らしくみえることがあります。これを「萌え」という言葉で表現しています。
萌えという言葉は、可愛らしい、惹かれるといった意味を指します。

萌え袖は、女性だけでなく、男性にも使われる言葉です。美少年や美青年といわれる男性は、中性的な雰囲気を持っています。
そのような男性であれば、女性に似合うと言われている萌え袖さえ着こなしてしまうことがあります。

性別を超えて親しまれ、愛されているのも萌え袖なのです。男女に共通し、洋服の袖と見た目や雰囲気を含めた可愛らしさを含めて、その魅力的な状態は、「萌え袖」といわれています。

萌え袖の魅力

萌え袖の魅力は、まずは、何といってもその妹感にあります。ビッグな服に包まれた姿は、兄の洋服を可愛く着こなしてしまう妹を感じさせます。萌え袖が好きな男性について調べたところ、なんと70%以上が支持しているという回答でした。

萌え袖の魅力については、「可愛らしい感じ」や「幼い感じがする」などの理由がありました。
また、「ニットがぶかぶかなのが可愛い」、「あざとく見えるところが逆に可愛い」といった内容の意見も見られました。
萌え袖に魅力を感じている男子は、その女の子らしさに惹かれているということもできそうです。

「萌え袖は、あざとくても可愛い」といった言葉から読み取れるのは、萌え袖が狙っている可愛さであるという事です。男子に支持されやすいわかりやすい女の子象として、フェミニンやお嬢様系と言ったスタイルがあります。

一般的に、「可愛い系統」とされやすいコーディネートは、わかりやすい女性らしさが共通していることがあります。むしろあざといとみられる萌え袖は、客観的にみても「可愛い」特徴があるということもできそうです。

小動物みたいでかわいい

萌え袖の女の子は、うさぎなどのかよわい小動物にも似た雰囲気を感じさせることがあります。白くてふわふわした存在の小動物も、か弱い妹のような雰囲気の萌え袖の女の子と似ています。萌え袖の女の子は、長袖などの洋服の袖を指先でキュッと掴んでいる仕草を感じさせることがあります。

寒さから自分を守るような仕草は、小動物の毛皮の意義と重なってしまう部分があります。人に甘えるわけでもなく、自分自身で寒さから身を守る姿は、表面には、弱く見えていなが、りりしさも同時に感じさせます。言葉で何かを訴えることをせず、一人でもなんとか生きていく姿は、まさに小動物のようにみえます。

見た目は、とても弱そうなのに、生き残っていくという立場を示していると考えてしまうこともあるかもしれません。その内面にどうしても芯を感じずにはいられないのが萌え袖女子です。なぜか、目奪われてしまうのは、小動物も萌え袖女子にも同じ要素があるからということもできそうです。萌え袖女子も小動物も自分の可愛らしさに気付いているのかわからないというところがあります。あどけなくもみえるその姿は、魅力を放っています。

自分の可愛らしさに気付いているのか、それとも自然体でそうあるのか、どちらともわからないところも共通点ということもできそうです。
萌え袖女子は、小動物のような可愛らしさもあります。そのため、ときには、守ってあげたくなるという感情が芽生えることもあるといえそうです。

守ってあげたくなる

思わず守ってあげたくなるのは、惹かれてしまう萌え袖の魅力がそうさせるともいえます。袖の先をちょっと掴む仕草は、妹のようなか弱さまで感じさせます。思わず守ってくれあげたくなる女の子は、ふわふわとした掴みどころのない雰囲気を持っていることもあります。

小柄な女の子の着ているブカブカ感のある服は、自身の弱さを少しさらけだしているかのようにも感じさせます。自分より弱い立場にいる女の子って、守ってあげたくなることがあります。

男性は、もともと本能的に保護欲求というものが備わっています。そのために本能的に守ってあげたくなるような女の子にキュンとしてしまうことや錯覚のように感じ恋してしまうことがあります。そんな男の本能さえ、くすぐってしまうのがこの萌え袖です。

萌え袖の思わず魅了する点のひとつに、力の入っていない指先があります。意味もなく袖をつまむ仕草とそのか弱い雰囲気は、どこか儚ささえ感じさせます。まだ世の中を知らない無垢な存在感は、特別さを呼び起こしまてしまうと感じてしまうこともあるといえそうです。「守ってあげたい」と思わせるのは、萌え袖の魅力そのものであり、萌え袖が引き起こしている感情ということもできそうです。

見え隠れする指先にキュンとする

萌え袖のスタイルと言えば、服の袖から出た指が少しだけ袖の先を掴んでいるのが可愛いとされています。
萌え袖を見る際は、袖の先の指先も魅力を感じさせるひとつの着眼ポイントです。袖の先からは、時折袖をキュッと掴む指先や、まるで安心感を感じるかのように袖を離さない様子が見られることがあります。

華奢な指先や袖からちょこんと出たその手は、可愛さを見事に強調しているようです。萌え袖をしている洋服が袖が長い場合やブカブカな服の場合があります。大きめの服に少しだけ出た指の先は、対比されてみえることがあります。それは、萌え袖の魅力をアップさせているポイントということもできます。

洋服に関連する言葉で、「大は小を兼ねる」ということわざがあります。大きめの服に収まってしまう指先は、キュンと心をくすぐる可愛さを秘めていると言うこともできます。

ブカブカ感が幼く見える

萌え袖は、少し長めの洋服を着ることで可愛くみえることがあります。服の先から出た指先は、その萌えポイントのひとつです。ちょっと大きめのブカブカ感のある服を使うと幼さが演出されます。まるで借り物のような大きなシルエットの服は、幼さを象徴しているかのようにもみえます。妹感も出る萌え袖は、キュン度もやや高くなります。

大きめニットや袖が長いゆるめのラグランなどは、萌え袖と相性のいい服です。ストレートヘアや三つ編み、二つ結びなどは幼くみえる髪型であります。萌え袖にさらに全体のスタイルを含めた魅力までも感じさせてくれます。萌え袖には、袖を掴むのみでなく、同時に少しの幼さの演出もかかせません。

萌え袖に最適な時期

萌え袖には、長袖の服を使うことでさらに可愛さが増します。
少し気温が下がってきて寒いな思う頃が萌え袖のベストな頃合いです。10月の秋の始めに入る頃や冬に入る12月の半ばごろから萌え袖の萌え指数は、アップしていきます。

萌え袖は、袖をつかむ指先の可愛さと、寒いというシュチュエーションによって許されるキャラクターでもあります。萌え袖をする際に可愛く映るのは、少し薄い長袖の服などです。フワフワした素材のファッションも適しているのですが、袖を指で押さえるのが大変という点に、マイナスポイントがあります。

10月初旬から、11月のはじめは、萌え袖のスタート時期です。萌え袖は、そのあと2月~3月まで違和感なく楽しむことができます。萌え袖を試してみる際には、肌寒いか、そうでないかを基準にすると上手くいきやすいです。

萌え袖が嫌いな人も


袖から見える指先が可愛いと言われる萌え袖ですが、なかには、萌え袖が好きではなく、むしろ嫌いな人もいます。袖の先を掴んで、男性を惹きつけてしまうことのあるのも萌え袖女子です。萌え袖女子は、あざとく、ぶりっ子のように見られることもあります。萌え袖女子は、自分の世界を持っていることがあります。さらに周りの人に干渉せず、口数が少ないといった性格である場合もあります。その特徴として、自分自身についても多くのことを語らないといったところがあるということもできるかもしれません。

女の子は、おしゃべりが好きな生き物と言われることがあります。これは、女性には、共感や感情を共有することが好きな性質があるからです。周りの女の子と群れることをしない姿勢は、自分自身を貫いているように感じられることもあるかもしれません。独自の存在感を放っている萌え袖女子が、嫌いという女の子も中にはいるとも考えることもできそうです。

男受けがいいのにもかかわらず、時には、クールにな態度にもみえてしまう。可愛らしいのに気付いてるのかが定かでなく、一人を貫いている。計算せずとも周囲を惹きつけてしまうキャラクターの萌え袖女子は、羨ましい存在とも言えるかもしれません。

あざとい

萌え袖の服を着ることであざとくみえてしまうことがあります。萌え袖は、自然な状態ではなく、意識して行うスタイルといえることもあります。そのため萌え袖をしている状態がわざとらしくみえてしまうことがあるといえそうです。

さらに、萌え袖はぶりっ子といった印象を与えることがあります。男性受けのいい性質を持っているからこそ、萌え袖は、あざとくみえてしまうことがあります。また、萌え袖をしている女性は、その独特のファッションスタイルを貫くことから時には、目立ってしまうこともあるといえそうです。

男性と女性、両方の目を惹きつける女性は、羨望の対象となることもあるのかもしれません。したたか、あざやか女の豊かなテクニックという歌があります。これは、したたさは、もはや賢さを含んだ女の魅力ということもできそうです。人の心をキュンとさせてしまう萌え袖女子は、可愛さだけでなくあざとさも兼ね備えた存在なのです。

不格好に見える

萌え袖を着ている女の子であれば、袖が長いというのは、そのスタイルひとつのポイントです。萌え袖は、袖が長いためにぶかぶかしてみえることがあります。そのため、ときにはだらしなく見られることもあります。

萌え袖は、袖の先から、指先が見えているのが可愛いと言われるコーディーネートです。萌え袖のコーディネートには、全体的に大きめのシルエットの服を選ぶこともあります。ダボダボとした服を着ることもあるために全身は、やや不格好になってしまうことがあります。

萌え袖を知っている人とそうでない人が見た場合に見ための印象に差が生じることもあるのが萌え袖と言えそうです。萌え袖は、可愛らしいスタイルでありますが、その格好は、不格好であることもあります。

似合う人が少ない

童顔な女の子や可愛い雰囲気の女の子で似合う人が多いとされるのが萌え袖です。
女性の見た目は、綺麗系やエキゾチック系や清楚系などさまざまなタイプがあります。「可愛い」、「魅力的」などが萌え袖が評価されている言葉です。萌え評価をするのは、自分自身ではなく、第三者であるという場合があります。

自分自身で似合うと判断しにくいところがあるため、萌え袖を取り入れるのは、難しい場合があります。「洋服を着るのではなく、着られている」ということがあります。萌え袖は、似合うと断定できることが少ないため、洋服が似合わないといったことが起こりえるかもしれません。

また、萌え袖は、女性受けより男受けのする服装であるということもできます。女性で一匹狼タイプでなければ、萌え袖を取り入れるが難しい場合もあります。萌え袖は、着る人やその特徴も選ぶ場合があるため、現実的に取り入れることが難しい場合もあります。

見た目の特徴には、服装が派手である女性よりも、落ち着いた格好の女性が好んで取り入れるのも萌え袖であります。童顔な女性で可愛らしい人が似合うと着る人を決めてしまいがちなのが萌え袖です。着る人をいくつかの選択する萌え袖は、似合う人が少ないといえます。

TPOを意識して、萌え袖を取り入れるのは、ファッションの上級テクニックともいえるかもしれません。

萌え袖が似合う人

萌え袖が似合う人は、その名の通り“萌える”ポイントを持っている人であることが少なくありません。
「萌え袖」の要素として、キュンとくるかどうかが魅力を判断する要素であることがあります。女性で“萌え”の要素を持っている人は、意外と少ないです。童顔であることや小柄であることは、その身体的な特徴として求められることがあります。

「萌え」という状態であるために視覚に訴える見た目であることを前提とし、必要とされることがあります。そのため、萌え袖に似合う条件を持った人は、少ないといえます。

童顔

童顔な女の子であれば、萌え袖の服が似合ってみえることがあります。また、大きめの素材の服や萌え袖を着ることで幼く見えることもあります。童顔の女の子は、年齢よりも幼く見えてしまうため、比較的若い子に似合ってみえる萌え袖の服も着こなしてしまうことがあります。

童顔とは、愛らしく可愛らしい顔立ちであり、そのような女の子を指すことが多いです。実年齢より若く見えてしまうのも童顔な女の子の特徴です。童顔な女の子の持つ、その可愛さは萌え袖の魅力を引き立てます。萌え袖のキュンとしてしまうポイントのひとつとして、袖を持つ指先がキュンとしてしまうポイントです。そのシルエットに童顔が組み合わさることで、なお破壊的な魅力となるのです。

萌え袖女子が童顔である場合、全体のシルエットも含めた「萌え」というジャンルの完成度が高まります。「守ってあげたい」、「どこか惹かれる」、そんな魅力は、萌えを通り越し、恋という感情にも近いことのあるともいえそうです。

小柄

小柄な女の子は、萌え袖が似合うと思われやすいこともあります。萌え袖は、丈の長い袖のものが合うために手の長さによって萌え袖をしやすいことがあります。また大きめのサイズのニットを着ていても似合ってしまうのは、小柄な女の子の特権ともいえるかもしれません。

萌え袖は、サイズの長い袖のものを着ることで指先がみえ、似合うのが特徴です。背が小さい女の子であったり、華奢な女の子であるからこそ、サイズの合わない服のサイズまでも似合ってしまいます。小柄な女の子は、その特徴的な見た目から、弱そう、守ってあげたいといった雰囲気を醸し出しています。

その性質と小柄な女子の持つ愛らしさが合わさると、存在感は、強くなります。可愛くて、守ってあげたい特別な存在の小柄な女子は、萌え袖がとても似合うってしまうことがあるのです。

まとめ

萌え袖の特徴についてここまで書いてきました。萌え袖は、可愛くて童顔な人が似合うものでもあります。また、守ってあげたいといった雰囲気が萌え袖の魅力を高めます。いくつかの要素が萌え袖の惹かれるポイントを構成しているともいえそうです。

萌え袖は、長袖で取り入れるのがスタイルとされています。少しあざといとも捉えられるコーディネートで普段と違ったオシャレを楽しめるのも萌え袖です。萌え袖は、着る人を限定するかのようにも思われるスタイルでもあります。ときに「あざとい」とも感じられるファッションは、「攻め」のスタイルであるということもできそうです。

甘辛コーデと呼ばれる服装の組み合わせがあります。これは、甘く可愛らしいガーリーなコーディネートと革ジャンなどの辛口のテイストの服を合わせたものです。時には、大胆さや意外性のあるファッションが人を惹きつけてしまうともいえるかもしれません。

小柄や童顔な女性であれば、よく似合ってしまうのが萌え袖コーディネートです。ファッションは、自己表現のひとつであるともいうことがあります。「萌え」を表現したスタイルは、周囲の人の心をキュッと掴んでしまうといえるかもしれません。心も袖もキュッと掴んでしまうのは、まさに魅力のなせる技です。

小動物のような雰囲気を持つ萌え袖女子は、魅力をみるのも、成りきってみるのもどちらも楽しむことができそうです。人を惹きつけてしまう女の子も、魅了してしまう女性も、心にキュンとする足跡を残していきます。一瞬の恋心を人生に呼び起こさせてくれる儚げな存在は、特別天然記念物のようともいうことができそうです。

人生で気付く「萌え」という違和感は、新たな価値観の発見ともいえるかもしれません。


スポンサーリンク

Check Also

ひとめぼれって本当にあるの??ひとめぼれを徹底検証

あの人かっこいい、あの人とは何 …