Home / 未分類 / 自宅でのクリスマスを楽しく彩る!おすすめ雑貨とうんちく集

自宅でのクリスマスを楽しく彩る!おすすめ雑貨とうんちく集

近年自宅で過ごす人が増えているクリスマス。

今回は、そんなデートにもってこいなオススメ雑貨と、彼女に語れる「メリークリスマスの意味」をはじめとしたうんちくをご紹介します。

スポンサードリンク

お家を素敵に飾ろう!お家でクリスマスを過ごすカップルにおすすめの雑貨

クリスマスは街に人があふれかえっていて、何をするにも人・人・人という感じです。

混雑のために人気のあるレストランは早々に予約が締め切られてしまったり、オススメスポットとして紹介されているような場所は人が多過ぎてムード作りなどできません。

せっかくの大切なイベントですので、やはりカップルの人達は二人でしっとりとした時間を過ごしたいと考えているのではないでしょうか。

わざわざ外に行かなくても、自宅でも十分に素敵な日を過ごすことができますので、そのための準備を少し早めに始めてみるのもオススメです。

この準備の期間もカップルにとっては非常にワクワクする時間であり、色々なことを想像しながら二人で進めていくことでより関係は深まります。

自宅で過ごすなら雑貨にこだわろう!

自宅で過ごす場合には、雑貨にこだわってみるのも良い方法です。

最近では色々なところでかわいい雑貨を入手することができますので、雰囲気に合わせたグッズを探すことができます。クリスマスツリー・食器・キャンドルと使いたいものは色々とありますが、場所の関係や予算の問題もありますので、条件に合ったものを探すようにします。

クリスマスといえば、やはり外せないのがツリーです。ツリーは千円程度で入手できるものもありますので、費用的にもそれほどかかりません。

ツリーを用意したら飾り付けも重要ですが、オーナメントは選ぶ人の好みによって大分飾り付けが変わりますので腕の見せ所です。キャンドルを使って部屋を暗くする予定の場合にはライトアップできるようにツリー用のライトを用意しておくと良いかもしれません。

ライトも色々なカラーバリエーションがあり、部屋の雰囲気作りに役立ちます。ツリーに雪を降らせたい時には綿を使います。少し出てほぐしながらバランス良く配置することで雪に飾られたツリーを作ることができます。

白い壁の部屋なら、ウォールステッカーを貼るのも素敵です。トナカイがサンタを乗せたソリを引いているようなウォールステッカーをライトアップされている辺りに貼るだけでも、クリスマスの雰囲気がかなり出ます。

ウォールステッカーならすぐにはがせるタイプが多いので終わったらすぐに片づけることができますし、賃貸に住んでいる人でも利用できます。オススメはライトアップされたツリーの後ろ面の壁に貼る方法であり、見るだけでも気分が盛り上がってきます。

ウォールステッカーは天使のモチーフの商品もたくさんありますので、自分好みのものを見つけるようにします。

素敵な飾り物を!

テレビ台やタンスなどの上にちょっとしたスペースがある場合には、木製のサンタやトナカイの置物を飾るのも素敵です。

他にもLEDライトボードなどを飾ったり、メロディーがなったりライトがつくカードなどを置くと雰囲気が出ます。小さな雪だるまなら一つではなくて複数個並べてみるというのも非常にかわいいのでオススメです。

タンスなどにひっかけておく所がある場合には、大きな赤い靴下ケースを飾ることもできます。このような小物を出かけるたびに少しずつ揃えていくのはとても楽しいものです。その日が近づくにつれて段々と気分も盛り上がります。

食器をクリスマスカラーにしたり、ちなんだ柄のものにしてみるという方法もあります。

その食器にケーキやディナーなどを飾ればパーティーらしくなります。カラーのみで表現されている場合はグリーンとレッドが大半であり、お皿に合わせてランチョンマットなどを敷いてみるのも良いかもしれません。

カップでは、ふちの部分にサンタや雪だるまが乗っているようなデザインのものもあって、とてもかわいいものがたくさんあります。普段から使いたくなってしまうようなキュートなデザインのものが多数ありますので、それぞれの好みに合わせて選ぶようにします。

ムードのある夜を演出したい時に欠かせないのがキャンドルです。キャンドルにもごくシンプルなものから細かな装飾が施されているものまで色々とあり、形が変わっているものもあります。

ガラス素材のものなどは、ガラスのモザイク部分が雪の反射のようにキラキラときらめくような商品もありますし、スイーツの形になっているキャンドルもあります。中には動物の形をしているキャンドルなどもあって、見ているだけで心が和みます。

どのようなタイプを選ぶかで雰囲気も違ってきますので、コンセプトに合ったものを選ぶことが大切です。

他にも、真っ赤な汽車にたくさんのプレゼントが積まれているような置物やカウントダウンカレンダー、ランタンなどはオススメの雑貨です。ランタンの場合、真新しい雰囲気の今風のものよりもアンティーク風の方がクリスマスらしい雰囲気作りに役立ちます。

玄関ドアの部分にはリースをつけますが、時間があれば手作りのリースにすることも可能です。

市販品を購入する場合には飾り付けるだけですが、手作りなら一緒に出かけた時にリースに使う材料集めから行うことができ、長時間より楽しい時を過ごすことができそうです。

そもそもクリスマスって?メリークリスマスの意味を知って彼女に語ろう

 

誰もが浮かれる年末年始のメインイベントといえば、やはりクリスマスでしょう。

日本にも定番のイベントとして定着しており、12月になると街のあちこちでクリスマスソングが流れ出します。ケーキやチキンを買って、ごちそうとともに家族と過ごすも良し、友達や恋人と過ごすのも楽しい季節です。

 

クリスマスとは

そんなクリスマスですが、そもそもはキリストの降誕を記念する日を起源としています。キリストの降誕祭として毎年12月25日に祝われますが、日本においてはイベントとしてもっとも盛り上がるのは、12月24日のイブのほうかもしれません。

12月25日のキリスト降誕祭については、345年頃にはすでに祝われており、長い歴史のあるものとされています。

日本ではChristmasとして定着している言葉は、いくつかの英語を掛け合わせた言葉を由来としています。Christとのmassが元であるとされており、Christはキリスト、massはミサのことです。この二つをに日本人の語感に馴染むように掛け合わせた結果、現在の形へと変化を遂げました。英語ではChristmas、フランス語ではNoël、ドイツ語ではWeihnachtenなど、各国によって呼び方は違うものの、12月25日をキリスト降誕祭として祝うという趣旨は変わりません。

ChristmasのほかにもXmasといった略称での表記の仕方も存在しており、こちらもポスターなどでよく見かけることができます。正式な綴りよりもくだけた印象があることから、軽く仕上げたい時などに利用される表記です。

これはChristをXへと省略した形であり、英語圏でも古くから使われてきた略称です。日本語のみの間違った略称という一般認識があるものの、実際には海外でも使われる表記で、その歴史は意外にも古いのです。現在でも英語圏などで多くの人に使われているため、日本語のみの間違い表記とは言えないでしょう。

メリークリスマスと声を掛け合うのも、この時期ならではの楽しみです。

このメリーとは、いったいどのような意味なのでしょうか。

メリーとは英語表記でMerryとなり、楽しい、素敵な、陽気な、といった意味合いを持ちます。MerryChristmasは、楽しいクリスマスを過ごしてください、といった意味合いになるわけですが、キリスト教の人々が多く住む地域においては、この時期はまさにお祭り騒ぎの季節であり、家族や友達とゆっくりと過ごす至福の時期でもあります。

楽しい、陽気な、素敵なといった意味を付属させるのも、ごく自然なことです。

一方でアメリカではMerryChristmasに代わる言葉として、HappyHolidaysも定番となっています。これは1990年代から使われ始めた挨拶で、キリスト教ではなく、キリストの降誕祭には関係しない人々への配慮から誕生しました。

実は降誕祭で沸き立つこの時期はユダヤ教にとっても大切な時期となっており、ハヌカーと呼ばれる年中行事の季節に当たります。HappyHolidaysは、日本語だとハッピーホリデーズとなります。

楽しい祝日を、素敵な休日を、という意味合いになり、キリスト教であってもユダヤ教であっても、それぞれの大切な季節を祝うための挨拶として用いられています。

日本のクリスマスの歴史

日本で最初に祝われたキリスト降誕祭は、1552年にまで遡ります。カトリック教会の宣教師によって伝えられたもので、以後は江戸時代の弾圧によって禁止されながらも、日本でも隠れキリシタンによってひそかに祝われ続けてきました。

時代が移り変わり、明治へと年号が変わると弾圧は止み、日本でもやっと一般的に受け入れられるようになります。明治、大正時代にはすでに世間にも周知されていたことが知られ、昭和になると12月の風物詩となるまで広まっていったのです。

サンタクロースの存在や、イブの過ごし方などが定着したのもこのころで、年末商戦のもっとも激しい時期でもあります。

祝い方は各国それぞれであるものの、日本ではキリスト教でなくともキリスト降誕祭として祝い、イベントとして楽しむのが通例です。

他国からわたってきた行事にも心を砕き、アレンジを加えながらも一緒に楽しんでしまう伝統は、日本のお家芸とも言えるかもしれません。

今ではクリスマスは家族と過ごすための無くてはならない時間となっており、子供たちはサンタクロースの来訪を楽しみにしています。サンタクロース役を務める親達が毎年プレゼントに頭を悩ませるのも恒例となっており、こちらも幸せな悩みと言えます。

ケーキ屋はこぞってケーキを売り出し、チキンやご馳走の準備にスーパーマーケットが混雑します。

また、恋人同士にとっても大切な時期であることは代わりが無く、この日だけは一緒に過ごしたいと願うカップルも多いことでしょう。MerryChristmasの挨拶通りに、陽気で素敵な季節として、思いきり楽しめる冬のイベントとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

自宅でのクリスマスデートを楽しく過ごしてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …