Home / 恋愛 / メンヘラ女子の特徴と意外とかわいいポイント4つ

メンヘラ女子の特徴と意外とかわいいポイント4つ

あなたの周りに、「メンヘラ女子」はいませんか?

一般的には精神的に不安定で心が病んでいる人の事を指します。

元々の語源は「メンタルヘルス」からきており、ネット上などで「メンタルを病んでいる人」→「メンヘラー」→「メンヘラ」となったとされています。

使い方としては「告白されて付き合った女性がメンヘラでさ~。」

のような感じです。

比較的女性に多い傾向があるとされ、そんな女性を「メンヘラ女子」と呼びます。

前半はメンヘラ女子の特徴、後半ではメンヘラ女子の可愛いポイントを紹介していきます。

スポンサードリンク

メンヘラ女子の特徴

極度の寂しがり屋である

①極度の寂しがり屋

常に誰かに自分の事を気にかけていて欲しいと思っています。

その寂しさを埋めるため、電話やLINEなどのSNSツールは必需品です。

常に誰かとつながっているという安心感を求め、スマホは手放せません。

極度の心配性である

②極度の心配性

相手が電話に出ない、LINEの返信が遅いなど、普通は「いそがしいのかな~。後で連絡くるかな。」位の感じだと思いますが、極度の心配性のため、その無反応状態に耐えられません。

朝でも昼でも深夜でもリダイヤルとメールを繰り返し、後で相手がスマホを見たら履歴がびっしり・・・なんてことも。そして一方的なメールがおびただしい数送られてきます。

「どうしたの?」

「大丈夫?」

「何かあったの?」

「私のこと嫌いになった?」

「もしかして他に好きな人ができた?」

「今その人と一緒なの?」

・・・など、止まらない心配から次第に想像力が膨らみ、ありもしないことを妄想して信じ込みがちです。

何もかもあなたの為だという

③何もかもあなたの為だと言う

相手が困り始めても、あなたのことが心配なの!あなたの為に!とアピールしてきます。

しかし、それは相手の為ではなく「自分の不安な気持ちをどうにかして解消する為」です。

いつか相手が離れていくかもしれない、見捨てられるかもしれない不安に常にさらされているからです。

そして、相手が引き始めるとその不安は現実のものとなり、激しく焦りはじめます。

相手に突き放されたとき

④相手に突き放されたとき

とうとう相手が「もう付き合いきれない!」とさじを投げた時、必死の抵抗が始まります。

「ごめんなさい、悪いところがあったらなおすから!」

「お願いだから付き合いきれないなんて言わないで。」

「私にはあなたしかいない・・・。」

見捨てられる不安がピークに達し、なんとか相手の気持ちを取り戻そうとします。

決定的に別れようと言われたら

⑤決定的に別れようと言われたら

電話も着信拒否にされ、SNSもブロックされるなど、相手の拒絶を受けてもはやこの世の終わりのような気持ちになります。

誰も自分を必要としていない。自分は生きている価値がない。

孤独感に耐えられなくなり極端な行動に走り始めます。

・相手の住んでいるところの付近に出没して様子を伺う

・共通の知人などに相談し外堀を埋めようとする

相手と連絡が取れなくなってから

⑥相手と連絡が取れなくなってから

会えなくなってもなお、相手と繋がりをもっていたい気持ちが強くあります。

例えば相手にとって「好ましくないこと」でも、自分という存在をアピールし続けるために後先考えずしてしまったりします。

・相手の職場に電話や手紙、届け物をする

・相手の実家にコンタクトを取る

・相手の住んでいるところに強引に会いに行く

・自暴自棄になりお酒を飲んだり、好きでもない異性と寂しさを埋めたり、自分を傷つけたりする

・共通の知人に自分の今のひどい精神状態を話し、相手に伝わるように仕向ける

・「子供ができた」など、嘘をついてでも相手の気をひこうとする

以上、主な特徴を挙げてみました!

 

悪いことだけじゃない!メンヘラ女子の可愛いところをご紹介

メンヘラ女子への正しい理解

メンヘラ女子、それは男性にとっても女性にとってもあまり付き合いたくない女性を指しています。

正確には精神的に病んでいる女性を意味しており、彼女たちの心にストレスをかけたら「何をするか分からない」というイメージが定着しているのが一般的な認識です。

愛情の表現が屈折している特徴を持っていますが、同じく愛情の掛け方が恐れられているヤンデレと大きく違うところがあります。

ある意味、それが良いポイントと言えなくもありません。

ヤンデレとの違い、それは「愛してもらいたい」という欲求が強い事です。ヤンデレは好きな相手を強く愛しているあまり、他人や自分自身の事を考えなくなります。

しかしメンヘラは「好きな相手に自分を好きになってもらいたい」という気持ちが強いので、気を向いてもらうために何でもする傾向があります。

特に自傷行為が多いですが、気持ちが強すぎると好きな相手さえも傷つけてしまう可能性があるので要注意です。

簡単にまとめると好きな相手が自分を向いてくれないなら「自殺する」と脅すのがメンヘラ、「周囲の人間を殺す」と脅すのがヤンデレとなります。

しかし両者の見方や定義は未だに曖昧なところがあるため、人によっては両者が混同しているように見えてもおかしくありません。そんな彼女たちと付き合う事に対して男性はあまり良い印象はないようです。

メンヘラから好みの女性へ変身

それもそのはず。友人や恋人など様々な関係性がありますが、ネット上で見かけられる彼女たちとのエピソードは「修羅場じみている」と言っても過言ではありません。

例えば友人の彼氏の浮気現場に遭遇した際、その友人がメンヘラだったために包丁を持ち出して暴走したというエピソードがあります。

他にも妊娠させてしまったので病院に行くように勧めても「何で」と言い出し、ヒステリックになる等話が尽きません。

しかしそんな彼女たちは「かわいい」と見直されている傾向があります。そう思えなくとも良いところを見つけて前向きになって付き合えば、彼女たちも変わる事が出来るはずです。

実際に最初はあまりにも病んでいて辟易していたが、付き合っていくうちに自分の好みの女性になって幸せになったというエピソードなど最終的に幸せになれたという話は数多いです。

メンヘラ女子の可愛いポイント①

そんな良いポイントは大まかに4つあります。まず1つ目の良いポイントは見た目です。

彼女たちの多くは清楚な雰囲気を持った黒髪の女性という外見をしていますが、それが男性には好ましく見えます。

元々男性は女性的で優しい雰囲気や印象に弱く、それに惹かれて交際を申し出るパターンが多いです。もっとものちにメンヘラだと知って後悔するパターンも多いですが、その外見と性格のギャップに惹かれる男性も多くいます。これが2つ目の良いポイントです。

メンヘラ女子の可愛いポイント②

普段は大人しくて優しいのに一度でも心に火がつくと圧力をかけてくる性格にスリリングを感じ、落ち込んだら最後、とことん落ち込むネガティブな性格を「何とかしたい」と思って助けようとするところは普通の恋愛では味わえないものとして挙げられます。

特に男性からすれば可愛くて綺麗な女性が落ち込む姿は放っておけないものらしく、助けようと躍起になります。

メンヘラ女子の可愛いポイント③

3つ目のポイントは依存心です。

彼女たちの依存心は恐怖をもたらす源でもありますが、同時に「頼られている」という満足感も与えます。

どんな人間関係にも当てはまる事ですが、現在社会における人間関係は対等が基本です。そのため男性が女性に突き放されるパターンは珍しくないものの、男性からすれば女性に突き放されるのは自分に非があったとしても面白くありません。

しかし依存心が高い女性は自分に甘え、必要としてくれます。

その事に対して嬉しく思う人は少なくありませんが、一歩間違えると共依存になるので要注意です。

メンヘラ女子の可愛いポイント④

そして4つ目の良いポイントは通常の恋愛なら出てこない言動が多いという点に尽きます。

彼女たちが思う他人の距離感は独特で、それほど深い仲になったわけでもないのにプライベートな過去を打ち明ける事が多いです。

また自分に自信がないためにネガティブな発言も多く、積極的なスキンシップをしても受け入れてくれる傾向があります。

それらは全て愛情が欲しいための言動だと考えられますが、人によっては「もたない」と思う人は少なくありません。

しかし逆に考えると、普段の恋愛なら味わえないロマンスを体験できるチャンスでもあります。恋愛の結末はさておき、精神的に病んでいる女性を前向きにする事が出来れば少なくとも周囲から認められるはずです。

まとめ

前半メンヘラ女子の特徴「極度の寂しがり屋」「極度の心配性」が当てはまる、身に覚えのある人は、エスカレートする可能性を持っています。

最大の特徴である「寂しがり屋」「心配性」は持って生まれた性格だからです。

うまくコントロールしていけば、「甘え上手」「気配り上手で優しい」というモテ要素がたっぷりの長所にもなるので、自分の衝動的なな気持ちを抑えられるようになると良いですね。

メンヘラ女子は、基本的には真面目で一途なのだと思います。

しかし、自分自身に自信がもてないことから、ささいなことで傷つきやすく、不安にがんじがらめになり、相手に依存していく・・・。うまくいかなくなると精神的に不安定になり極端な行動に走ってしまいます。

結構可愛い子でも、自己評価が低い性格でせっかくの幸せを自分でこわしてしまう・・・なんてことも。

女性でもそうですが、あまり束縛されると窮屈に感じたり、信用されていないのかな?と逆に相手の愛情を疑ってしまいます。

大丈夫、大丈夫と自分に暗示をかけて、不安をなるべく吹き飛ばしましょう。何か気が紛れる様な趣味をもつのも良いですね。

気持ちを落ち着かせるものが良いので「書道」や「ガーデニング」など、静かに没頭できるものがおすすめです!綺麗なお花を見れば気分転換にもなります。

傷つくことを恐れるあまり、うまく相手と関われずに結果お別れしてしまうのは、悲しいですね。

こわいけれど、相手もちゃんと自分を好きでいてくれると自信をもつこと、愛を信じることが大切です!


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …