Home / 美容 / 丸顔さんのためのメイク方法

丸顔さんのためのメイク方法

あなたの顔型は丸型ですか?面長ですか?それともベース型?顔型はそれぞれ個性がありますが、特に丸型の人は自分の顔型にコンプレックスがある人も多いようですね。でも可愛い顔型を生かして、もっとチャーミングになれる方法もあります。

ここでは丸型の顔型の人に合うパーツ別メイク方法や髪型・髪色についてご紹介致します。

スポンサードリンク

丸顔さんの悩み

たぷたぷ二重顎が気になる

丸型の顔型で、顎も尖っておらず丸いため、丸顔さんの中にはそれが嫌でコンプレックスだという人もけっこうおられます。中でもたぷたぷの二重顎を気にしている人も。身体はそれほど太っていないのに、顔が丸く顎が二重顎なのは何故なのでしょうか?

その原因のひとつに「柔らかいものばかりを食べている」ことが挙げられます。固いものを噛んでないせいで、表情筋や顎の筋肉が衰えているようです。若いにも関わらず、顔のシルエットが中年女性のように見えるので、これにはちょっとショックですよね?この衰えを正すには、意識して固いものを噛むことが重要です。

また固いものを噛むことは顎の発達をも促し、歯並びなどにも関係してきますので、特に若年時期ではとても重要なことです。

また、食物繊維が豊富でGI値も高く、ダイエットなどにもいい玄米も、普通の白米よりはよく噛んで食べないといけないため、おすすめの食材です。丸顔解消とダイエットのダブルで実践できておすすめです。

また丸顔解消には表情筋を鍛えるのがおすすめです。表情筋は水を100cc入れたペットボトルを唇だけで支えてみて、衰えているかどうかがわかります。特に普段デスクワークをしている女性は、無表情になりがちなので、表情筋がどんどん衰えていますので注意が必要です。

太って見えちゃう

丸顔で顎が丸いとやはり太って見えてしまいます。特に写真に撮った時などは集合写真なら丸い正面顔、スナップ写真なら横や斜めからの自分の顔が客観的に見えて、そのあまりの丸顔にショックを受けたなどという人もおられるのではないでしょうか?

顔が太って見えるのは、ひょっとしたら水分が身体に溜まりすぎているのかも知れません。余分な水分を排出させるには、カリウムを含んだ食品を多く摂ることがおすすめです。例えばパセリ、こんぶ佃煮、アボカド、ひき割り納豆、ザーサイ、やまといも、銀杏、大豆などです。

また野菜ではほうれん草、大和芋、焼き芋、にら、たくあんなどとなっています。また、こんぶ、わかめ、とろろこんぶ、ひじきなどの海藻類にもカリウムは豊富に含まれており、その含有量は他の野菜や魚介類を抜いてダントツに多いです。

こうしてみてみると、和食に使われる食材が多いと思いませんか?和食がヘルシーと言われるゆえんはこんなところにもあったのです。

顔が大きく見えちゃう

丸顔さんに限らず、スタイルはいいのに何故か顔が大きく見えてしまうという人もいます。その原因のひとつには、恐ろしい顔(身体)の歪みがあります。その原因は、顔が歪むことでバランスが崩れ、どちらか一方に水分が溜まったり、脂肪がつきやすくなるからです。これはかなり恐ろしいことですね。

しかも、他人にはその大きくなった側を中心に見られてしまい、顔全体が太っている、大きいと認識されてしまうのです。この顔の歪みの理由の大半が「噛み癖」です。人は食事する時、どちらか一方、自分の噛みやすいほうで噛んでいます。これはもう、意識して左右、前10回ずつ噛むなどを実践していくしかありません。

どちらか一方で噛んでいると、顔の歪みもどんどんひどくなっていくばかりです。

また、加齢によるフェイスラインのたるみや、意外ですがあまり水分を取らないことによって起こるむくみなども、顔が丸く大きく見える原因となっています。水をたくさん飲むことは「水太り」という名前がついているように、むくんで太るように思われますが、逆に水を飲まないことでもむくみにより太ったように見えてしまいます。

これは身体が細胞に水を溜め込もうとして水分を排出しようとしないためで、細胞にたまった水は膨れ上がるため、むくんだように見えるのです。

これらを解消するには、先程の表情筋トレーニングの他に、はきはきとしゃべる癖をつけたり、しっかり噛んで食べる、1日の水分量をたっぷりとるなどのルーティンを守ることがおすすめとなります。

丸顔さんのためのパーツ別メイク方法

アイブロウの書き方

では丸顔さんにはどんなメイク方法がいいのでしょうか?丸顔という顔型を意識せずに、ただ流行のメイクをしている人も多いのではないでしょうか?

まずアイブロウですが、丸顔さんにはズバリ!眉山の角をしっかり描いたアーチ型の眉毛がおすすめです。眉山の角を鋭角的に描くことで、丸顔を目立たなくしてくれる効果があると言われています。

アイラインの引き方

では、丸顔さんのアイラインはどのように引けばいいのでしょうか?丸顔さん向きにアイラインは、目尻の「長めアイライン」です。目尻のアイラインの線を通常より長く引くことにより、顔の幅が狭く見えるのです。イメージ的にはクレオパトラのようなアイラインですね。それに長めアイラインは切れ長でセクシーな目に見えがちなので一石二鳥です。

女子なら必ず憧れる切れ長の目を描くことにより、顔型まで長く見えるのですから、丸型さんにとっては画期的なメイク方法と言えますね。

チークの乗せ方

そしてチークです。チークは顔の面積の広い部分に入れるので、顔の印象を左右する重要なパーツです。顔を明るく見せるのみならず、顔にメリハリをつけるので立体的に見せることもできます。また意外ですが小顔効果もあります。

丸顔さんには丸いおてもやんのようなチークではなく、こめかみのあたりに縦に入れる、もしくは頬骨からこめかみにかけて斜めに入れるとと顔がすっきりと見えます。その時、チークの幅を細めに入れることも重要です。

また色ですが、手の内側の血管が緑色の人はオレンジ、コーラル系、手の内側の血管が青や赤の人はピンク、レッド系が合うと言われています。また、手の内側の血管が緑色の人やピンク系のチークが苦手な人はコーラル(サンゴ色)をトライしてみてもいいでしょう。ヘルシーな印象になります。

また、チークはパウダー、クリーム、リキッドとありますが、丸顔さんはどのタイプを使ってもOKです。パウダーチークは普通の使い方でも大丈夫ですが、クリームチークは色持ちがいい、自然な色がにじみ出るかわりに若干ムラになりやすいため、お粉をはたく前につけましょう。リキッドも同様です。どちらも指でたたくようにつけていくと自然な付き方になります。

シャドウの乗せ方

シャドウといってもここではアイシャドウでなく、ここでは輪郭などを整えるシャドウのことです。シャドウの乗せ方も重要です。シャドウの乗せ方が悪いと、細く見えるばかりか余計に太って見えてしまったりします。

丸顔さんの場合は、「輪郭を縦に見せるように」シャドウをのせるのが効果的なシャドウの入れ方です。やり方としては、だいたいこめかみのあたりから頬骨の下辺りまで顔の両サイドの「外側」に広い範囲で入れます。外側に影をつけて、細く見えるようにするというわけですね。

でも顎には入れないように気をつけて下さい。顎に入れると顎が短く見えてしまい、よけいに丸顔に見えてしまいます。このシャドウを入れることによって、全体がほっそりと縦長に見えます。

ハイライトの使い方

ハイライトも顔型を長く見せるための重要ツールです。丸型さんにはハイライトを額から鼻先のTゾーン、両目の下のVゾーンの三角部分、そしてアゴ先にも乗せます。

ハイライトにもパウダーとクリームタイプがありますが、どうしてもパウダーだと広範囲に入りすぎるので注意が必要です。その点クリームタイプだと指先にとって該当部分にのせ、指で広げることができるので便利です。

丸顔さんのための髪型

haircare

おすすめの前髪

丸顔だからマッシュルームやツインテールなどの可愛い髪型しかできないと思っていませんか?実は丸顔さんでも髪型次第で面長に見えます。特に髪型の印象をつける「前髪」の形は重要です。

現在は眉上数センチのパッツン前髪が流行しており、芸能人などでもチャレンジしている人も多くいます。丸顔さんの中にも短い前髪が好きな方もいらっしゃると思いますが、丸型さんにはあまりおすすめできません。それは横幅のラインが余計に強調されてしまうからです。

丸顔さんにおすすめの前髪のひとつめは、「斜め前髪」です。これは基本的には横分けですが、自然に横に流れるように斜めに前髪をカットするため、ショートバングの雰囲気と長い前髪の雰囲気を味わえるし、誰にでも似合う、加えて男性ウケも抜群といいことづくめです。

また、丸顔さんには意外と「センターパーツ」(真ん中わけ)もおすすめです。真ん中わけにすると丸顔が強調されてしまうのではないかと思いがちですが、実は丸顔には真ん中わけがおすすめなのです。その理由は、分けた髪の縦のラインが丸顔を縦長に見せる効果があるからです。

ただしセンターパートができるくらい長い前髪がある人にはおすすめですが、前髪の長さがないと逆に下膨れに見えてしまうので、その場合は真ん中分けではないく、横に流すほうがおすすめです。また前髪を適度に梳いた「シースルー・バング」も縦ラインを強調でき、丸顔を縦に長く見せるのに効果的ですのでおすすめです。

触覚の作り方

近年「触覚ヘア」がとても流行っていますが、ロングヘアなどの場合はアップや2つわけにしても、サイドの一部分だけを、まるで昆虫の触覚のように長く残すヘアスタイルのことを指します。触覚の幅は2.3センチでOK!それに指にヘアスプレーをつけて触覚をなでておけばまとまります。

しかし、触覚部分があまり長すぎると、顔に沿わないため小顔に見える効果が薄くなりますので適当な長さにカットすることが必要となってきます。微妙なバランスは美容院で相談してみましょう。

また、ショートの場合でもサイドにつながる触覚部分を前下がりに長く残し、バックなどは短くカットするスタイルがあり、今トレンドのひとつになっていますが、アシメントリーにしたりとバリエーションも多く、大変個性的なスタイルのため、高いカット技術が必要となります。

また髪型をキープするには、定期メンテナンスも必要となりますので、こちらも美容院での相談がおすすめです。

実はこの「触覚ヘア」は、頬が隠れるので顔全体が小顔に見えるという効果があります。また丸顔だけではなく、エラ張りやおでこの幅を狭く見せる、下膨れ対策など、複数のお悩みにも効果がありとなると、やりたくなりますよね。

また、目尻の横の面積が狭くなるので、目が大きく見えるという利点もあります。AKBなどのアイドルなどがこぞって「触覚ヘア」をしている理由がわかりますね。丸い顔型をカバーし、小顔に見せてくれるだけではなく、目までが大きく見えるとなると一石二鳥の髪型です。こちらは大変おすすめとなりますので、是非一度お試しください。

おすすめの髪色

現在では昔よりもバラエティー豊かなヘアーカラーリングの色があり、いろいろな色を試したくなってしまいます。でも髪色によっては、顔がほっそり見えず、かえって丸顔や下膨れに見えてしまうこともありますので、どの色でも丸顔に似合うというわけではありません。それでは丸顔さんには、どんな髪色が似合うのでしょうか?

ズバリ!丸顔さんに似合う髪色は「オレンジ系」です。可愛い特徴を生かしながら、健康的でシンプルな髪型でもおしゃれに見えるという利点があります。

また、漆黒の黒髪では重すぎますが、ダークトーンでもグリーンや最近流行のグレージュなどのグレー気味の髪色はトレンドも押さえつつ、丸い顔型をすっきりとシャープに見せてくれますのでこちらもおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?丸顔さんの顔が丸い原因からはじまって、おすすめのパーツ別メイク方法やおすすめの髪型、髪色などをご紹介致しました。

世間的には面長や卵型の顔型が「美人」で、丸型は「かわいい」イメージがありますが、丸型の顔型を持つ人にとってはコンプレックスとなっている人が多いです。しかし、丸型の顔型でも、髪型やメイクを工夫することによって、いくらでも面長に見せることができます。

もちろん顔型自体は、整形などをしない限りどうにもなりませんが、現在では美容研究の発達により、目の錯覚などを利用することによって面長に見せることができるのです。是非一度、お試しください。


スポンサーリンク

Check Also

毛穴が詰まる原因と対策を徹底解説!

毛穴の詰まりがあるとメイクのノ …